小学生 仲良く なる ゲーム。 ボードゲームをやろう!小学生の低学年におすすめを紹介!

初対面のコミュニケーションが円滑になるアイスブレイクのゲーム5選

小学生 仲良く なる ゲーム

オリジナルのビンゴをしながら一緒に自己紹介!仲良くなるのにぴったりなゲームです!• 人数 :10人以上• 年齢 :小学校高学年~大人(10才以上• 時間 :20分~40分• 道具 :紙とペン, 景品 おすすめポイント• 自分の名前や好きなものなど、 ゲーム中に自然と自己紹介ができる! ビンゴマシーンいらずだから、 道具は紙とペンだけでOK! ラストを自分で言うのはNG! 簡単にはあがれない面白さ! 準備 ビンゴ用の紙を用意します。 人数や持ち時間に合わせて用意してください。 列ごとに、書いてもらうお題を指定します。 ゲーム中に口頭で言ってもいいですが、何列目がどのお題なのか混乱しやすいです。 ビンゴ用紙にお題を小さく書いておくと、わかりやすくなります。 ビンゴのお題例• 好きな食べ物• 好きな動物• 好きな科目• 好きなアーティスト• 好きなコンビニ• 好きなアニメ• 好きな映画• 好きなスポーツ• 「好きな食べ物」だけで4つ考えるのは意外と難しいので、好きな食べ物と嫌いな食べ物を2つずつ指定するとマスを埋めやすいです。 みんなが書きやすく、なおかつ自己アピールできるようなお題をいかに用意するかがポイントです。 ゲームのルールと流れ ルール• みんなで丸くなって座る。 ビンゴ用紙を配り、各自記入。 10分程度• 順番に1人1項目ずつ発表して自己紹介。 リーチになったら宣言。 最後の1つを自分で言ってビンゴするのは禁止。 タテ・ヨコ・ナナメのどれかが揃ってビンゴしたら勝利。 流れ まず、 丸くなって座ります。 他の形でも良いですが、1人ずつ発表していくので 順番がわかりやすい並び方にしましょう。 紙とペンを配って、それぞれ記入してもらいます。 結構時間がかかるので、きちんと時間を確保してください。 参加者にもよりますが、4マスだと10-15分くらいが目安です。 書き終わったら、順番に発表していきます。 名前・学年 年齢 を発表したあと、マスの中からどれか1つを選んで自己紹介します。 好きな動物は猫です。 』 という感じです。 「嫌いな動物」に入っていてもOKです。 タテ・ヨコ・ナナメのどれか1列そろったらビンゴです。 ただし、 最後の1つを自分で言うのは禁止です。 リーチの状態で自分の番が回ってきても、 ビンゴにならないマスを発表しなくてはなりません。 最後の1つは誰かに言ってもらうのを待つしかありません。 これが結構重要なポイントで、 後半の人が有利になることなく、平等なゲームにできます。 無事、1列そろったら、ビンゴです! 何人あがったらゲーム終了かは、人数や時間や景品数によってアレンジしてください。 ワンポイントアドバイス ビンゴですから、 景品があると盛り上がります。 簡単なものでよいですから、上位何名かだけでも用意しておきましょう。 みんなが思いつく王道(犬・猫など)で行くか、 他の誰も言わないようなマニアック路線(イグアナ・アカハライモリなど)で行くかで戦略が分かれます。 ゲーム慣れしている人やガチで勝ちを狙う人が多いと混戦状態になります。 なかなか揃わず時間がかかりますが、それはそれで面白いです。 他の人が知らないような趣味を書いたはずなのに、「私もそれ書いた!前飼ってた!」という風に、思わぬところで意気投合することができます。 気をつけるポイント 自己紹介のマスを埋めるのに意外と時間がかかります。 大勢で遊ぶ場合や参加年齢が低い場合は、なるべくシンプルな質問にしましょう。 何列目がどのお題か、最後の1つを自分で言ってはいけないことなど、 ルールが少しややこしいです。 ビンゴ用紙にお題や ルールを書いておくと、参加者が大勢いても混乱が起きずにスムーズにゲームが進みます。 スポンサーリンク.

