いい ひと ドラマ。 いいひと。(1) (ビッグコミックス)

草彅くん主演ドラマ「いいひと。」に思う。現実は「いいひと」がパワハラをする

いい ひと ドラマ

「いいひと。 」初回 「いいひと。 ちょっと他人と違っていることといえば、それは「いいひと」だってこと・・・ 北海道の北斗大学4年生・北野優二は大のお人好し。 駅伝大会中に転んだ他校の選手を助け起こそうとして自分が抜かれてしまうほどの、度を越した「いいひと」なのだ。 そんな彼が就職先に選んだのは、大手スポーツメーカー・ライテックス社。 ライテックスのシューズに夢を見させてもらったゆーじは、今度は人に夢を見させる商品を作るためにライテックス社に入りたいと願う。 就職面接試験を受けに東京へ向かうゆーじに、妙子は気が気でない。 なにしろゆーじは困っている人を見ると助けずにはいられないのだ。 人助けをして面接試験に遅れでもしたら・・・案の定、妙子の不安は大当たり。 時間が無いのに次々と困っている人を助け、果てはせっかく停めたタクシーまでOLに譲ってしまう。 結局面接試験に遅れたゆーじはまともに面接を受けられないまま追い返される。 北海道に戻ったゆーじを妙子は励まそうとするが、ゆーじは「今年がだめでも来年また受ける」と決して諦めていなかった。 そこへ一次面接合格の知らせが・・・なんと東京で助けた人たちがライテックスの人事部長・城山の身内だったのだ。 一方ゆーじの停めたタクシーを譲られたOLの名は、ライテックス社の人事部主任・二階堂千絵。 彼女は男社会で負けまいと肩肘を張って働いているうちに強情な性格になっていた。 次の人事異動で販売促進8課、通称ハンパ課という日陰の課に左遷されることを聞き、社内コンペ応募で起死回生を狙っていた。 さて、役員面接のため再び上京したゆーじはまたまた困っている人を助けている。 そこへコンペへ提出する書類を紛失して困っている千絵に出会ってしまい、今度はその書類探しに駆け回ることに・・・そんな中でゆーじと話をしているうちに、千絵は少しずつゆーじに感化されつつあった。 本人は気付かぬままに・・・ 書類を手に入れたもののコンペには間に合わず千絵はハンパ課へ。 そして役員面接に遅刻したゆーじの履歴書はごみ箱へ。 もう二度と会うことは無いと思われたゆーじと千絵だったが、運命のいたずらはゆーじをライテックス社に合格させる。 ごみ箱の中の履歴書が社長の目に止まってしまったのだ・・・ ゆーじが合格したと知り、なんとなく嬉しく思う千絵。 ハンパ課でも「自分はどこへ行っても自分」でやっていく決心もついていた。 合格通知に喜ぶゆーじと妙子。 しかし別れの日、妙子は思わず涙をこぼす。 「離れているうちにお互い変わっちゃう」と不安にかられる妙子に「大丈夫。 オレ絶対変わらないから」と答えるゆーじだった。 ライテックス入社式。 新入社員代表で挨拶をする予定だというのに、またまた遅刻のゆーじ。 ようやく到着したゆーじに城山部長は挨拶の原稿を渡す。 が、間違えて白紙を渡してしまった。 結局自分の言葉で挨拶を始めたゆーじだったが、「古いもの、伝統というものは良い」と社長の方針と全く逆のことを言い出し、社長はカンカン、城山・千絵はクラクラ・・・ 「私の周りの人の幸せが私自身の幸せ」という信念の持ち主ゆーじくん。 さて、ライテックス社に入社してどうなっていくのでしょう? 今回の名言(グラスの独断(笑)) 「ハイヒールって尖っていればいるほど折れやすいんですよね。 たまにはこういう靴もいいですよ」 (おまけ) 中居くんが友情出演でちょこっと出てくれました。 あと原作者の高橋しんさんも妙子ちゃんの働く喫茶店にいましたね。 〔グラスの感想〕 初回を見て思ったこと「良くも悪くも剛くんらしいな」 音楽担当が「まだ恋」の時の方らしいですが、テンポが速くて軽くて、作りとしては「まだ恋」に似た面白い作りだと思います。 現実離れしたおとぎ話ですね。 履歴書がひらひら舞うところで映画「フォレスト・ガンプ」を思い出したんですが、ゆーじくんとフォレストって似てるかもしれない。 剛くんの演技に付いては言いたいことたくさんあります。 滑舌、間の取り方、動き方・・・もう少し勉強して欲しいとは思う。 でも、この役は確かに剛くんにしか出来ないかもしれない。 原作と合ってるかどうかはわからないけれど、ドラマのゆーじは剛くん色に染まってしまってる。 