メルカリ 購入 コメント 例文。 メルカリで売れやすいプロフィールの書き方&例文 [メルカリの使い方] All About

メルカリメッセージの返信例文と送り方|出品ページはいつまで使える?|井上直哉オフィシャルブログ

メルカリ 購入 コメント 例文

ユーザー同士が気軽にメッセージを送り合えるのが、メルカリのいいところでもある フリマアプリのメルカリでは、ユーザー同士が自由にメッセージのやり取りをすることができます。 購入前であれば値下げや取り置きのお願いなどが多くなりますが、他にも写真の追加や商品に対する細かい質問などもあります。 メッセージはコメント欄を通すので、他のユーザーも見ることができます。 そのため 名前や住所、メールアドレス、電話番号などの個人情報は絶対に書いてはいけません。 またメルカリのルールにもありますが、相手を罵るような言葉など気分を害するようなメッセージや外部サイズに誘導するような内容のメッセージを送るのは禁止されています。 メルカリ取引メッセージ:出品者側のコメント注意点 出品者がコメントについて気をつけたいのは、まずはコメントをチェックすることです。 コメントがあったときのお知らせする機能をONにしていれば、その都度確認ができるのですが、そうでない場合には気づかないこともあります。 お知らせ機能がONになっているかどうかは、以下の手順で確認や変更ができます。 メルカリは、スマホがメインということもあり、すぐに返信がくると思っているユーザーが多いのです。 そのため返信が遅いと不安になってしまうこともあるからです。 当然ながら、出品者も個人情報やメルカリの禁止行為になっているようなことは書いてはいけません。 コメントの掲載期間と削除のタイミング コメントがあっても購入されるとは限らないので、そのまま掲載され続けることもあります。 商品についての質問であれば、他のユーザーが購入するときの情報になるので残しておいてもいいと思います。 商品説明に追記したのであれば、削除してしまってもいいでしょう。 コメントが多くなると見にくくなってしまうので、必要な情報だけ残すのも手です。 値下げ交渉の途中でコメントがこなくなったら、期間を決めて最終的には削除してしまいましょう。 そうしないと、他のユーザーが購入できなくなり、売るチャンスを逃してしまいます。 削除するためには、交渉しているときに専用出品や値引きに加えて、「2日以内に購入されない場合には専用出品を解除して、コメントも削除します」と書いておくとトラブル防止になります。 値下げ交渉のコメントは早めに削除 先ほど、値下げ交渉のコメントは期間を決めて削除すると書いたのですが、決裂した場合でも早めに削除しておきましょう。 コメントの中に具体的な金額があると、他のユーザーがそれを見て交渉をしてきます。 たとえば現在2,500円で出品している商品を、交渉の末に2,200円まで下げると書いたけれど、結局購入されなかったとします。 他のユーザーがこれを見たら「2,200円までは下げてもらえるな」と思うはずです。 本来なら2,500円で売れるのがベストなのだから、2,200円を残してしまうと不利になることもあります。 そのため、交渉したコメントはすぐに削除してしまいましょう。 メルカリ取引メッセージ:購入者が使うフレーズ例 実際にコメントの返信をするときのやり方は、コメント欄に入力すればOKです。 特に難しいことはありませんが、どんな文面にすればいいのかはけっこう悩むかもしれません。 そこで、例文を挙げていきたいと思います。 はじめまして。 この靴を300円値下げしていたくことはできますか?値段を下げて専用出品にしていただければ、購入させていただきます。 これに対して出品者からOKの連絡が来て、値下げした価格での専用出品になったら、購入手続を進めます。 値下げをしてくれたことについては、購入した後のメッセージでお礼などを伝えれば大丈夫です。 もし出品者が300円の値下げができないときには、200円ではどうかというメッセージが来くるかもしれません。 そのときには、その値段で購入するしないに関わらず、返信をします。 これを無視して購入手続をしてしまうとキャンセルになることもあるので、注意が必要です。 (ただし、これは出品者独自のルールであって、メルカリの公式なルールではありません)コメントをするときには はじめまして。 購入希望です。 よろしくお願いします。 という内容で問題ありません。 これに対して出品者からコメントがあれば、そのまま購入手続を進めていきます。 値下げをしてもらった場合には、お礼を兼ねてメッセージを送りましょう。 