朝 類語。 「浅学非才」の読みと意味、使い方、類語、対義語、「馬鹿丸出し」が類語?

「朝」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

朝 類語

すべての情報源• 総合的な情報源• 研究社 新英和中辞典 149• 研究社 新和英中辞典 166• Weblioビジネス英語例文 4• Weblio Email例文集 1200• Weblio英語基本例文集 45• 場面別・シーン別英語表現辞典 8• 浜島書店 Catch a Wave 401• Weblioビジネス英文メールテンプレート文例集 3• 英語ことわざ教訓辞典 10• JMdict 4• Eゲイト英和辞典 145• 最強のスラング英会話 1• 専門的な情報源• 斎藤和英大辞典 381• 日本語WordNet 200• コンピューター用語辞典 1• EDR日英対訳辞書 503• Tanaka Corpus 911• 日本法令外国語訳データベースシステム 5• FreeBSD 1• Gentoo Linux 1• JM 3• Wikipedia日英京都関連文書対訳コーパス 14712• 京大-NICT 日英中基本文データ 20• 官公庁発表資料• 金融庁 78• 財務省 8• 特許庁 240• 経済産業省 38• 厚生労働省 3• 書籍・作品• Arthur Conan Doyle『ブルー・カーバンクル』 8• Translation by Robert E. Smith『マルチン・ルターの小信仰問答書』 3• Arthur Conan Doyle『ボヘミアの醜聞』 6• Hans Christian Andersen『絵のない絵本』 7• Arthur Conan Doyle『悪魔の足』 20• Mary Lamb『お気に召すまま』 2• JULES VERNE『80日間世界一周』 42• Edgar Allan Poe『アモンティリャードの酒樽』 1• Virginia Woolf『ラピンとラピノヴァ』 2• Charles and Mary Lamb『ロミオとジュリエット』 7• Oscar Wilde『わがままな大男』 2• JACK LONDON『影と光』 4• O Henry『ハーレムの悲劇』 2• Ouida『フランダースの犬』 16• James Matthew Barrie『ケンジントン公園のピーターパン』 3• Arthur Conan Doyle『チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン』 3• Arthur Conan Doyle『ノーウッドの建築家』 13• Andrew Lang『トロイア物語:都市の略奪者ユリシーズ』 8• O Henry『シャムロック・ジョーンズの冒険』 3• Conan Doyle『黄色な顔』 5• Charles Dickens『奇妙な依頼人』 5• Frank Baum『オズの魔法使い』 35• Robert Louis Stevenson『ジキルとハイド』 21• Wells『タイムマシン』 19• Charles and Mary Lamb『真夏の夜の夢』 2• Joseph Jacobs『三匹の子ぶたのお話』 3• Oscar Wilde『幸福の王子』 2• Thomas a Kempis『キリストにならいて』 1• O Henry『最後の一枚の葉』 5• O Henry『二十年後』 2• Scott Fitzgerald『グレイト・ギャツビー』 31• Ambrose Bierce『不完全火災』 2• Ambrose Bierce『空飛ぶ騎兵』 1• O Henry『警官と賛美歌』 2• LEWIS CARROLL『鏡の国のアリス』 7• Lewis Carroll『不思議の国のアリス』 1• James Joyce『土くれ』 2• James Joyce『姉妹』 2• James Joyce『小さな雲』 2• James Joyce『二人の色男』 1• James Joyce『アラビー』 3• James Joyce『恩寵』 1• James Joyce『遭遇』 3• James Joyce『死者たち』 9• James Joyce『下宿屋』 5• James Joyce『レースの後に』 1• James Joyce『痛ましい事件』 3• James Joyce『母親』 1• James Joyce『アイビーデイの委員会室』 1• Arthur Conan Doyle『シャーロック・ホームズの冒険』 21• John Stuart Mill『自由について』 1• Robert Louis Stevenson『宝島』 37• James Matthew Barrie『ピーターパンとウェンディ』 13• Edgar Allan Poe『暴露させる心臓』 2• Edgar Allan Poe『約束』 2• Lawrence『馬商の娘』 3• Lawrence『プロシア士官』 7• Gilbert K. Chesterton『釣り人の習慣』 12• Melville Davisson Post『罪体』 7• 電網聖書• 使徒行伝 5• ヨハネによる福音書 5• ルカによる福音書 5• マルコによる福音書 5• マタイによる福音書 4.

次の

明けない夜はないの意味とは?語源・英語・類語・例文は?名言?