身内受けみたいな笑いもあったけれど、財前さんが言っていた「こんな人いない〜とツッコミながら見て欲しい」というのはイケルかもしれないなと思いました。 ホン(脚本)が良さそうなので、このままのテンポで続いて欲しいな、というのが今の希望ですね。 〔みんなの感想〕 『つよし君、ありがとう。 』 「いいひと。 」見ました。 もう!他人の評価はどーでもいいや!誰がなんと言おうと、私は胸はっていいますよ。 つよし君、楽しくて暖かいドラマありがとう。 とってもよかったですよ。 ドラマの流れにそった役になりきってて、浮き足立つ事もなく、溶け込んでる感じで・・なによりとてもいい気持ちにしてくれました。 「一生に一度の主役」の切ない覚悟も、このドラマへの真摯な覚悟として受け留めて見ていく事が出来そうです。 一応うちの40代サラリーマンの意見を・・。 「火曜9時に勝ったんじゃないか〜。 前評判は当てになんねーな。 」と、いいつつ、ドラマそのものを純粋に楽しんでました。 私もここまで客観的になれればねえ・・(^^;) 〔ENAMIママさん〕 とにかく、なんて言っていいやらまだ頭が、ぼ〜っとして・・。 剛君の初主演ドラマ「いいひと。 」初回は、ナイターで、45分遅れたにもかかわらず、な、なんと 24、6%!!(ビデオリサーチ関東地区調べ)ちなみに、 フジの初回視聴率の歴代9位という快挙だそうです!!「総理と呼ばないで」より取ってしまった・・・。 剛君本人のコメントも、「ほんとに良かったです。 」との事でした。 朝このニュースを知ってから、頭の中が、くるくるミラクルで、、。 とにかく、よかったよかった!いいドラマだもんね。 「がんばれ、優二〜!」 〔Ability Qさん〕 「いいひと。 」、ちょっと今泉くんはいってたような気がしますが妙に心配してしまったので(優二君に)次回も見ちゃうでしょうきっと。 剛くん、かわいかったですね。 なんか。 〔典子さん〕 正直なところ、「期待しすぎたかな?」というのが第一印象でした。 いくら漫画が原作だといったって、あんなにギャグにしてしまうものでしょうか?くさなぎ君が無理矢理作っている「笑顔」がとても気になりました。 もっと自然の笑顔がかわいいのに・・・「いいひと。 」ホームページに投書(メール)してみようかと思ってしまいました。 そうは言ってもやっぱりこれからも毎週楽しみに見て、重ねて「保存版」ビデオも録画してしまいそうな私・・・はまってしまっています。 〔TANIPONさん〕 「いいひと。 」思った以上によかったです。 優二くんのキャラクターがすごくおもしろくて、私が剛くんファンじゃなくても、好きなドラマになったことだろうと思っております。 突っ込みいれもってみられる楽しいドラマとでも言うのでしょうか。 やっぱりこのドラマは妙子ちゃんに感情移入してみてしまいました。 ところで、今日16日は「いいひと。 」の話題でもちきりでしたよ。 45分遅れはつらかったですが、そのおかげで観るつもりじゃないのに観てしまったという人もいたりして。 そしてみんな剛くん演じる優二くんにとりつかれてしまったようです。 特に、30代後半の男性(原作ファン)が「昨日『いいひと。 』みた?漫画と同じだったよ。 草なぎ剛ってすごいよ」って言っていたのがうれしかったです。 彼がイメージしていた優二像そのものだったそうです。 私に直接言ってくれたのなら社交辞令ともとれますが、そうじゃなかったので。 しかも私の知っている時以外にも2〜3回言っていたらしいし。 〔靖子さん〕 ダンナが、スピリッツを買ってくるので、漫画の「いいひと」は、最初っから読んで知っていました。 で、原作に忠実に、ドラマ化されているのかと思ってっていましたが、かなり、コミカルタッチに描かれていて、笑いながら見ていました。 しかし、なぜだか、最後は、ゆーじくんの魔法にかかったのか、ちょっと、感動して、幸せに気分になっていました。 原作を読んでいた時、「こんなひといない」と思っていましたが、(剛君も、そう言っていましたが)なぜだか、剛演じるゆーじくんを見ていると、本当にいるような気がしているのは、私だけでしょうか。 今後も、楽しみです。 〔k.miwakoさん〕 面白かったです!剛くんが主役っていうのは、一番いっぱい出るってことなのねと実感。 中居君が出ていたのもおどろきましたー!!そこまでやるか中居・・・さすがSMAPパパ。 なんか嬉しかったです。 〔ひろかさん〕.