値下げしていただきありがとうございます。 早速購入させていただきました。 よろしくお願いします。 値下げをしていない場合には以下のようなメッセージになります。 購入させていただきました。 よろしくお願いします。 配達時間帯の指定が可能な方法で発送してくれる場合には、要望があればここで連絡をしておきます。 到着を楽しみにしています。 という内容の返信でOKです。 商品が届いたら中を確認して、受取評価をします。 特に問題がなければ以下の内容で評価をします。 商品が届きました。 スムーズな対応ありがとうございました。 これに対して出品者からの評価を受けて、取引は完了ということになります。 メルカリ取引メッセージ:商品に問題ありの場合 もし届いた商品に問題があったときには、受取評価をせずに出品者にメッセージを送ります。 たとえば、動くはずの家電が動かない場合には 本日商品が届いたのですが、スイッチを入れても動きません。 商品説明には、動かないと書かれていませんでした。 返品をお願いします。 と連絡をしてみます。 ここで大切なのは、商品説明や商品名などに、動かない、壊れているという言葉がないと確認することです。 万が一見落としがあったら購入者に非があることになり、返品などは受け付けてもらえません。 メルカリ取引メッセージ:出品者が使うフレーズ 次は出品者が使うフレーズを紹介します。 受ける場合には コメントありがとうございます。 では、1200円に値下げをして専用出品にしますので、ご購入お願いします。 となります。 ここでは「購入してくださいね」と念押しするのがポイントです。 値下げができないときには、断りのメッセージを送ります。 コメントありがとうございます。 せっかくメッセージをいただいたのですが、送料を考えると、今のところ値下げは考えていません。 すみません。 値下げを断る理由として、出品したばかりの商品であることも考えられます。 その場合、「出品したばかりで」と書いてしまうと、このまま売れなければ値段が下がると思われてしまうので、書かない方が無難です。 この場合も、「送料を考えると」という理由で断るといいと思います。 このとき、発送のタイミングを書いておくと、購入者も安心します。 ご購入ありがとうございました。 明後日までには発送したいと思いますので、もう少々おまちください。 よろしくお願いいたします。 これだけでも、購入者には発送したことが伝わるので、メッセージは必要ないかもしれません。 でも、ここで一言 先ほど発送いたしました。 到着までもうしばらくお待ちください。 とあると丁寧な取引になります。 また、ゆうパックやレターパック、ヤマトの宅急便など、自動的に問い合わせ番号が伝わる方法でない場合には、購入者にメッセージを送る必要があります。 追跡ができるように問い合わせ番号を伝えておきます。 これによって取引が完了して、売上金が出品者に入ります。 評価のコメントはなしでもいいのですが、やはり何らかの返信があると購入者も安心すると思います。 お取引ありがとうございました。 またご縁がありましたら、どうぞよろしくお願いします。 という内容でいいでしょう。 もし何かトラブルがあれば、そのことを書いておきます。 評価は他のユーザーも見るので、取引をするかどうかの大事な判断材料になるからです。 購入者からのクレーム対応例 購入者から商品についての問い合わせがきたら、内容を確認してどちらに非があるかをはっきりさせます。 もし商品説明と違ったりしたら出品者に非があることになります。 そのときには、素直に謝り、返品に応じることを伝えましょう。 誠実に対応をすれば、トラブルは大きくなりません。 逆に、イメージと違った、サイズが合わないなど、購入者の都合のクレームの場合には、返品に応じなくてもいいと思います。 「サイズは商品説明に書いてありましたので、返品には応じることができません」ときっぱり断りましょう。 これによって受取評価がされなくても、メルカリ事務局に受取評価の依頼ができるようになります。 取引メッセージをする上では、相手の気持ちを考えた内容を送ることが大切です。 顔が見えない相手といっても、気分を害するような内容では取引もうまくいきません。 また、相手からの返信がこなくても、慌てずに待つことも必要です。 常にスマホやタブレットを見られる環境にいるとは限らないので、1日~2日くらいは待ってもいいかもしれません。 それでも返信がないときには、もう一度メッセージを送ってみます。 万が一、それでもダメならば、取引はしない方が無難といえそうです。 関連記事•

次の

メルカリの受取評価のコメントの入れ方は?例文もまとめてみた!

