六本木 ヒルズ 森 タワー アクセス。 六本木ヒルズ森タワー 賃貸オフィス概要 テナント募集

バスキア展 メイド・イン・ジャパン

六本木 ヒルズ 森 タワー アクセス

概要 [ ] 低層部は、中層部は賃貸オフィス、上層部は会員制文化施設や美術館等で構成される森アーツセンターがある。 屋上には、海抜の展望台の高さとしては東京タワーをも越え、東京スカイツリー竣工後も「都心一」を誇るオープンスカイデッキの他、このビルに入居するFMラジオ放送局、の非常用送信設備と周辺地域を対象にした中継局設備(後述)もある。 六本木ヒルズ森タワーは、による発電および設備()を持ち、それに加えてのバックアップ、によるという三重の電源確保における体制が敷かれている。 なお、常用の自家発電設備を備えている賃貸オフィスビルは非常に珍しい。 また、建物は建築基準以上の耐震強度とを持ち、災害時に逃げ込める街として設計されている。 なお、賃貸オフィスフロアに行く際にはを通らなければならず、部外者は訪問時に許可を得て、の貸与を受けるか、入館許可証を貰わなければ入場出来ない。 なお、オフィスロビーでは2階をロワーロビー(LL)階、3階をアッパーロビー(UL)階と表記する。 主な施設 [ ]• 屋上 PH2 : 、東京スカイデッキ(屋上・屋外展望台・東京シティビューの一部、別料金)• 49 - 53F: 森アーツセンター(高層階)• 53F:• 52F: 東京シティビュー(展望台)、森アーツセンターギャラリー• 51F:• 通常は52階から退場する。 49F: 49• 8 - 48F: オフィスフロア• 45 - 48F: ゴールドマン・サックス・グループ(等)• 44F:• 43F: 、• 42F:• 41F:• 40F:• 39F:• 37F: 、ファンドクリエーション、ウエストエルビー証券、E-Times Technologies、、プリヴェ企業再生グループ• 36F:• 35F: 、、エージェント・スミス• 34F: 、 (日本法人のタイムインク)、(東京支社)、、デカ・リアルエステート・レンディング、デカ・イモビリエン、、、トータル・メディカルコンサルタント、イージフ、(スタジオ)、、リアライズカンパニー、リアライズキャピタル、マルケト、• 33F:• 30F:• 29F: グーグル合同会社• 28F: グーグル合同会社• 27F: グーグル合同会社• 26F: グーグル合同会社• 25F: ノキア・ジャパン• 23F: 、アーキス外国法共同事業法律事務所、シモンズ・アンド・シモンズ外国法事務弁護士事務所• 22F:• 21F:• 20F: 、CMサイト、、中島ホールディングス、GameWith• 19F: 、エス株式会社• 18F: 、• 17F: 、、、・インターナショナル、、プリペット、、プリヴェAG株式会社、神田通信工業株式会社、株式会社ペンシル• 16F:• 15F: キャピタルサーヴィシング債権回収、、amaten株式会社、株式会社メジャース、• 14F: インベスコ・アセット・マネジメント、• 12 - 13F:• 11F:• 10F:• 9F:• 8F: など(入れ替えの場合あり)。 も参照されたい。 6 - 1F: 商業フロア(通称: 低層階)• 6F: ライフサービスフロア(、、などが入居)• 2 - 5F: ・ショッピングフロア• 1F: 車路、バス停(・港区「」)、プール• そのため、上下の階層を間違えると目的の階に行けず、LL階・UL階もしくは5階・6階に戻らなければならない。 