ジグ パラ ジェット。 【ショアジギ道場R vol.9】想像を絶するぶっ飛び系メタルジグ「ジグパラジェット」

【インプレ】ジグパラジェットはどのくらい飛ぶの?投げ比べて検証してみた。|釣りあび!

ジグ パラ ジェット

【ショアジギ道場R vol. 9】全層を制覇するジグパラジェット攻め 広範囲を素早く探れるジグパラジェットの基本的な使い方は? ジグパラジェット片手に、道場長のヒロセマンが繰りだしたのは、誰もがマネできる、速めに巻き続けるタダ巻きメインの攻め。 出典: ジグパラジェットが持つ遠投性能で、前人未到の到達点まで届かせる勢いでキャスト。 向かい風でもぶっ飛ぶし、追い風の場合はさらに飛距離を稼ぐことができる。 フルキャストが苦手な方でも、メタルジグのキャストに慣れてない方でも軽々とロングキャストできてしまうのが、ジグパラジェットの利点! 着水して底まで沈めたら、リールを巻いて泳がせるだけ。 巻き抵抗も軽いので、アタリはもちろん、潮の有無も感じ取れる。 タダ巻き攻めの代表的な2アプローチ タダ巻き攻めその1は、着底すぐの巻き。 ジグパラジェットのタダ巻きで注意したいことは、特にありません! といいたいところだが、しっかりある。 それは、一般的なタダ巻き寄りも少し速めに巻き続けること。 回収するぐらいの速さでも魚にとっては問題ナシ! 時には速すぎるぐらいがよい時もある。 立ちあがりの早いジグパラジェットは着底してすぐの巻きはじめでウォブリングするため、効率をあげる意味でも素早く巻き、中層あたりまできたら底まで落とすイメージで問題ナシ。 タダ巻き攻めその2は、表層のスキッピング。 ベイトがザワついてナブラが起こっている時は水面を高速巻きで滑らせるスキッピングが効果的。 着水してすぐにベールを起こしてロッドを立てたまま巻いてくるだけ。 スキッピングをうまく演出するコツは、ジグが水面で飛びだしすぎないこと。 あたかもベイトフィッシュがピンピン跳ねて逃げ惑っている動きをイメージ。 ジグパラジェットは細長いシルエットでテール部が厚いため、水噛みもよいのでスキッピングもお手のもの。 ハイギヤリールなら、さらに楽!.

次の

メタルジグおすすめ12選|よく釣れるカラーはこの3色!