次の

『自己紹介ビンゴゲーム』のルールと遊び方

小学生 仲良く なる ゲーム

お楽しみ会、学級会、地域のイベントなど、室内で遊べるレクリエーションゲームをまとめました。 大人数レクリエーション 大人数の参加者が一緒に遊ぶレクリエーションゲームです。 リーダーの合図で隣の子の指を握って、自分の指は握られないようにするゲームです。 つないだ手を離さようにして、次の子にフラフープを送っていくゲームです。 自分のフルーツを呼ばれたら、椅子から立ち上がって他の椅子に座ります。 「フルーツバスケット」と言った時には全員が立ち上がります。 フルーツバスケットに似たゲームです。 鬼が言ったお題に自分があてはまる時には椅子から立ち上がります。 フルーツバスケットに、じゃんけんを組み合わせたゲームです。 椅子の周りをみんなで回り、音楽が止まったら椅子に座って取り合うゲームです。 風船やボールを爆弾代わりに使って、しりとりをしていくゲームです。 震源地役の子は鬼にバレないようにポーズを変えます。 他の子はそれを真似します。 鬼が震源地役の子を当てるゲームです。 鬼は子に気付かれないように、後ろにハンカチを落とします。 楽しみ会や学級会で、人気のある子どもの遊びです。 輪になって、あんたがたどこさの歌に合わせて回ります。 歌詞の「さ」のところではジャンプをします。 みんなで協力してシーツの上で風船をはずませる遊びです。 フラフープを一番長い間まわせた子が優勝です。 公園の木の根元やベンチの下に、手作りした宝を隠してみんなで探す遊びです。 輪になって「1、2、3」と繰り返す遊びです。 1の人は指を立てます。 2の人はニコリと笑ってピースをします。 3の人は手を叩きます。 あいさつをした後にじゃんけんをします。 じゃんけんが終わったら他の人を探してまたじゃんけんをします。 より多くじゃんけんに勝った人が優勝です。 リーダーレクリエーション レクリエーションリーダーが中心になって、ゲームを進行をしながら遊びます。 「自分はいらないけれど、他の人が欲しいかもしれない物」を持ち寄って、ビンゴゲームの景品にします。 リーダー1人対全員でじゃんけんをします。 イベントで景品をプレゼントするときに遊んでもいいです。 じゃんけんを繰り返して、最後まで勝った人が、アメ玉を全部貰えるゲームです。 じゃんけんのグーチョキパーを体で表現する遊びです。 それぞれが指の役割をして、じゃんけんの手を体を使って表現します。 「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」を紙に書き、ランダムに選んで短文を作るゲームです。 繋いだ手を握られたら、反対側の手を握って次々と伝えていく遊びです。 勝ち負けのないみんなで協力して楽しむ遊びです。 リーダーが言った言葉に合わせてポーズをとるゲームです。 拍手をしている間に、楽しくなってきてしまう遊びです。 心の中で数を数えてぴたりと60秒を当てるゲームです。 リーダーが指さす方に顔を向けるゲームです。 長く声を出した人が優勝という単純な遊びです。 リーダーが笛をピッと1回吹いたら、子はその場で右を向きます。 ピッピッと2回吹いたら左を向きます。 ピーと長く吹いたら180度後ろを向くゲームです。 通常のあっちむいてホイのように、じゃんけんはしません。 リーダーが「あっち向いてホイ」と言って指さす方向に、顔を向けてはいけないゲームです。 放り投げたハンカチが床に落ちるまでの間、笑い続けるゲームです。 床に着つくのと同時に笑うのをやめます。 リーダーの動かす右手が、左手と重なった瞬間に、みんなで手を叩くゲームです。 手を叩いた回数と同じ人数で集まるゲームです。 リーダーの指示に従い、一時停止で息を止めたり、コマ送りでちょっとずつ息を吐いたり、最後はスローモーションで深呼吸をします。 リーダーの指示に従ってみんな同じ動きでジャンプをするゲームです。 笛が鳴ったら、相手よりも早くハンカチを取るゲームです。 リーダーが「勝ってください」と言った時にはリーダーに勝つ手を出す。 