ささみ 揚げ カロリー。 唐揚げの部位ごとのカロリー【胸・もも・手羽先・手羽元】&カロリーを抑える作り方

ささみフライのカロリーと栄養を詳細分析

ささみ 揚げ カロリー

スポンサーリンク ささみ1本のカロリーは? ささみ1本(43g)のカロリーが 約45kcalです。 100gあたりだと 105kcalになります。 これは肉の中では、かなり低いカロリーです。 鶏肉のカロリーは低いといわれていますが、実際に他の肉と比べてみましょう。 ささみ100gは、だいたいささみ2本分くらいと考えてください。 部位別100gあたりのカロリー比較(ささみ100gは 105kcal)• 鶏もも(皮なし): 116kcal• 鶏むね(皮なし): 108kcal• 鶏ひき肉:166kcal• 豚バラ:386kcal• 豚ひれ: 115kcal• 牛バラ:371kcal• 牛ヒレ: 133kcal 鶏肉全般が他の肉より低い結果ですが、やはり主な肉の中では 鶏ささみ100g(105kcal)が一番低いですね。 豚ひれのカロリーの低さが少し意外でした。 このように カロリー面を考えると、 肉を食べるなら鶏ささみを一番オススメします。 ちなみに、ご飯一膳(160g)のカロリーは、269kcalです。 ご飯の代わりに鶏ささみを2本食べると約90kcalなので、カロリーを約180kcal抑えられる計算になりますね! スポンサーリンク ささみの主な栄養は? ささみには、 タンパク質と各種ビタミンが豊富に含まれています。 加えて、 脂質がとても少ない ので、ダイエットに向いている食材です。 高タンパク質低カロリーの食材が、ダイエットに向いていると聞いたことがある人も多いと思います。 高タンパク質低カロリーの食材がダイエットに向いている理由は、 タンパク質が筋肉の材料になるからです。 よくボディビルダーの方が、テレビでささみ中心に食事しているのは、この効果のためですね。 タンパク質を十分取りながら運動すれば、筋肉がついて日常的に消費するカロリー(基礎代謝)が増えます。 そして、 痩せやすい体になるわけです。 逆にいえば、せっかくダイエットのために運動していても、タンパク質が不足すると筋肉がつきにくくなります。 基礎代謝が低い痩せにくい体になるわけですね。 つまり、 きちんとタンパク質を取れば、筋肉量を維持あるいは増やすことができるので、ダイエットはより効率的になります。 次に、 脂質についてですが、 脂質とは要するに油や脂肪のことです。 油や脂肪も体に必要な要素ではありますが、現代人は取りすぎている人がほとんどですので、 少なく抑えたほうが体にいいわけです。 以上が、高タンパク質低カロリーで脂質も少ないささみがダイエットに向いている理由でした! では、ささみが高タンパク質低カロリーで脂質も少ないといいますが、具体的にどれくらい含まれているのでしょうか? これを次で徹底比較してみます! ささみのカロリー・タンパク質・脂質を他の肉と比べると? ささみ100gあたりの カロリー・タンパク質・脂質を、カロリーの低い他の肉の部位と比較して、まとめてみました。 肉・部位 カロリー (kcal タンパク質 (g) 脂質 (g) 鶏ささみ 105 23. 0 0. 8 鶏むね 108 22. 3 1. 5 豚ヒレ 115 22. 8 1. 9 牛ヒレ 133 20. 5 4. 8 接戦ですが、 すべてにおいて鶏ささみが ダイエットに一番良い数値ですね! 鶏むね肉がささみに迫る数値なのは想像できましたが、豚ヒレ肉も脂質で劣るとはいえ、タンパク質はほぼ同じ量ふくまれています。 鶏ささみに飽きたら豚ヒレ肉を食べてもいいでしょう。 9)グラムのタンパク質を取ればよいと言われています。 9=45gのタンパク質が必要です。 これは、 鶏ささみ200g(約5本)食べるとクリアできます! ただ、ダイエットなどで運動しつつ筋肉をつけたい人には、 通常よりさらに 1. 5倍ほど摂取することをオススメします。 先ほどの体重50kgの人の例だと、70gほどですね。 これは 鶏ささみ3本分にあたります。 ざっくりした覚え方は、 体重のkgをgにかえた数値だけタンパク質が一日に必要で、運動する人ならその1. 5倍と覚えるとよいでしょう。 ささみダイエットに失敗する原因は? 一般的なささみダイエットは、ご飯やパンといった主食の代わりにささみを食べる方法です。 置き換えダイエットの一種ですね。 置き換えのささみダイエットが失敗する原因は、 栄養バランスが悪いせいです。 主食を全部ささみにすれば、ささみだけで一日5本も6本も食べることになります。 栄養バランスが悪くなるのも当然ですよね。 栄養バランスが悪いと、炭水化物や脂質が不足して便秘になったり、代謝が下がって太りやすい体になってしまいます。 また、 腹持ちがイマイチなのも、失敗する原因ですね。 つまり、 栄養バランスさえしっかりすることができれば、ささみはダイエットに効果的な食材になります。 腹持ちも他の食材でカバーしましょう! 栄養バランスを取るためにオススメの方法は、食事全部の主食をささみに置き換えるのではなく、夕食の主食だけささみにするなど 一食だけささみを主食にすることです。 そうすることで、無理のない範囲でささみを食べることができ、かつ栄養バランスの偏りも小さくなります。 毎食全部ささみを食べたら、飽きて長続きしませんしね。 まとめますと、 栄養バランスに気を付けてささみを食べるとダイエットがはかどる!ということです。 まとめ ポイントは、次のとおりです。 ささみ1本(43g)のカロリーが約45kcal、100gあたりだと105kcal• 肉の中でも低カロリー高タンパク質でダイエットに向いている食材• 栄養バランスに注意しつつ、ささみを食べるとダイエットがはかどる ささみは料理がお手軽な点もダイエットに優しいですね! ささみを電子レンジでお手軽に蒸す方法は、次の記事を参考にどうぞ。 参考: スポンサーリンク•

