チクチク 言葉。 知ってる?「ふわふわ言葉」と「ちくちく言葉」ー思いやりのある子を育てる親子の会話ー

塾の先生からチクチクした言葉を言われた時は、目に涙が浮かぶのを必死

チクチク 言葉

今日は、新聞の 「声」 の欄に掲載された記事を紹介します。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 「ふわふわ言葉とチクチク言葉」 小学生のとき、学校で 「ふわふわ言葉」 と 「チクチク言葉」 を習いました。 ふわふわ言葉は 「ありがとう」 「がんばれ」 など、相手も自分もうれしくなったり 優しい気持ちになれたりする言葉です。 チクチク言葉は 「きらい」 「死んじゃえ」 など、相手が傷つき、自分の心がすさんでしまう言葉です。 習った時はくだらないと思いましたが、中学生になり、いじめの問題を耳にするようになると、 大事さがわかるようになってきました。 言葉には力があります。 言葉は心や雰囲気をかえる力があるのです。 例えば、相手が自分を思ってしてくれたことに、 「ありがとう」 と言うか 「おせっかい」 と言うかでまるで違います。 自分が放った言葉が人を良くするかダメにするか、考えて言葉を紡ぐべきだと思います。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ この記事を書いたのは、14歳の中学生。 この記事を読んで、私は涙が出そうになった。 そして、「こういう子供たちがいるうちは、日本はまだ大丈夫」 とも思った。 先日、私のまわりでも 「チクチク言葉」 による、心の痛む出来事があった。 言った側にとってそれは 「正しいこと」 で、決して間違ったことではないのだろうが、 そばで聞いていた私でさえ、そのいい方に思わず 「ドキッ」 としたくらいだから、 言われた側は当然深く傷つき、ダメージを受けた。 何とか元気づけようと言葉を掛けたが、立ち直るまで随分辛い思いをしたようだった。 「言葉」 は、時に難しい。 「言葉」 は使い方ひとつで、「太陽」 にもなれば 「北風」 にもなる。 「花束」 にもなれば 「やいば」 にもなる。 また同じ言葉でも、受け取り手によって 「感じ方」 が違う。 同じ言葉を言われても、軽く受け流せる人もいれば、強く跳ね除けることができる人もいるし、 ズタズタに傷ついてうずくまってしまう人もいる。 吉野弘さんの 「祝婚歌」 と言う詩の中に、こんな一節がある。 「正しいことを言う時は 少し控えめにするほうがいい 正しいことを言う時は 相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい」 大事なのは 「想像力」 と 「思いやる心」 大事なのは 「この言葉を言われて、相手がどんな気持ちになるか」 と言う 「想像力」 大切なのは 「相手を思いやる心」 「言葉」 は人間にだけ与えられた 「能力」 ならば、相手も自分もうれしくなったり、優しい気持ちになれる 「ふわふわ言葉」 を使って 日々過ごしていきたいと思う。 「言葉を心の窓にして」 ステージ・アップの 「最新情報」 はこちら.

次の

ふわふわ言葉とちくちく言葉

チクチク 言葉

「ふわふわ言葉とちくちく言葉」というのがあるらしく、ちょっと気になったので調べてみました。 友達の子どもが小学校で教わってきたそうで、先日友達の家に遊びに行った時に授業で配られたプリント資料を見せてもらいました。 ふわふわ言葉とちくちく言葉 ふわふわ言葉とちくちく言葉って聞いたことありますか? 最近の小学校では、道徳とか生活の時間に教える学校もあるそうです。 私が小学校の頃はなかったな(笑)時代を感じます・・・ ふわふわ言葉は言われると嬉しい言葉。 例えば・・・ 【ふわふわ言葉】• ありがとう• ごめんね• すごいね• かわいいね• 一緒に遊ぼう• 元気だね• 仲良くしようね• 大好きだよ• 楽しいね• 嬉しいね など チクチク言葉は言われると悲しい言葉、言われると傷つく言葉。 例えば・・・ 【チクチク言葉】• キモい• ウザい• そんなことも知らないの• 一緒に遊ばない• どっか行け など 子どもを脅し叱る保育士や親はチクチク言葉を使っている? 子どもを自分の思っているように動かすために・・・というとかなり語弊がありますが、保育目標や計画に沿っていこうと思うと、ある程度は仕方ないことなのかなと思っています。 もちろん、個人個人の成長を願ってのことです。 「子どもを脅し叱る保育士」というと、かなり怖い先生をイメージするかと思うんですが、意外と日常的に行われていることが多いんです。 これは保育者に限ったことでなく、保護者にも同じことがいえます。 保育士や親を責めたいのではなく、無意識にしてしまっているというお話です。 例えば、ご飯を食べない子がいたとします。 保育士や親はたくさん食べて欲しい、栄養をしっかり摂って欲しいなどという思いから子どもが食べるように働きかけます。 保育士や親「ご飯食べないと大きくなれないよ!」 これ、よく使いますよね。 脅しかというとそこまでキツイものではないですが、毎食毎食これを言われ続けたら子どもも疲れますよね。 食欲のない時もあるだろうし・・・ あとは、子どもがなかかなか寝ないときの脅し言葉。 保育士や親「寝ないと、おばけがくるよ!」 当たり前ですがおばけは来ません・・・でも、これよく使いますよね。 以前書いた記事もよかったらどうぞ。 うーーーん、分かっているけど難しい!でも意識して少しずつ変えていきたいと思います。 ふわふわ言葉をさり気なく使う ふわふわ言葉をさり気なく使って、子ども達にも浸透させていきたいなと思いました。 年長さんくらいになれば、文字が読める子も出てくるので、「ふわふわ言葉とチクチク言葉」を保育室内に掲示しておいてもいいかな。 ゲーム感覚で子ども達が使うようになると、自然と身につくかもしれません。 子ども達の可能性を大事にして、自分に対しても、友達に対してもふわふわ言葉が使えるような子に育てたい。 心の強い子、心のやさしい子になって欲しいなと感じました。 アーカイブ•