また、地上階での1階分の高さと高層階での1階分の高さが異なるため、上かごと下かごの間がパンタグラフ構造となっていて、指定階到着間際の3秒間に高さを自動で調節している。 さらに、オフィスフロアは非接触型により立入が規制され、それを利用して停止しない階層側のエレベーターホールには入れない構造になっている。 このほか、ICカードの種別によっては臨時に乗降可能状態に制御できる場合もある。 なお、エレベーター内の上下両方のリクエストに応じて停止するため、リクエストのない階にも停止する事が恒常的にあり、「下(上)かご乗降中」と待機側のエレベーター内部のに表示される。 この二階建てエレベーターは上下のかごで内装が異なっている。 全部で37基ある。 Aバンク7基は製、Bバンク7基は製、Cバンク6基と非常用4基ほかは製、Dバンク6基は製、Eバンク6基と49-52階専用の5基は製が担当している。 到着アナウンスは非常用・PH2階行を除いて六本木ヒルズのオリジナルアナウンスを採用している。 また、非常用エレベーターの停止階であるB6-B3Fには施設関係者以外立入禁止のため、非接触型ICにより立入が規制されている。 なお、地下6階までは地下2階から階段で移動することができる(入館許可証が必要)。 エレベーターの到着チャイムは2018年6月現在、従来とは逆に流れている。 今までは上りがピンポン、下りがポンピンであった。 展望台 [ ] 東京シティビューからの夜景 六本木ヒルズ森タワーの「東京シティビュー」の展望台である「東京スカイデッキ」は、開業当初ガイドツアー参加者のみに公開されていたが、その後一時的に休業していた。 そして、(平成20年)から「東京シティビュー」の入場者であれば自由に出入りできる様になってリニューアルオープンした(2018年現在、スカイデッキへの入場は52階で別料金を支払う方式)。 スカイデッキは約 270mの位置にあり、のほかやの街並みなどを眺望できる。 地上からの室内展望台の高さ• - 226. 森タワー - 218m• 都庁 - 202m 地上からのスカイデッキの高さ• 森タワー - 238m• サンシャイン60 - 232m 海抜の室内展望台の高さ• サンシャイン60 - 251m• 森タワー - 250m• 都庁 - 236. 53m 海抜のスカイデッキの高さ• 森タワー - 270m• (特別展望台 - 268m)• サンシャイン60 - 256. 3m 海抜のビルの高さ• 都庁 - 277. 93m• 森タワー - 270. 05m• サンシャイン60 - 269. 8m ギャラリー [ ]• 森タワーの回転ドア(2004年撮影) (平成16年)午前11時ごろ、大阪府から母親と来訪していた6歳の男児が、タワー正面入口にある自動式の大型で、閉まりかけているドアに駆け込んだことで、ドアと枠の間に上半身が挟まれるという事故が発生。 即ちに救出されたが、間もなく()した。 本来ならば、ドアに備え付けられているセンサーが感知してする仕組みが備わっているが、ドアの効率を優先させた森ビル側が、頻発する急制動を抑制させるため検知範囲を狭めさせ、ドアの回転速度を速めるように、製造メーカーの三和タジマ(関連会社)に要請し、それに応じていた事が事故直後に明らかとなる。 また風圧への対策から、部材を骨格から骨に変え、見栄を良くするため、表面にを貼り付けていたことから、本来1であった回転部の重量が3倍近い2. 7トンに増加しており、回転速度を上げていた影響も相まって、急制動が作動してから完全停止まで、で25も動くようになっていた。 