いも いも。 Ⅰ さつまいもの特徴

トップページ|いもせ聚楽会

いも いも

長いもは暑い夏にとろろとして、冷やしてさっぱりと味わうことが多いため、夏のスタミナ食材のイメージがある人もいるのではないでしょうか?そんな長いもですが、実は11月から1月頃の冬と、春掘りのものが出回る3月から4月頃が旬。 年に2回の収穫期に獲ったものが貯蔵され、年間を通して流通しています。 長いもも大和いもも、山いも? ねばねばする「いも」には長いもや大和いもなど色々な種類があり、全てヤマノイモ科ヤマノイモ属に属する品種違いのいもです。 長いもは名前の通り長い形状をしていて、ねばりは少なめ。 切るとシャキシャキした食感なのが特徴のため、サラダなどにむいています。 一方、大和いもは平たい形状のものが多く、すりおろすとねっとりと粘りがあります。 すりおろして出汁でのばし、とろろとして味わうのがおすすめ。 すりおろす際にはすり鉢か、なるべく目の細かいおろし金ですりおろすと、おいしいとろろに仕上がります。 長いもが「買い」な理由 さてここからは長いもが本当の意味で買うべき食材である理由を見ていきましょう。 "買い"ポイント1:栄養たっぷり 長いもの中で特記するべき栄養素はアミラーゼ。 アミラーゼは消化酵素の一種で、でんぷんの消化を助ける働きをします。 年末年始など暴飲暴食が続く時期は、胃腸が疲れがち。 そんな時こそ長いもがおすすめです。 ただしアミラーゼは加熱すると壊れてしまう栄養素のため、効果を期待するのであれば生で食べましょう。 そのほか、食後の血糖値上昇を穏やかにしたり、善玉菌を増やして腸内環境を整えたりする効果のある、水溶性食物繊維も含まれています。 またカロリーが高いイメージのいも類ですが、長いもはカロリーが低めなのも嬉しいポイント。 ダイエット中の人や成人病が気になる人にも、ぜひとも食べてもらいたい野菜です。 "買い"ポイント2:色々な料理に使える じゃがいも、さつまいもなど、いも類は加熱して食べるのが常識。 これはいも類に含まれるでんぶんは消化されにくい物質のため、加熱して消化しやすい状態にする必要があるからです。 ですが、長いもや大和いもなどのヤマノイモ科のいも類は生食ができます。 その理由はさきほど栄養素の中で紹介した、消化酵素のアミラーゼが多く含まれているから。 主成分であるデンプンをアミラーゼが分解してくれるのです。 生のまません切りにすればシャキシャキ、すりおろせばとろーり。 また、焼いてステーキにすればホクホク、すりおろして加熱するともっちり……と、調理方法によってさまざまな食感が楽しめるのが長いもの最大の魅力です。 "買い"ポイント3:保存が効く.

次の

イモなのに芋じゃない?「わかさいも」は北海道民自慢のスイーツ!

いも いも

神保町はカレーの街、中国料理の街と呼ばれているが、私は「いもや」の街だと思ってきた。 神保町界隈には「いもや」が点在し、揚げたての美味しい天ぷらや天丼やとんかつを食べさせてくれているからだ。 私は、昼はとんかつ、夜は天ぷらを食べる機会が多かった。 夕方、靖国通り沿いにあった天ぷらの「いもや」で食事をしていると、長いカウンターのどこかに、タクシー運転手がひとりやふたり必ず座っていたものだ。 安くて旨い店に目がないタクシー運転手が、靖国通りにクルマを停め、天ぷらを頬張っていたのだった。 タクシー運転手、学生、サラリーマン、OL、出版関係者など、ありとあらゆる人から愛されてきた「いもや」が、平成30(2018)年3月31日で閉店する。 長年通ってきた店がなくなるというのはどういうことなのか。 自分の中でまだ整理ができていない。 ある日をさかいに、大好きな店がこつ然と消える。 「いもや」ロスの日々を、これからどうすればいいのか、自分でもまだよく理解できていない。 「いもや」が産声をあげた時代 「いもや」を知ったのは18歳のときだ。 私の初「いもや」はとんかつだった。 「人生劇場」(神保町一丁目)の近くにあった店ではない。 いまの店である。 昭和53(1978)年のことだ。 ご飯を大盛りで頼んだ。 食後、お金(500円だったと思う)を払おうとしたら、従業員のオバちゃんに「ご飯をきれいに食べてください」と指摘された。 その話を宮田由香さんにした。 由香さんは、「いもや」の初代社長、故・宮田三朗さん(大正元年生まれ)の愛娘だ。 「最近はそういうことを、親に注意されたことがない人が増えているので、注意しにくい時代になりました。 気がついてきちんと食べてくれる人もいるんですけどね」 三朗さんの妻、静子さん(昭和7年生まれ)が二代目社長を引き継いでいるが、ご高齢のため、由香さんが社長代行として店を盛り立ててきた。 「父はパチンコ屋を経営したり、大学芋を作って売っていたと聞いています。 昭和34(1959)年、天丼の店があるこの場所に、『いもや』を開業しました」 なぜ神保町を選んだのかは詳らかではないが、大学芋を売っていたことから、「いもや」の暖簾を神保町に掲げた。 入口がふたつあり、片方が天丼屋、もう片方が天ぷら屋だった。 カウンターは別々だったが、厨房はひとつで、揚げたての天ぷらと天丼を供していたという。 「古いお客さんから、開業当初は天丼も天ぷらも50円だったと、聞いています」.