次の

いいひと。

いい ひと ドラマ

「いいひと。 」初回 「いいひと。 ちょっと他人と違っていることといえば、それは「いいひと」だってこと・・・ 北海道の北斗大学4年生・北野優二は大のお人好し。 駅伝大会中に転んだ他校の選手を助け起こそうとして自分が抜かれてしまうほどの、度を越した「いいひと」なのだ。 そんな彼が就職先に選んだのは、大手スポーツメーカー・ライテックス社。 ライテックスのシューズに夢を見させてもらったゆーじは、今度は人に夢を見させる商品を作るためにライテックス社に入りたいと願う。 就職面接試験を受けに東京へ向かうゆーじに、妙子は気が気でない。 なにしろゆーじは困っている人を見ると助けずにはいられないのだ。 人助けをして面接試験に遅れでもしたら・・・案の定、妙子の不安は大当たり。 時間が無いのに次々と困っている人を助け、果てはせっかく停めたタクシーまでOLに譲ってしまう。 結局面接試験に遅れたゆーじはまともに面接を受けられないまま追い返される。 北海道に戻ったゆーじを妙子は励まそうとするが、ゆーじは「今年がだめでも来年また受ける」と決して諦めていなかった。 そこへ一次面接合格の知らせが・・・なんと東京で助けた人たちがライテックスの人事部長・城山の身内だったのだ。 一方ゆーじの停めたタクシーを譲られたOLの名は、ライテックス社の人事部主任・二階堂千絵。 彼女は男社会で負けまいと肩肘を張って働いているうちに強情な性格になっていた。 次の人事異動で販売促進8課、通称ハンパ課という日陰の課に左遷されることを聞き、社内コンペ応募で起死回生を狙っていた。 さて、役員面接のため再び上京したゆーじはまたまた困っている人を助けている。 そこへコンペへ提出する書類を紛失して困っている千絵に出会ってしまい、今度はその書類探しに駆け回ることに・・・そんな中でゆーじと話をしているうちに、千絵は少しずつゆーじに感化されつつあった。 本人は気付かぬままに・・・ 書類を手に入れたもののコンペには間に合わず千絵はハンパ課へ。 そして役員面接に遅刻したゆーじの履歴書はごみ箱へ。 もう二度と会うことは無いと思われたゆーじと千絵だったが、運命のいたずらはゆーじをライテックス社に合格させる。 ごみ箱の中の履歴書が社長の目に止まってしまったのだ・・・ ゆーじが合格したと知り、なんとなく嬉しく思う千絵。 ハンパ課でも「自分はどこへ行っても自分」でやっていく決心もついていた。 合格通知に喜ぶゆーじと妙子。 しかし別れの日、妙子は思わず涙をこぼす。 「離れているうちにお互い変わっちゃう」と不安にかられる妙子に「大丈夫。 オレ絶対変わらないから」と答えるゆーじだった。 ライテックス入社式。 新入社員代表で挨拶をする予定だというのに、またまた遅刻のゆーじ。 ようやく到着したゆーじに城山部長は挨拶の原稿を渡す。 が、間違えて白紙を渡してしまった。 結局自分の言葉で挨拶を始めたゆーじだったが、「古いもの、伝統というものは良い」と社長の方針と全く逆のことを言い出し、社長はカンカン、城山・千絵はクラクラ・・・ 「私の周りの人の幸せが私自身の幸せ」という信念の持ち主ゆーじくん。 さて、ライテックス社に入社してどうなっていくのでしょう? 今回の名言(グラスの独断(笑)) 「ハイヒールって尖っていればいるほど折れやすいんですよね。 たまにはこういう靴もいいですよ」 (おまけ) 中居くんが友情出演でちょこっと出てくれました。 あと原作者の高橋しんさんも妙子ちゃんの働く喫茶店にいましたね。 〔グラスの感想〕 初回を見て思ったこと「良くも悪くも剛くんらしいな」 音楽担当が「まだ恋」の時の方らしいですが、テンポが速くて軽くて、作りとしては「まだ恋」に似た面白い作りだと思います。 現実離れしたおとぎ話ですね。 履歴書がひらひら舞うところで映画「フォレスト・ガンプ」を思い出したんですが、ゆーじくんとフォレストって似てるかもしれない。 剛くんの演技に付いては言いたいことたくさんあります。 滑舌、間の取り方、動き方・・・もう少し勉強して欲しいとは思う。 でも、この役は確かに剛くんにしか出来ないかもしれない。 原作と合ってるかどうかはわからないけれど、ドラマのゆーじは剛くん色に染まってしまってる。 身内受けみたいな笑いもあったけれど、財前さんが言っていた「こんな人いない〜とツッコミながら見て欲しい」というのはイケルかもしれないなと思いました。 