そして直近まで、各地のビルなどに在る自動回転ドアにおいても、が負傷する事故が断続的に起きていたことも明らかとなり、(昇降機)のような公的な規制が無かった「自動回転ドアの安全性」を見直す動きが広まった。 その結果、など多くの大型ビルの回転ドアで事故が多発していた事が判明し、この事故を契機に、回転ドアを停止(閉鎖)したり、回転ドアを廃止して「引き戸式の」に置き換える動きが続出した 森タワーがオープンしてからこの事故までの1年弱の間に、回転扉に子供が挟まれる同様の事故が多発していたが、簡易的な対策しかなされていなかった。 この事故は当時都内の注目スポットとして脚光を浴び、不特定多数で多くの来訪者がいた六本木ヒルズの設備で犠牲者が出た事からセンセーショナルに報道された。 死亡事故は刑事訴訟で森ビル側の管理過失および三和タジマの製品製作上の過失が認定され、森ビル側が遺族に金約7,000万円を支払うことで、が成立している。 この事故に関して立教大大学院教授のは、死亡事故以前より32回の事故がある事を知っていたが、事故後に産経新聞へのコメントとして、今回の事故も「危機管理の専門家ならだれもが知っているに類似している」という要旨を述べ、事故後に事故報告をすることの大切さを投げかけている。 事故原因究明を目的とするドアプロジェクトを設立したは、センサーに頼った制御を危険だとして、軽量化 や接触時に扉が退避する構造により本質的な安全を確保する必要があるとしている。 また、誤停止を避けるため事故防止用の赤外線センサーの死角を拡大していた事も事故原因の一つである。 では、ホテルや商業施設などでよりも回転ドアが普及しているが、そもそも安全対策のために、回転ドアにおける自重の軽量化が図られている。 エレベーターのトラブル [ ] (平成19年)、51階機械室から異臭が発生して高層階から避難する騒ぎがあった。 調査の結果、異臭の原因は製エレベーターのワイヤーの解れがきっかけと判明した。 事故機以外にもワイヤー解れがあり、4月26日現在で全11台中8台が運転停止中であったが、には全台復旧した。 この他、(平成16年)10月に起きたの際には、の影響で、エレベーターのワイヤが地震の振動にしたため運転を停止した。 脚注 [ ] []• このため、現在の(旧)は約9年ぶりに一部が渋谷へ戻ったことになった 渋谷からへの移転は(平成22年)夏に行った。 堀 寿伸『東京夜景』創元社、2019年、37頁。 同月6日閲覧• 梶原 賢一郎・新井康哲・吉田興司「J-WAVEみなと中継局の概要」月刊放送技術 2016年1月号, 兼六館出版• 時代の名残で回転ドアが設置されていたなど。 朝日新聞• 当該回転扉は骨格強化や装飾及びモーターの追加により2. 7トンもの重量があった。 この回転扉の原型ともいえるオランダのブーンエダム社製回転扉は1トン以下であり、手を挟んでも安全に停止する。 高野 敦、田野倉 力 2005年5月. 日経ものづくり 5月号 : pp. 230-233. "回転扉の持つ運動エネルギーを制限するため、回転速度には制限値が設けられている。 本来なら質量が増大するに伴い制限値を下げ危険を防ぐ必要があるが、その意義が十分に理解されないまま同じ回転速度で設計され、事故につながっている。 と事故の前から知識がありながら、何も提言せずに事故後に批判した。 『』2009年1月15日付朝刊、一面 関連項目 [ ]• 「」現代アーティスト作 正面玄関の広場に建つ巨大蜘蛛彫刻作品。

