ネスカフェアンバサダー 一杯。 ネスカフェ ドルチェグストとバリスタを比較!!味の違いは?コストは?選ぶならどっち!?

コーヒー1杯20円!? 話題の「ネスカフェ アンバサダー」にimages.tinydeal.com編集部もなってみた!

ネスカフェアンバサダー 一杯

ネスカフェバリスタの口コミで「おいしくない」とか「正直まずい」とかときどき見かけます。 でも、いちバリスタユーザーとして「それはおかしいよ」と反論したい気持ちがあったので書いていこうと思います。 ネスカフェバリスタの比較対象はインスタントコーヒーであるべき ネスカフェバリスタを口コミで美味しくないと言っている人はバリスタを何と比較しているのでしょうか。 ネスカフェバリスタで一番メジャーな詰め替えパックは「ネスカフェ ゴールドブレンド 120g」です。 Amazonランキングのコーヒー・紅茶・お茶・粉末ドリンク関連カテゴリーでもTOP10にだいたい入っている人気商品です。 このネスカフェ ゴールドブレンド 120gは一杯約14円です。 コスト的にネスカフェバリスタの比較対象はインスタントコーヒーになるべきでしょう。 もしネスカフェバリスタをレギュラーコーヒーと比較しているなら一杯あたりのコストが違いすぎるからそれはダメですよ。 レギュラーコーヒーと比較したらそりゃバリスタは美味しくないと思いますよ。 大事なのは適切な比較対象で美味しさを判断しましょうということです。 インスタントコーヒーと比較したら美味しい ネスカフェバリスタを一般的なインスタントコーヒーと比較したらバリスタのほうが美味しいです。 なんてったってバリスタで使用する専用の詰め替えパックはただのインスタントではなく「レギュラーソリュブルコーヒー」ですからね。 インスタントコーヒーは豆から抽出したコーヒーを乾燥させたものですが、レギュラーソリュブルコーヒーはインスタントコーヒーより風味や味わいを高めるためにわざと焙煎したコーヒー豆を微粉砕してインスタント粉末の中に混ぜ込んでいます。 だからネスカフェバリスタはインスタントコーヒーよりコーヒー感が強く、香りも引き立つようになっているのでそりゃネスカフェバリスタのほうがおいしいですよね。 コーヒーパウダーの製法から客観的に見てネスカフェバリスタはインスタントコーヒー以上、レギュラーコーヒー未満の美味しさと言えるでしょう。 インスタントコーヒーと比較して美味しくないところ ネスカフェバリスタにはインスタントコーヒーと比較して美味しくないところも実はあります。 ただ、あくまでも全員が嫌いとは言わず、個人で好き嫌いが分かれるであろうと思うところなのですが、ネスカフェバリスタの特徴でもあるクレマ(泡)の味は好き嫌いがはっきり分かれると思います。 クレマはコーヒーの表面を覆っている茶色の泡のことなのですが、このクレマはコーヒーを凝縮したような深い強い味がします。 クレマ自体は香りを逃さないように蓋をしておく役割があるので、クレマがあるコーヒーは香り深いことの証明でもあるのですが、クレマの味が濃すぎて今までのコーヒーと違うから苦手だと感じる人もいます。 私がネスカフェバリスタを使う前に類似品でレギュラーコーヒーが作れる「」を使い始めたときはコーヒーのクレマの味にちょっと首をかしげるような気持ちでした。 今はもう慣れましたけどね。 ファミマやローソンのブラックコーヒーでもネスカフェバリスタと同じクレマのあるレギュラーコーヒーが提供されているのでクレマはどんな味がするのかちょっと試してみたい方はコンビニでブラックコーヒー(Sサイズ 100円)を買ってみるといいと思います。 口コミの薄味でぬるいは半分同意 ネスカフェバリスタは「薄味でおいしくない」、「ぬるくておいしくない」といった口コミをときどき見かけます。 この口コミ主の使用環境や具体的に何の詰め替えパックを使っているかはわかりませんが、「薄味・ぬるい」これは半分同意せざるを得ないです。 あくまで半分ですよ。 コーヒーはぬるくない コーヒーの味が薄いに関してはたしかにそう思います。 基本的にネスカフェバリスタの詰め替えパックはマイルド味のコーヒーが多くて、酸味の味わいタイプが多いです。 しっかりとしたコーヒー感(苦み)のある詰め替えパックは「」しかありません。 ネスカフェバリスタはカプチーノやカフェラテといったラテメニューも作れるのが売りの一つです。 でも、薄味のコーヒーに牛乳やネスレ ブライトを混ぜてもコーヒー感がなくておいしくないです。 一応、ラテメニューはコーヒーの濃さを調節することで薄味を改善できるのですが、もともとコーヒー感が強くないので味を濃くしたからといって劇的においしく変化するわけではないです。 コーヒー感の強い「ネスカフェ ゴールドブレンド コク深め」を使えばいいという解決策もあるのですが、それだとラテメニューを頻繁に飲む人は詰め替えパックが毎回固定されて色々な味を楽しめないデメリットになっている気がします。 ネスカフェバリスタは低価格で手軽に作れるコスパ系コーヒー ネスカフェバリスタの比較対象がレギュラーコーヒーだとネスカフェバリスタは「美味しくない」になります。 でも比較対象をインスタントコーヒーにするとネスカフェバリスタは「美味しい」となります。 なのでネスカフェバリスタとの比較対象を自分の中で何にするかでバリスタを購入するか判断したほうがいいです。 レギュラーコーヒーと比較するなら買わないほうがいいし、インスタントコーヒーと比較するなら買った方がいいです。 コーヒーの美味しさだけをとことん求めるならネスカフェバリスタを買うべきではありません。 レギュラーコーヒーのほうがおいしいです。 でもコスパ、手軽さ、ラテも作れるとバリスタの長所を捉えて、そこそこの美味しさに妥協したときにネスカフェバリスタは最高峰のコーヒーメーカーになります。