次の

参観でのワークショップ(チクチク言葉、ふわふわ言葉)

チクチク 言葉

「ふわふわ言葉とちくちく言葉」というのがあるらしく、ちょっと気になったので調べてみました。 友達の子どもが小学校で教わってきたそうで、先日友達の家に遊びに行った時に授業で配られたプリント資料を見せてもらいました。 ふわふわ言葉とちくちく言葉 ふわふわ言葉とちくちく言葉って聞いたことありますか? 最近の小学校では、道徳とか生活の時間に教える学校もあるそうです。 私が小学校の頃はなかったな(笑)時代を感じます・・・ ふわふわ言葉は言われると嬉しい言葉。 例えば・・・ 【ふわふわ言葉】• ありがとう• ごめんね• すごいね• かわいいね• 一緒に遊ぼう• 元気だね• 仲良くしようね• 大好きだよ• 楽しいね• 嬉しいね など チクチク言葉は言われると悲しい言葉、言われると傷つく言葉。 例えば・・・ 【チクチク言葉】• キモい• ウザい• そんなことも知らないの• 一緒に遊ばない• どっか行け など 子どもを脅し叱る保育士や親はチクチク言葉を使っている? 子どもを自分の思っているように動かすために・・・というとかなり語弊がありますが、保育目標や計画に沿っていこうと思うと、ある程度は仕方ないことなのかなと思っています。 もちろん、個人個人の成長を願ってのことです。 「子どもを脅し叱る保育士」というと、かなり怖い先生をイメージするかと思うんですが、意外と日常的に行われていることが多いんです。 これは保育者に限ったことでなく、保護者にも同じことがいえます。 保育士や親を責めたいのではなく、無意識にしてしまっているというお話です。 例えば、ご飯を食べない子がいたとします。 保育士や親はたくさん食べて欲しい、栄養をしっかり摂って欲しいなどという思いから子どもが食べるように働きかけます。 保育士や親「ご飯食べないと大きくなれないよ!」 これ、よく使いますよね。 脅しかというとそこまでキツイものではないですが、毎食毎食これを言われ続けたら子どもも疲れますよね。 食欲のない時もあるだろうし・・・ あとは、子どもがなかかなか寝ないときの脅し言葉。 保育士や親「寝ないと、おばけがくるよ!」 当たり前ですがおばけは来ません・・・でも、これよく使いますよね。 以前書いた記事もよかったらどうぞ。 うーーーん、分かっているけど難しい!でも意識して少しずつ変えていきたいと思います。 ふわふわ言葉をさり気なく使う ふわふわ言葉をさり気なく使って、子ども達にも浸透させていきたいなと思いました。 年長さんくらいになれば、文字が読める子も出てくるので、「ふわふわ言葉とチクチク言葉」を保育室内に掲示しておいてもいいかな。 ゲーム感覚で子ども達が使うようになると、自然と身につくかもしれません。 子ども達の可能性を大事にして、自分に対しても、友達に対してもふわふわ言葉が使えるような子に育てたい。 心の強い子、心のやさしい子になって欲しいなと感じました。 アーカイブ•

次の