メルカリ 購入 コメント 例文

色々な商品が非常にお得な価格で買えるメルカリ。 メルカリでは、欲しい商品が定価以下で買えたり、いくら探しても見つからなかった商品が簡単に見つかったりします。 メルカリを使ったことがある人は 「メルカリのない生活は考えられない」 と言う程です。 でも今まで使ったことがない人にとっては 「どうやって買ったらいいかわからない」 「トラブルになったりしない?」 「ルールやマナーが分からない」 このような不安がありますよね。 今回はそんなメルカリ未経験者の方のために、メルカリでの商品の買い方を解説します。 買い方だけではなく、メルカリ独特のルールやマナーなども併せて解説。 これを読めば、メルカリで安心して買い物ができるようになりますよ。 メルカリでの買い方・購入方法の基本5ステップ まずはメルカリでの買い方を、5つのステップに分けて順番に解説していきます。 メルカリで買いたい商品を探す メルカリに登録したら、まずは欲しい商品を探しましょう。 商品を探す場合は、基本的に上部にある虫眼鏡マークから探します。 ブランド別やカテゴリー別に探したり、商品名を打ち込んでピンポイントで探すこともできます。 欲しい商品や気になる商品があったら、クリックしてみましょう。 なお、メルカリで商品を何回か購入したり、商品を検索したりしていると、トップページにあなたがいつも買っている商品に近いカテゴリーの新着商品が表示されるようになります。 「購入手続きへ」のボタンをタップし、商品を購入する 商品の写真をクリックすると、その商品の詳細が表示されます。 まずは商品の状態や価格、出品者の評価などを確認しましょう。 特に出品者の評価は、よくチェックしてください。 非常にお買い得で、欲しい商品だったとしても、評価の悪い出品者から買うことは、おすすめしません。 評価の悪い出品者から買った場合、商品が届かなかったり、書いてある状態と全然違ったりといったトラブルになる可能性があるからです。 メルカリには、毎日様々な商品が大量に出品されています。 無理して評価の悪い出品者から買う理由はありません。 商品が急ぎで欲しい場合は「発送までの日数」という項目にも注意です。 ただし、メルカリは個人同士のやり取りです。 相手の都合によって発送が遅れる場合もありますので、本当に急ぎの場合は出品者にコメントで確認した方がいいでしょう。 そのほか、商品についてわからないことがあれば「コメント」から出品者に質問をしてください。 「初めまして。 コメントお願いします。 商品の内容と金額に納得したら、商品ページ右下にある購入ボタンを押します。 購入した商品代金を支払う メルカリでは、購入ボタンを押してもすぐに購入にはなりません。 購入の手続きを行う必要があります。 ここで支払い方法を選択します。 ポイントや売上金は、初めての方は持っていないと思いますので、気にしなくて大丈夫です。 もし招待コードでポイントをもらっていた場合は、せっかくなので使ってみましょう。 使用したポイント分、商品の代金が割引されます。 支払い方法ですが、クレジットカードが一番簡単で手数料もかからないのでおすすめです。 銀行振り込みやコンビニ支払いは払いに行く手間がかかりますし、100円の手数料がかかります。 その他、携帯決済も100円の手数料がかかります。 支払い方法を選択したら、一番下にある「購入する」のボタンを押せば購入完了です。 取引相手にメッセージを送る 購入が完了したら、出品者の方にメッセージを送ります。 強制ではありませんが、ひとことあったほうがお互いに安心できるでしょう。 メルカリユーザーの中には無言取引を極端に嫌う方も多いので、購入者側でも出品者側でも、取引が始まったらメッセージは送るようにしましょう。 送るメッセージについては、難しく考える必要はありません。 本当に一般的なあいさつでいいのです。 例えば下記のように送れば問題ありません。 「初めまして。 商品を購入させていただきました。 短い間ですがどうぞよろしくお願いいたします。 」 メッセージを送ったら、出品者からの商品発送を待ちましょう。 商品を受け取り、取引の評価をする 出品者から発送された商品が届いたら、さっそく中身を確認しましょう。 書いてあった商品と同じか、状態はメルカリに記載されていた通りか。 納得できない点がないかを、よくチェックしましょう。 この時点でなにか問題があれば、出品者に取引メッセージから確認します。 商品のチェックが終わり、問題がなければ受け取り評価をします。 受け取り評価をしないと、出品者にお金が入金されません。 届いた商品に問題がなかった場合は、できるだけ早めに受け取り評価してあげましょう。 受け取り評価の手順は以下の通りです。 ・「商品の中身を確認しました」にチェックを入れる ・「良い」「普通」「悪い」の3つから今回の出品者の評価を選択 ・メッセージを記入(任意) ・「評価を投稿する」をクリック 評価について、特に問題がなかった、という意味で「普通」にする人がいます。 