朝 類語

「朝令暮改」とは まずは、「朝令暮改」の意味と語源から紹介します。 「朝令暮改」とはどういった言葉なのでしょう。 「朝令暮改」の意味は「絶えず変わり定まらないこと」 「朝令暮改」とは、「絶えず変わってしまい、定まらないこと」という意味の四字熟語です。 「朝令暮改」を漢字で読み解くと、「朝に出された法令が、日が暮れるころには改められている」となり、「(法令などが)すぐに変わってしまいあてにならない」というニュアンスで使用されます。 法令や国・自治体の施策などのほか、会社の体制などに対しても使うことができます。 「朝令暮改」は中国の書物「漢書」に由来する言葉 「朝令暮改」という四字熟語は、中国の古い書物『漢書』にその由来があります。 そこでは、農民の苦労をあらわす一節で、「朝に出された命令が夕方には変更されてしまい、生活が大変で苦しい」という文脈で使用されているようです。 「朝令暮改」の読み方は「ちょうれいぼかい」、「朝礼暮改」は誤字 「朝令暮改」は、「ちょうれいぼかい」とすべて音読みで読むのが特徴です。 読みは難しくないという人でも、気を付けたいのが誤字です。 その音の響きから「朝礼暮改」と記される例を時折見ますが、正しくは「朝令暮改」と書きます。 「朝に出された法令が夕方には変わってしまう」という意味や由来を覚えておくと、「朝令暮改」の字も間違えにくくなります。 「朝令暮改」を訓読みにすると「朝に令し、暮に改む」 「朝令暮改」を訓読みで表現すると「朝に令し、暮れに改む」と読みます。 ここで使われている「令し」とは、「令する」のことで命令する・言いつけるという意味です。 「朝に令し、暮れに改む」という訓読みは頻繁に使う表現ではありませんが、これを機に頭の隅においておくと、言葉の理解にも役立つかもしれません。 「朝令暮改」の使い方と例文 「朝令暮改」を実際に使う場合にはどういった文章表現になるのでしょう。 使い方について、例文を交えて紹介します。 法律から会社の規則まで幅広く使える 「朝令暮改」は国の法令をはじめ、自治体の施策・条例などにも使うことができます。 また、民間企業の規則・体制に対しても使うことのできる表現です。 具体的には、以下のような使い方が挙げられます。 「朝令暮改」な政策のせいで現場はいつも振り回される• 経営陣が一新してからは「朝令暮改」の指示が減った• 彼に頼まれる仕事はまさに「朝令暮改」で、とてもついてはいけない いずれも、「内容がすぐに変わる」というニュアンスになり、それによって不都合を感じている・困っているというニュアンスで使うのが「朝令暮改」の特徴です。 「朝令暮改」の何が悪いの?デメリットとは 「朝令暮改」は、「すぐに変わってしまうのであてにならない」というネガティブなニュアンスを含む表現です。 そのデメリットが注目されがちですが、ビジネスにおいては「朝令暮改」が必ずしも悪いとは限らないようです。 「朝令暮改」のデメリットとメリットについて紹介します。 信頼性に欠けるのがデメリット これまでにも触れてきましたが、「朝令暮改」の一番のデメリットは「信用性に欠ける」という点です。 法令が度々変わってしまうと、その先にある国民・住民をはじめとして多くの人が戸惑ったり、実際に困惑したりする様子は容易に想像できます。 企業の経営陣が方針を度々変更していては、現場や部下が困る様子も目に見えています。 さらに、「またすぐに変わるかもしれない」という感情が蔓延してしまうと、その法令の拘束力、あるいは国や会社(上司)に対する信頼が弱まってしまうというのが大きなデメリットです。 「朝令暮改」にはスピード感というメリットも 「法令がすぐに変わってしまう」のはデメリットが多いと言えますが、常に変化が求められるビジネス界においては、「朝令暮改=スピード感のある対応」というメリットになることもあります。 ビジネスでは、とりまく状況の変化をいち早くキャッチし、その時々に見合う臨機応変な対応をとることが求められます。 そのやり方は「朝令暮改」となることもしばしばです。 「朝令暮改」という言葉そのものはネガティブなニュアンスで使用されますが、絶えず変化することは必ずしも悪いものではないというのは、ビジネスでは覚えておきたいポイントです。 「朝令暮改」の類語表現 ビジネスシーンでも使用できる「朝令暮改」にはどういった類語があるのでしょう。 言い換えにも便利な類語表現を紹介します。 「朝令暮改」の類語は「二転三転」 「朝令暮改」と似た意味の四字熟語では、「二転三転」があげられます。 「二転三転」とは、状況が何度も変わってしまう様を指す言葉で、「話が二転三転している」などという風に使用することができます。 また、四字熟語以外では、「首尾一貫していない」も「朝令暮改」の類語表現です。 「首尾一貫していない」とは、方針や考えが変わってしまい筋が通っていないことを指します。 「朝改暮変」も「朝令暮改」の類語 「朝令暮改」と似た意味の四字熟語には、「朝改暮変」というものもあります。 「朝改暮変」は「ちょうかいぼへん」と読み、意味は「朝令暮改」と同じです。 一見すると誤字のようですが、「朝令暮改」「朝改暮変」のどちらも存在する言葉ですので、どちらを使っても問題ありません。 「朝三暮四」はまったく異なる意味で「朝令暮改」の類語ではない 一方、漢字は似ているものの意味はまったく違う四字熟語が「朝三暮四」です。 「朝三暮四(ちょうさんぼし)」とは、「朝は3つで暮れ(夕方)は4つ」では腹を立てるのに、「朝4つ暮れ3つ」にしたら納得したというエピソードに由来する四字熟語です。 そこから、「目先の利益に気を取られ、実際は同じなのに気が付かないこと」「うまい言葉・似たようなもので人をだますこと」という意味があります。 「朝」「暮」という似た感じを使ってはいますが、「朝令暮改」とは異なる意味の四字熟語ですので、混同しないように気を付けましょう。 「朝令暮改」を英語にすると? 最後に「朝令暮改」の英語表現を紹介しましょう。 英語では「一貫性がない」と表現するのがベター 「朝令暮改」を英語にする場合には、「一貫性がない」という表現がベターです。 「一貫性がない」は、「inconsistent」で表します。 たとえば、「My boss is inconsistent」とは、「私の上司は一貫性がない(度々指示が変わってあてにならない)」という意味になります。 ほかにも、「理不尽」という意味の「unreasonable」という言葉を使っても、「朝令暮改」に似たニュアンスの表現を作り出すことが可能です。 まとめ 「朝令暮改」とは、「法令や体制がすぐに変わってしまい、あてにならない」という意味の四字熟語です。 ネガティブな印象で使われますが、ビジネスのスピード感を大事にする場合は、あえて「朝令暮改」が行われることもあります。 言葉本来の意味とは異なりますが、時に「朝令暮改」のような対応が求められることもあると覚えておきたいものです。