次の

コーヒー1杯20円!? 話題の「ネスカフェ アンバサダー」にimages.tinydeal.com編集部もなってみた!

ネスカフェアンバサダー 一杯

結局、総務部みんなで話し合い、 「バリスタi」だけでなく、 「ドルチェグスト」と「アイスコーヒーサーバー」の導入を決定! ちなみに、会社には給茶器があるので、「スペシャルt」は却下。 「ネスプレッソ」は、1杯あたりの単価が高いのという口コミがあったので導入を見送りました。 カフェスペースの整備 次に カフェスペースの整備です。 まずはバリスタ等の機械 の置き場所確保。 オフィスの片隅に 腰くらいの高さのキャビネットを持ってきて、 その キャビネットの上に、ドルチェグストやバリスタ、アイスコーヒーサーバーを置くことにしました。 また、 コーヒーを淹れるにあたり必要となる紙コップや布巾なども用意しました。 ここからは、ネスカフェアンバサダーになった後の苦労話を口コミ! ネスカフェアンバサダーたるもの、 掃除などのメンテナンスはしなければいけません。 掃除は、原則として、 毎日終業後に一回、タンクを洗っています。 ジャブジャブ洗うだけなので、正直簡単です。 あとは、1日に数回こぼれたコーヒーを拭くこともあります。 コーヒーをこぼす人っているんですよね。。 例えば、容量120mlのコップに対して200mlのお湯を注いじゃう人とか・・・ そういうときは、気がついたら、拭き掃除をしますね。 だけど、バリスタ等の近くにペーパータオルを置いているので、汚 れていると気がついた人が自主的に掃除してくれることが多いです。 そういう意味では、ネスカフェアンバサダーだけがドルチェグストやバリスタのメンテナンスをしているというわけではなく、 社員みんなで気付いた人が掃除しているというイメージですね。 みんな手伝ってくれるので、本当に助かります! あ、あと、基本的に 私の会社では「ブラックコーヒーのみ」です・・ ラテは禁止です・・• 社員が嬉しそうなところ• 来客へのお茶出しが楽になった!• 集金トラブルがない(今のところ)• コミュニケーションの活発化• サンクスパーティーがある! 1. 社員が嬉しそうなところ 職場にバリスタiが設置されてから、社員のみなさんはとても嬉しそうです。 朝は9時から就業開始なのですが、 9時はバリスタの前に大行列ができています。 待っている間、社員同士で挨拶を交わしたり、みんな楽しそうですよ! 2. お茶出しが楽になった! 私の会社では、来客用のお茶出しは総務部の仕事。 だから、来客が続くときは大変! そして、なにより 自分の淹れたコーヒーの味が気になる!! 「美味しいコーヒー淹れられたかな?」 「ちょっとインスタントコーヒーの粉、多かったかな?」 責任感のある人なら、そんなことまで気になってしまいます。 だけど、バリスタiがあれば、そんな不安が一掃されます。 だって、 ボタンを1つ押しさえすれば、一番美味しい状態のコーヒーがあっという間に抽出されるんですから。 バリスタなら、コーヒー一杯19円。 来客が100人来ても1900円!! 会社的にもウェルカムですよね^^ 3. 集金トラブルが起きなかった! せっかくみんなで楽しくコーヒーを飲んでいても、 集金トラブルがあったら残念ですよね。 だけど、幸いなコトに、「お金が合わない」ということは今まで一度もありません。 透明な貯金箱に50円を入れてもらうしくみにしたことが良かったかも。 あと、やっぱり会社で万引きのようなことをしちゃう人はいないです。 50円ケチって、50円玉を貯金箱に入れずにコーヒーだけ飲む人なんていませんよ。 あ、ちなみに、透明な貯金箱を「募金箱」と間違えて、 お札を入れてくださった方が数名いらっしゃいます。。。 コミュニケーションの活発化 ドルチェグストが設置されてから、社員同士のコミュニケーションや口コミが活発になった気がします。 先日、カプセルの人気投票をしたんですよ。 ドルチェグストって、20種類くらいカプセルありますからね。 カプセルの一覧表を作って、 「飲みたい味のカプセルのところにシール貼ってください」って。 で、人気のあったカプセルを発注したんです。 そしたら、社員のみなさん、 「俺はモカが好きだ!」とか 「いや、レギュラーブレンドの方がうまい!」とか楽しそうに口コミしていました。 