しかし、何も問題がなければ「良い」を選択しておきましょう。 悪気がなくても、評価を「普通」にすると、出品者からクレームが入る場合があります。 滞りなく取引が終わった場合は、「良い」の評価をしておきましょう。 メッセージについては任意ですが、できればひとこと入れてあげてください。 「スムーズに取引ができる出品者様でした。 また機会がありましたらよろしくお願いいたします。 」 こんな感じでかまいません。 このメッセージは他のユーザーにも公開される内容なので、個人情報などは書かないようにします。 もしくは無言で評価した後(それか評価前)に取引メッセージでお礼を送ってもいいでしょう。 お互いが気持ちよく取引を終えられるよう、最後まできちんとマナーを守りましょう。 メルカリで初めて商品を購入するときのマナーと注意点4つ メルカリにはトラブルを避けるため、また取引を円滑に進めるための「暗黙のルール」が、いくつか存在します。 これらの「暗黙のルール」について、メルカリユーザーの間では「マイルール」や「独自ルール」などと呼ばれています。 これらはメルカリ公式ルールではなく、「マナー」に近いものです。 絶対に守らないといけない、というものではありません。 ですが、守らないと出品者とトラブルになる可能性がありますので、できる限り守るようにしましょう。 今回、メルカリで特に多く使われているマナーを4つご紹介します。 専用の意味と注意点 メルカリでは 「〇〇様専用」 と書いてある商品をよく目にします。 これはそのままの意味で、その方のための専用商品です。 「〇〇様以外の購入は控えてください」 という意味があります。 実際には控えてくださいどころではなく、 「ほかの人は絶対に買わないで!」 という意図のもと、出品された商品です。 もしほかの人が買った場合「横取り」という行為になります。 出品者によっては非常に怒りますし、評価を下げられる場合や、取引をしてくれない可能性があります。 ただメルカリは、この専用出品を認めていません。 「〇〇様専用」と書いてあっても、買った人に取引をする権利があります。 それでも、この専用というルールは、メルカリ内でもかなり強い意味を持つ独自ルールなので、守ったほうがいいでしょう。 あえてトラブルを起こす必要はありません。 取り置きの意味と注意点 「〇〇様取り置き」 という表示もたまに見かけます。 これも意味合いとしては、先ほどの「専用」と同じ。 何かの理由があって、交渉した方がすぐに買えない場合、約束の期間まで取り置きしてある商品です。 専用に比べて見かける頻度は少ないのですが、このような表示があったら、購入は控えてください。 「専用」と同じく、無理に購入すると、トラブルのもととなります。 即購入不可の意味と注意点 商品の説明文や出品者のプロフィール欄に 「即購入不可!」 と書いてあったら要注意です。 この即購入不可は、初心者がやってしまいがちなマナー違反です。 これは、商品を購入する前にコメント欄から 「商品を買ってもいいですか?」 とひとこと告げて、出品者が了承してからでないと買えない、というルールです。 手軽に買えるのが売りのメルカリにおいては、ちょっと面倒なルールですよね。 なぜこのような面倒なルールがあるかと言うと、出品者側に下記のような事情があります。 ・評価の悪い人と取引したくない ・ほかのサイトでも出品している(これはメルカリ規約違反です) メルカリは基本的に即購入ができるシステム。 そのため、取引が不安になるほど評価の悪い方にも、商品を買われてしまう場合があります。 それを避けるために、一度コメントをもらって購入希望者の評価を確認してから取引をしたいという理由がひとつ。 もうひとつは、ほかのサイトでも出品していて、同時に売れてしまうと困る、という理由です。 出品者によっては売れる確率を上げるために、メルカリだけでなくヤフオクやラクマなどのほかのサイトにも同時に出品している方が結構います。 もし2つのサイトで同時に落札されてしまうと、どちらかが取引できなくなってしまうので、いったんコメントをもらって在庫を確認してから取引をしたい、という理由です。 非常に面倒ですが、即購入を嫌う出品者は多いです。 ただ普通に買っただけで怒られたり、評価を下げられたりする場合がありますので、メルカリ初心者の方は特に、この即購入不可には注意してください。 プロフ必読の意味と注意点 商品説明に 「プロフ必読」 と書いてあったら 「商品を買ったりコメントする前に、一度出品者のプロフィールを読んでください」 という意味です。 出品者によって即購入を禁止したり、値下げ交渉を禁止していたりと様々な独自ルールがあります。 しかしそれを商品説明に書くと、商品説明が膨大な量になってしまいます。 