左 肋骨 下 痛み。 肋骨が痛い:医師が考える原因と受診の目安|症状辞典

背中に異変!肩甲骨の下の痛みに潜む病気の可能性

左 肋骨 下 痛み

ページの目次• 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「あばら骨」? 腕や足の骨が折れたら、恐ろしい痛みを感じますよね。 折れた部分は腫れたりしますから、骨が折れた事に気が付かないという事はまずありません。 でもあぼら骨が折れたり、ヒビが入っていても、見た目もさほど変わらないので気が付かない人も多いのです。 でもそんな簡単に骨って折れる?と疑問に思うかもしれません。 例えば心臓マッサージをすると体重をかけますよね。 救急隊員の人によると、結構な確率であばら骨は折れるそうです。 しかし、そんな怪我よりも、命を救う事が大切ですから、気にしないようにしているそうです。 転んだ、殴られた、どこかにぶつけた事でも十分骨が折れたり、ヒビが入る事もありますし、骨のもろい人はくしゃみした衝撃であばら骨が折れたなんて話もあるくらいです。 左脇腹や肋骨下に衝撃を受けた記憶のある人は一度整形外科に受診してみてください。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「神経痛」? 肋間神経痛は名前の通り肋骨に沿って走っている神経です。 ここが何らかの理由で痛みのもとになっている事があります。 肋間神経痛の原因として、肋骨が折れたり、ヘルニアなど経験のある人がなりやすい傾向があります。 また意外なことですが、運動不足が原因という事もあります。 デスクワークの人などは一日中同じ姿勢でパソコン前にいますよね。 つまり背中や脇の筋肉が固まってしまうのです。 そしてそれがいきなり体を捻ったり、くしゃみなどで衝撃を与えると、筋肉から軽い肉離れを起こしてしまうのです。 そして、肋間神経痛の理由として多いのが、「ストレス」なのです。 病院に行っても検査しても悪い所はないとなると、その可能性が高くなります。 現代人でストレスに晒されていない人はいません。 そのストレスを無くすことは難しいかもしれませんが、自分でもストレスを解消する方法について考えてみましょう。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は「内臓疾患」? 内臓が痛むのと違う!と思っている人はいると思います。 でも内臓が腫れたりすると、周りの神経を圧迫してそれが左脇腹の痛みや肋骨下痛みに繋がる事もあります。 さて、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを及ぼす内臓となるとまずは「心臓」があります。 狭心症や、心筋梗塞などは胸部に痛みを伴う事が多いです。 「胃」はストレスを感じると症状として現れやすい部位です。 例えば胃炎や胃潰瘍などがあります。 他にも長時間デスクワークをしていると、どうしても姿勢が悪くなり、胃が圧迫される事で、痛みを感じる事もあります。 ちょっと意外かもしれませんが「腸」もまた、問題があった場合左脇腹の痛みや肋骨下痛みとして現れる事もあります。 ちなみに便秘や消化不良を起こすと、腸の左側に消化物が溜まりやすく、その結果痛みを感じるという事はあります。 これらは治療が必要なものになりますので、内科を受診しましょう。 痛み自体がストレスになる事もある ストレスが原因で左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じたとします。 しかし、この痛みもまたストレス要因になりますから、結果治ることのない悪循環になります。 また、痛みの原因を知る事が怖いから病院への受診を恐れる人もいます。 しかし、痛みが治まらなけれればどんどん不安が増していきます。 