知らなくていいコト 最終回。 【知らなくていいコト】1話~最終回あらすじネタバレ感想まとめ|各話の視聴率も!|dramani(ドラマニ)

知らなくていいコト 最終回 尾高は離婚&嫁が子ども置き去り!野中は小説家で大勝利!ネタバレあらすじ感想

知らなくていいコト 最終回

吉高由里子が週刊誌のスクープ記者を演じた日本テレビ系ドラマ「知らなくていいコト」(写真・日本テレビのホームページより)の最終回が11日(2020年3月)に放送された。 ドラマでは、週刊イースト編集部記者・真壁ケイト(吉高由里子)と、幼い赤ちゃんと妻がいるカメラマン尾高由一郎(柄本佑)との不倫の恋の行方も注目された。 なぜならケイトは、「文春砲」ならぬ「イースト砲」と称して、他人の不倫を暴く仕事を得意としてきたからだ。 尾高は離婚を妻に伝えており、あとは子供の親権を決めるだけという。 しかし、ケイトは「私も尾高さんが死ぬほど好き。 だけど私たちが一緒になったら尾高さんが子供を思う気持ちを捨てないといけないでしょ。 そんな尾高さんはイヤなの」と、プロポーズを断る。 「赤ちゃん置き去りにショックを受けた」 数年後、昇進したケイトはさらに仕事に生きがいを見出す。 一方、尾高は幼児と連れて父親らしい姿で街を歩いていた。 この不倫の恋の「落としどころ」にネット民は「なにコレ?知らなくてもいいドラマだった」と怒りまくる声が大半だ。 「途中まではお洒落なスタジオを持つ雰囲気のいい元カレが身近に... という設定を楽しんいました。 が、赤ちゃんが出てくると、冷静に視聴できなくなりました。 その赤ちゃんを置き去りって復讐? 後味が悪すぎる! 実は尾高さんの妻も不倫していました、という伏線があったほうが救われます」 「置き去りはどうかと思うが、尾高の奥さんは今後の復縁にかけて子供の親権を譲ったんじゃないかなと考えました。 自分が子供を連れていけば、旦那と不倫相手は何の障害もなくくっつけるわけで、子供も自分も忘れられてしまう。 しかし、旦那に子供を任せればいつか根を上げて自分の元に戻ってくるだろう。 戻らなくても不倫相手と上手くいかなくなるに違いないと考えたのだ」 「ケイトが『子供を捨てる尾高さんは好きじゃない』と言って、尾高の渾身のプロポーズを速攻で振りながら、3年経ってから、『 大変そうだね 一緒に育てる?』と他人事みたいに言う。 誰のために尾高は離婚したのよ。 魔性の女ケイトが嫌いです。 このドラマのコトはもう忘れよっと」 「妻の子ども置き去りはショックだった。 子どもは妻が引き取る前提で離婚しようとする尾高に『あなたの子どもですよ』ということを強調するための表現描写だと思ったけど......。 尾高の不倫で子どもは母親を失った。 子どもが犠牲になる姿はキツイ」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄い」 「奥さんは尾高が刺された時に、呆れてサッサと別居している設定が良かったな。 ケイトと尾高はわかっていても愛を口にせずにいて、最終回で初めて結婚しようと告げてフラレるのがロマンチックだったのに。 なーんて妄想しました」 「魔性の女ケイトに狂わされた尾高のキャラ崩壊が凄かった。 『俺は命削って真実に突き進んでいくケイトが好き』とか『結婚しよう。 俺はケイトがいないと辛い』とか。 こんな陳腐なセリフ尾高が吐いてしまうのか?尾高がケイトの唇を奪うシーンは思わず目を背けたくなった。 尾高は常に冷静で優しさに溢れ、一歩引いた感じの大人だったのに。 それに比べ、ケイトは結局図太く強い女だった。 デリカシーの欠如が感じられ、私は最後までケイトを好きになれなかった」 非常に少数派だが、この終わり方を擁護する意見もあった。 「絶対的不倫反対派で、不倫と聞くだけで吐き気がするほど嫌いですが、尾高の離婚協議後の告白を見て、その覚悟に、これはもはや批判出来る者はいないと、許容の面持ちで見ていたところ、それでもなお結ばせずに辛い結末を用意していた脚本に喝采を贈りたい。 片方の不倫故に傷つく人が一人でもいる限り、不倫に正義はないとのメッセージと受け取りました。 赤ちゃん一人残して出て行った奥さんの既に異常と表現して差し支えないであろう心境を思うと辛いです。 絶対的不倫反対派として納得のいく良い結末でした」(テレビウォッチ編集部).