そのためプロフィールに出品者のルールを記載し、それを読んでもらってから買ってほしい、コメントしてほしいという意図があります。 商品名に「プロフ必読」と書いてあって、プロフィールに「値下げ交渉禁止!」と書いてあったとします。 それを見ずにコメント欄から値段交渉をしてしまうと、 「プロフィールに書いてある通りです」 と返事されて、そのままブロックされてしまうかもしれません。 他にも本当に面倒ですが、 「プロフを見て、そこに書いてあるパスワードを取引メッセージに記載しなかった方とは取引しません」 というルールを適用して、徹底されている方もいます。 プロフ必読と書いてある方のプロフィールは、必ず見るようにしましょう。 ただ、プロフ必読と書いていなくても、商品を買う前には、できるだけ出品者のプロフィールを見る癖を付けましょう。 出品者の評価を確認するためです。 先ほども書きましたが、いくらよい商品を出品していても、評価の悪い出品者とは取引するべきではありません。 評価の悪い出品者との取引を避けるためにも、出品者のプロフィールは必ず見るのがおすすめです。 メルカリで購入後に起こる4つのトラブルと対処法 メルカリは個人間取引の場なので、トラブルが起こった場合、その対応は様々です。 お店ならクレームを入れて返金なり代替品なりという対応をしてもらえますが、個人の取引ではそうはいきません。 ここでは、メルカリでよくあるトラブル事例の紹介と、対処法を説明します。 購入した商品が壊れていた場合 商品が届いて中身を確認したら、商品が壊れていた。 この場合はどうしたらよいでしょうか。 メルカリユーザーの大半は、お店での梱包経験のない一般の方です。 そのため、梱包が荒い、雑という方もいます。 そのせいで輸送中に中の商品が壊れたり、化粧箱にダメージが付いたりといったトラブルが起こることがあります。 もし購入した商品が壊れていた場合、すぐに出品者に連絡を取りましょう。 ただし、ここで決して感情的になってはいけません。 解決するものも、解決しなくなってしまいます。 まずは出品者に以下のようなメッセージを送ります。 「お世話になっております。 商品が先ほど届いたのですが、輸送中に破損してしまったようです。 お手数ですがご対応いただいてよろしいでしょうか」 その後、出品者によって対応は違いますが、以下のような対応をしてくれる場合が多いです。 ・相手から連絡がない ・相手がミスを認めない ・返金に応じない といった場合は、メルカリ事務局に問合せましょう。 購入した商品が偽物だった場合 メルカリで高額な商品や人気のある商品を購入した場合、届いた商品が偽物だったという可能性もあります。 この場合、まずは 「本当に偽物か」 という部分をはっきりさせましょう。 購入者個人の主観や鑑定で、偽物と判断してはいけません。 購入者が知らなかっただけで、正規品でも通常と違うデザインやパターンがある、という場合もあります。 (ロゴが違うといったように、明らかに偽物とわかるような場合は別です。 ) 偽物と判断するための証拠や根拠を得るには、その商品のプロに鑑定してもらうのが一番です。 鑑定してもらっている間はもちろん、絶対に受け取り評価をしてはいけません。 届いた商品が確実に偽物だと断定できたら、その根拠とともに出品者に連絡します。 「お世話になっております。 先日購入した商品ですが、〇〇で鑑定していただいたところ、正規品でないという鑑定結果をいただきました。 もし故意でない場合は申し訳ございませんが、返品対応をお願いいたします。 」 と送りましょう。 知らずに販売していたなら、出品者はびっくりして何かしらの対応をしてくれるはずです。 メルカリでなくても、偽物の販売は犯罪です。 たとえ本当に知らなかったとしても、販売した時点で罪に問われる可能性があります。 もし相手が故意に偽物を販売していて、こちらからのメッセージを無視した場合や、誠意のある回答が得られなかった場合。 メルカリ事務局に詳細を報告するとともに、警察に相談することも検討しましょう。 購入した商品と違うものが届いた場合 商品をたくさん出品している方にありがちなミスですが、送る相手を間違えて違う商品を送ってしまった、という可能性があります。 購入した商品と違うものが届いた場合も、まずは出品者にメッセージを送りましょう。 「お世話になっております。 商品が届いたのですが、購入した商品ではなく〇〇が届きました。 もしかしたら入れ違いになっているかもしれません。 ご対応をお願いいたします。 」 このようなメッセージを送れば、相手から連絡があると思います。 この場合、出品者の対応は ・送り返してほしい が一番多いでしょう。 この場合も、もちろん着払いで送ります。 ただ、出品者によっては着払いの高額な送料を嫌って、ほかの方法で送ってほしいと言われる場合もあるかもしれません。 その場合は、送料を振り込んでもらってから送り返しましょう。 