それもまたストレスになるでしょう。 体が痛みを伝えているという事は、何か問題が発生しているのです。 放置しておいていい事はありません。 逆に痛みの理由に名前がついて、どうすれば痛みがなくなるかという事が判れば、ストレスも大分軽減される事になります。 だからこそ、ストレス解消のためにも病院に受診をした方がいいでしょう。 どんな病気も早い段階で発見できれば、治療にかかる期間もお金も少なくて済みます。 もちろん痛みもです。 特に内蔵疾患が理由であれば、放置は命に係わる事もありますから、是非病院へ受診した方がいいでしょう。 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの原因は色々あるけど素人判断は危険 左脇腹の痛みや肋骨下痛みの理由はいくつかあります。 1.あばら骨に骨折もしくはヒビが入った 他の部位と違い、思ったよりも軽い衝撃でもひびや骨折しやすいのです。 また痛みも他の部位と違って強くないため、意外に気が付かない人も多いです。 そのままでも自然治癒してしまう事もあるくらいですが、早い治療にはやはり整形外科へ受診すべきです。 2.肋間神経痛 肋間神経痛になる原因も色々ありますが、その一つにストレスがあります。 内科の他にも神経内科を受診するのも一つの方法です。 3.内臓疾患 心臓、胃、腸などに問題が発生しても、左脇腹の痛みや肋骨下痛みを感じる事はあります。 放置すると悪化する危険があるので、内科へ受診しましょう。 痛み自体がストレスになる事もありますから、出来るだけ早い受診をオススメします。

次の

背中に異変!肩甲骨の下の痛みに潜む病気の可能性

左 肋骨 下 痛み

病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 最初は病院でも見つけられない病気が潜んでいるのでは?と心配していましたが20年経っても元気です。 最近では「またきたか。 」と思ってあきらめていますが 誰かこれはこうゆう病気ですよと言ってくれないかしらと常々思っています。 それで最近気が付いたことがあるのですが、パソコンや書き物などで前かがみの状態で異常に内臓を圧迫したときや、きついアンダーのブラを長時間つけていた時に起こりやすい気がします。 思い当たらない時もあるので結局は定かではありませんが、qoo1234さんは思い当たることはありませんか? まったく関係ないようでしたら、また他の方を参考にしてください。 内臓ですか? 肋骨の外側ですか? 私も痛みというか膨満感と特に左側(肋骨の下)に異物感?があって内科にいったら「ガス」とか便秘とか言われて ガスター のような薬を処方されました。 便秘がちだったり、胃腸の働きが鈍っているとガスが溜まりやすいようです。 それとクーラーや扇風機に当たりすぎで知らない間に内臓が冷えていて、動きが鈍っているのかも。 私の場合は一番下の肋骨の周りの筋肉が張って痛かったです(筋肉痛?) しばらく食事の内容を 消化しやすいもの・量を少なめ(ご飯などの炭水化物はガスの元になるそうです。 根野菜・ヨーグルトがいいですよ!)にして見てください。 Q 50代主婦です。 初めに左あばら骨の下に痛みを感じたのは去年の一月で、その後は落ち着き痛みはひきましたが、今月また痛みがでるようになりました。 今はある程度落ち着いていますが、痛みどめを飲まなければ、夜寝れないくらい痛む日が三日ほど続くこともありました。 定期的に受けていた人間ドックを今月の三月五日にしたところ、検査結果AIb3. 9 ALP393 CRP3. 09という炎症反応が出ました。 もっと詳しい検査をしたかったので、11日に人間ドックと同じ病院に行き、左あばら骨のレントゲン撮りましたが異常なし、、CTと血液検査と尿検査をしたところ、前回と数値はほとんど同じで炎症反応が出ているが、どこからきてるのかわからないと言われました。 