「負けてください」と言った時には、リーダーに負ける手を出すジャンケンです。 車のナンバーの数字を使っても遊べます。 パーにした手を交互に前へ出す体操です。 手を引く時にはグーにします。 右手でひざをトントン、左手でひざをスリスリと同時に動かします。 右手と左手の動きを交代すると、混乱して動すのが難しくなります。 両手の親指と小指を同時に動かす遊びです。 左手が出したジャンケンの手に、右手で勝つ手を出すゲームです。 一人で遊ぶので、じゃんけんだけど勝ち負けがありません。 旗揚げゲームのように「肩上げて、肩下げて、肩上げないで横をみる」などとリーダーは指示を出します。 リーダーと同じポーズを取った後に、出てきた動物の名前と同じ文字数の人数で集まるゲームです。 リーダーが「命令」と言った時にだけ、その指示に従うゲームです。 命令と言わない時は何もしません。 リーダーが出したお題に合わせて順番に並ぶゲームです。 チーム対抗のレクリエーション グループに分かれて、ゲームの勝敗を競って遊ぶレクリエーションです。 相手チームの色の段ボールオセロを、自分のチームの色にひっくり返すゲームです。 体の動きだけで、お題を当てるゲームです。 しゃべってはいけません。 ビニール傘を逆さまにして玉入れのカゴにします。 新聞紙を丸めた玉を使って玉入れを遊びます。 迫ってくるロープを飛び越えたり潜ってよけたりするゲームです。 バレーのボールの代わりに風船を使って遊びます。 風船は、ふわふわとゆっくり動くので、小さな子どもでも楽しめます。 うちわを使って相手陣地に風船をより多く入れるゲームです。 輪になって手をつないだまま、風船を落とさないように下からつく遊びです。 セロハンテープの輪っかをロープを斜めにして、移動させる遊びです。 端の人から順番にロープを持ち上げて、輪をゴールまで進ませます。 並べたフラフープを両足跳びで進みます。 相手陣地から来た子とじゃんけんをして勝ったら前に進みます。 新聞紙を使って自由な形のタワーを作ります。 一番高い新聞紙タワーを作ったチームの優勝です。 制限時間内に積んだ箱の高さを競うゲームです。 チーム対抗のリレーゲーム グループに分かれて、順番にリレーをしながら速さを競います。 頭の上で後ろの人にボールを渡していくゲームです。 積まれた箱を崩さないように運ぶゲームです。 フラフープの輪の中に2人ずつ入ってリレーをするゲームです。 チームに分かれて、風船を運んでリレーをするゲームです。 いろいろな風船の運び方を紹介します。 ボールをリレーして運びます。 いろいろな種類のボール運びの方法を紹介ます。 モップで新聞紙の球を転がして運びます。 チームに分かれてリレーをして競います。 ピンポン球をお玉に乗せて運びます。 チームに分かれてリレー形式で競います。 麻袋の中に入ってジャンプしながら前に進みます。 リレーをして競います。 紙皿の上にピンポン球を乗せて運びます。 チームに分かれリレー形式で競います。 ストローを使って隣の人に輪ゴムを渡していくゲームです。 紙コップで水をリレーして運ぶゲームです。 水を使うので屋外向けの遊びです。 お題を絵に描いて、次の人へと伝えていくゲームです。 手押し車で競争をして遊びます。 じゃんけん遊び じゃんけんは「運」の要素を含んだ遊びなので、ゲームの上手い下手に関わらず、誰もが勝つチャンスがあります。 ジャンケンをして、負けた人は勝った人の後ろにつながっていくゲームです。 リーダーが「勝ってください」と言った時にはリーダーに勝つ手を出す。 「負けてください」と言った時には、負ける手を出すジャンケンです。 手押し車の体勢で、片手を上げてジャンケンをします。 おんぶジャンケンとは、ジャンケンに負けた子が、勝った子をおんぶして運ぶゲームです。 じゃんけんを繰り返して、最後まで勝った人が、アメ玉を全部貰えるゲームです。 鬼ごっこ 鬼ごっこは遊ぶ人数に制限がないので、全員が参加して遊ぶことが出来ます。 チームに分かれて、お尻に付けたしっぽを取り合う鬼ごっこです。 室内版の鬼ごっこです。 子は仰向けの四つん這いになってクモのようなかっこうで逃げます。 