行政書士 問題集。 【行政書士試験】独学で失敗しないおすすめのテキスト・問題集

行政書士問題集選びに迷っているあなたが考えるべきたった1つのこと

行政書士 問題集

ある程度 法律の勉強をしている方や、 2回目以降のチャレンジの場合は次の過去問集から始めるのがイイと思います 通称ウォーク問。 他の過去問集に比べ、問題収録数は圧倒的に多いです。 コンパクトでこち運びしやすいのもGoodですね。 基礎法学のおすすめ教材 基礎法学は特段対策の必要はいらないと思います。 出題範囲が広すぎてよくわかりませんし、例年2題出題されて、そのうちの1題はみんなできない難問・奇問です。 この分野は 基本書・問題集などの内容を正確に理解するので十分かと思います。 この科目に注力しすぎてはいけません。 憲法のおすすめ教材 憲法は、判例の知識が相当数出題されます。 基本書に載っている判例だけでは知識不足です。 よって、使用する教材は先ほど挙げたこちらの教材です。

次の

この3冊以外買う必要なし!行政書士試験におすすめの過去問・問題集

行政書士 問題集

あなたはどれがいいと思いますか?迷いますよね。 あなたは何を基準に問題集を選べばいいんでしょうか? おそらくあなたはネットの評判やレビューを読みますよね。 (これもそうかもしれない) でも、みんな言ってることがまちまちだったり、人によっておすすめの問題集が違っていたり、結局どれがいいのかわからなくなりませんか? また、おすすめ、おすすめといいながら、よく読んでみると、問題集を紹介しているだけで何を勧めているのかわからない、というようなこともあります。 近くに大型書店があれば、行政書士試験の問題集がそろっているかもしれません。 よく、実際に手に取って、自分に合うかどうか、中身を確認しましょう、という意見を見ることもありますが、初学者のあなたにとっては、書店でパラパラと目を通したぐらいでは、字の大きさや、色遣いの好き嫌いぐらいしか、判断できないのではでしょうか。 字の大きさや、色使いも重要かもしれませんが、それだけで決めるのもどうかと思いますよね。 問題集を選ぶポイントはたった1つだけです 例えば、以下は、どこかのサイトにありそうなレビューです。 問題の質、量ともに評価が高い。 一方で、解説が少しわかりづらいという声もある。 初心者にはハードルが高いかもしれない。 しかし、合う合わないは人それぞれ。 くりかえし取り組むことで試験合格のための実力は養える。 よく内容を見定めたうえで判断するべき こういうのありそうじゃないですか。 結局自分で見て決めないといけない、みたいな感じですね。 一般的によく言われているのは、あなたのレベルにあったもの、答えだけでなく解説が詳しいものがおすすめだというものです。 しかし、あなたは自分のレベルをきちんと把握していますか?初学者で勉強を始めたばかりであれば、「初学者向け」「基本編」「はじめての」などを選べばいいかもしれませんが、もうちょっと先に進んだ場合は、そもそも、問題集を解くことで、自分のレベルというのが分かってくるのではないでしょうか。 また、解説が詳しいものがいいと言われても、それをあなたは判断できますか?解説の文章の量が多い、少ないくらいしかわかりませんよね。 つまり、 あなたのレベルにあったもの、とか、詳しい解説というものは問題集を選ぶための判断材料としてはあまり適切とは言えないということになります。 それでは、何を基準に問題集を選べばよいのでしょうか? それは、解説です。 いや、いや、いまさっきそれは判断材料に適さないと言ったじゃないか、と突っ込まれそうですが、しかし、解説といってもそれは解説の内容のことではありません。 ポイントは1問1ページ です。 つまり、 1問分の解答と解説が1ページにまとまっていること 、です。 これだけです。 これだけに注目して、選んでもらって構わないと思います。 ちょっと何言ってるのかわからない、とお思いかもしれませんが、私が1年間勉強してきて実感したことです。 詳しい解説がよいと言われても、それは、十分勉強して、内容がよく理解できるようになってからではないと判断できません。 つまり、合格した後です。 それに、あなたよりも明らかにレベルの高い法律の専門家によって書かれた解説ですから、とんでもなく差があるようなことはないと思います。 (と信じています) 結局、 1問1ページ、これだけです。 行政書士の独学を続けるコツはストレス低減 行政書士に限った話ではありませんが、一人でコツコツと勉強を続けるというのは、 相当なストレスを感じるものです。 たまには気分転換も必要でしょう。 なので、勉強をしていく中で、 なるべくストレスを増やさないようにしたいものです。 問題集の解説が1問1ページがよいというのは、そういう視点からです。 私が使っていた問題集の中には、解説が1ページに2段組みで、小さい文字でつらつらと書かれており、問題ごとの切れ目がランダムのものがありました。 これは最悪でした。 1問解いて、答え合わせをして、解説を読む、という流れで進めていたとき、まず、その問題の解説の始まりが分かり辛い、それに加えて次の問題の答えが見えてしまう、ということが度々ありました。 その度に、イラっとしてストレスが溜まっていました。 これと正反対の問題集がありました。 その問題集では、1問分の解説が1ページにまとめられていて、非常に使いやすく、感動すら覚えました。 問題と解説を行ったり来たりしても全くストレスを感じることはありませんでした。 誰かに教えてあげたくてたまらなくなりましたが、誰にも共感されないだろうと思い、我慢して黙ってました。 つまりそういうことなんです。

次の

行政書士試験に合格できる問題集とは? その選び方と、おすすめを紹介!

行政書士 問題集

理由を説明したい思います。 まず、予想問には、 本試験で出題される可能性が極めて低いマイナーな難問が収録されています。 しかもそれが一つや二つではありません。 予想問は本試験よりも問題の難易度設定が一段難しく設定されているようです。 仮にそういうマイナーな問題が本試験で出題されたとしても、おそらく どの受験生も得点することができないので、試験の合否には影響がありません。 そんなマイナーな知識を頭に入れるよりも、出題頻度の高い基礎知識を頭に入れた方がはるかに有意義です。 行政書士試験で大切なのは、 基礎的知識を試す問題を落とさないことです。 そのためには過去問を回したり、普段使っている問題集を回す方が有意義です。 また、プロがせっかく本試験で出題されそうな問題を予想してくれているんだから、やっておいた方が得じゃないかという意見を持つ人がいるかもしれませんが、予想問に出題された問題が本試験でも出題される可能性は限りなく低いです。 問題が丸々当たるということはほぼなく、せいぜい肢が1個当たるかどうかというところだと思います。 実は私も予想問を何冊もやっとけば同じ問題が本試験で出題されて簡単に得点できるだろうという邪な考えを持って、予想問題集を2冊買ってしまいましたが、結局は時間の無駄だったと思います。 マイナーな論点の難問に勉強の時間をとられてしまい、試験前の貴重な時間を棒に振った気がします。 それよりも大切なのは基礎的な知識の土台固めをすることだと思います。 いつも使っているテキストや問題集を振り返り、基礎をおろそかにしないことが試験突破のカギです。 一般知識について 特に、 一般知識についての予想はまず当たらないと思います。 文章理解についても予想問の文章理解の問題は本試験のものよりも難しく設定されています。 ですので予想問の文章理解ができなかったという人も心配いりません。 わざわざ予想問を買って文章理解の腕試しをする必要もありません。 行政書士試験一般知識で大切なのは「情報分野の勉強を怠らない」ということと「文章理解を時間をかけてもいいので確実に正解する」ということです。 行政書士試験一般知識突破法については下記の記事でくわしく解説していますので、ぜひご一読ください。

次の