どちらにしても相手のミスですので、こちらは1円たりとも負担する必要がありません。 トラブルになった相手をブロックする方法 取引を終えて、 「二度とこの人とは取引したくない」 と思ったら、ブロック機能を使いましょう。 まずブロックしたいユーザーのプロフィールを開きます。 右上にあるマーク(画面赤枠)をクリック。 ここをクリックすると「この会員をブロック」という項目が出るのでそこをクリックします。 最終確認が出ますのでここを「はい」にすればブロック完了です。 これで、今後この相手と取引することができなくなります。 なお、相手をブロックしたあとに解除したくなった場合(あまりないと思いますが)、解除するのは非常に難しいです。 もう一度相手のプロフィールページに飛ぶ必要があるからです。 ブロックした直後なら取引履歴などから簡単に探せますが、時間が経つと誰をブロックしたかわからなくなってしまいます。 そのためブロックするときは 「もう絶対にかかわりたくない」 という強い決意をもってブロックしましょう。 メルカリの便利な機能を使って脱・初心者! メルカリには買い物をするのに便利な機能がたくさんあります。 これらの機能を使うことによってより便利に、楽しく買い物ができるようになります。 ここからは、メルカリでの購入に関する便利な機能を、4つご紹介します。 コメントの使い方 商品の横に「コメント」がありますよね。 これは商品を買う前に、出品者と連絡が取れる機能です。 ・商品について質問したいことがある ・即購入禁止の出品者への連絡 ・ほかの方とのやり取り履歴の確認 というのが、コメントの主な使い方です。 この中でも、もっとも一般的なのが商品についての質問でしょう。 もっと詳しく商品のことが知りたいとか、商品説明に書いてない部分で気になることがあるときは、このコメント欄から出品者に質問しましょう。 他には、先述した即購入禁止の出品者に確認を取るために使用します。 ほかの方がした質問の確認にも使えます。 コメント欄は全ユーザーに公開されていますので、ほかの方がした質問を確認できます。 それによって、出品者が値下げに対して寛容かどうかや、自分では気づかなかった商品に対する質問などを見ることができます。 いいね!の使い方 商品コメント欄の横に「いいね!」がありますね。 これはいわゆる「お気に入り登録」です。 気になっている商品をいいね!しておくことによって、その商品をいつでもマイページから確認できるようになります。 この機能の優れているところは、いいね!しておくと、商品に何かしらの動きがあった場合、お知らせという形でその情報が届くこと。 お知らせが届くのは、以下の場合です。 ・商品が値下げされた場合 ・商品にコメントがあった場合 気になっているけど高いなあ、と思っている商品をいいね!しておくことによって、値下がりした時点でお知らせが届きます。 また、ほかの人が商品に対してコメントをした場合も同様です。 気になった商品は、とりあえずいいね!しておく癖を付けましょう。 フォローの使い方 ユーザーのプロフィールに飛ぶと「フォローする」という項目がありますね。 これは、出品者に対するお気に入り登録です。 メルカリでは、特定のユーザーをフォローしておくと、自分のマイページからいつでもそのユーザーを見ることができます。 出品者は同じような系統の商品を出品する可能性が高いです。 例えばアクセサリーを出品していたユーザーは、これからもアクセサリーを出品する可能性が高いということ。 自分の欲しいジャンルの商品を出品しているユーザーをフォローしておくと、あなたが気に入るような商品を出品してくれるかもしれません。 メルカリは利用者が膨大なので、一度ユーザーを見失うと、探すのが大変です。 自分の趣味に近い商品をよく出品するユーザーをフォローしておくと、便利でしょう。 閲覧履歴の使い方 メルカリには「閲覧履歴」という機能があります。 実はこの機能、2018年3月現在でiPhone利用者限定の機能のようです。 (androidには表示されない) 「閲覧履歴」は文字通り、自分が今まで見た商品の履歴を見ることができる機能です。 これによって、うっかりいいね!し忘れた商品や、過去どんな商品を見たかということが確認できるようになります。 この閲覧履歴は、第三者に見られることはありませんので、安心してください。 購入したい商品の値下げ交渉をしてみよう 最後に、メルカリで商品をお得に買うテクニック、値下げ交渉です。 気に入った商品を1円でも安く買えるなら、それに越したことはないですよね。 メルカリでは値下げ交渉はメジャーな交渉なので、気になる商品はとりあえず交渉してみましょう。 ただし値下げ交渉にはコツがあります。 コツやマナーを守って行わないと、出品者を不快にさせたり、断られたり、最悪ブロックされたりしてしまいます。 