そんな風に、コーヒーの話題で盛り上がっているのを見ると、 頑張って導入して良かったなぁと思います。 サンクスパーティーがある! 実は、ネスカフェアンバサダーには秘密のパーティーがあるんですよ! 豪華なお土産やご飯が食べれると口コミで噂です。。 サンクスパーティーに行きたいがためにネスカフェアンバサダーになる企業もいるんじゃないかなぁなんて思っています。 今年のサンクスパーティーもとっても楽しみです! \きっと会社がワクワクする!/ ネスカフェアンバサダーのランニングコスト(費用)を口コミ ネスカフェアンバサダーになるにあたって、どのくらい費用(経費)がかかるのか気になりますよね。 ズバリ! 下の表に書いたものが、必要なコストの全てです。 ドリンク代 注文したコーヒーやお茶の費用はかかります。 ネスカフェアンバサダーになると、最大5種類の機械がレンタルできますので、マシン毎に一杯いくらなのかまとめておきますね。 T 500円~ 50円 ネスプレッソ 756円~ 75円 アイスコーヒーサーバー 98円~ 20円 2. マシンの返却費用 バリスタ等はプレゼントではなく、 「レンタル」という形になっています。 だから、 マシンが不要になったときはネスレに返却しないといけません。 返却費用は会社負担となります。 返却先は神戸市ですので、大阪までの 宅急便の実費負担が必要です。 \今なら自宅用に一台バリスタプレゼント!/ ネスカフェアンバサダーに対する社員の口コミ評判 私の社員としてネスカフェアンバサダーの恩恵を受けていますが、社員の立場から「ネスカフェアンバサダー」の感想を口コミしますね! やっぱり、何と言っても、 「安い」「美味しい」「楽しい」 という口コミが多いです ! この3つがネスカフェアンバサダーになって嬉しいところです!! 1. 美味しいコーヒーが安価で飲める ドルチェグストは1杯あたり50円。 社員はみんな、貯金箱に硬貨を入れてから、ドルチェグストのカプセルを選びます。 インスタントコーヒーに比べると少し高いけど、 冷静に考えると安いですよね。 だって、外でコーヒー買うと高いですよ。 50円って激安ですよ。 自販機のコーヒー 120円• コンビニコーヒー 100円• スタバ 300円• ドルチェグスト 50円 今まで「コンビニのコーヒー、100円で安いわ」と思っていた社員はみんな、 「ドルチェグスト、50円って安い!!」と喜んで買うわけです。 とても美味しい ドルチェグストやバリスタは、「安かろう まずかろう」ではありません。 むしろ、「 たった50円払うと、こんなに美味しいコーヒーが飲めるの?」と口コミで大評判です。 ドルチェグストを飲み始めるまで、私はインスタントコーヒーしか飲みませんでした。 でもね、あれって美味しくないですよね。 美味しくないけど、なんとなく飲んでいるのがインスタントコーヒーというイメージ。 だけど、ドルチェグストはおいしいですよ、本当に! 私の一番のお気に入りは「 ローストブレンド」。 焙煎されたコーヒー豆の香りが漂ってきて、幸せな気分になれますよ。 なんだか楽しい ドルチェグストはカプセル式のエスプレッソメーカー。 コーヒーやラテ、宇治抹茶が飲めるのですが、なんと カプセルの種類は20種類くらい!! もちろん会社には全種類なくて、だいた5種類くらい置いてあります。 たった5種類だけど、みんな選ぶのが楽しそう! どれにしようかなー。 ネスカフェアンバサダーの導入方法 ドルチェグストやバリスタを会社に無料で導入するためには、「ネスカフェアンバサダー」か「ネスレウェルネスアンバサダー」に申込んで、定期便を一定の間隔で頼む必要があります。 「定期便」といっても、お届けの時期は自分で決められるし、お休みや休止も自由。 とても使いやすい制度です。 比較!「ネスカフェアアンバサダー」と「ウェルネスアンバサダー」 2つの制度の大きな違いは、「ウェルネス商品」の購入義務があるかという点。 「ウェルネスアンバサダー」になると、一回の定期便のお届けのたびに、ネスレがファンケルとコラボして開発したウェルネス商品である「ウェルネス抹茶orラテ」を一箱必ず購入しなければいけません。 このカプセルはちょっと高めで、一杯あたり90円。 半端な金額なので、集金がちょっと面倒(笑) だから、どちらのアンバサダーになるかは、こんな基準で決めるといいですよ。