ジグ パラ ジェット

ジグパラ ジェットの使い方を知ろう 出典: ジグパラ ジェットの使い方は難しくはなく、簡単に扱う事が出来ます。 初心者の方でも気楽に使う事が出来るので、ぜひ使い方をマスターしてくださいね。 使い方をマスターすればサーフでのヒラメやマゴチ狙い、堤防から狙う青物、地磯や沖磯での大型青物狙いなど様々な使い方が出来ますよ。 以下では3つのアクション方法をご紹介するとともに、カラーの選び方についてもご紹介するので、ぜひチェックしてくださいね。 オーソドックスなワンピッチジャーク 出典: ショアジギングのアクションといえばワンピッチジャーク。 ジグパラ ジェットはワンピッチジャークでの使用にもばっちり対応しています。 ワンピッチジャークのやり方は、ルアーをキャストした後に一度ボトム(底)まで沈め、ロッドを2時方向にしゃくり上げます。 しゃくり上げる際にリールを半回転させ、ロッドを4時方向に下げる際にもう一度半回転させます。 この動作を繰り返す事でワンピッチジャークとなります。 慣れない間はぎこちない動きになってしまいますが、 ゆっくりとした動きでも食ってくる事は多いので焦らずに練習していきましょう。 ワンピッチジャークをマスターすればショアジギングをより楽しむ事が出来るので、ぜひマスターしてくださいね。 初心者の方におすすめのただ巻き 出典: ジグパラ ジェットはただ巻きで使用する事も推奨されています。 ただ巻きはその名の通り、ただ巻くだけのアクションなので初心者の方におすすめのアクション方法です。 ジグパラ ジェットをただ巻きすると、ゆらゆらと泳ぐウォブリングアクションを繰り出すので、魚に十分にアピールする事が出来ます。 巻くスピードを調節すれば一定のレンジを泳がせる事が出来るので、ボトム中心に狙いたい場合や表層にいる活性の高い魚を狙いたい場合などにもただ巻きはおすすめです。 ワンピッチジャークには反応がなくてもただ巻きでは食ってくるという場面もよくある事なので、ただ巻きも織り交ぜて使ってみてくださいね。 やり方は簡単で、ルアーをボトムまで沈めたらワンピッチジャークと同じしゃくり方を3回程度行います。 その後、ラインは張ったまま竿先をゆっくりと下げていき、ラインが弛んだら着底の合図となります。 この動作を繰り返していけばボトムを念入りに探っていく事が出来ますよ。 ジグパラ ジェットであれば遠距離を狙い撃つ事が出来るので、誰も探っていないポイントを狙い撃つことが出来ますよ。 ジグパラ ジェットのカラーの選び方 出典: ジグパラ ジェットに限った事ではありませんが、ルアーマンにとってルアーのカラー選択は悩ましいポイントです。 特に、ルアーフィッシングを始めたばかりの初心者の方はなおさらですよね。 その日の海水の色や透明度、日光や天候などによってばらつきはありますが、基本的には下記の色を押さえておきましょう。 ブルーピンク• ゼブラグロー• コットンキャンディ 上記4色はショアジギングでは定番色で、オールマイティに使う事が出来るカラーとなっています。 まだ薄暗い朝の時間帯はゼブラグローを使用し、太陽が出てきたらブルーピンクや赤金、コットンキャンディを使うといったカラーローテーションをする事が出来ます。 もちろん、上記4色以外のカラーも釣れるカラーとなっているので、上記4色以外のカラーを選んでいただいても問題ありません。 ジグパラ ジェットを使うべきシーン 出典: ジグパラ ジェットの使い方を押さえたら、ジグパラジェットをどんなシーンで使えばより効果的なのかが気になるポイント。 ジグパラジェットが活躍する事が出来るシーンを知っておく事で、他のアングラーに差をつけることも出来ますので、ぜひチェックしてくださいね。 それでは早速チェックしていきましょう。 向かい風で飛距離を稼ぎにくいシーン 釣りをしていると、ほとんどの方が味わった事のあるのが向かい風。 向かい風はルアーをキャストしても風で押し返されるため、飛距離を稼ぐ事が出来ない厄介な存在です。 ジグパラ ジェットであれば超後方重心のセッティングになっているので、風を切ってぶっ飛んでくれます。 向かい風を制する事が出来れば、釣果にも大きく影響が出ますよ。 遠くでナブラが発生しているシーン ショアジギングをしていると見かける事があるのがナブラ。 ナブラは高確率で魚を掛ける事が出来るチャンスタイムですが、ルアーが届かない位置でナブラが発生すると悔しい気持ちになりますよね。 そんな時にはジグパラ ジェットのぶっ飛び性能を駆使して、ナブラを直撃させましょう。 他のアングラーではあと少し届かない様な場面でも、メタルジグを届かせる事が可能になります。 潮目が遠くに出来ているシーン 釣りをしていると潮目が出来ている事がよくありますが、潮目は青物のエサとなる小魚がいるため狙い目となります。 しかし、ナブラと同様遠い位置に出来てしまう事がよくあるので、なかなか狙い撃ち出来ない事がよくあります。 ジグパラ ジェットであればナブラと同じように狙い撃つ事が出来る可能性が高まるので、潮目が出来ている際はぜひ遠投してみてくださいね。 ジグパラ ジェットをぶっ飛ばして釣りを楽しもう! 出典: ショアジギングでメタルジグをフルキャストすると、かなりの飛距離をたたき出す事が出来るので非常に気持ちがいいものです。 飛距離を出せばその分探る事が出来るエリアが増えるので、釣果アップには欠かせない要素となります。 ジグパラ ジェットで飛距離を大きく稼いで今まで狙えなかったポイントを狙い撃つも良し、向かい風対策としてルアーボックスに忍ばせるも良し、ナブラ撃ち専用として使用するも良し、とにかくショアジギンガーにはぜひとも持っておいていただきたい秘密兵器がジグパラ ジェットです。 ぜひジグパラ ジェットを使って、ぶっ飛びショアジギングを楽しんでくださいね。 釣りをする際はライフジャケットの着用を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでくださいね。

次の

メジャークラフトの「ジグパラ」にぶっ飛び特化の新シリーズ「ジグパラ ジェット」公式サイトに公開!