まだ痛みが続いているので、これからどのような検査を受けたらいいのか、これからどのような症状が出る可能性があるのか、痛みを抑えるためにはどうしたらいいのか等、わかる方がいらっしゃったら教えていただきたいです。 よろしくお願い致します。 Q こんばんは。 5日前から左のわき腹(ウエストの一番細いくびれの所)とその裏側の背中あたりがなんとも言えない鈍痛がありました。 我慢できないほどではないのですが、夜はなんとか痛いところをさすりながら眠る感じです。 日中は、痛みがあるとものごとに集中するのが難しい程度です。 実は、10年ほど前に、尿管結石の疑いで救急車で運ばれたことがあります。 (そのときは、すぐに痛みが治まって、たぶん尿管結石だったのだろうという診断でした)そのときと痛みの強さは違いますが、痛みの種類は似たような感じがします。 その二日後に病院に行ってきました。 (泌尿器科専門の病院です。 )医師には、上記と同じ説明をしました。 その後尿検査、造影剤によるレントゲン(腎臓と尿管のはたらきを見る?)をしましたが、どちらもまったく異常が無いとのこと。 また、背中から腎臓のあるあたりを右左交互にたたかれて、左に違和感や響く感じがあるか聞かれ、そのときは無かったので大丈夫ですと答えました。 「泌尿器科的にはまったく問題ない」と言われました。 一応安心して、少し様子をみようと思っていたのですが、今日は一日中鈍痛があり、背中を自分でたたいてみると、左側が明らかに響く感じがしました。 医師には「整形とか婦人科系かもしれないから気になるならそっちのほうに行ってみれば」と言われました。 でも、痛みの感じから言って、整形という感じではないし、婦人科ってもっと下腹部のような気がするのですが・・・ もう一度病院に行ってみようと思うのですが、また同じ病院に行ったほうがよいでしょうか?それとも他の科の病院のほうが良いでしょうか? もし何か原因が考えられるなら教えていただけるとありがたいです。 長くなり申し訳ありません。 よろしくお願いします。 こんばんは。 5日前から左のわき腹(ウエストの一番細いくびれの所)とその裏側の背中あたりがなんとも言えない鈍痛がありました。 我慢できないほどではないのですが、夜はなんとか痛いところをさすりながら眠る感じです。 日中は、痛みがあるとものごとに集中するのが難しい程度です。 実は、10年ほど前に、尿管結石の疑いで救急車で運ばれたことがあります。 (そのときは、すぐに痛みが治まって、たぶん尿管結石だったのだろうという診断でした)そのときと痛みの強さは違いますが、痛みの種類は似たような... A ベストアンサー 私の場合は、右のお臍の横あたりでしたが、ほぼくびれの平行線上あたりが痛くなり、病院へ行ったことがあります。 最初は、内科もある近くの診療所に行きました。 そうしたら、盲腸と診断され、明日にも手術・・といわれたのですが、どうにもその診療所を信じきれず、ちょっと遠いのですが、1日だけ入院してかかりつけの総合病院へ転院しました。 その結果、検査をしたら、盲腸には異常が無く、婦人科系からくる腹膜炎でした。 その後、その総合病院で腹腔内の洗浄手術を受けましたが、入院先の病棟は、婦人科病棟でした。 Q 右の肋骨の下が痛む 右の肋骨の一番下の奥 内側? が痛みます。 ここにどんな臓器があるかもよく分かりません。 臓器じゃなく骨や筋肉の可能性もあるのでしょうか? 猫背になっている時は痛みません。 体を曲げたり反ったり、左にひねると痛みます。 また、息を深く吸った時も痛みます。 左を下に寝ると少し痛い程度、右を下にして寝るとかなり痛いです。 盲腸ならもっと下だから違うと思うし、 肋間神経痛はいつも心臓の左上くらいに来るので違うかな?と思います。 ストレスを感じるとすぐに激しい胃痛に襲われたり お腹を壊すことがありますが、ストレス性のものである可能性はあるでしょうか? また、考えられる病名があれば教えてください。 