ポリティカル 意味。 politicalの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

ポリティカル・コレクトネスの意味は? 具体例も解説 【ビジネス用語】

ポリティカル 意味

言葉狩り? わたしの書いた記事にこちらのようなものがあります。 そして、これらの記事に対して「 それって言葉狩りじゃないの? 」という意見があります。 たしかに「言葉を禁止させようとしている」という側面を見ると「言葉狩り」でしょう。 「言葉狩り」って言うと、すごく悪いことに聞こえますが、わたしはこう思っています。 言葉狩りは必要だと。 狩るだけは困りますよね。 会社などの会議でもそうですが、 提示例がなく批判だけする意見なんて価値がありませんから。 そもそも「言葉狩り」って……単語自体の聞こえが悪すぎますよね。 「魔女狩り」とか「おやじ狩り」を連想する非常にネガティブな雰囲気の言葉です。 言葉は進化するもの まず「言葉」ってものの特性から入りますが、言葉って 昔から使われてきただけのものですよねー? 言語についての専門家には「 言葉は進化するもの」という意見があります。 若者の言葉を聞いて「日本語の乱れ」なんて言うのをよく聞きますが、 あれは進化なんだ! という解釈です。 よく批判される若者言葉でも、消えるものもあれば、 100年後の辞書に普通に記載されるものもあるハズです。 淘汰されるべき言葉は確かに存在する つまり、今私達が使っている 「現代の日本語」は最終形態ではまったくないんです。 未来の日本語へ続く 単なる途中段階です。 そのため、 言葉は時代に合ってなければ当然淘汰されるべきであって、新しい 「ふさわしき言葉」にとって置き換わるべきなんですね。 言葉は「守るために存在する」のではなく、「 使うために存在する」ものですから。 ポリティカル・コレクトネスってご存じですか? 日本で発生した言葉じゃないのですが、「 ポリティカル・コレクトネス」というカタカナ語があります。 1980年代に多民族国家アメリカ合衆国で始まった、「用語における差別・偏見を取り除くために、政治的な観点から見て正しい用語を使う」という意味で使われる言い回しである。 「偏った用語を追放し、中立的な表現を使用しよう」という運動だけでなく、差別是正に関する活動全体を指すこともある。 より引用しました。 わかりやすい日本語に直すと「 社会的に正しい言葉の置き換え」ですね。 つまり、「言葉狩り」は単に言葉が減るだけだけど、ポリティカル・コレクトネスは「 その時代に合った言葉に置き換える」ということです。 ポリティカル・コレクトネスの例 では具体的に英語でのポリティカル・コレクトネスの例を見てみます。 英語でのポリティカル・コレクトネスの例 fireman(消防士) 「fire fighter」へ変更 policeman(警察官) 「police officer」へ変更 businessman 「businessperson」へ変更 一応説明しておくと「man」っていう単語は「男」という意味です。 消防士を目指したい女性や、すでに消防士になっている女性を排除しているという考えから、「man(男)」から「person(人)」という 偏りのない中立な単語に置き換えたりしているわけです。 実は日本にも例があるんですよ。 英語と日本語のポリティカル・コレクトネスを比較して 上で見た英語と日本語のポリティカル・コレクトネスを比較して何かおもしろいことに気づきませんでした? やっていることは同じなんですよ。 でも 英語では女性の門戸を開くために、 日本語では男性の門戸を開くために変更しているように見えます。 日本では男性を優遇しているという特性がここにも現れていますね。 「結婚したカップルは妻でも夫でもどちらの姓を名乗っても良い」って法律にあっても96%のカップルが女性側が改姓している国ですから。 結論として状況によっては「言葉狩り」は必須 ポリティカル・コレクトネスの例で、こんなものもあります。 今ではほぼ聞くことがなくなった「痴呆症」という言葉。 10年以上前の 2004年に「認知症」という言葉に直されました。 今では完全に浸透しきっているのではないでしょうか? わたしも「認知症」って言葉が置き換えられたということすら忘れていました。 この病気になっている方が、昔から呼ばれている病名で呼ばれることで、偏見のような不利益を被っていたからだと思われますが、この変換は妥当だろうなと。 というわけで、 片方の性別だけ有利になるような言葉は男女平等に進んでいくのなら、絶対に淘汰されていくべきだとわたしは考えています。

次の

ポリティカル・コレクトネスとは?「言葉狩り」は必要である

ポリティカル 意味

ポリティカルリスク保険 ポリティカルリスク保険とは 日本企業の海外中長期ファイナンスや海外出資に対する保険です。 新興成長市場は、企業の成長を促進する為の力的な地域となっています。 しかし、当該地域における契約や資産は、行政措置や政情によって毀損するリスクに晒されます。 弊社のPolitical Risks Mapによると、政府による輸出入制限、債務不履行、ストライキ、暴動等のリスクが高まっていることを示しています。 ポリティカルリスク保険は主に下記におけるリスクをカバー致します。 国有企業・公的債務者(ソブリン)の債務不履行、前払金返還不履行、契約破棄等• 国外への送金不能、輸出入制限等• 現地法人の接収、収用、国有化、戦争、政治的暴力による逸失利益・営業継続費用等• 現地法人の戦争、反乱、暴動、テロ、ストライキ等による物理的損害 2019 Political Risk Map(2019年度版ポリティカルリスクマップ) Political Risk Mapは、グローバル企業が直面するポリティカルリスクのベンチマークとして利用可能です。 エーオンを活用するメリット 弊社はポリティカルリスクのスペシャリストを世界各国に配置し、保有リスクを最小化する為の保険設計を行い、貴社のバランスシート保護とビジネス促進をサポート致します。 単品商品から、複数保険会社を組み合わせたオーダーメイドの保険まで、予算に合わせた柔軟な保険設計が可能です。

次の

ポリティカル・コレクトネスとは (ポリティカルコレクトネスとは) [単語記事]

ポリティカル 意味

美術批評家の栗憲庭による造語で、1990年代の中国の現代美術を特徴づけた様式のひとつ。 一定の市場価値を持つことから、ポリティカル・ポップの名を用いて国内外で制作・発表される作品は今世紀に入ってからも少なくない。 スタイルは60年代のアメリカ合衆国におけるポップ・アートと社会主義リアリズムおよび/または中国の伝統・民間画法の融合であり、モチーフには毛沢東や西欧/消費社会の象徴的人物/物が頻用された。 その顕著な例は王広義がプロパガンダ・ポスター調に描いた《偉大なる批評 コカ・コーラ》(1990-93)や余友函のA・ウォーホルの作品かとも見紛う《毛沢東/モンロー》(2005)に見られる。 ソッツ・アートなど旧社会主義国の現代美術と通底する要素も多いが、その隆盛には中国固有の背景も関与している。 たとえば、芸術的影響が指摘される星星画会(文革後の79年に登場)、84年以降に中国全土で展開された八五美術運動、85年のR・ラウシェンバーグの国際巡回展(北京とラサ)、89年の「中国現代アート」展とその直後に起きた六四天安門事件に対する芸術家たちの高揚と挫折、そして93年の市場経済導入に伴う大衆消費社会の幕開けなどが挙げられる。 代表的な作家は王や余に加え、李山、劉楓華、張宏圖、盛奇、任思鴻、王子衛など。 著者: 参考文献• 『アヴァン・チャイナ 中国の現代アート』, , 牧陽一, 木魂社, 1998 参考資料• 星星画会(中国語), , , , ,.

次の