アイフォンからパソコンへ写真。 スマホの写真をパソコンに移行する方法!取り込みできないときの対処法

iPhone写真、画像がPCに取り込み、保存できない時の対処法

アイフォンからパソコンへ写真

iphone 写真 パソコン 一部表示されない iphone 写真 パソコン 一部表示されない ここ最近、撮影した写真が、 パソコンに取り込めなくなったり、 パソコンに接続しても表示されない と、いった事はありませんか? 実は、私が、この現象になってしまったんです。 連日、動画や写真を撮りまくった結果、 パソコンに取り込もうとした時に、 新しい写真が十数枚だけしか取り込めなかったんです。 iPhone上で確認すると、 確かにそこに写真はあるんですが、 USBケーブルで接続して、 パソコンに写真を取り込もうとすると、 そこに写真が無いという現象です。 これ、色々と調べて解決できました。 iphone 写真 全部表示されない原因は? 私の場合は、iPhoneを新しいOSにアップデート事が原因でした。 新しいOSにアップデートするとちょっとおせっかいな機能が、 自動的にONの状態になるためでした。 おせっかいな機能とは? おせっかいな機能とは、 「iPhoneのストレージの最適化」です。 これは、iPhoneの空き容量が少なくなってくると、 自動で、写真や動画をiCloudへアップロードして、 iPhone上から削除して空き容量を増やしてしまう機能です。 旅行先や出先で空き容量が足りなっくなった場合には、 とっても便利な機能ですね。 実は、写真を拡大してみる場合は、 毎回、iCloudへアクセスして表示させているので、 読み込みが遅かったりします。 スポンサードリンク iphone 写真 パソコン 一部表示されない 解決法 では、この解決法を紹介します。 まずは、iPhoneの操作からです。 iPhone上で、上の画像のマークを探してみてください。 iPhoneの設定を行うアイコンです。 見つけたらタップしてもらうと、 設定画面が表示されます。 まずは、iPhoneの空き容量をチェックします。 一覧から「一般」を探してタップしてください。 「iPhoneのストレージ」を探してタップすると、 iPhoneの空き容量が確認できます。 もし空き容量が少ないようでしたら、 現状、iPhoneをパソコンに接続したときに表示される写真を 全て、パソコンに移していただき、 移した写真は削除します。 その他、iPhone上で確認して、 不要な写真や動画も削除します。 それでも、足りない場合は、 不要なアプリを削除するなどして、 できるだけ空き容量を増やしてください。 空き容量が増えたら次の項目へ。 iPhoneのストレージの最適化の解除法 iPhoneの設定アイコンをタップしてください。 一覧から、 写真のアプリを探します。 写真のアプリが見つかったら、 タップしてください。 画面が切り替わたら、 「iPhoneのストレージの最適化」の項目を探します。 おそらく、「iPhoneのストレージの最適化」の横に チェックマークがついていると思います。 それを、「オリジナルをダウンロード」に切り替えます。 方法は簡単で、 「オリジナルをダウンロード」をタップして、 チェックマークの位置が下図のようになればOKです。 そこまですると、 オリジナルをiPhoneのダウンロードしてくれます。 もしくは、ダウンロードする旨を聞いてきます。 または、ダウンロードするのに空き容量が、 どれくらい必要か教えてくれます。 なので、もし空き容量が足りなかければ、 今iPhone内にある写真や動画などを、 パソコンに移して、 削除しちゃいます。 さらに、足りなければ、 過去に移した写真の中でいらないものを iPhone上で削除すると空き容量が増えます。 しっかりダウンロードできていれば、 iPhoneをUSBケーブルでパソコンにつなぐと、 画像フォルダの中に写真が表示されるようになると思います。 確認の仕方は、 iPhoneをUSBケーブルでパソコンにつなぐ iPhone上で接続していいか問い合わせが出るので、「許可」を選択 パソコンの方で、エクスプローラーを開く。 PCを探して、 その中から、iPhoneのアイコンが表示されるので、 そこを開いて、「DCIM」を開きます いくつか写真がフォルダ分けされて入っているはずです。