A ベストアンサー 胆石症ではないでしょうか。 肋骨の一番下の内臓辺りが、痛いのでしょう? 猫背になって、身体を丸めている時には、多少痛みが引くという事と、 胃痛でお腹をこわすというところが、胆石の可能性があると思います。 私も同様の痛みがありました。 二年前に胆石症で手術して、胆嚢を切除しました。 胆石症と判明するまで、胃痛がひどくて、病院の消化器内科で エコー検査をして診てもらったら、胆石があるとわかりました。 胃カメラの検査もして、胃痛の原因も(胃の内部が荒れていました) わかりましたが、 その時の医師が言ってたのですが、胃が痛いといって 病院にくる患者の中で、胆石が見つかることが良くあると いうことです。 どうぞ、早めに病院の消化器内科でエコー検査、胃カメラの検査をして もらって下さい。 あ、お近くの内科でも、消化器の専門医の資格を持っている医院なら エコー検査も出来ると思いますので、まずは近くの医院を訪ねては いかがでしょうか? A ベストアンサー 医療従事者です、私も同じような気があるので注意しています 疲れたり、極度の緊張などで腸の動きが悪くなり結腸にガスが溜まりやすくなり、結腸が風船のように膨らんでしまいます これが酷くなると便秘で内容物が栓の様な働きをしてガスが流れなくなり、苦しくなることがあるのでご注意を 左横腹は下降結腸の部分なので、あなたの場合はそこにガスが溜まりやすいのでしょう 対策とすれば疲労を溜めないこと、規則正しい生活、繊維質の食べ物、納豆や乳製品の摂取(ヨーグルト等)、水分を意識的に取る、等があります 納豆は腸内ガスを抑える働きがあります これで改善されない場合は内科医に相談し、軟便剤のたぐい、というか腸を動かす薬がありますので、定期的に飲むことで改善されることがあります、まあこれは内科医の診断に任せてください それでは A ベストアンサー 体格によって違いがありますが、通常成人の方であればその部分は大腸 下行結腸~S状結腸 かと思われます。 特にその部分は腸の走行がやや複雑なため、おなかの調子が悪いとき 下痢や便秘 にそのような痛みがあってもおかしくない場所です。 ただそのような下痢や便秘の症状が無くても断続的な痛みがあるのでしたら一度病院で大腸の検査をしてみてはいかがでしょうか。 まず最初に大腸がん検診でも行われている便鮮血反応検査を施行するのが良いかと思います。 便鮮血反応とは、便の中に混ざっている微細な血液 ヒトヘモグロビン を見つけ出す検査で検便のような感じで終わってしまうものです 通常2日間行います。 次にその便潜血反応が陽性であった場合、精密的な検査に入るわけですが大腸の精密検査には胃の検査と同じでバリウムを入れる検査とカメラを入れる検査の2種類があります。 どちらを選ぶかは担当の医師と相談の上で施行されると良いかと思います。 どちらにせよ明日、胃カメラやCT等を撮る時に症状など詳しく医師に相談してみてはいかがでしょうか。 また補足ではありますが体格が痩せ型の方の場合、胃下垂ということもあるので、その場合はおへその辺りまで胃が来ているので痛みもそこからって事も考えられます。 体格によって違いがありますが、通常成人の方であればその部分は大腸 下行結腸~S状結腸 かと思われます。 特にその部分は腸の走行がやや複雑なため、おなかの調子が悪いとき 下痢や便秘 にそのような痛みがあってもおかしくない場所です。 ただそのような下痢や便秘の症状が無くても断続的な痛みがあるのでしたら一度病院で大腸の検査をしてみてはいかがでしょうか。 まず最初に大腸がん検診でも行われている便鮮血反応検査を施行するのが良いかと思います。 便鮮血反応とは、便の中に混ざっている微細な血液 ヒト...

次の

左背中側の肋骨すぐ下が痛いのですが、どこへ行けば良いのでしょうか?