次の

【ササミ(鶏ささみ)のカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例

ささみ 揚げ カロリー

唐揚げのカロリー 部位ごとの唐揚げのカロリー 唐揚げは部位によってカロリーが異なります。 鶏もも肉の唐揚げ100g:290Kcal• 鶏むね肉の唐揚げ100g:283Kcal• 手羽先の唐揚げ100g:311Kcal• 手羽元の唐揚げ100g:287Kcal• ささみの唐揚げ100g:212Kcal• 軟骨の唐揚げ100g:141Kcal 軟骨やささみは他とは違い、 脂質をほぼ含まないためカロリーは著しく低くなります。 それ以外の部位のカロリーについてはほとんど誤差みたいなものです。 今回はこの唐揚げのカロリーを低くする方法について順を追って説明していきます。 唐揚げのカロリーの原因 唐揚げのカロリーの原因について見ていきましょう。 唐揚げ100gの原料ごとのカロリーは以下のとおりです。 鶏肉・鶏軟骨(約80g):45Kcal~185Kcal• 油(7g~13g):70Kcal~130Kcal• 衣(3g~5g):10Kcal~20Kcal• 鶏軟骨の唐揚げは油のカロリーは他の唐揚げと変わりませんが、 軟骨と鶏肉のカロリー差がそのまま唐揚げにした時のカロリー差に繋がっています。 鶏軟骨80gで約45Kcal、ささみは約80Kcalなのに対し、 他の鶏肉は80gで150Kcal~185Kcalになりますからね。 唐揚げのカロリーの原因は鶏肉と油によるものだと分かったと思うので、 カロリーを抑える2つのポイントは自ずと見えてきます。 低カロリーの鶏肉を使う• 油の量を少なくする さてこれらを踏まえて、具体的に唐揚げのカロリーを抑える方法について見ていきましょう。 唐揚げのカロリーを抑える方法 唐揚げのカロリーを抑える5つの方法をご紹介します。 皮を使わない• 衣は片栗粉を使う• 揚げ時間短縮のために電子レンジを使う• 1つ1つのサイズを大きくする• なので、鶏肉は皮を取り除けば脂質の大部分がなくなるので、 高タンパク低カロリーの最たる食材になります。 html 高カロリーで敬遠されがちな肉でも、 皮を除いた鶏肉は低カロリー高タンパクなのでダイエットに良く使われる食材となるのです。 実際に皮を除いた鶏もも肉、鶏むね肉の唐揚げのカロリーを見ていくと、以下のとおりです。 鶏もも肉(皮なし)の唐揚げ100g:221Kcal• 鶏むね肉(皮なし)の唐揚げ100g:214Kcal ともに皮付きの唐揚げと比べてカロリーを 約70Kcalも抑えることができ、 ささみの唐揚げと同等のカロリーになります。 以上が鶏肉のカロリーを抑える方法で、 以下の4つの方法は油の量を抑えて低カロリーにするです。 【唐揚げを低カロリーにする方法2】衣は片栗粉を使う 唐揚げの衣は主に小麦粉と片栗粉の2種類が考えられますが、 カロリーを抑えるなら片栗粉を使いましょう。 また、衣をたっぷりつけるとその分油を多く吸収してしまうため、 衣を薄くするというのもポイントです。 ちなみに片栗粉を使って鶏肉を揚げた場合、 厳密には料理名は「唐揚げ」ではなく「竜田揚げ」になります。 【唐揚げを低カロリーにする方法3】揚げ時間短縮のために電子レンジを使う 油で揚げる時間が長くなるほど油を多く吸収してしまうので、 揚げ時間が短くするのがカロリーを抑えるポイントの一つになります。 しかし、揚げ時間が短いと中まで熱が通らない事も考えられます。 そこで、鶏肉に下味をつけた後、 油で揚げる前に電子レンジで加熱しておきましょう。 これをすることで短い揚げ時間でも中までしっかり熱を通すことができます。 【唐揚げを低カロリーにする方法4】1つ1つのサイズを大きくする 小さい唐揚げを多く作るより、 大きくても少ない個数の唐揚げにする方が 表面積は小さくなり油の吸収量は少なくなります。 ただ、その分中まで火が通りにくいため、 前項の電子レンジを活用する方法と併用するといいでしょう。 【唐揚げを低カロリーにする方法5】揚げない唐揚げにする 油で揚げず、オーブントースターで調理をすることで、 本来使う油の分のカロリーだけでなく、鶏肉に含まれる油のカロリーを削減することができます。