次の

ネスカフェ バリスタの一杯あたりのコスト

ネスカフェアンバサダー 一杯

基本的な内容• 自宅で最新モデルのバリスタi [アイ]が無料で使える。 コーヒーは一杯約20円。 詰め替えパックを定期便で職場へお届け。 定期便の解約時にマシンを返却。 一言でいうと、 『職場向けのコーヒーマシンレンタルサービス』ですね。 本体のレンタル料金は無料なので、コーヒーの料金だけでバリスタを使うことができます。 テレビCMなどでざっくりと内容を把握されている方は多いかも知れませんね。 はたしてこのお得なサービスを個人で利用することはできるのでしょうか・・・? 個人でネスカフェアンバサダーは利用できるの? 結論からいうと・・・ 利用できません。 ・・・・・が! 内容がほとんど同じサービスなら個人でも利用できます! つまり、 『ネスカフェアンバサダー』という名称のサービスは利用できませんが、 『バリスタの無料レンタル』というほとんど内容が同じサービスは利用できるんですね。 ネスカフェアンバサダーの場合は 2週間〜3ヵ月ごと• 無料レンタルサービスの場合は 1ヵ月〜3ヵ月ごと と、決められています。 コーヒーの詰め替えパックは1つでコーヒー約35杯分なので、人が多い職場ではその期間を特別に短く設定できるということですね。 この点についてはたくさんコーヒーを飲まれる方でも1回のお届け量を増やせば良いだけなので、デメリットではありません。 ちなみに1回のお届け量は、どちらも詰め替えパック1個〜お好みで選択可能です。 合計で3回以上の詰め替えパックお届けが条件 さきほど紹介した定期便サービスですが、ネスカフェアンバサダーではその最低お届け回数が決まっていないのに対し、レンタルプランでは3回以上のお届けが条件になっています。 といってもバリスタでコーヒーを飲むなら詰め替えパックを用意する必要があるので、こちらもあまり気にすることはないですね。 マシンのお試しができない ネスカフェアンバサダーの場合は、お試しを希望するとネスカフェの人がマシンを持って職場まで来てくれて、試飲させてくれるサービスがありますが、そのサービスが利用できません。 お試しできることに越したことはないですが、これは仕方ありませんね。 ドルチェグストをレンタルできない こんな方にはレンタルプランをおすすめします!• 毎朝コーヒーを飲んでいる方 僕も以前は毎朝ドリップコーヒーを作って飲んでいましたが、ボタンひとつで手軽に淹れられてフワフワのクレマ(泡)が楽しめるバリスタに慣れると、 もう自分で作る気が起きません。 毎日のように缶コーヒーを買ってる方 缶コーヒーは 1缶120円ぐらいしますが、バリスタは 1杯約20円です。 朝のコーヒーをバリスタに変えるだけでも確実に節約効果はありますよ! 僕は毎日水筒に入れて持っていくので、お昼のコーヒー代も節約できています。 バリスタの設置コストを節約したい方 バリスタi [アイ]はまともに買うと 7980円もするので、大幅に設置コストを抑えることができます。 アフターサービスを手厚く受けたい方 通常、購入したモデルは無料修理保証が1年間しかついていないのに対し、レンタルの場合は借りている期間中、マシンの故障などのトラブルは 常に無料で対応してくれます。 これらに複数当てはまる方にはバリスタのレンタルプランがピッタリなので、是非ご利用を検討してみてください。

次の