増えるゾンビから逃げる室内版の鬼ごっこです。 少人数レクリエーション 少ない人数で遊んだり、舞台の前に数名出てきた人がゲームをして遊びます。 指の上に乗せたフラフープを指を離さないようにしながら床に下ろすゲームです。 全員の共通点を探すゲームです。 順番にお題を出して、それに当てはまる人はフラフープの輪を握ります。 トレージャーハンターが宝に近づくと、探知機役が「ピーピーピー!」と大きな声を出して、宝のある場所を知らせるゲームです。 新聞紙の棒を立てて輪になって遊びます。 棒が倒れる前に隣の人の棒をキャッチするゲームです。 みんなで協力して楽しみます。 忍者っぽいポーズをとりながら、相手の手の平を叩くゲームです。 ペットボトルの口に割り箸を落として入れるゲームです。 かかしのように片足で立ちます。 バランスを崩して両足をついたら負けです。 手のひらに棒を立てて、倒さないようにバランスをとる遊びます。 手触りだけでお友達を当てる遊びです。 トイレットペーパーの芯を団扇であおいで進ませて競争をします。 ストローでポップコーンを吹いて転がし、ゴールを目指して競争をします。 自分の後ろにあるフラフープを前に置いて、フラフープの間を移動しながら進むゲームです。 2つのフラフープの輪の中に全員で入って、移り渡りながらゴールを目指すゲームです。 ワンバウンドさせたボールを背中のカゴでキャッチするゲームです。 新聞紙で作った輪を、けんけんぱで進むゲームです。 単語を言った後に、みんなで「パン!パン!」と手を叩いてから、しりとりを続けます。 ヒントから連想されるお題を当てるゲームです。 質問に対してイエスかノーで答えるのを繰り返して、お題が何かを当てるゲームです。 質問を繰り返して、おでこに貼られた付箋に書かれたお題を当てるゲームです。 出されたお題を、記憶を頼りに絵を描くゲームです。 ペンの両端を2人で押さえます。 そのペンが落ちないように体を回転させる遊びです。 指先で背中に書かれた文字を当てる遊びです。 顔のパーツを1人1つずつ描いていき、似顔絵を完成させるゲームです。 クイズの出題者に質問をして、ヒントから答えを当てるゲームです。 3つのヒントからクイズの答えを当てるゲームです。 座ったまま、お尻を交互に動かして前に進みます。 落ちる新聞紙の棒を反射的に掴むゲームです。 じゃんけんに負けた子が、勝った子の周りをぐるりと回るゲームです。 手のひらに乗せたタオルを一瞬で取る遊びです。 親はタオルを取られないように手を握ります。 左手を繋いだまま、右手で相手の膝を触るゲームです。 じゃんけんに負けると背が10cm縮む遊びです。 ロープを引き合って足が動いたら負ける遊びです。 ヘリコプターの羽のように両手を広げて回った後に片足立ちをします。 足が先に着いたら負けです。 表情筋を使って、おでこに乗せたクッキーを口に運ぶゲームです。 お皿に乗った小豆を、ツルツルの箸で移すゲームです。 制限時間内で空き缶を高く積み上げるゲームです。 うちわを使って、バトミントンのように風船を打ち返す遊びです。 制限時間内に、ペットボトルのフタを高く積み上げるゲームです。 順番に数を数えていき「100」と言ってしまった人が負けになるゲームです。 フラフープを使って「ケンケンパ」をして遊びます。 手作りゲーム・カーニバルゲーム 身近な材料を組み合わせて、イベントや子どもお祭りの手作りのゲームを作って遊びます。 ペットボトルをボウリングのピンにして、ボールを転がして当てて倒すゲームです。 立てたペットボトルに、新聞紙で作った輪を投げて入れます。 竿の先に付けた糸で空き缶を釣るゲームです。 積んだ空き缶に投げたボールを当てて倒すゲームです。 トイレットペーパーの芯で作ったタコを釣るゲームです。 新聞紙を巻いて作った短い棒を的の穴に通すゲームです。 新聞紙で作った棒を、弧を描くように投げて箱の中に入れるゲームです。 沢山並べた紙コップに、ピンポン球を投げ入れるゲームです。 後ろを向いた状態で、ゴミ箱にゴミを投げ入れるゲームです。 お手玉を投げて得点の描かれた的を狙うゲームです。 他のボール遊びと違い、球が転がって行かないのが良いところです。 