次の

知らなくていいコト:最終回 “ケイト”吉高由里子、先の見えない“尾高”柄本佑との関係に… 意外な結末が

知らなくていいコト 最終回

ドラマ「知らなくていいコト」第9話の感想、第10話最終回のネタバレと展開予想、考察を含む内容をご紹介します。 登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。 それではドラマ「知らなくていいコト」第9話の感想と第10話最終回のネタバレや考察、感想を紹介していきます。 PR 目次• ドラマ 知らなくていいコト 最終回 インスタ 知らなくていいコト公式インスタより。 ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】あらすじ 30年前、乃十阿(小林薫)は当時3歳だった息子をかばっているのではないか? その可能性を知ったケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子を追ってドイツへ向かう。 尾高(柄本佑)は、ケイトを止めようとするものの、聞いてはもらえず、逆に、乃十阿の肩を持つような発言に嫌気されてしまう。 ドイツから戻ったケイトは、岩谷(佐々木蔵之介)から、手記の中で事件の真相を暴くように促される。 乃十阿が貫いてきた秘密を暴いてしまうことにどうしても踏み切れないケイトに対し、岩谷は編集部で調査してでも記事を書くと言い出す。 そうした中で、新しい証拠が次々と見つかりと、母・杏南(秋吉久美子)やケイトの存在が事件にどのような影を落としたのかについても証言が得られるのだった。 一方、会社を休み続けている野中(重岡大毅)は、以前にも増して孤独のに苛まれ、ついにある決意を固めようとしていた。 そして尾高はケイトとの関係に一つの答えを出す。 PR ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】動画 第10話最終回の予告動画です。 当たっていたらネタバレになってしまうかもしれません。 広告 ケイトは殺人犯の娘ではなかったが、親戚ではあった ケイトにとって、知らなくていいコトだった、父親が大量殺人犯という事実は、結果的に違っていました。 ただし、父親が、自分の母親とは別の女性との間にもうけた息子が殺人犯だったということなので、ケイトにとっては親戚、いとこにあたる人物が殺人犯だったということになります。 最終回では、さらにケイトや母親の杏奈も全くの無関係ではないというような事実が判明するということなので、その内容もどういったものなのか気になります。 尾高はケイトと別れる 予告では「結婚しよう」というセリフを言っている柄本佑さん演じる尾高ですが、おそらくこれは過去の告白の回想シーンなのではないかと予想しています。 乃十阿が息子をかばった、ということに理解を示していたという尾高の言動からすると、やはり、すでに妻との間にできてしまった子どものことを見捨てるようなことはできないんじゃないかと思います。 そして、30年前に起こった事件にちゃんと向き合ったケイトを見て、自分も現実を受け止めて生きていかなければいけないと考え、不倫関係に終止符を打ち、別れるという決断を下すのではないでしょうか。 野中(重岡大毅)は闇落Tシャツ着て小説家に 回を重ねるごとにウザさが増していった重岡大毅さん演じる野中ですが、9話はうざ過ぎる行動がほんとに気持ち悪かったですね。 本編のケイトの事件の裏で静かに進行していく野中のストーリーも、実は目が離せない展開になっています。 誰からも必要とされていないと感じるようになってきている野中は、もしかすると最終回で自殺してしまうのではないでしょうか。 ただ、いままでの野中の行動を見る限りでは、そこまでの度胸もない気がします。 となると、ケイトから言われたことを真に受けて、闇落ちして小説家としてデビューという方がありえそうです。 次回予告では「闇落」と書かれたTシャツに赤い革ジャンを着て、かなりイキっていたので、小説家でないにしてもなんらかの方法で成功を収めるようですね。 ドラマ 知らなくていいコト 第10話最終回 見逃し無料動画配信 Huluで見逃し動画の配信があります。 見逃してしまったけど、これだけは見ておきたい! ということであればぜひチェックしてみてください。 広告 ドラマ 知らなくていいコト 関連情報まとめ 過去の放送回や関連情報をまとめました。 出演者情報などをご紹介します。 広告 tetsutylor.

