山崎 ウイスキー 55 年。 サントリーウイスキー『山崎55年』抽選販売について

過去最高額の300万円ウイスキー、サントリーが100本限定販売 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

山崎 ウイスキー 55 年

Twitterでもツイートしましたが、サントリーが抽選販売していた シングルモルト・ウイスキー『山崎55年』に幸運にも当選しました。 不思議なことに、私は応募した瞬間から「倍率に関係なく当たる」と謎の確信があり、サントリーキャンペーン事務局から簡易書留が届いた当日も一日中ずっと保管方法を考えていました。 実際に商品が届くのは2020年7月以降ということもあり、買取専門店などの業者も含めて 『山崎55年』の市場価値はまだ未定(不明)のようです。 - JOYLAB 私も当選ツイートをした直後からコレクターや転売屋(転売ヤー)からDMで色々なオファーを受けましたが、こちらが無知だと思っているのか「買えればラッキー」くらいの格安な提示金額が多かったように感じます。 今回の抽選は作文の内容までキッチリ見られているはずなので、 当選者に『山崎55年』の価値が分からない人はいないでしょう。 中には5,000万円の提示もありましたが、その人の過去のツイートを見る限り、到底5,000万円を払えるようには見えないので冷やかしですね。 また、Twitterでは早くも 転売を持ち掛ける当選者もいるようです(利用規約上、購入権の転売は禁止です)。 何はともあれ、私自身は転売目的でもないため、保管先の財閥系倉庫会社と契約をして『山崎55年』の到着を待っています。 が、やはりテレビでも取り上げられるほど話題になった『山崎55年』なので、その 市場価値(資産価値)が非常に気になるのも事実です。 過去に販売された『山崎50年』は化粧箱と空き瓶に100万円の値段がついた実績もありました。 そこで今回は、私の『山崎55年』当選に関する話に加えて、ジャパニーズ・ウイスキーの根強い人気から考える 『山崎55年』の価値(価格)について考察と予想をしてみたいと思います。 直近のジャパニーズ・ウイスキーでは、「軽井沢1960年」という52年熟成の日本産ウイスキーが2020年3月に4,200万円で落札されています。 『山崎55年』とは?応募・抽選結果(当選発表)・購入までの流れ まず、インターネット応募による抽選販売だった『山崎55年』についてですが、一言で言えば 「山崎蒸留所にある超長期熟成したモルト原酒を使ったウイスキー」です。 サントリー最高酒齢のシングルモルトウイスキー『山崎55年』 山崎蒸溜所で55年以上熟成を重ねた希少な山崎モルト原酒の中から、1964年蒸溜のホワイトオーク樽原酒や1960年蒸溜のミズナラ樽原酒など、熟成のピークを迎えた原酒を厳選し、匠の技で丁寧にブレンドしました。 ミズナラ樽原酒に由来する赤みがかった深い琥珀色が美しく、超長期熟成ミズナラ樽原酒ならではの、伽羅や白檀を思わせる複雑な香りと、甘みとほろ苦さからウッディネスへと続く味わい、かすかな苦みとともに続く濃厚な余韻をお愉しみいただけます。 - サントリー ウイスキーに表示される年数は「使われている原酒のうち最も若い熟成期間の年数」のため、『山崎55年』の場合は 55年以上熟成されたモルト原酒のみがヴァッティング(ブレンド)されているということですね。 「山崎」はシングルモルトなので、大阪にあるサントリースピリッツ山崎蒸留所で原材料の水とモルト(大麦麦芽)を発酵・蒸留・熟成した商品です。 誰も飲んだことがないので外形的な話ばかりになってしまいますが、何と言っても『山崎55年』で一番話題になったのは 「販売価格」でしょう。 今回、過去に3回販売された『山崎50年』の1本100万円(税込105万円)を大きく上回り、『山崎55年』は 1本300万円(税込330万円)で販売されました。 容量700mlで税込330万円のため、 一般的なシングル(30ml)でも原価で税込141,428円することになります。 気軽に「一口だけでも」というのも憚られる金額ですね。 これでもサントリーは余裕で売り切れることを見越し、強気な価格と 転売対策(購入者の氏名をボトルに刻印)を施したうえで抽選販売しました。 『山崎55年』への応募 『山崎55年』はインターネット販売だけで、2020年2月5日(木)午前9時~2月14日(金)午前8時59分までに所定のフォームで応募するのが条件でした。 フォームにアクセスすると住所・氏名などの入力があるのですが、誰もが一番気になったのは3つのテキストエリアでしょう。 具体的には、 下記の3問に対して作文を入力する必要がありました。 Q10. 「山崎」のどのような点が魅力だと思いますか?ご自由にお書きください。 (最大400字) Q11. 「山崎」との思い出やエピソードがございましたらお教えください。 (最大400字) Q12. 『山崎55年』に対するご意見がございましたらお教えください。 (最大400字) 一部では 「山崎倶楽部の会員や上客に対して優先的に当選させた」というような話もあるようですが、私は山崎倶楽部の会員でもサントリーの株主や上客でもありません。 特にサントリーとの接点もなく、ごく普通の40代一般男性です。 そのため、 山崎55年の抽選は公平・公正に行われたことに間違いはないと思われます。 ただ、大手食品業界に勤めている友人が言うには、「ちゃんとした作文の内容」と「転売しなさそうな人」を選んでいるだろうとのことでした。 きっとこれも正しいと思います。 私が書いた作文の内容については、商品が届いた後にでも公開する予定です。 サントリーが見ていたであろう選考のポイントを想像して読んでみると、何かの参考になるかも知れません。 サントリーからの当選通知 応募完了ページには「当選者様には、2020年2月下旬より順次、サントリーキャンペーン事務局より応募の際に入力いただいた住所に当選通知および氏名の印字内容確認書を郵送にて連絡いたします。 」とあり、実際に届いたのは3月に入ってからでした。 Twitterで簡易書留の到着が何件かツイートされているのを眺めつつ、謎の確信を持ちながら帰宅したところ、私(都内在住)にも山崎からの封筒が届いていました。 同封されていた氏名の印字確認や本人確認書類の台紙などをサントリーに返送し、あとは実際の購入手続きの方法を待つことになります。 『山崎55年』の購入手続き 購入手続きはサントリーから送られてくるメールに記載されていて、サントリーの子会社が運営する「イエノバ」という通販サイトでの購入でした。 - サントリーマーケティング&コマース 案内されたURLが連番になっていたのですが、確認したところ当選者100名よりも少し多い数が用意されていました。 購入辞退者が出た場合の繰上当選に備えているのでしょうか。 決済方法は「クレジットカード」か「銀行振込」が用意されています。 私は銀行振込を選んだのですが、商品の到着は7月以降になるため 現金を4ヶ月弱ほど前払いしたことになります。 4ヶ月先の到着に少なくない手元の現金を失うのは、私のように短期の資産運用をしている人には手痛い出費ですね。 ここは運用に失敗して損しなかったと考えて納得しましょう。 この後、サントリーキャンペーン事務局から電話があり、商品の配送日(受取日)が確定しました。 時間指定不可・本人による受取(本人以外の受け取りの場合に補償なし)とのことです。 以上が『山崎55年』の応募から購入までの流れです。 『山崎55年』の市場価値予想 続いて、私見でしかありませんが、 『山崎55年』の市場価値に関する考察・予想です。 結論から言うと、 短期的には「最高3,500-4,500万円」がオークションハウスや相対取引での落札金額になるのではないかと考えています。 ジャパニーズ・ウイスキーの落札価格も、ヴィンテージワインなどと同じように下記が需要なファクターです。 商品のスペック• 希少性(流通量) 『山崎55年』の「商品スペック」に関しては、サントリーが販売する最古酒ということもあり申し分ないでしょう。 一方、『山崎55年』の「希少性(流通量)」に関しては限定100本という希少価値はありますが、 発売からの経過年数によって高まる要素かつ 販売当初は一定量出回ると考えられるため、短期的には価格を大きく底上げする要素としては大きくないと思われます。 希少性に関してですが、よく耳にする『山崎50年』は 販売年度ごとに実質的に別商品で市場価値も異なります。 それぞれ2005年(1st Release)50本・2007年(2nd Release)50本・2011年(3rd Release)150本です。 この点に置いて、『山崎50年』も2005年・2007年の商品は『山崎55年』よりも希少価値は高いと言えます。 他にも価格に影響を与える内容として ジャパニーズ・ウイスキーのブーム動向や 世界の景気動向なども考えられますが、これらは短期で急激に落ち込むことはないでしょう。 ピークアウトしても価格は比較的安定して推移すると思われます。 根拠についてですが、相対取引については見えないので考慮しないとして、 オークションによる過去の落札価格が参考になるので振り返ってみましょう。 『山崎50年』は4,700万円が最高落札価格 最初に、一番参考になりそうな 『山崎50年』の最高落札価格です。 なぜか2018年8月に香港で行われたサザビーズのオークションばかり取り上げられていますが、実際には2019年5月に台湾で行われたオークションハウス(Revenel Taipei)での落札価格が最高額です。 オークションの落札価格は"Hummer Price"と"Final Price(Price Realized)"の2つの価格があります。 "Hummer Price"は落札金額のことで、その落札価格にサーチャージ(落札手数料など)を加えたものが"Final Price(Price Realized)"となります。 落札者は自分が支払う合計金額(支払ってもいいと考える総額)を頭に入れて入札するので、いわゆる「落札価格」は、ハンマープライスよりも落札者が実際に支払う出来上がりの金額を見るほうが正確でしょう。 この記事中でリンクしている海外のニュースもFinal Priceが掲載されています。 『山崎50年』は過去に3回の限定販売があり、発売年によって落札価格(価値)が変わります。 当然、数が少ない・古い方が希少性が上がるので高値です。 2005年5月、50本限定発売• 2007年9月、50本限定発売• 2011年12月、150本限定発売 発売した年による違いは化粧箱の色とそこに刻印された文字で、2005年発売分のみ'SUNTORY SINGLE MALT WHISKY "YAMAZAKI'と刻印されており、2007年・2011年発売分は'THE YAMAZAKI SINGLE MALT WHISKY'と刻印されています。 それでは、 『山崎50年』の落札金額の推移を確認していきましょう。 2018年1月の落札金額(3,281万円) まずは落札価格が3,000万円を超えたことで大きなニュースになった 限定150本で2011年発売(3rd Release)の『山崎50年』です。 04円)で落札されました。 日本円換算した落札価格は 32,811,480円 です。 - 三菱UFJリサーチ&コンサルティング - The Value ジャパニーズ・ウイスキー人気で『軽井沢1960』も高額で落札 あまりニュースなどでは取り上げられていませんが、2020年3月18日にロンドンのサザビーズでは 『軽井沢1960(52年熟成)』がアジア人のコレクターによって落札されています。 落札された『軽井沢1960』は2013年に限定41本が1本15,000米ドルで販売されたもので、一本ずつ異なる「根付(ねつけ)」が付属している非常に貴重な逸品です。 手数料込みの落札価格は363,000ユーロ(435,273米ドル)で、日本円換算では 46,272,052. 66円)となり、3か月前に出た『山崎50年(2005年)』まで残り100万円に迫る金額です。 『山崎55年』の想定価格まとめ 最後に、私の考える 『山崎55年』の想定価格について改めてまとめておきます。 最初に書いたとおり、『山崎55年』であっても私は 短期的にはオークションハウスでも3,500-4,500万円のレンジに収まるだろうと考えています。 恐らく、いきなり「ジャパニーズ・ウイスキー最高記録」のような話にはなりません。 買取業者の買取価格は高くても『山崎50年(2005年)』と同じ2,000万円程度でしょう。 商品 販売本数 落札年月 落札価格 山崎50年(2011年) 150本 2018年1月 3,280万円 山崎50年(2005年) 50本 2018年8月 3,800万円 山崎50年(2005年) 50本 2019年5月 4,700万円 軽井沢1960(52年熟成) 41本 2020年3月 4,600万円 山崎55年 100本 - ? 最高値を更新してきた『山崎50年』は 50本限定の2005年(1st Edition)のもので、それでも上記のような落札価格になるまでには 販売から13年・14年も経過しています。 オークションは高いときもあれば低いときもあるので一般化して語るのは難しいですが、『山崎50年』の2011年(3rd Edition)は2018年11月に香港のボナムズで2,000万円で落札されています。 「完品(付属品が全て揃っている状態)ではない」という可能性もありますが、このときの落札価格は 10ヶ月前より1,000万円も低い金額でした。 オークションと言えど、常に右肩上がりで記録が更新されているわけでもありません。 山崎50年で最高だった最終価格4,700万円でも、出品者の手取りは3,500万円程度になるわけですね。 楽天市場では下記のように『山崎50年』が38,800,000円で販売されていますが、2011年(3rd Edition)ということを考えると プレミアムを付け過ぎていると言えるでしょう。 右肩上がりの日本産ウイスキーのバブルを誰もが信じているのであれば、この価格で売れていてもおかしくはありません(そういうわけではないと理解されている、ということです)。 何はともあれ、ジャパニーズ・ウイスキーのブームという大きな流れの中で、高級酒のカテゴリはアジアの富裕層やコレクターが牽引しています。 限定販売の希少性がある限り、市販品よりも値崩れは起きにくいでしょう。 価格の話は別にしても、『山崎55年』の当選者は 歴史的に貴重な逸品を手にすることになるので、すぐ飲むにしても保管するにしても『山崎55年』を一生ものの経験にしたいですね。