左 肋骨 下 痛み

日常生活をしていて、咳や、くしゃみなどした後や、寝ている時に横に寝返りをしたとき、急に起き上がろうとしたときに、胸あたりに少しの痛みや違和感を生じたことはないでしょうか。 その時、少しの痛みだけで済んでいればよいのですが、後々上半身を軽く捻じったりした時など痛みが増してきて、呼吸も辛くなる場合があります。 それは俗に言う、肋骨(あばら骨)に、ひびが入ったと言う 骨折なのかもしれないのです。 このように、胸のあたりで痛みはあるものの、自分でもどこがどう折れているのか分からず、従来のレントゲンの写真では、あまり鮮明に写ってない場合がありました。 現在は、デジタル式のレントゲンが開発され、小さな骨折でも見落とされる事はありませんが、実際に痛みを伴う胸の骨折となると一大事です。 肋骨ってどんな役割がある? その骨折をしている胸部部分の骨を、肋骨と言うのはご存知かと思いますが、両側に12本ずつで計24本の骨で形成されていますが、これらは骨の下にある内臓を脊椎から取り囲むように覆っています。 そして何らかの過程で、 内臓に直接外圧からの衝撃が及ばないように保護する役目を担っています。 肋骨は、一般に骨折しやすい骨と言われていますが、知らない間に折れてしまう 疲労骨折があります。 この疲労骨折は、折れた時や、ひびが入った時は痛く無くても、呼吸時や何らかの動きで痛みが生じます場合があります。 また、入浴中に身体を洗ったり、湯船に浸かった時に肋骨に触れる場合がありますが、左右何も感覚的に同じ場合は良いのですが、右だけ触った時に痛いとか、硬い感じがする場合があります。 これは、沈黙の臓器とも言われる肝臓の炎症が増し、腫れが大きくなると、 肋骨の下からはみ出してしまい、痛みを生じてしまいます。 更に、類似する右肋骨下の痛みの部位として 胆石症が疑われます。 胆石は、部分的にも肝臓の出口の胆嚢にできるので、体位変換や触ったりすると痛みが生じます。 肝臓は、人体で右側にある大きな臓器ですが、様々な役目を発揮してくれているに、自覚症状としてあまり出ないので、出来る限りご自分で触診をされ、体調として、慢性的な疲労感がないか、自律神経や交感神経などに影響を及ぼす緊張感やストレスの開放を心掛けたいものです。 右肋骨の下には、 肺・胆嚢・肝臓・がありますが、大事な心臓も右寄りに位置しています。 また、肋骨が骨折した場合に注意しなければいけないのが、肺損傷や胸壁血管損傷、内胸動静脈損傷そして心臓大動脈血管損傷などの内臓器官との合併症です。 考えられる原因は?何かの病気? 主に、 肝臓の機能を除外しては考えにくい病気がほとんどです。 急性肝炎 右肋骨下の痛みで気付く場合もありますが、疲労感・倦怠感が増し、皮膚や目が黄色くなり、ビリルビンの血液検査で確認ができます。 帯状疱疹 従来からの神経に感染した帯状疱疹ウィルスが、肝機能などの臓器機能低下で免疫力が低下し、再発してしまいます。 肋間神経痛 肋間神経が、深呼吸や咳、しゃっくりなど肋間神経の近くの筋繊維や骨などに圧迫された時に痛みとなって生じます。 胸膜炎 元来胸膜は、肺を守る粘膜なのですが、肺炎や気管支炎などから菌が胸膜に侵入して、呼吸時に侵入した菌が悪さをして痛みを増大させるそうです。 これは、呼吸器系の病気ですが高熱を出すことが多いので、抗生剤や鎮痛消炎剤での点滴・服薬治療がなされます。 胆嚢炎・胆石 胆石だけの場合は、合併症の危険はありませんが、胆嚢炎は重篤化になると、痛みや発熱が生じ、排出毒素の分解も出来なくなってきますので 専門的な治療を受けなければなりません。 スポンサーリンク 肋間神経痛になる原因・対策は? では、肋間神経痛になる原因はなんなんでしょうか? 肋骨、いわゆるあばらの痛みです。 