次の

故事・ことわざ『朝虹は雨 夕虹は晴れ』

朝 類語

「明けない夜はない」とは、「苦しい時期を耐え忍べば、必ず明るい状態になる」という意味です。 座右の銘となるほどの名言です。 「明けない夜はない」という意味と同じ名言に「朝の来ない夜はない」という言葉があります。 この名言の実践者として、有名な作家のひとり、吉川英治氏(1892~1962)がいます。 彼の人生を支えたのは「朝の来ない夜はない」という言葉でした。 吉川英治氏は「自分の青少年時代ほど惨憺たる苦悩に満ちたものはなかったと思う」と述べています。 苦しみの中で、彼を支えたのは一本の母の赤い腰ひもでした。 彼がある店に丁稚奉公していた時に、母から郵送された本の梱包に使われたものです。 この腰ひもは、彼にとってかけがえのない母の愛を忘れないための唯一のものでした。 母の期待に応えるためにも、「朝の来ない夜はない」という言葉を胸に刻んだのです。 彼の著作「パレスチナのピスガの光景とその境界」(A Pisgah-Sight of Palestine and the Confines Thereof)の中で、次の文の記述があります。 <語句> the dawn:夜明け <日本語訳> 夜明けの直前は常に最も暗い。 The night is long that never finds the day. <日本語訳> 明けない夜は長い夜だ。 (原文を直訳) このセリフは、マクベス討伐軍の長、マルカムのセリフです。 マクベスの統治が闇の統治を the night として考えると、 the day は夜に対する暗殺者です。 暗殺者を見出さない限り、闇の統治は続くという意味です。 しかし、マルカムの意気込みから「明けない夜はない」という意訳も成り立ちます。 誤訳ではなく、シェイクスピアの含みのあるセリフです。 「明けない夜はない」の英語表現には、次のようなものがあります。 (Tupac Shakur) <日本語訳> 毎晩暗い夜があるから、輝く日があるんだよ。 <解説> トゥーパック・シャクール(1971~1996)は、米国のラッパー、俳優です。 <日本語訳> 暗い夜の後は、太陽が輝きます。 <日本語訳> 世界が真っ暗になった時でさえ太陽は地球の裏側でいつも輝いています。 Isaiah 9:2 <日本語訳> 暗闇の中を歩く人々は偉大な光を見るでしょう。 John 12:46 <日本語訳> 私は光としてこの世に来たので私を信じている人は誰も暗闇にとどまるべきではありません。 Ernest Hemingway <日本語訳> 日はまた昇る (アーネスト・ヘミングウェイ) <解説> 「日はまた昇る」は、1926年に発刊の小説の題名。 アーサー・ヘミングウェイは米国の小説家・詩人です。 但し、この小説のテーマは、明るい将来を表すものではなく、変わらぬ生活にやるせなさを感じる主人公がテーマです。 「明けない夜はない」の類語・同義語には、次のようなものがあります。 「明けない夜はない」の例文・使い方は次の通りです。 「朝の来ない夜はない」という言葉は、夜ばかり続くわけではなく、必ず朝が来るという意味です。 人生には苦しいことが多く、楽なことは少ないという中で、苦しみばかりが続くわけではない、いつかは楽しい人生を送る日が来ると言う比喩です。 語源は、作家の吉川英治氏が言った言葉です。 ジャーナリストの扇谷正造氏(1913~1992)の著作の中に「若者よ!朝の来ない夜はない」という題名の本があります。 序文に「本の題名となったこの言葉は、なくなった吉川英治氏の言葉である」と書かれています。 「朝の来ない夜はない」という言葉を英語で表現すると次のようになります。 <語句> the time appointed:約束通りの時間 <日本語訳> 私たちは長い夜の後、朝を待つことができます。 それは約束された時間に現れることが確かだからです。 「毎日、地球の半分は暗闇(夜)ですが、もう半分は昼間(朝)です。 そしてこの宇宙を神が創造しました」.

次の