そんなメルカリの値下げ交渉は、以下の手順で行います。 ・商品説明や出品者のプロフを見て【値下げ禁止!】と書いていないか確認 ・コメントから挨拶と、値下げしてほしい旨を伝える ・出品者が了承して金額を修正したら購入する ・取引メッセージでお礼を伝える まず、絶対にやってほしいのがプロフィールの確認。 メルカリでは値下げ交渉が一般的ですが、非常識な金額の値下げを要求するユーザーにうんざりして「値下げ交渉禁止」にしている出品者も少なくありません。 それを確認せずに値下げ交渉すると 「プロフを読んでいない」 「嫌いな値下げ交渉された」 と判断されて、最悪の場合ブロックされてしまいます。 そのため、まずはこの部分を確認しましょう。 出品者のプロフィールを見ても値下げ交渉禁止と書かれていなかったら、コメント欄より値下げ交渉をします。 このとき、礼儀として挨拶をするのは当然として、値段に関しても 「いくらにできますか」 という聞き方ではなく 「〇〇円にしていただくことは可能でしょうか」 という聞き方にしてください。 具体的な金額を提示したほうが、出品者も検討しやすいです。 具体的な例文としては 「初めまして。 コメントお願いいたします。 こちらの商品、とても気になっているのですが、〇〇円まで値下げしていただくことは可能でしょうか? 気分を害されましたら申し訳ございません。 ご検討よろしくお願いいたします。 出品者は本来「この価格で売りたい」という価格で出品しています。 できる限り、常識的な金額内で交渉してください。 ここまでは、メルカリでの購入方法を紹介してきました。 逆に、メルカリで不用品を販売したいという状況になった場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

次の

メルカリの購入後コメントのメッセージ例文/名前の名乗り方など

メルカリ 購入 コメント 例文

プロフィールの項目から入力できる プロフィールは肯定文で書く 実際に、どんなことをどんな風に書いていくのかというと、まず注意したいのが否定的な表現を使わずに、肯定文で書くということです。 プロフィールは相手に自分のことを伝える重要な場所です。 そのため、読んだときの印象がけっこう大切になってきます。 「です・ます調」で書くのは大前提ですが、あまり否定的な内容は書かない方がいいでしょう。 たとえば、「仕事をしていますので、日中はコメントの返信ができません」というよりは「仕事をしていますので、コメントの返信は夜になってしまいます」の方が、伝えたいことが同じであっても印象が違います。 また、メルカリにはプロフィールをシェアする機能があって、あるユーザーが友達などに教える可能性があります。 好きなブランドの洋服を出品することが多いとか、ハンドメイド商品がステキだからなど理由は様々です。 もし自分のプロフィールがシェアされたとき、やはり雰囲気がいい文章であれば取引につながりやすくなると思います。 たとえば「複数購入していただければ、値下げします」「値下げ交渉OKです」といった内容であれば、購入する側も安心して値下げの依頼ができます。 例文 「値下げは可能ですが、常識の範囲で交渉をお願いします。 」 「出品をしている商品を複数購入していただく場合には、値下げ可能です」 一方で、全く値下げをしないのであれば、それも書いておきましょう。 そうすれば、購入希望者からの値下げ依頼を受けることはありません。 例文 「ギリギリの値段で出品していますので、値下げはできかねます」 また、値下げ交渉をスムーズに行うためには、具体的な金額を提示してもらうのがコツです。 よく「値下げ可能ですか?」というコメントがあるのですが、具体的な金額が書かれていないのでいくらで買いたいのかがわかりません。 たとえば、2,300円で出品している商品の場合、「値下げ可能ですか?」とコメントがきて「可能です。 では2,000円でいかがですか?」と答えたとします。 これに対して「検討します」と返事がくることが意外と多く、出品者としては「だったら希望金額を言って!」と思ってしまうのです。 そうならないために、私は以下のようにプロフィールに書いています。 「値下げは可能ですが、希望の金額の提示をお願いします。 『値下げ可能ですか?』というご質問には返事をしないこともあります。 」 これを書いてからは、具体的な金額の提示がある値下げ交渉になって、取引がスムーズになりました。 とはいえ、中にはプロフィールを見ないで購入してしまうユーザーもいるので、即購入を禁止したい場合には、商品説明にも明記しておきましょう。 例文 「商品の購入をご希望の場合には、一度コメントをお願いします。 横取りについては、嫌がる出品者もいる半面、特に気にしない出品者もたくさんいます。 もともと、メルカリにおいては横取りがルール違反ということはないので、あえて書く必要はないかもしれません。 