小樽 イーグル。 イーグルオー

イーグルタウン大谷地店

小樽 イーグル

12円 スロット 21. 27円 5円 交換率 換金率 1. 12円パチンコ 非等価 21. 27円スロット 5. 今回はイーグルオー小樽店を調査しました。 今回はイーグルオー小樽店を調査しました。 今回はイーグルオー小樽店を調査しました。 今回はイーグルオー小樽店を調査しました。 今回はイーグルオー小樽店を調査しました。 5点 2 北海道帯広市西十六条南1-48-18 総合54点 3 北海道札幌市厚別区大谷地東2丁目1-3 総合45点 4 北海道釧路市幸町14丁目1 総合41. 5点 3 北海道札幌市厚別区大谷地東2丁目1-3 総合45点 4 北海道帯広市西十六条南1-48-18 総合54点 5 北海道札幌市中央区南8条西12丁目3番25号 総合64.

次の

イーグルタウン大谷地店

小樽 イーグル

2000年6月30日晴れ 今日は、寝坊7時30到着、ヤバイ平日なのに50人 は並んでいる。 8時15分店内入場。 周りは、百戦錬磨の強者もかなりいることだろう。 今日は、ヤバイな。 9時入場。 ヤバ、打つ台がない。 センター7はもちろんのこと。 空いてるシマは、100パーうまってる。 こういう日は、海物語しかない。 ねかせがよく、ステージのクセもよく、命釘がしたに叩かれてなければ、見た目以上にまわる台だ 見たところ21か22というところか?台を決めいざ実践 打ったところ23くらい回る。 2万入れて単発。 のまれの、ついか5千円。 魚群で確変あたり、しかさ、ワンセット終了。 アタッカー周りきつく出玉少な目。 この台出す気ねーな。 アタッカー周り締められてる台は出す気ない台が多い。 その後飲まれて、追加3千円。 もう昼を回っていた。 当時は3円交換。 この台にこれ以上の投資は、時間がなさすぎる。 よし、スロットだ。 スロは、当時等価交換。 合算いい台が空いたので、打つ。 その後、大逆転の 結果1万2千円勝ちでおわった。 今日は、できすぎ、こんな運も勝ちをひろうようでは駄目だ自分にいいきかせて今日も夜の街にいくのであった。 こんな遊び人みたいな人生悪くもないなと、こんな日常がいつまでもつづくと信じてうたがわなかったのであった。 2000年7月3日雨、5時着、先客は20人ほど、物を置いての並び待ちは禁止なので、雨のなかひたすら待つ、途中もよおしてきたので、人が、良さそうな後のカップルに頼み、コンビニまでいき、戻る。 当時は、並び時間がながいので、だれも嫌な顔はしない。 開店まで傘をさしひたすら待つ、、昨日の夜、CRストーリートファイター2を見たら、多少締まってたが、まだ打てないわけでない。 センター7は無理だし、そいつでいこう。 先に、何台か座られたが残りの中で1番開いている台に座る。 いざ実践。 1k23といったとこか。 まずまず、この台は、スペックが甘い。 締められたこの台でも通常でも持ち玉で200前後は回る。 この回りでも余裕で勝てる。 と思いながら、1日中、止め打ちをし、ベストストロークを探し続けながら、液晶に酔ってる暇などない。 案の定勝った。 2万9千円。 まずまず。 そして、今日もまた、北のネオン街に吸い込まれるのであった。 2000年7月8日曇 5時着。 並びは、30人、新台入替から、少し立つが、まだスト2いけるだろと思いながら、世間に疎くなると困るので新聞を読む。 軽く、3回くらい読み終えたところで店内入場。 やはり今日もスト2だな。 いざ実践、1k22というところか、だいぶ締められた。 キツイが打つか、しかし、今日は展開が良かった、朝一3kで波動拳でwin,当たり絵柄は確変。 ストロークに気を使いながら打つ。 俺は、ハンドルを、10円玉2枚で固定していたが、当時は、固定の仕方は人それぞれで、パッキカードをおりまげたり、1円、5円、100円、五〇〇円玉までいたが。 中には、千円札や5千円札を折り曲げて固定するツワモノもいたか、万札を折り曲げて固定する奇人までもいた。 結果は、5万1千円勝ち。 たまには、こういう運勝ちもある。 いつまでこんな、遊び人みたいなことをやっていいのだろうかと思いながら今日もネオンに吸い込まれた。