次の

「六本木ヒルズ森タワー」(港区

六本木 ヒルズ 森 タワー アクセス

概要 [ ] 低層部は、中層部は賃貸オフィス、上層部は会員制文化施設や美術館等で構成される森アーツセンターがある。 屋上には、海抜の展望台の高さとしては東京タワーをも越え、東京スカイツリー竣工後も「都心一」を誇るオープンスカイデッキの他、このビルに入居するFMラジオ放送局、の非常用送信設備と周辺地域を対象にした中継局設備(後述)もある。 六本木ヒルズ森タワーは、による発電および設備()を持ち、それに加えてのバックアップ、によるという三重の電源確保における体制が敷かれている。 なお、常用の自家発電設備を備えている賃貸オフィスビルは非常に珍しい。 また、建物は建築基準以上の耐震強度とを持ち、災害時に逃げ込める街として設計されている。 なお、賃貸オフィスフロアに行く際にはを通らなければならず、部外者は訪問時に許可を得て、の貸与を受けるか、入館許可証を貰わなければ入場出来ない。 なお、オフィスロビーでは2階をロワーロビー(LL)階、3階をアッパーロビー(UL)階と表記する。 主な施設 [ ]• 屋上 PH2 : 、東京スカイデッキ(屋上・屋外展望台・東京シティビューの一部、別料金)• 49 - 53F: 森アーツセンター(高層階)• 53F:• 52F: 東京シティビュー(展望台)、森アーツセンターギャラリー• 51F:• 通常は52階から退場する。 49F: 49• 8 - 48F: オフィスフロア• 45 - 48F: ゴールドマン・サックス・グループ(等)• 44F:• 43F: 、• 42F:• 41F:• 40F:• 39F:• 37F: 、ファンドクリエーション、ウエストエルビー証券、E-Times Technologies、、プリヴェ企業再生グループ• 36F:• 35F: 、、エージェント・スミス• 34F: 、 (日本法人のタイムインク)、(東京支社)、、デカ・リアルエステート・レンディング、デカ・イモビリエン、、、トータル・メディカルコンサルタント、イージフ、(スタジオ)、、リアライズカンパニー、リアライズキャピタル、マルケト、• 33F:• 30F:• 29F: グーグル合同会社• 28F: グーグル合同会社• 27F: グーグル合同会社• 26F: グーグル合同会社• 25F: ノキア・ジャパン• 23F: 、アーキス外国法共同事業法律事務所、シモンズ・アンド・シモンズ外国法事務弁護士事務所• 22F:• 21F:• 20F: 、CMサイト、、中島ホールディングス、GameWith• 19F: 、エス株式会社• 18F: 、• 17F: 、、、・インターナショナル、、プリペット、、プリヴェAG株式会社、神田通信工業株式会社、株式会社ペンシル• 16F:• 15F: キャピタルサーヴィシング債権回収、、amaten株式会社、株式会社メジャース、• 14F: インベスコ・アセット・マネジメント、• 12 - 13F:• 11F:• 10F:• 9F:• 8F: など(入れ替えの場合あり)。 も参照されたい。 6 - 1F: 商業フロア(通称: 低層階)• 6F: ライフサービスフロア(、、などが入居)• 2 - 5F: ・ショッピングフロア• 1F: 車路、バス停(・港区「」)、プール• そのため、上下の階層を間違えると目的の階に行けず、LL階・UL階もしくは5階・6階に戻らなければならない。 また、地上階での1階分の高さと高層階での1階分の高さが異なるため、上かごと下かごの間がパンタグラフ構造となっていて、指定階到着間際の3秒間に高さを自動で調節している。 さらに、オフィスフロアは非接触型により立入が規制され、それを利用して停止しない階層側のエレベーターホールには入れない構造になっている。 このほか、ICカードの種別によっては臨時に乗降可能状態に制御できる場合もある。 なお、エレベーター内の上下両方のリクエストに応じて停止するため、リクエストのない階にも停止する事が恒常的にあり、「下(上)かご乗降中」と待機側のエレベーター内部のに表示される。 この二階建てエレベーターは上下のかごで内装が異なっている。 全部で37基ある。 Aバンク7基は製、Bバンク7基は製、Cバンク6基と非常用4基ほかは製、Dバンク6基は製、Eバンク6基と49-52階専用の5基は製が担当している。 到着アナウンスは非常用・PH2階行を除いて六本木ヒルズのオリジナルアナウンスを採用している。 また、非常用エレベーターの停止階であるB6-B3Fには施設関係者以外立入禁止のため、非接触型ICにより立入が規制されている。 なお、地下6階までは地下2階から階段で移動することができる(入館許可証が必要)。 エレベーターの到着チャイムは2018年6月現在、従来とは逆に流れている。 今までは上りがピンポン、下りがポンピンであった。 展望台 [ ] 東京シティビューからの夜景 六本木ヒルズ森タワーの「東京シティビュー」の展望台である「東京スカイデッキ」は、開業当初ガイドツアー参加者のみに公開されていたが、その後一時的に休業していた。 そして、(平成20年)から「東京シティビュー」の入場者であれば自由に出入りできる様になってリニューアルオープンした(2018年現在、スカイデッキへの入場は52階で別料金を支払う方式)。 