ホン(脚本)が良さそうなので、このままのテンポで続いて欲しいな、というのが今の希望ですね。 〔みんなの感想〕 『つよし君、ありがとう。 』 「いいひと。 」見ました。 もう!他人の評価はどーでもいいや!誰がなんと言おうと、私は胸はっていいますよ。 つよし君、楽しくて暖かいドラマありがとう。 とってもよかったですよ。 ドラマの流れにそった役になりきってて、浮き足立つ事もなく、溶け込んでる感じで・・なによりとてもいい気持ちにしてくれました。 「一生に一度の主役」の切ない覚悟も、このドラマへの真摯な覚悟として受け留めて見ていく事が出来そうです。 一応うちの40代サラリーマンの意見を・・。 「火曜9時に勝ったんじゃないか〜。 前評判は当てになんねーな。 」と、いいつつ、ドラマそのものを純粋に楽しんでました。 私もここまで客観的になれればねえ・・(^^;) 〔ENAMIママさん〕 とにかく、なんて言っていいやらまだ頭が、ぼ〜っとして・・。 剛君の初主演ドラマ「いいひと。 」初回は、ナイターで、45分遅れたにもかかわらず、な、なんと 24、6%!!(ビデオリサーチ関東地区調べ)ちなみに、 フジの初回視聴率の歴代9位という快挙だそうです!!「総理と呼ばないで」より取ってしまった・・・。 剛君本人のコメントも、「ほんとに良かったです。 」との事でした。 朝このニュースを知ってから、頭の中が、くるくるミラクルで、、。 とにかく、よかったよかった!いいドラマだもんね。 「がんばれ、優二〜!」 〔Ability Qさん〕 「いいひと。 」、ちょっと今泉くんはいってたような気がしますが妙に心配してしまったので(優二君に)次回も見ちゃうでしょうきっと。 剛くん、かわいかったですね。 なんか。 〔典子さん〕 正直なところ、「期待しすぎたかな?」というのが第一印象でした。 いくら漫画が原作だといったって、あんなにギャグにしてしまうものでしょうか?くさなぎ君が無理矢理作っている「笑顔」がとても気になりました。 もっと自然の笑顔がかわいいのに・・・「いいひと。 」ホームページに投書(メール)してみようかと思ってしまいました。 そうは言ってもやっぱりこれからも毎週楽しみに見て、重ねて「保存版」ビデオも録画してしまいそうな私・・・はまってしまっています。 〔TANIPONさん〕 「いいひと。 」思った以上によかったです。 優二くんのキャラクターがすごくおもしろくて、私が剛くんファンじゃなくても、好きなドラマになったことだろうと思っております。 突っ込みいれもってみられる楽しいドラマとでも言うのでしょうか。 やっぱりこのドラマは妙子ちゃんに感情移入してみてしまいました。 ところで、今日16日は「いいひと。 」の話題でもちきりでしたよ。 45分遅れはつらかったですが、そのおかげで観るつもりじゃないのに観てしまったという人もいたりして。 そしてみんな剛くん演じる優二くんにとりつかれてしまったようです。 特に、30代後半の男性(原作ファン)が「昨日『いいひと。 』みた?漫画と同じだったよ。 草なぎ剛ってすごいよ」って言っていたのがうれしかったです。 彼がイメージしていた優二像そのものだったそうです。 私に直接言ってくれたのなら社交辞令ともとれますが、そうじゃなかったので。 しかも私の知っている時以外にも2〜3回言っていたらしいし。 〔靖子さん〕 ダンナが、スピリッツを買ってくるので、漫画の「いいひと」は、最初っから読んで知っていました。 で、原作に忠実に、ドラマ化されているのかと思ってっていましたが、かなり、コミカルタッチに描かれていて、笑いながら見ていました。 しかし、なぜだか、最後は、ゆーじくんの魔法にかかったのか、ちょっと、感動して、幸せに気分になっていました。 原作を読んでいた時、「こんなひといない」と思っていましたが、(剛君も、そう言っていましたが)なぜだか、剛演じるゆーじくんを見ていると、本当にいるような気がしているのは、私だけでしょうか。 今後も、楽しみです。 〔k.miwakoさん〕 面白かったです!剛くんが主役っていうのは、一番いっぱい出るってことなのねと実感。 中居君が出ていたのもおどろきましたー!!そこまでやるか中居・・・さすがSMAPパパ。 なんか嬉しかったです。 〔ひろかさん〕.