足先に履いたスリッパをカゴに飛ばして入れるゲームです。 玉の入ったカップを素早く動かした後に、どのカップに玉が入っているかを当てるゲームです。 水の中の沈めたグラスにコインを入れるゲームです。 腕相撲マシーンとは言っていますが、中に人が入っている腕相撲ゲームです。 ペットボトルを材料にして作ったカエルをはじいて、壁を跳び越えるゲームです。 ダンボール箱の空気砲を叩いて、トイレットペーパーの芯のタコを落とすゲームです。 ペットボトルのフタと牛乳パックで作った亀をすくうゲームです。 ペットボトルと段ボールで作った、手づくりのモグラ叩きゲームです。 トイレットペーパーの芯のカエルをジャンプ台で飛ばすゲームです。 9種類のカエル飛ばしゲームを紹介します。 オバケの帽子にボールを当てて、帽子が落ちると、オバケが泣いてしまうカラクリのゲームです。 ダンボールで作ったフリスビーを投げて、穴に入れるゲームです。 魚釣りのように お菓子を釣って遊びます。 クリップを引っかけるバージョンと、磁石をくっ付けるバージョンの2つを紹介しています。 牛乳パックヨーヨーを使って、お祭りの「ヨーヨー釣り屋さん」をして遊びます。 ペットボトルの空気砲をつかって、トイレットペーパーの芯を倒すゲームです。 坂道でボールを転がして、紙コップのタワーに当てて崩すゲームです。 くじを引いて、出た番号の缶バッチがもらえるゲームです。 お楽しみ会や学級会、地域のイベントや子ども会の時に、みんなで楽しく遊べるレクリエーションゲームやパーティゲームの、遊び方やルールをイラスト付きで紹介しました。 子ども会や育成会の役員になった時。 クリスマス会や夏祭りのミニゲームのアイデアの参考にしたり。 高齢者施設のレクリエーション活動に使える遊びもあります。

次の

小学生の子供が仲良くなれるお楽しみ会のゲームのアイディア|子育てママのアイディアと話題の情報局

小学生 仲良く なる ゲーム

小学生の子供が盛り上がる!レクや子供会にお勧めの室内ゲーム 「どんな室内ゲームが盛り上がるかな? 」 ゲームの企画でこのように悩んではいませんか? 子供向けの室内ゲームはたくさんありますが、参加者の年齢やルールの理解度に合わせて選ぶ必要があります。 学級レクなら、同じような年の子同士が集まるので、企画しやすいですね。 一方、子供会や地域のイベントでは、学年がバラバラということも少なくありません。 集まる年齢や人数に合わせてゲーム内容を決めると良いでしょう。 ここでは、低学年~高学年が楽しめる室内ゲームを学年ごと、所要時間とともにご紹介しています。 また、子供会で園児が混じった時にお勧めのゲームや、家遊びに応用できるゲーム、盛り上げるためのコツなどをご紹介しています。 Contents• こんなとき使える! 豊富な室内ゲームを知って盛り上がろう! 小学生になると、学級レクや子供会などで、室内ゲームを考える場があります。 子供が少なくなってきている現代では、たくさんの子供が集まって遊ぶ時間は、とても貴重です。 室内ゲームを通して、子供同士でコミュニケーションをとりやすく、普段話をしない子とも仲良くなれるチャンスです。 みんなで楽しめるゲームを企画したいですね。 また、大人数で遊ぶ室内ゲームは、家遊びにも応用できるものがあります。 休日や長期休みに子供と楽しく過ごす手段として知っておくと良いですね。 【低学年~高学年別! 】学級レクにおすすめの室内ゲーム 学級レクでは、同年代の子で楽しめるゲームを企画する必要があります。 行事内容によっては、兄弟も一緒にレクに参加できることがあるので、参加者の年代別におすすめのゲームをみていきましょう。 小学校低学年におすすめのゲーム 小学校低学年では、ルールが簡単でみんなが同じ動作をするようなゲームが盛り上がります。 ジャンケン列車• それぞれ、準備に必要な材料や所要時間、遊び方をみていきましょう。 【ジャンケン列車】 材料…なし 時間…10~15分 人数…30人くらい 遊び方 1 リーダーを決め、室内の壁際に立ちます。 