次の

「タイムズイーグルオー小樽店」(小樽市

小樽 イーグル

2000年6月30日晴れ 今日は、寝坊7時30到着、ヤバイ平日なのに50人 は並んでいる。 8時15分店内入場。 周りは、百戦錬磨の強者もかなりいることだろう。 今日は、ヤバイな。 9時入場。 ヤバ、打つ台がない。 センター7はもちろんのこと。 空いてるシマは、100パーうまってる。 こういう日は、海物語しかない。 ねかせがよく、ステージのクセもよく、命釘がしたに叩かれてなければ、見た目以上にまわる台だ 見たところ21か22というところか?台を決めいざ実践 打ったところ23くらい回る。 2万入れて単発。 のまれの、ついか5千円。 魚群で確変あたり、しかさ、ワンセット終了。 アタッカー周りきつく出玉少な目。 この台出す気ねーな。 アタッカー周り締められてる台は出す気ない台が多い。 その後飲まれて、追加3千円。 もう昼を回っていた。 当時は3円交換。 この台にこれ以上の投資は、時間がなさすぎる。 よし、スロットだ。 スロは、当時等価交換。 合算いい台が空いたので、打つ。 その後、大逆転の 結果1万2千円勝ちでおわった。 今日は、できすぎ、こんな運も勝ちをひろうようでは駄目だ自分にいいきかせて今日も夜の街にいくのであった。 こんな遊び人みたいな人生悪くもないなと、こんな日常がいつまでもつづくと信じてうたがわなかったのであった。 2000年7月3日雨、5時着、先客は20人ほど、物を置いての並び待ちは禁止なので、雨のなかひたすら待つ、途中もよおしてきたので、人が、良さそうな後のカップルに頼み、コンビニまでいき、戻る。 当時は、並び時間がながいので、だれも嫌な顔はしない。 開店まで傘をさしひたすら待つ、、昨日の夜、CRストーリートファイター2を見たら、多少締まってたが、まだ打てないわけでない。 センター7は無理だし、そいつでいこう。 先に、何台か座られたが残りの中で1番開いている台に座る。 いざ実践。 1k23といったとこか。 まずまず、この台は、スペックが甘い。 締められたこの台でも通常でも持ち玉で200前後は回る。 この回りでも余裕で勝てる。 と思いながら、1日中、止め打ちをし、ベストストロークを探し続けながら、液晶に酔ってる暇などない。 案の定勝った。 2万9千円。 まずまず。 そして、今日もまた、北のネオン街に吸い込まれるのであった。 2000年7月8日曇 5時着。 並びは、30人、新台入替から、少し立つが、まだスト2いけるだろと思いながら、世間に疎くなると困るので新聞を読む。 軽く、3回くらい読み終えたところで店内入場。 やはり今日もスト2だな。 いざ実践、1k22というところか、だいぶ締められた。 キツイが打つか、しかし、今日は展開が良かった、朝一3kで波動拳でwin,当たり絵柄は確変。 ストロークに気を使いながら打つ。 俺は、ハンドルを、10円玉2枚で固定していたが、当時は、固定の仕方は人それぞれで、パッキカードをおりまげたり、1円、5円、100円、五〇〇円玉までいたが。 中には、千円札や5千円札を折り曲げて固定するツワモノもいたか、万札を折り曲げて固定する奇人までもいた。 結果は、5万1千円勝ち。 たまには、こういう運勝ちもある。 いつまでこんな、遊び人みたいなことをやっていいのだろうかと思いながら今日もネオンに吸い込まれた。

次の