次の

いいひと。: 感想(評価/レビュー)[ドラマ]

いい ひと ドラマ

2018年-夏ドラマ 2018年-春ドラマ 2018年-冬ドラマ 2017年-秋ドラマ 2017年-夏ドラマ• 2017年-春ドラマ• 2017年-冬ドラマ• 2016年-秋ドラマ• 2016年-夏ドラマ• 2016年-春ドラマ• 2016年-冬ドラマ• 2015年-秋ドラマ• 当サイト(TVドラマ無料動画)は動画共有サイトで視聴できるURLをまとめているリンク集サイトです。 当サイトの運営者は、リンク先の動画(埋込み型動画も含めて)においてのアップロードや、その行為推奨は一切行っておりません。 著作権物に関しましてはすべて著作者・団体に帰属しております。 サイト内で紹介動画のダウンロード販売などは一切行っていません。 動画のアップロードや削除などの御質問はそれぞれの動画共有サイトへ直接お問い合わせくださるようお願いします。 サイトで紹介している各ドラマタイトルはカテゴリー分けされており、【ドラマの総合情報/ドラマ各話のページ】という2段の階層構造が基本となっています。 お探しの動画リンク先は各話のページに様々な種類の動画共有サイトURLとして記載しています。 なおドラマはあくまでもフィクションです。

次の