次の

iPhoneの画像・動画をPCに転送する方法7つ Windows10・Mac対応

アイフォンからパソコンへ写真

iTunesでiPhoneに写真を送る まずはiTunesで送信する方法です。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオフ• iTunesで写真を選択• フォルダを選ぶ たったこれだけ! と言うことで、説明をスタートします。 まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選択、 「iCloud写真」をオフにしておく必要があります。 上部メニューからiPhoneを選択し、左にあるリストの「写真」を選択します。 「写真の共有元」で、「ピクチャ」を選択して iPhoneに送りたい写真をまとめたフォルダを指定しましょう。 あとはiTunesとiPhoneを同期すればオーケー。 写真アプリにフォルダ名が付いたアルバムが作成され、写真や動画が送られています。 カンタンに流れを説明します。 iPhoneでiCloud写真をオン• iCloudのページに入って…• 写真をアップロードする iTunesよりもお手軽ですよね! これを利用するには、まずiPhoneの設定アプリで自分のプロフィールを選択し、 「写真」を選び、 「iCloud写真」をオンにしておく必要があります。 まずブラウザを開いてにアクセス。 Apple IDでログインしたら、「写真」をクリック。 右上にある 「アップロード」を選択しましょう。 まずiPhoneのWi-FiとBluetoothをONにしましょう。 そしてパソコンから写真を送りたいiPhoneのロックを解除しましょう。 すると、iPhoneが表示されます。 後は選択するだけで写真を送ることができますよ。 ということで、 以上3つの写真送信方法でした。 他にもサードパーティ製アプリを利用することで写真を送ることができますが、そういったものを使わないのであればこれらの方法が便利だと思います。 チェックしてみてください。

次の

iPhoneの写真を一枚ずつ選択してパソコンに保存しよう!PCで整理して戻す方法も徹底解説。

アイフォンからパソコンへ写真

AirDrop使って画像を転送するメリット iPhoneでBluetoothを使って画像を転送するには、「 AirDrop」という機能を使います。 このAirDrop機能を使うことが出来るiPhoneはiOS7以降に限りますが、おそらく現行のiOSが10以上となっている方がほとんどだと思いますので、この機能は大抵の方が使えるはずです。 このAirDropを使って画像をパソコンに転送するには、パソコン側もBluetoothに対応していないといけません。 お使いのパソコンがMacである場合は、ほぼ問題なくBluetooth機能が備わっていると思いますが、Windowsの場合はそういうわけにもいきません。 Windowsの場合はWiFi機能を使って画像の転送をするのが手っ取り早いでしょう。 AirDropを使って画像を転送する方法 では早速、AirDrop機能を使ってiPhoneとパソコン間で画像を転送してみたいと思います。 AirDropを使うためにはiPhoneとパソコンでペアリングの設定が必要となりますので、下記手順でペアリングをしてください。 「Finder」の「ファイル」を選択し、次に「新規Finderウインドウ」を選択• サイドバー項目の「AirDrop」を選択、出てきた画面の「Bluetoothを入にする」を選択• iPhoneの「設定」アプリから[Bluetooth]をタップしてオンにする• iPhoneのホーム画面に戻り、画面の下から上へスワイプしコントロールセンターを開く• 「AirDrop」をタップ、「すべての人」を選ぶ ちなみにここで注意点ですが、AirDropをすべての人にしてしまうと、自分以外でもアクセスできるようになります。 要は自分の端末がアクセスポイントと同じような扱いになってしまい、端末に設定してある名前がそのまま他の人に見られてしまうのです。 そういった場合は、自宅で画像の転送をおこなうか、「連絡先のみ」を選択して不特定多数がアクセス出来ないようにしましょう。 1.iPhoneからMacへ画像を転送する方法 では最初に、iPhoneからMacへBluetoothを使って画像を転送する方法を紹介していきます。 まず始めに、iPhoneとMacのAirDrop機能をオンにして送受信できる状態にしておきます。 ホーム画面で画面下から上にスワイプしてAirDropをオンにし「すべての人」を選択。 次に写真アプリを開いて転送したい画像を選択したら、左下のマークを選択します。 ペアリングが完了していると、共有するデバイスが赤枠に表示されますので、タップをすると画像の転送が完了となります。 以上が、iPhoneとMacを使っての画像転送方法の紹介でした。 これはiPhone同士でも使える機能ですので是非活用してみてください。 2.iPhoneからWindowsへ画像を転送する方法 Windowsの場合BluetoothではなくWiFiでおこないましょう。 Androidの場合はWindows10の標準機能である「Bluetoothでファイルを送信または受信」機能が使えるのですが、iPhoneの場合は使えなかったので紹介するのを辞めました。 WiFiを使って画像を転送するのに必要なものはiCloudです。 正直な所オンラインストレージならなんでも良いのですが、iPhoneってことなのでiCloudを使用しています。 iCloudのインストールをしていない方はからダウンロードしてインストールしておきましょう。 まず、iPhone側で【 設定 > iCloud >写真】を選択していき、マイフォトストリーム機能をオンにしてください。 次にWindows側の操作です。 iCloudインストールすると、タスクバーにiCloudのアイコンが常駐するようになりますので、そちらのアイコンを右クリックして「iCloudの設定を開く」をクリックしてください。 その後、【写真 > オプション > 自分のフォトストリームにチェック】をして終了です。 あとはWiFiがオンになっていればiPhoneで撮影した画像は全てiCloudに保存されます。 その保存された画像はもちろんWindowsからもアクセスすることができるので、簡単に画像を取り出すことが可能です。 この機能はWindowsだけでなくMacでも有効なので、ぜひ活用してみてください。

次の