2 リーダー以外の子は反対側の壁をスタートラインとして、横一列に並びます。 3 リーダーが目をつぶって「だ・る・ま・さ・ん・が~」と言っている間に、他の子はリーダーに向かって移動します。 」と言うのと同時に、みんなの方を向きます。 6 最後まで指名されず、リーダーにタッチすることができればOKです。 7 誰かにタッチされたリーダーは、「ストップ」と言い、歩数をあらかじめ発表します。 8 発表した歩数分あるいて、他の子をタッチできれば、その子が次のリーダーになります。 下品な言葉や、人を嫌な気分にさせる言葉を言わないように注意しましょう。 小学校中学年におすすめのゲーム 小学校中学年では少し頭を使ったゲームや対戦ゲームが盛り上がります。 人間知恵の輪• しっぽ取りゲーム それぞれ、準備に必要な材料や所要時間、遊び方をみていきましょう。 【人間知恵の輪】 材料…なし 時間…15~20分 人数…30人くらい 遊び方… 1 1チーム10~15人としてチームを作ります。 2 チームから1~2名「リーダー」を選びます。 3 リーダー以外の子は、チームごとに手をつないで一つの円を作ります。 4 リーダーが目隠しをしている間に、円になった子達は手をつないだまま、くぐり抜けたり体の向きを変えたりして知恵の輪の状態を作ります。 5 知恵の輪が完成したら、リーダーの指示で元の一つの円にもどしていきます。 このとき、つないだ手を離してはいけません。 知恵の輪を作るときは、またいだり手をつなぎ変えたりしないように注意しましょう。 時間がかかることがあるので、制限時間を設けるとスムーズです。 複雑な知恵の輪がきれいな円形にほぐれていく不思議がとても面白いゲームです。 親がやる場合は、リーダーを決めずに口頭でみんなが相談し合いながら、知恵の輪をほぐして遊ぶこともできます。 【しっぽ取りゲーム】 材料…人数分のしっぽ(スズランテープやハチマキなど細長い物) 時間…10分~15分 人数…30人くらい 遊び方 1 参加人数を半分に分け、チームで競います。 2 チームは、紅白帽かしっぽの色で見分けられるようにします。 3 ズボンの後ろにしっぽをはさみ、敵チームに取られないように逃げます。 4 逃げながら敵チームのしっぽを取っていきます。 5 しっぽを取られたら、決められたエリアで待機します。 6 最後まで残った人数が多いチームか、取ったしっぽが多いチームかで勝敗を決めます。 夢中になりすぎて、逃げているときに子供同士が正面衝突することがあるので、十分注意しましょう。 小学校高学年におすすめのゲーム 小学校高学年では、少しずつ恥ずかしさが出てくるので、チームやペアで優勝を狙うゲームがおすすめです。 フラフープくぐり• 氏名合わせゲーム それぞれ、準備に必要な材料や所要時間、遊び方をみていきましょう。 【フラフープくぐり】 材料…くぐれる大きさのフラフープ 時間…5~10分 人数…10人以上 遊び方 1 参加人数を半分に分け、チームで競います。 2 先頭の一人がフラフープを持ち、横になって全員手を繋ぎます。 3 手を離さずにフラフープを腕で振ったりくぐったりして、次の人に渡していきます。 4 後ろの人に渡ったら、折り返して先頭に戻していきます。 5 一番早く先頭にフラフープが渡ったチームの勝ちです。 低学年から遊べますが、体が大きくなってくぐり抜けにくくなった高学年の方が、動きが面白いです。 低学年の子は体が小さいので、かなりスムーズにフラフープをくぐり抜けられます。 高学年なら親チームと競い合っても良い勝負になります。 【ペア合わせゲーム】 材料…A4かB5の用紙に動物や有名人、歴史上の人物などを書き、半分にしたもの。 時間…10分 人数…10人以上。 偶数になるように調整する。 遊び方 1 室内の中央に動物や人のイラストを書いた用紙(半分にしたもの)を裏返してバラバラに置きます。 2 スタートの合図で参加者は一枚カードを拾います。 3 イラストがピッタリと組み合わさるように、もう一人の参加者と一緒にゴールを目指します。 一度拾ったカードは取り替えないように注意します。 イラストを準備するのが難しいときは、参加者の姓名を書いて半分にしたものを使っても面白いですよ。 