例えば、くしゃみや咳をしたときや体をねじったときに痛みが起こります。 何の前触れもなく、痛みが起こるのが特徴です。 肋間神経痛の原因は、はっきりしていません。 背中から胸部の肋骨に沿って神経が走っていますが、その神経の痛みが肋間神経痛です。 右側の肋骨が痛い原因の1つです。 心臓の近くが痛くなることで重病かと心配になります。 しかも、背中や右の肋骨が痛むと睡眠や日常生活に支障が出るので予防が大事です。 予防の1つは、まず筋肉をほぐすことです。 私たちは、パソコンやスマホ、立ち仕事など、同じ姿勢でいることが多いです。 そうすると筋肉が固まって神経に影響したり、血流が悪くなったりします。 筋肉は神経を通す大事な働きがあります。 1時間から2時間に1回は、背中や腕、肩を動かしましょう。 ほかに、体を温めることも大事です。 体が冷えると体が縮こまる上に血流の流れも悪くなり、筋肉も固まりやすく、冷え性になったりします。 神経の通りも悪くなりやすいので、お風呂で血流をよくするため、体を温めてマッサージしたり、靴下や腹巻などで体を冷やさないようにしましょう。 カフェインの取りすぎも神経を過敏にしますので、緑茶やコーヒーを飲む方は、カフェインレスも日常に取り込みましょう。 もし、痛みが起こったら、病院に行ったり肋骨の負担を軽減するためにコルセットなどを使うことをおすすめします。 ストレスもよくありません。 疲れる環境に身をおかないようにゆとりを持つ、睡眠をしっかり取るなどしましょう。 しかし、右の神経痛の痛みが必ずしも肋間神経痛かはわかりません。 もし、痛みが激しかったり、長期間痛いときはしっかり医師に相談して治療することをおすすめします。 右の肋骨が痛いとき、疲労骨折も考えられます。 では、疲労骨折はなぜ起こるのでしょう? 疲労骨折とは、普通の骨折と違い、強い衝撃などはなく、日常生活でいつの間にか骨折しています。 じわじわ、骨折するのです。 原因は、弱い力で同じ部分に何度も力が加わり、それが骨折となります。 骨密度の低下も原因といわれており、女性に多いのがこの疲労骨折です。 風邪の後も注意が必要です。 風邪のときくしゃみや咳をしますが、そのとき肋骨に衝撃を与えます。 長期間、咳やくしゃみが繰り返されることで、疲労骨折を起こすのです。 それだけで、疲労骨折?と思われるかも知れませんが、これって珍しいお話ではありません。 特に年齢を重ねると、骨密度が下がり、骨折のリスクが高くなります。 骨粗しょう症を指摘されたら、気をつけましょう。 スポンサーリンク 右肋骨の下にしこりがある場合何が考えられる? さらに右の肋骨の下にしこりがある場合、何が原因でどんなことが考えられるのでしょう?しこりと聞くと、イメージするのは悪性腫瘍ですね。 日本人の2人に1人ががんになるといわれる現在、しこりが悪性腫瘍と考えるのは当たり前です。 そう、たしかに悪性腫瘍の可能性もあります。 しかし、がんとは限りません。 しこりの考えられるほかの病気とは? 剣状突起の可能性があります。 剣状突起とは、胸骨の先端にあり、柔らかい軟骨で骨と認識しにくいです。 気になって何度も抑えたりすると痛みが起こります。 触ると、しこりのようで心配になる方は多いです。 さらに肝臓が原因の肝臓腫大も考えられます。 右の肋骨の下に肝臓があることは先にお話しました。 その肝臓が腫れて大きくなって肋骨の下が膨らんでいることがあります。 肝臓が何かしら炎症を起こしている可能性があるので病院でしっかり受診する必要があります。 早めに行きましょう。 肝臓の腫大の原因は、アルコールの取りすぎ、不規則な食生活、脂肪分の取りすぎなどが考えられます。 脂肪腫の可能性もあります。 脂肪腫は、30代から50代に見られる、脂肪の塊です。 