次の

知らなくていいコト最終回がつまらない?モヤモヤする?尾高ロスが発生!

知らなくていいコト 最終回

Contents• そこで乃十阿徹が身動きできなくなり、家の外にも出られないことを危惧し、隙を狙って助けに行っていたのだ。 案の定、家の外に出れなかった乃十阿は何日もご飯を食べていなかった。 そして尾高さんは自分のスタジオに乃十阿をかくまうことに・・。 元彼、野中は? 気持ちが落ち着かず仕事も休んでいる野中は酔いつぶれ、思わずケイトの元を訪れてしまった。 「週刊誌にリークしたのは僕じゃないです!なんで尾高さんの方を信じるんですか!?」 「殺人犯の子供で不倫してるなんて僕よりも最低じゃないですか!」 と完全なクズっぷりを露呈しながらも涙を流した・・ ケイトは野中も悩んでいることを理解したが 「余計なお世話です」 と言葉を残し出ていった野中は、やはり最低なやつだと認識した・・w その後、野中は彼女と接触したが、付き合っているはずの彼女にも見放されてしまった・・。 ケイトはいよいよの乃十阿と対面するが・・ 尾高さんはケイトに乃十阿をかくまっていることを伝えた。 そしてケイトと乃十阿の話が落ち着いたら、お互いの関係についてしっかり話すことを確認した・・。 いよいよケイトは乃十阿と対面し話をしたが・・ たわいもない話しかできず、突っ込んだ話をすることができなかった・・。 30年前の事件の真相は? 乃十阿の弁護士から尾高の元へ連絡が。 ケイトと尾高に話したいことがあるそうだ。 そこで教えてくれたのは• 乃十阿がケイトの名刺を大事に持っていたこと。 乃十阿の反応からケイトが乃十阿の娘であることはおそらく間違いないこと• 30年前の事件の際、毛糸の母親は憔悴しきっていたが、離婚にはすぐに応じていたこと。 弁護士がケイトの母親と会った時、3歳の息子がハーブティを入れる手伝いをしてくれたこと。 もしかすると30年前の事件は、いつも母親の手伝いをしていた3歳の息子がいつものように手伝いをした結果、誤って毒性のある植物を入れてしまった可能性があること。 つまり乃十阿はその息子をかばい、事件の罪をかぶっていた・・!? 以上9話のネタバレでした。 知らなくていいコト最終回の考察。 今回3歳の息子をかばい、乃十阿が自首した可能性があることが明かされましたが、これはほぼほぼ確定でしょう。 この話をケイトがどう週刊誌で記事にするのか?という話になると思います。 が、気になるのは尾高さんとケイトの関係。 9話では2人の関係について話す場面はなかったのですが、今回登場した3歳の息子。 ちょっと気になりますよね・・? そこでネット上でもあったのが 9話 いよいよ核心。 尾高さんは、乃十阿の息子か… そうなってくると、まさに知らなくていいコト、なのかな。 設定とタイトルとテーマと全て消化できそう。 仮に尾高さん関係なければ、それはそれでケイトとのことがありだからありか。 いよいよ可哀想に見えた野中の結末も期待。 つまりケイトと尾高さんは血がつながっていたという結末。 まさに「知らなくていいコト」・・。 これはバッドエンディングというか、あまりに切なすぎる展開・・!ただ、この結末は正直みたい気がします・・。 また一部あったのが 知らなくていいこと当時3歳の息子が実は野中で野中はさらなる闇落ちを…とかだったら面白いのにな — まっ黒💙 makkuroonn まさかの野中が息子説w こうなってしまうとただのギャグドラマになってしまうので、まずないと思いますが、もしそうなったらネット上はだいぶざわつきそうですw いよいよ次回3月11日は最終回。 見逃せない話となりそうですね!楽しみにしておきましょう!.

次の