スカイデッキは約 270mの位置にあり、のほかやの街並みなどを眺望できる。 地上からの室内展望台の高さ• - 226. 森タワー - 218m• 都庁 - 202m 地上からのスカイデッキの高さ• 森タワー - 238m• サンシャイン60 - 232m 海抜の室内展望台の高さ• サンシャイン60 - 251m• 森タワー - 250m• 都庁 - 236. 53m 海抜のスカイデッキの高さ• 森タワー - 270m• (特別展望台 - 268m)• サンシャイン60 - 256. 3m 海抜のビルの高さ• 都庁 - 277. 93m• 森タワー - 270. 05m• サンシャイン60 - 269. 8m ギャラリー [ ]• 森タワーの回転ドア(2004年撮影) (平成16年)午前11時ごろ、大阪府から母親と来訪していた6歳の男児が、タワー正面入口にある自動式の大型で、閉まりかけているドアに駆け込んだことで、ドアと枠の間に上半身が挟まれるという事故が発生。 即ちに救出されたが、間もなく()した。 本来ならば、ドアに備え付けられているセンサーが感知してする仕組みが備わっているが、ドアの効率を優先させた森ビル側が、頻発する急制動を抑制させるため検知範囲を狭めさせ、ドアの回転速度を速めるように、製造メーカーの三和タジマ(関連会社)に要請し、それに応じていた事が事故直後に明らかとなる。 また風圧への対策から、部材を骨格から骨に変え、見栄を良くするため、表面にを貼り付けていたことから、本来1であった回転部の重量が3倍近い2. 7トンに増加しており、回転速度を上げていた影響も相まって、急制動が作動してから完全停止まで、で25も動くようになっていた。 そして直近まで、各地のビルなどに在る自動回転ドアにおいても、が負傷する事故が断続的に起きていたことも明らかとなり、(昇降機)のような公的な規制が無かった「自動回転ドアの安全性」を見直す動きが広まった。 その結果、など多くの大型ビルの回転ドアで事故が多発していた事が判明し、この事故を契機に、回転ドアを停止(閉鎖)したり、回転ドアを廃止して「引き戸式の」に置き換える動きが続出した 森タワーがオープンしてからこの事故までの1年弱の間に、回転扉に子供が挟まれる同様の事故が多発していたが、簡易的な対策しかなされていなかった。 この事故は当時都内の注目スポットとして脚光を浴び、不特定多数で多くの来訪者がいた六本木ヒルズの設備で犠牲者が出た事からセンセーショナルに報道された。 死亡事故は刑事訴訟で森ビル側の管理過失および三和タジマの製品製作上の過失が認定され、森ビル側が遺族に金約7,000万円を支払うことで、が成立している。 この事故に関して立教大大学院教授のは、死亡事故以前より32回の事故がある事を知っていたが、事故後に産経新聞へのコメントとして、今回の事故も「危機管理の専門家ならだれもが知っているに類似している」という要旨を述べ、事故後に事故報告をすることの大切さを投げかけている。 事故原因究明を目的とするドアプロジェクトを設立したは、センサーに頼った制御を危険だとして、軽量化 や接触時に扉が退避する構造により本質的な安全を確保する必要があるとしている。 また、誤停止を避けるため事故防止用の赤外線センサーの死角を拡大していた事も事故原因の一つである。 では、ホテルや商業施設などでよりも回転ドアが普及しているが、そもそも安全対策のために、回転ドアにおける自重の軽量化が図られている。 エレベーターのトラブル [ ] (平成19年)、51階機械室から異臭が発生して高層階から避難する騒ぎがあった。 調査の結果、異臭の原因は製エレベーターのワイヤーの解れがきっかけと判明した。 事故機以外にもワイヤー解れがあり、4月26日現在で全11台中8台が運転停止中であったが、には全台復旧した。 この他、(平成16年)10月に起きたの際には、の影響で、エレベーターのワイヤが地震の振動にしたため運転を停止した。 脚注 [ ] []• このため、現在の(旧)は約9年ぶりに一部が渋谷へ戻ったことになった 渋谷からへの移転は(平成22年)夏に行った。 堀 寿伸『東京夜景』創元社、2019年、37頁。 同月6日閲覧• 梶原 賢一郎・新井康哲・吉田興司「J-WAVEみなと中継局の概要」月刊放送技術 2016年1月号, 兼六館出版• 時代の名残で回転ドアが設置されていたなど。 朝日新聞• 当該回転扉は骨格強化や装飾及びモーターの追加により2. 7トンもの重量があった。 この回転扉の原型ともいえるオランダのブーンエダム社製回転扉は1トン以下であり、手を挟んでも安全に停止する。 高野 敦、田野倉 力 2005年5月. 日経ものづくり 5月号 : pp. 230-233. "回転扉の持つ運動エネルギーを制限するため、回転速度には制限値が設けられている。 本来なら質量が増大するに伴い制限値を下げ危険を防ぐ必要があるが、その意義が十分に理解されないまま同じ回転速度で設計され、事故につながっている。 と事故の前から知識がありながら、何も提言せずに事故後に批判した。 『』2009年1月15日付朝刊、一面 関連項目 [ ]• 「」現代アーティスト作 正面玄関の広場に建つ巨大蜘蛛彫刻作品。