園児が混じっても大丈夫なゲーム 低学年の学級レクでは、年の近い兄弟や園児も参加することがあります。 小さな子が参加しても大丈夫なゲームを考えておくと、みんなで楽しく過ごせます。 玉入れ• 椅子取り それぞれ、準備に必要な材料や所要時間、遊び方をみていきましょう。 【玉入れ】 運動会でもお馴染みの玉入れですが、幼児が参加するとなると、竹カゴの高さが高すぎる場合があります。 大きめの段ボールで代用すると、楽しい玉入れができます。 材料…大きめの段ボール(色やイラストでチーム判別)に引っ張るための紐を付けたもの、玉入れの玉(運動会で使うものでも、新聞を丸めたものでも可) 時間…10~15分 人数…10人以上 遊び方 1 参加者を半分に分け、チームで競います。 (人数が多ければ、3チーム以上になってもOK) 2 各チームから一人、玉を入れる段ボールを動かすリーダーを決めます。 3 リーダーは相手チームの段ボールを担当します。 4 玉を室内いっぱいにばらまきます。 5 スタートの合図で、段ボール担当のリーダーは、相手チームの段ボールを引っ張りながら室内を動き回ります。 6 参加者は自分のチームの段ボールに玉を入れます。 7 制限時間内にたくさん玉を入れられたチームの勝ちです。 相手チームのリーダーが段ボールを動かしているので、逃げてなかなか入らないのが面白いゲームです。 参加年齢がかなり低い場合は、大人が段ボール担当になって手加減して動いても良いでしょう。 【椅子取りゲーム】 大人数の室内ゲームとして定番の椅子取りゲームですが、レクで園児が混じって行なう場合は椅子以外のもので代用しましょう。 椅子だと勢い余って転げ落ちたり、倒したりしてケガをしてしまう可能性が高くなりますが、フラフープや座布団を使えばそうした危険が少なくなります。 材料…人数分フラフープや座布団、音楽 時間…10~15分 人数…10人以上 遊び方 1 人数分のフラフープや座布団を円形に並べます。 2 音楽がかかったら、フラフープや座布団の外側を並んで歩きます。 3 音楽が止まったら、近くのフラフープの中に入るか、座布団の上に座ります。 4 フラフープに入れない、もしくは座布団に座れなかった子はアウトです。 5 2~4を繰り返し、最後に残った子の勝ちです。 次に、子供会におすすめの室内ゲームをご紹介します。 季節感を取り入れよう! 子供会におすすめの室内ゲーム4選 クリスマス会、ハロウィンパーティー、町内での催し物で行なう子供会では、さまざまな年齢の子ども達が集まります。 小学生くらいの子をターゲットに、みんなが楽しめる室内ゲームをご紹介します。 クイズ大会• 人間まちがい探し• 紙皿ひっくり返しゲーム• 伝言ゲーム それぞれ、準備に必要な材料や所要時間、遊び方をみていきましょう。 (できれば、学年がチームごと均一になるように分ける) 2 チーム内に一人、正解か不正解かを記入する人を決めます。 5 一番多く正解したチームが優勝です。 子ども達が相談し合ったり、協力し合ったりして盛り上がります。 【人間まちがい探し】 材料…子供3~6人が隠れるくらいの布(カーテンやシーツなど)、変身用の衣装や小道具、タイマー 時間…15~20分 人数…10人以上 遊び方 1 参加者を3チーム以上に分けます。 (チームは3人以上いると面白いです) 2 チームの中で、まちがい探しの箇所(3つ)となる人を決めます。 (3人チームなら1人1カ所でも良いし、1人で3カ所担当しても良い) 3 1組目がステージ(なければ前方)に立ち、好きな変装やポーズをして静止します。 4 30秒経ったら布で隠します。 その間に、1組目のあらかじめ間違いを担当した子は、3で見せた変装やポーズを変えておきます。 ぜんぶで3カ所変わるようにします。 5 準備ができたら、布を外して30秒間見せます。 6 30秒経ったら、もう一度、布で隠します。 7 解答者のチームは、相談しあって間違いを探します。 8 探した間違いは用紙に書いておき、制限時間後に発表者(1組目)が答え合わせをします。 