次の

妹(イモ)とは

いも いも

「肥満のもと」と思い込んでいる人も意外に多いのではないでしょうか。 実は、さつまいもは様々な栄養素を含んだ、高機能・低カロリーで美容にも効果的な食物なのです。 以下、さつまいもの特徴についてのアウトラインを紹介します。 1.ヘルシーで豊富な栄養 近年、消費者の健康志向、自然志向が高まるにつれて、さつまいもの良さが再認識されてきました。 主成分はでん粉ですが、各種ビタミンやミネラル類も豊富に含まれています。 また、セルロース、ペクチンといった食物繊維が非常に多く含まれているのが特徴です。 たんぱく質と脂肪を補給すれば、理想的な食事ができるという意味で準完全食品といえるでしょう。 糖質の利用を助ける作用があり、不足すると疲労感が増す。 ビタミンC リンゴの10倍以上も含まれていて、細胞の結合を強化するコラーゲン生成を助ける機能がある。 さつまいものビタミンCは、加熱調理しても糊化したでん粉の作用により壊れにくい。 ビタミンE 老化現象のもとになると言われる過酸化脂質が体内にできるのを抑制する働きがある。 【ミネラル類と食物繊維】 カリウム 腎臓からナトリウムを排出する作用を持ち、血圧低下に効果的。米飯の18倍もの量が含まれている。 他の野菜類と比較しても極めて豊富。 食物繊維 他の野菜に比べると食物繊維を多く含んでいる。 便秘を解消させる作用だけでなく、血液中のコレステロールを低下させる作用や血糖値をコントロールする働きもある。 2.多彩な加工利用 さつまいもの特徴は、加工用途の幅が極めて広いことです。 青果用として一般家庭での料理に使われるほか、焼きいもや大学いも、でん粉、菓子類、いも焼酎などの用途に用いられてきました。 そして最近では、1次加工したダイス等の冷凍食品、フレーク、さらにはジュースなど、仕向先は極めて豊富です。 また、紫いもは色素原料用にも用いられています。 特に戦中、戦後の食糧事情の悪かった時代においては、関東以西の畑地の夏作物は、ほとんどさつまいもといっていい状態でした。 農家の経営という面からみた場合の特徴は次のようになります。 収穫期間も長く、労力配分や前作後作の選定の自由度が高い。 【環境保全的である】 根の養分吸収力が他作物よりも強いので、温度条件さえ満たせば、不良火山灰土や酸性土壌などでもある程度の収量が期持できる。 窒素施肥量が少なくてすむので環境保全的でもある。 また、他の野菜などに比べて農薬の使用量が少ないため地下水を汚染する恐れも少ない。 【気象災害に強い】 地上部がほふく性のために風害に強く、茎葉が地表面を完全に覆うので土壌侵蝕・流亡を防ぐ。 また土壌水分の蒸発をおさえ、干ばつ被害も軽減される。 低温による障害以外は、生産が安定していて豊凶差が少ない。 【粗放的作物である】 ・地上部が繁茂すると雑草の発生をおさえるので、収穫時期まではほとんど手間がかからない。 ・収穫期間も長く、労力配分や前作後作の選定の自由度が高い。 【環境保全的である】 ・根の養分吸収力が他作物よりも強いので、温度条件さえ満たせば、 不良火山灰土や酸性土壌などでもある程度の収量が期持できる。 ・窒素施肥量が少なくてすむので環境保全的でもある。 ・他の野菜などに比べて農薬の使用量が少ないため地下水を汚染する恐れも少ない。 【気象災害に強い】 ・地上部がほふく性のために風害に強く、茎葉が地表面を完全に覆うので土壌侵蝕・流亡を防ぐ。 ・土壌水分の蒸発をおさえ、干ばつ被害も軽減される。 ・低温による障害以外は、生産が安定していて豊凶差が少ない。

次の