次の

サントリー山崎55年の買取価格はお問合せください

山崎 ウイスキー 55 年

300万円で抽選販売される山崎55年 山崎55年が登場するまで、サントリーの最高酒齢のウイスキーは「山崎50年」だった。 700ミリリットルで価格は100万円。 05年に50本、07年に50本、11年に150本がそれぞれ販売されている。 テイスティングの場を設ける理由とは 実は、この希少な山崎50年をテイスティングできる場所があった。 それは山崎蒸溜所にある有料のテイスティングカウンターだ。 約15年前、山崎50年のストレート(15ミリリットル)を5000円で提供していたのを記者は目撃している。 山崎50年の1ミリリットル当たりの価格は約1428円なので、15ミリリットルだと2万円を超える計算だ。 現在も提供しているのだろうか。 広報担当者によると、もともとテイスティングカウンター向けの山崎50年は数量が限られていたため、現在は提供を終了しているという。 希少なウイスキーをテイスティングできる場所は少ない。 そこで「少量だけでも楽しんでもらう機会を提供する」(広報担当者)ために扱っていたという。 山崎蒸溜所にあるテイスティングカウンター(出所:サントリー公式Webサイト) 現在、テイスティングカウンターで提供している酒齢の高いウイスキーは「響30年」「山崎25年」「白州25年」などがある。 それぞれ数量限定だが、15ミリリットルで2900円。 価格については「お客さまに体験していただくためのものなので、利益を出すのが目的ではない」(広報担当者)。 テイスティングカウンターでは山崎や響だけでなく、蒸溜所ならではの構成原酒など約30種類を提供している。 テイスティングカウンターのある建物内には、日本のウイスキーの歩みを紹介する展示などもある。 歴史や作り方をアピールすることで、ファンを増やす狙いがある。 関連記事• セブンが実証実験を継続的に行う拠点がある。 実際に行ってみると「たばこは無言で買う時代」というコピーがあった。 どんな意味があるのか? 実際にたばこを買ってみた。 スタバは大都市の一等地に多くの店舗を構えている。 1杯数百円のコーヒーを販売しており、店に長居するお客も多い。 家賃が200万円以上するような場所でも利益が出せる秘密とは?• 「隣接する商業施設からテナントが撤退」「水筒の持ち込み禁止」などのニュースで注目を浴びているレゴランド。 ネット上では酷評する声もあるが、実際はどうなのだろうか。 記者が家族を連れて遊びに行ってみた。 ドン・キホーテのノウハウを取り入れた共同実験店が6月にオープンした。 店舗の売れ筋商品を分析したところ、ある商品が上位に食い込んだ。 ファミマの幹部は「なぜ売れるのか分からない」と原因を分析しきれていない。 ワークマンの勢いが止まらない。 今年4月の国内店舗数はユニクロを超え、売上高も大幅に伸ばしているのだ。 同社の成功要因として「激安なのに高機能でオシャレ」といった指摘が多いが、本当にそうなのか。 筆者の窪田氏は違った見方をしていて……。

次の

サントリー山崎55年の買取価格はお問合せください

山崎 ウイスキー 55 年

原酒不足下 ブランド維持 サントリーが発売する「山崎55年」 超高級品の国産ウイスキーが話題を呼んでいる。 近年のハイボール人気や、海外からの評価で需要は高まる一方、原酒の在庫は不足しており、十分な供給ができていない。 生産体制を整えるまでの間、消費者が関心を失わないよう、ブランドイメージを維持する狙いだ。 サントリースピリッツは1月30日、税抜き300万円の「山崎55年」(700ミリ・リットル)を発表した。 自社製ウイスキーでは過去最高額となる。 100本限定で、インターネットの特設サイトで抽選販売する。 前回の東京五輪が開かれた1964年以前に、大阪府の山崎蒸留所で蒸留した原酒のみを使うシングルモルトウイスキーだ。 濃い 琥珀 ( こはく )色で、濃厚な余韻が続く。 こだわりの高額品を発表することでブランドの認知度を高める。 アサヒグループホールディングス傘下のニッカウヰスキーは3月末で、主力の「竹鶴」の年代物販売を終了する。 長時間の熟成が必要な原酒の在庫が不足し、供給が追いつかなくなっているからだ。 ウイスキー市場のピークは贈答用などで人気があった1983年で、出荷量は約38万キロ・リットル。 その後は焼酎や缶チューハイなどに押され、2008年には約7・4万キロ・リットルまで落ち込み、各社は生産を減らした。 ところが00年代後半からウイスキーを炭酸水で割るハイボールが人気となったほか、欧米でも日本産の味が評価されて需要が急速に伸び、原酒不足に陥った。 サントリーは17年以降、約240億円を投じて生産能力の拡大を急ぐが、原酒は長期間熟成させる必要があり、商品として提供できるまで10年以上かかる。 サントリースピリッツの鳥井憲護ウイスキー事業部長は、「国内外ともに興味を持ってもらえるよう、ウイスキーの価値を伝えていきたい」と話している。

次の