次の

六本木駅の構内を詳しく教えちゃいます!ヒルズへの出口はどこから?

六本木 ヒルズ 森 タワー アクセス

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。 東京というビジネス都市の真ん中に位置し、東京ばかりでなく世界をリードする街『六本木ヒルズ』。 世界各国の人びとが刺激を求めて集まり、政治、経済、文化、芸術など、鮮度の高い情報が行き交い、あらゆる分野の〝新〟が集中する街です。 住居棟である「六本木ヒルズレジデンス」には著名人、富裕層が数多く居住、うち約3割は外国人が暮らします。 また、オフィス棟である「六本木ヒルズ森タワー」には、株式を公開したITベンチャー企業が相次いでオフィスを設け、 これらの企業の経営者たちは、若くして成功したことでマスコミなどに注目されるようになり、『六本木ヒルズ族』という言葉が使われる様になりました。 ここではそんな魅力まんさいの『六本木ヒルズ』を、「六本木ヒルズ森タワー」を中心にご紹介します。 建築概要 所在地: 東京都港区六本木六丁目10番1号 主要用途: 事務所、複合商業施設、公共公益施設、駐車場 竣工: 2003年4月 規模: 地上54階 地下6階 貸室総面積:54,150坪 駐車場:1,017台 EV:全36基 乗用: 32基 非常用:4基 54階 機械室 49階~53階 森アーツセンター 8階~48階 オフィスフロア 6階 ビジネス&ライフサービスフロア 2階~5階 レストラン&ショッピングフロア オフィスエントランス(2階. 1mのワイドスパン。 建物出入り口から貸室扉まで、5段階のセキュリティを設けており、夜間や休日は、セキュリティレベルを段階的に設定可能です。 また、来訪者入館予約システムの導入により、来館されるお客様の手続きが簡素化できます。 都市ガスの供給が停止した場合でも、常時ストックされている灯油を利用し、電力を供給できます。 また、すべての調節は空調Webシステムで操作可能です。 このテナント専用「EPS」を利用することで、より高度なセキュリティが確保できます。 コア部分の面積を小さくすることで、日本でも最大規模のオフィススペースを実現しています。 また、早朝7時から深夜24時まで開館しているライブラリーや第一線で活躍する実務家を講師に迎えてのビジネススクールを開催。 企業とビジネスパーソンに「知的活動の場」と「教育の機会」を提供します。 新しい都市型の美術館として、夜遅くまでの開館時間、レクチャーやシンポジウム、パブリックプログラムなど、斬新な取り組みを提案し続けています。 東洋や西洋の多彩な食の世界を提供する7つのレストランと、くつろぎの時間を提供する2つのバーが用意されています。 さらに世界18カ国の通貨の外貨両替が行えるワールドカレンシーショップも備えています。 16診療科目(医師約30名)を備えるクリニック、さらに歯科と薬局も完備しています。 託児施設「キッズクウェア」では、一時的な託児サービス、ベビーシッターサービス、月極保育など、ライフスタイルに合わせた託児サービスを提供しています。 サポートオフィス「ヒルズ21」では、国内や海外への宅配、バイク便の取次ぎ、クリーニング、名刺・葉書印刷など、オフィスで必要な業務を幅広くサポートしてくれます。 ショートステイから長期滞在まで、バイリンガル対応のフロントスタッフが24時間ホスピタリティ溢れるサービスでサポートしてくれます。 また、「六本木ヒルズレジデンス」には「ヒルズスパ」を完備。 さらに都心3ヵ所に建てられた「ヒルズスパ」もすべて利用できます。 ロケーション&アクセス 丸の内、大手町、銀座、新橋、渋谷、恵比寿のすべてとほぼ等距離にあり、赤坂や四谷とも至近。 これら主要ビジネスエリアへ地下鉄や車で約10分以内に移動可能という立地環境は、まさに都内屈指といえます。 もちろん羽田、成田、東京、品川などのさらに先へとつながる交通拠点への連絡も充実しており、都内だけでなく、国内、海外各地へのアクセスにも便利です。 何よりもスピードが求められる現代のビジネスにおいて、この立地はかけがえのない価値を持ちます。 さらに車が直接乗入できる、車寄せスペースや駐車場も完備しています。 六本木ヒルズは、人々の好奇心が集まるビジネスチャンスの宝庫です。 毎日のランチをよりお得にする店舗優待サービスや、ワーカー同士の交流を促すオフィスワーカー限定のフットサル大会やゴルフコンペなどのイベントが定期的に開催されています。 「六本木ヒルズ森タワー」は、金融、IT、メディア、法律などの世界的企業が一堂に会するオフィスビルです。 オフィスタワーとして最新のスペックを備えながらも、人間が働く快適性を両立した環境は、グローバルに活躍する企業、新しい時代を創り出す企業など、確固たるビジョンと信念を持つ各界のリーダー達に選ばれ、また、日々刻々と進化と深化を続ける六本木というビジネス都市は、企業のビジネスをアップグレードしてくれます。

次の