9 3カ所ぜんぶ答えられたチームが勝ち。 答えられない場合は発表したチームが勝ちです。 【紙皿ひっくり返しゲーム】 オセロのように、表と裏で違う絵柄の紙皿をひっくり返していくゲームです。 (できれば、学年がチームごと均一になるように分ける) 2 チームごとに伝言する順番を決めます。 3 順番が決まったら、各チームの先頭の人に、「お題が書かれたカード」を見せ、伝える文章を覚えてもらいます。 4 スタートの合図で耳打ちしながら伝言していきます。 5 全員が伝言し終えたら、最後の人は順番に伝えられた文章を大きな声で発表します。 6 カードの内容と合っていればセーフ、違っていればアウトです。 参加者の年齢にあわせて、お題の文章を作っておきましょう。 言い間違いや聞き間違いをしやすい言葉を考えると面白いですよ。 これらの室内ゲームは、クリスマス会やハロウィンパーティーで行なうときに、季節感を出しやすいゲームです。 例えば、クリスマス会に行なうとしたら、以下のようにゲームの中にその時の季節を取り入れることができます。 クイズ大会なら、クリスマスにちなんだ問題を出す。 人間まちがい探しなら、サンタやトナカイに変装する。 紙皿ひっくり返しゲームなら、表裏のイラストにクリスマスらしいものを描く。 伝言ゲームなら、伝える文章中にクリスマスにちなんだ言葉を入れる。 このように、季節を感じられるゲームに仕上げると、思い出に残りやすく盛り上がります。 次に、家遊びにも応用できる室内ゲームをみていきましょう。 家遊びに応用しよう! 家族や少人数でも楽しめる室内ゲーム 今回ご紹介したゲームの中には、家遊びに応用できるものがあります。 家で室内ゲームをするとなると、場所が狭くなりますが、少人数になっても楽しめるゲームがあるので、みていきましょう。 家遊びに応用できるゲーム• 人間知恵の輪• 椅子取り• クイズ大会• 人間まちがい探し• 紙皿ひっくり返しゲーム これらのゲームは、人数が減ってもできるので、家遊びにおすすめです。 家族で楽しんだり、友達や親戚の子が遊びに来たりしたときに、企画すると楽しめます。 こちらの記事では、小学生くらいの子が楽しめる家遊びを22種類ご紹介しています。 ぜひ併せてご覧ください。 企画者も思いっきり楽しもう 「当日は盛り上がるんだろうか…」 「このゲームで大丈夫かな…」 と、初めて企画するパパやママは当日まで不安を抱いてしまうことがあります。 でも、大丈夫です。 準備やシミュレーションは大切ですが、当日は「自分も一緒に楽しめればいいか」という気持ちで、子供達と一緒に楽しく過ごしましょう。 当日を盛り上げるコツとして、着ぐるみを着たり小道具を使ったりすると、子供達は「なんだか面白いことが始まりそう…」と、興味をもってくれます。 また、対戦ゲームには激しい音楽、伝言ゲームには静かな音楽など、音響係を決めて曲を流すと、ノリノリになって競技じゃないときに踊っている子もいます。 予算があれば、参加した人に参加賞を配ったり、優勝したチームにご褒美をプレゼントしたりすると思い出に残る一日になります。 ゲームは司会者一人でするものではないので、何かトラブルがあったら他の参加者と相談しながら進めていくようにしましょう。 室内ゲームで笑顔がこぼれる 素敵な一日の思い出を作ろう ここまで、子供が楽しめる室内ゲームをご紹介してきましたが、いかがでしたか? 当日に参加する子供の人数や年齢を早めに確認して、当日行なう室内ゲームをいくつか選んでおきましょう。 ここでご紹介した室内ゲームは以下の10種類がありました。 企画や準備は、無理せずできる範囲でやって下さい。 手が足らなかったら実行委員を数名スカウトするのも一つの方法です。 実行委員が増えると、見ているだけの人が減るので、盛り上がりやすくなりますし、普段お話しない人とも仲良くなれることがあります。 盛り上がりのコツとして取り上げた以下の3つも、ぜひ取り入れてみて下さい。 着ぐるみを着たり、小道具を使ったりする• 音楽をかける• 景品を用意する 楽しいゲームを通して、たくさん思い出が作れると良いですね。 素敵な一日となりますように。

次の