次の

鶏ささみ肉のカロリー − 簡単!栄養andカロリー計算

ささみ 揚げ カロリー

カロリー 【ササミ 鶏ささみ のカロリーと栄養素】ダイエットや筋トレに最適な食べ方・レシピ例 ササミ 鶏ささみ は「筋トレ食品」に代名詞ともいえる食肉部位ですが、そのカロリー・栄養素をご紹介するとともに、ダイエットや筋トレの食品として考えた場合の最適な食べ方について解説します。 なお、ささみを解剖学的な筋肉名であらわすと「深胸筋」となります。 深胸筋とは、大胸筋深部に位置するインナーマッスルで、胸壁内側面および肋間隙に接合している胸壁筋の一つです。 鳥類、特に鶏の深胸筋はよく発達しており、形が笹の葉に似ていることから「笹身」=「ささみ」と呼称されています。 8g 7. 2kcal 炭水化物:0g 0kcal ササミ 鶏ささみ は、非常に高タンパク質低カロリーで、特に糖質 炭水化物 の含有量がゼロであることから、とても純度の高いタンパク質食品であると言えます。 このほかに、ATP アデノシン三リン酸 の体内生成に不可欠なナイアシン ビタミンB3 、タンパク質 筋肉 の構成に重要な微量元素 ミネラル であるセレンが豊富に含まれているので、まさに、筋トレやダイエットに最高レベルの食材です。 ただし、筋肉合成カロリーが不足しますので、倍量のご飯と食べるか、ササミカツにするなどカロリーを追加する工夫が必要です。 ・ダイエットの場合 ササミ 鶏ささみ は、とても高タンパク質低カロリーですので、ダイエットに不可欠なタンパク質の補給食品として最適な食品の一つです。 ただい、カロリーオーバーになりますのでフライにして食べるのは避けましょう。 まずは、タルタルソースから作っていきます。 なお、パン粉は小麦粉・卵いらずのまぶすだけでよい便利パン粉を使用しました。 こちらが、超低カロリータルタルソースの材料の、キューピーライト80 100g ・卵2個 100g ・木綿豆腐100g・玉ねぎ1個です。 それぞれのカロリー・栄養素は以下の通りになります。 〇キューピーライト80・100gあたりのカロリー・栄養素 エネルギー:160kcal たんぱく質:2. 0g 8. 0kcal 脂質:14. 7g 132. 3cal 炭水化物:18. 8g kcal 〇卵2個100gあたりのカロリー・栄養素 エネルギー:151kcal タンパク質:12. 3g 49. 2kcal 脂質:10. 3g 92. 7kcal 炭水化物:0. 3g 1. 2kcal 〇木綿豆腐100gあたりのカロリー・栄養素 エネルギー:56kcal タンパク質:4. 9g 19. 6kcal 脂質:3g 27kcal 炭水化物:2g 8kcal 玉ねぎは、ほぼカロリーは無視できるので、これらのカロリーを合計すると、今回のタルタルソース400g分のカロリー・栄養素は以下の通りです。 〇超低カロリータルタルソース400g たっぷり4人前 のカロリー・栄養素 エネルギー:367kcal タンパク質:19. 2g 76. 8kcal 脂質:28. 0g 252. 0kcal 炭水化物:21. 1g 84. 4kcal なお、一般的なタルタルソース同量のカロリー・栄養素は次のようになります。 〇一般的なタルタルソース400g たっぷり4人前 のカロリー・栄養素 エネルギー:1146kcal タンパク質:23. 2g 92. 8kcal 脂質:88. 28g 794. 52kcal 炭水化物:30. 4g 121. 6kcal 約3倍近いカロリーがあることがわかります。 これだけカロリーが高いと、さすがに分量を気にしながら食べなくてはいけませんが、今回ご紹介するタルタルソースなら、たっぷりかけても低カロリーで安心です。 