でも、念のために触れておくといいと思います。 衣類を出品するときに毛がついている可能性もありますし、購入者がアレルギーの場合もあります。 また、タバコを吸う人がいるならば、それも書いておいた方が無難です。 タバコの煙がついてしまっていることも多々あり、これがクレームの原因になることがあるからです。 例文 「ペットは飼っていません。 そういった取引に関する注意事項もあらかじめ書いておけば、相手も安心して待つことができます。 例文 仕事の都合でコメントへの返事や発送のタイミングが遅くなることがあります。 初心者が書いておくといいこと メルカリを始めたばかりのタイミングでは評価も0なので、買う側から敬遠されてしまうこともあります。 そんなときにフォローするのがプロフィールです。 そのため、以下の2つは書いておきましょう。 評価が0の状態ですし、慣れていないと思われてしまい取引を避けてしまうユーザーもいます。 フリマをしたことがある人だとわかれば、安心材料になります。 例文 「10年くらいヤフオク! をしています」 「フリルでは評価が200以上あります」 学生や未成年は正直に書いた方がいい? メルカリには、未成年や学生でも参加ができます。 そのため、身分も書いておいた方がいいのか迷うかもしれませんが、書かない方がいいのではないかと思います。 未成年ということで犯罪やトラブルに巻き込まれたりする可能性も否定できません。 匿名配送を使わない限り、相手に住所や名前がわかってしまうので、その点から考えても年齢がわかるような内容は書かない方が無難です。 コピペして少しの修正で使用可能。 プロフィール全文 ここまでで、プロフィールについてのポイントを抑えてきました。 ここではそれらを踏まえた例文を紹介していきます。 細かい部分を手直しして使っていただけます。 ====================== プロフィールをご覧いただきありがとうございます。 フリマアプリは初心者ですが、これまで10年くらいヤフオク! を利用していて、ラクマでも評価が100程度あります。 出品している商品は値下げ可能ですが、極端な値下げはできません。 また、値下げ希望の場合には、スムーズな取引のためにも希望の金額の提示をお願いします。 『値下げ可能ですか?』というご質問には返事をしないこともあります。 交渉中に他のユーザーさんが購入された場合には、購入してくださった方と取引をします。 また、コメントなしで即購入をしていただいて問題ありません。 発送のタイミングは、仕事の都合で週末を予定しています。 また、コメントに対する返信は夜になってしまうことが多いので、少々お時間いただきます。 ペットは飼っていません。 喫煙者もいません。 慣れていないので、手間取ることもあるかもしれませんが、よろしくお願いします。 ====================== プロフィール写真の変更の仕方 プロフィール用の写真はアレンジすることができます。 注意点としては、自分を含め顔出しはしない方がいいということです。 物や風景などがオススメです。 変更するときには、メニューにある「設定」から行います。 「プロフィール」をタップすると内容を変更する画面になるので、写真をタップします。 「完了」で写真の設定ができる プロフィールの写真はスマホやタブレットからは変更ができますが、パソコン(PC)からはできません。 もしパソコンに使いたい画像がある場合には、スマホに写してから登録するようにしましょう。 背景は変更できる? プロフィールの背景を変えたいなと思っているユーザーはけっこう多いのではないでしょうか。 でも、今のところ変更できるような機能はありません。 もしかしたら、今後好きなように変えられるようになるかもしれないので、それを期待して待っていましょう。 どうしても読んでほしい事は商品説明やアカウント名にも書く 先ほども書いたのですが、即購入禁止や自分独自のルールなど、購入希望者にどうしても読んでもらいたいことは、プロフィールだけではなく商品説明にも書いておきましょう。 もしくは、アカウント名に入れてしまうのも手です。 たとえば「12月28日~1月6日まで発送できません」という急ぎの内容ならば、プロフィールよりも商品説明やアカウントに入れた方が確実です。 その場合、同じ文章を使えるようにテンプレートとして保存しておくのもオススメです。 また、アカウント名に「プロフ必読」と書いているユーザーも多いので、それと同じようにしてもいいでしょう。 アカウント名は必ず目に留まるので、その流れでプロフィールも見るはずです。 直接会って取引をすることがないメルカリにおいては、相手の情報を知るためにプロフィールを読むことになります。 あまりにも長く書いてしまうと最後まで読んでもらえない可能性があるので、要点をまとめて書いておきましょう。 【関連記事】•

次の