この脂肪腫は、肋骨の下だけでなく、どこにでもできる可能性があります。 原因は、はっきりしていませんが、血管に影響を及ぼし、圧迫したりまわりの組織にも巻き込むので、手術が必要なことがあります。 右の肋骨の下は、痙攣も引き起こします。 痙攣とは、ピクピクした感じ、違和感のある動きを感じます。 痛みがないけど痙攣を感じるという方が多く、右の肋骨下が痙攣している?と感じるよりは、なんだかわき腹がつっているような?痙攣しているような?という違和感です。 このときに、考えられるのは、運動不足や水分、ミネラルの不足により、筋肉が痙攣を起こしたり、神経を圧迫して痙攣したりします。 筋肉の動きを調整するカルシウムやそのカルシウムの調整をするマグネシウムなどのミネラル成分が不足すると痙攣しやすくなります。 水分の不足も同様です。 さらに、度々お話していますが、運動不足は筋肉を固めて急に動かすと、体の動きについていけず、ピクピクと痙攣したり、つったりします。 血行不良や冷え性からも起こります。 肋間神経痛やヘルニアの可能性もあります。 長期間痙攣したり、痛みを伴うときは神経を圧迫しているかもしれません。 病院への受診をしましょう。 効果的な治し方はある? 単に、右肋骨の下が痛い場合、すぐに医療機関を受診して下さいとは中々言えません。 しかし、思い当たる節がなくても 骨折(ひび)していたりしている事は割と多い病気です。 痛みにも大・小あると思いますが、継続的な痛みの場合は、内臓系の病気を疑い、断片的な痛みの場合は神経系の病気、そして骨や筋肉部分の痛みと分る場合は整形外科系の病気が多いと思われます。 このように、客観的に早期に医療機関の受診をしなければならない症状と、そうでない場合があります。 ご心配な方は、医療機関によっては医療相談窓口を、電話応対で開設しているところもありますので、ご利用なさってはいかがでしょうか。 また、ストレスによって肋骨下が固くなることもあります。 「最近ストレスがたまっているな・・・」と感じる方は下記の動画を参考に筋肉を緩めることも効果的かもしれません。 ガスがたまって痛い場合の対処法は? 右の肋骨が痛いとき、実は、ガスの影響かもしれないことがあります。 ガス? つまりは便秘による影響です。 日本人は、他の種族と違って腸の長さが長いといわれています。 その分、腸の動きがしっかりしないと便秘になりやすいのです。 3日以上便が出ないとき、便秘といいます。 もちろん、個人差があり、食が細いと便も毎日はでませんので、便秘の感じ方も人それぞれですが・・・ ガスは、腸内にたまった便から発生するガスです。 ゴミでも長くゴミ箱に入っていると悪臭が発生してガスを起こします。 腸内も同じことが起こっているのです。 最初は、お腹が張ったような感じがして、便が出ない状態が続くとガスが腸内に広がってさらに直腸や小腸などにもガスが蔓延して右の肋骨辺り、わき腹の痛みを起こします。 もし、便秘のガスによる痛みが起こったらガス抜きマッサージをしましょう。 まず、お腹やわきばらなどを軽くさすります。 腸に軽く刺激を与えるためです。 こうすることで、ガスを分解するのです。 30秒ほどさするのがおすすめです。 仰向けに寝ておへそを中心に「の」を書くように手でマッサージします。 手は、軽くこぶしを握った状態で「の」の字を書くようにしましょう。 ゆっくりお腹を軽く押すようにしてマッサージします。 お風呂や便が出そうなときもおすすめです。 このように右の肋骨が痛いとき、さまざまな症状があり、さまざまな対応や対策があります。 まずは、見極めが大事ですが、肋骨はわかりにくい痛みや痙攣などがありますので、心配なときはしっかり病院で診てもらい、それにあった対応をしましょう。 無理しない生活、がんばり過ぎない生活が大事です。

次の