まずは、みじん切りにした玉ねぎをしっかりと、刺激臭がなくなるまで茹で上げます。 木綿豆腐をゆで卵カッターを使って細かく切ります。 先ほどの玉ねぎの鍋に細かく切った木綿豆腐を入れて、しばらく加熱します。 茹で上がった玉ねぎと木綿豆腐をざるに移し、冷水で冷まします。 このような感じになりました。 次にゆで卵を、いつものようにレンジピヨを使って作っていきます。 難しい火加減や茹で時間を調整する必要がなく、チンするだけで簡単にゆで卵が作れるので、とても重宝しています。 出来上がったゆで卵をカッターで細かく切り、先ほどの玉ねぎ・木綿豆腐に加えます。 キューピーライト80と塩コショウを加えて、よくかき混ぜてタルタルソースは完成です。 まずは、ささみに便利パン粉をまぶし、10分ほど放置してなじませます。 パン粉をまぶしてすぐに揚げると衣がはがれやすくなりますので注意してください。 パン粉をまぶしたササミを弱火でじっくりと揚げていきます。 そして、十分に火が通ったら、強火にして表面をカラッと仕上げます。 このように、カリッと揚げ上がりました。 野菜とともにササミフライを盛り付けます。 最後に、低カロリータルタルソースをたっぷりとかけて出来上がりです。 是非、お試しください。 ・筋トレ向き麩を衣にしたササミカツ 材料はササミ・砕いた麩・溶き玉子の三つだけです。 ササミを溶き玉子に浸してから、砕いた麩を表面にまぶしていきます。 この時に、ささみの肉を引き伸ばすようにして衣をまぶしていくと、しっかりと衣がくっつきます。 ささみに衣をまぶしたら、そのまま10分ほど放置してなじませます。 これにより、揚げている最中に衣が剥がれないようになります。 また、揚げる時は、はじめは中火で中までしっかりと火を通し、仕上げに強火でカラッと揚げるのが、美味しく作るコツです。 あとは、盛りつけて完成です。 パン粉のささみカツより衣にモチモチ感があり、とても美味しいので、是非チャレンジしてみてください。 ・ダイエット向き鶏ささみの赤身牛肉巻き こちらが、今回の材料の鶏ささみ肉と牛赤身肉切り落としです。 ダイエットや筋トレにおけるタンパク質は、その摂取量だけでは計れません。 そのタンパク質食材に含まれる各必須アミノ酸の比率を、人体のアミノ酸比率に近づける アミノ酸スコアの向上 も大切です。 厳密にアミノ酸比率を測定するのは、測定機器も必要で現実的ではありませんが、一般的に複数のタンパク質食品を組み合わせることで、アミノ酸スコアが向上するとされています。 まずは、ささみを牛赤身肉で巻いていきます。 特につなぎ等も必要ありません。 ささみを巻き終わったら、あとはフライパンで焼いていくだけです。 テフロン加工のフライパンを使えば、油をしく必要がないので、さらにカロリーカットになります。 焦げないように弱火にし、蓋をしてじっくり蒸し焼きにするのが焼き方のコツです。 美味しくて、ダイエット効果も抜群ですので、是非お試しください。 ・ダイエット筋トレ向きササミ大豆タコス 用意するのは、ささみ肉、大豆二種 水煮大豆と冷凍枝豆 、タコス調味料だけです。 大豆は、栄養素的には二種類にする必要はありませんが、料理には彩りも大切ですので、あえて二種類にしました。 まずはササミを茹で、指で割くようにして身をほぐし、後は水煮大豆&枝豆と炒めて調味料で味付けするだけです。 本格的な減量であれば、このチキンビーンズだけを食べ、軽めのダイエットであれば少なめのご飯の上に乗せて、タコライスとしていただくと美味しいですよ。 ・ダイエット向きササミ餃子ハンバーグ こちらが、今回のメイン材料の豚ヒレ肉と鶏ササミ肉です。 いずれも、非常に高タンパク質低カロリーで、筋トレに最適な肉類です。 また、複数の肉類を組み合わせることでアミノ酸スコアも向上し、さらにダイエットに有効となります。 