ジグ パラ ジェット

今回比較したメタルジグはこちら! すみません。 たった4種類ですw ジグパラジェット30g ジグパラジェット30g(トリプルフック無し) イワシロケット30g ジグパラショート30g ジグパラジェットはどのくらい飛ぶのか? S社のイワシロケットにそっくりだけど飛距離に違いはあるのか? トリプルフックを外して空気抵抗を軽減するとMAXどのくらい飛ぶのか? 優良メタルジグ、ジグパラショートよりどのくらい飛ぶのか? な~んてことを意識しながら2時間投げ比べました! 計測方法について。 すみません。 糸が風に流されたり、水深などは 感覚で考慮しましたw つ、釣りは感覚が大事なのだよ!汗 いざ、検証結果! 台風明けでしたが ほぼ無風状態で検証できました。 使用タックルや当日の海の状況は記事の最後で。 ジグパラジェット30g 大体 95m前後! 飛びますね~。 これはジェットの名に恥じない飛距離ではないでしょうか? イワシロケット30g 大体 95m前後! まあ、見た目もそっくりだし飛距離もそっくりでしたw 投げた感じ一緒です。 というか、使った感じ全部一緒です!w ジグパラショート30g 大体 80mちょっと! 十分飛んでいるし、青物が居れば届く飛距離。 でもこうやって投げ比べると ジグパラジェット、イワシロケット飛ぶぅ~! というのが素直な感想。 ジグパラジェット30g(トリプルフック無し) 大体 115mくらい!! 圧倒的でした。 いかにトリプルフックが抵抗になっているか。 という事が一発でわかりますね。 全部飛ぶぅ~!ジグ投げるの気持ちいぃ~! 検証結果まとめ ジグパラジェット30g 約95m イワシロケット30g 約95m ジグパラショート30g 約80m ジェット トリプル無し) 約115m 僕が投げたらこんな感じでした。 僕はサーフロッドで投げましたが ショアジグロッドでマッチョが投げたらもっと飛ぶと思います。 僕の個人的な意見ですが やはり飛距離重視のメタルジグは 喰いが少し落ちると思います。 アピール力が低い。 ボディが細いからフラッシングも弱いです。 それは「喰わせる」ことより「届かせる」ことを優先して作っているから。 アクションや喰わせ性能はジグパラショートのようなセンターバランスの方が良いですね。 ジグパラジェットやイワシロケットの出番は、やはり 魚の群れまで届かないときだと思います。 ということで ジグパラジェットの個人的なオススメセッティングはトリプルフック無しです。 トリプルフックを外すだけでジグパラショートより30m以上さらに飛ぶわけです。 これだけ飛距離が違えば届かない魚まで届くかもしれません。 飛距離以外のインプレ アクション 海がド茶濁りでまったく見えませんでした・・・。 巻き感・フィーリング ジグパラショートに比べるとやはり 軽いです。 イワシロケットと比べると ほぼ一緒。 トリプルフック無しは さらに軽くなります。 長時間の釣りでも疲れにくいですね。 塗装強度について ジグパラジェットは 「Super multilayered coating」 とかいう 意味のわからん技術を採用して 塗装が剥がれにくいらしいですが・・・ ほとんどキズが付きませんでした! これはすごく良いと思います! カラー・ホログラムについて ジグパラジェットのカラーは色が濃いものが多いです。 そしてホログラムも強い。 スリムシルエットのメタルジグはアピール力が低いのが弱点。 これを濃いカラーと強いホログラムがサポートしていると思います。 よく考えられているな~と思います。 最後に この計測の数値は僕の感覚です! 間違っている場合がございます! それと、釣れるか釣れないかはわかりませんw 個人的には 飛ぶことと 塗装が強いことが良いと思いました。 基本はジグパラショートなどのセンターバランスを今後もメインで使っていきますが ナブラや鳥山まで届かないときはジグパラジェットのトリプルフック無しを使っていこうと思います! 今回はジグパラジェットの飛距離を検証してみた!でした。

次の