まずは、豚ヒレ肉と鶏ササミ肉をフードプロセッサーでミンチにしていきます。 市販のミンチは、かなり脂身が多いのでダイエット中にミンチを使うときは、かならずブロック肉から作るようにしましょう。 豚ヒレと鶏ササミのミンチに、刻んだモヤシとニラを加えて塩コショウをし、しっかりとこねていきます。 モヤシは野菜類のなかでは圧倒的にタンパク質が豊富ですので、筋トレに最適な野菜と言えます。 餃子の具をハンバーグ状に整えて焼いていきます。 今回は風味を考えてオリーブオイルを少量使いましたが、本格的な減量時にはテフロン加工のフライパンで、油を使わずに焼くことをおすすめします。 出来上がりました。 あとは餃子のタレをかけるだけで、まるで餃子を食べたような満足感が得られます。 ダイエット中に、どうしても餃子が食べたくなったら、是非お試しください。 ・ダイエット向きササミ&エビタコスライス こちらが、今回の材料のササミ・むきエビ・枝豆・卵・レタスサラダです。 ササミとエビは数ある食品のなかでも高タンパク質低カロリーで知られており、ダイエット筋トレの食材としては最良のものです。 まずは、ササミとむきエビを茹でていきます。 その時間を利用して、トッピング用のゆで卵を、レンジピヨを使って電子レンジで作っておきます。 ササミが茹で上がりましたので、細かくほぐします。 このように、フレーク状にほぐします。 下準備ができたら、テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めていきます。 ある程度ササミとエビに焦げ目がついたら、市販のタコスパウダーで味付けをします。 最後に剥いた枝豆を加えてタコスの部分は完成しました。 お皿にご飯を少な目に入れます。 たくさんのレタスを乗せます。 ダイエットの食事の基本はできるだけ多くの野菜をとることです。 レンジピヨでゆで卵も綺麗にできあがりました。 ゆで卵をみぞれにします。 ライスの上にダイエットタコスを盛り付けて完成です。 美味しく、満足感があり、さらに高タンパク質低カロリーですので、是非お試しください。 ・ダイエット向きササミ豆腐そぼろ丼 こちらが、今回の材料の鶏ササミ・木綿豆腐・水煮大豆および卵とネギです。 まずは、鶏ササミ肉をフードプロセッサーを使ってミンチにします。 ササミのミンチはスーパーなどでほとんど入手できませんので、自分で作るのが決め手です。 また、むね肉ミンチはスーパーなどでも見かけますが、高カロリーの皮が含まれているので、減量ダイエットにはおすすめしません。 ミンチを作ったら、まずはテフロン加工のフライパンで炒めていきます。 竹べらなどを使い、丹念にそぼろ状にしてください。 続いて、木綿豆腐を入れて炒めます。 こちらもそぼろ状になるまでつぶします。 さらに水煮大豆を加えて炒めますが、豆腐からはかなりの水分がでてきますので、水気が飛ぶまで炒めるのが美味しく仕上げるコツです。 最後に卵を入れて一緒に炒めます。 これにより余分な水分を吸いとってくれるので、パラっと従って仕上がります。 砂糖と醤油適量で味付けをしたら、ネギを入れ、火を止めて余熱で加熱します。 お弁当箱にご飯を入れますが、豆腐や水煮大豆にも炭水化物が含まれるので、薄く敷く程度がおすすめです。 あとは、特製そぼろを乗せて完成です。 少し手間ですが、非常に効果的なダイエットランチですので、是非お試しください。 健康的なダイエット筋トレの場合には、体重1kgあたり1gの純タンパク質 肉類換算で5g が最低限必要で、糖質と脂質の摂取量を調整してカロリーカットを行います。 是非、ご活用ください。 それは主に「身体活動・運動」 レジスタンストレーニング・ウォーキング・筋繊維・超回復・エネルギー代謝 および「栄養・食生活」 三大栄養素・水分摂取 の項目です。

次の