朝日 新聞 休刊 日 2020。 朝日新聞出版 最新刊行物:お知らせ:『アサヒカメラ』休刊のお知らせ

朝日新聞出版 最新刊行物:お知らせ:『アサヒカメラ』休刊のお知らせ

朝日 新聞 休刊 日 2020

より 株式会社朝日新聞出版は6月1日、「アサヒカメラ」の休刊を発表した。 6月19日発売の2020年7月号が最終号となる。 同誌は1926(大正15)年4月に創刊され、第二次世界大戦の影響による休刊(1942〜1949年)を経て再開。 現在定期刊行中の写真・カメラ専門誌としては日本最古。 今後は同社ニュースサイト「AERA dot. 」で記事を配信し、増刊やムックは引き続き刊行予定としている。 また、木村伊兵衛写真賞は引き続き朝日新聞社と朝日新聞出版で共催するという。 月1回の掲載予定で、開始時期や詳細は明らかになっていない。 朝日新聞出版 月刊誌「アサヒカメラ」(毎月20日発行)は2020年7月号(6月19日発売)をもって休刊します。 長年にわたる部数低迷、コロナ禍による広告費の激減により、誠に残念ではありますが、これ以上維持していくことが困難となりました。 「アサヒカメラ」は、1926(大正15)年4月の創刊以来、日本最古の総合カメラ誌として、多くの写真家に愛されてきました。 カメラの最新情報や、国内外で活躍する第一線の写真家の作品を紹介するとともに、写真コンテスト等を実施してきました。 94年という長きにわたり、ご愛読、ご協力くださったみなさまに、心よりお礼を申し上げます。 今後、カメラ・写真の情報は、朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot. 」内で記事を配信していきます。 増刊やムックに関しては引き続き刊行する予定です。 どうぞよろしくお願いいたします。 なお、木村伊兵衛写真賞は引き続き、朝日新聞社及び朝日新聞出版が共催して参ります。 2020年6月 の突然の休刊のお知らせ、本当に申し訳ございません。 さんの連載「巨匠と撮る白熱レッスン」につきましては 弊社刊行の週刊誌「」に媒体を移して、継続させていただきます。 月1回掲載を予定しておりますが、開始時期等、詳細は追ってまたご報告いたします。 — アサヒカメラ編集部 asahicamera.

次の

今日は新聞休刊日です。(2020年4月13日)

朝日 新聞 休刊 日 2020

今日は新聞休刊日。 朝刊の発行・配達はございません。 おはようございます。 本日、2020年5月7日は新聞休刊日です。 休刊日のため、朝刊の発行はございません。 その代わり、スポーツ新聞に関しては一部を除き、駅売り・コンビニ売りに限定し、臨時即売版を発行しました。 の「GW特別号」に相当する をはじめとした夕刊娯楽紙は、5月3日付で発行し、4~6日は休刊となる。 一方、は朝刊として発行されるため、 3日付のGW特別号を細分化、及び、九州向けの独自紙面も加えた上で4~6日、更には新聞休刊日に伴う臨時即売版も発行される。 本家の予告編では、氏の話が一面に来ていたが、それはではどこで反映されるのかは謎。 宅配など無いため、5~7日は4日に臨時即売を始めた当時の・がそのまま残る。 「」はあるのに「」がない、という図。 は今村・木場の各でスタンド売り。 は……ない! 長崎道の今村・木場は、からに鞍替えした後も新聞のスタンド売りを継続している。 その際、新聞の銘柄が見直され、県紙のと・読売新聞、それに各スポーツ紙が並んでいる。 は高速のコンビニでゲットできるが、同じ長崎道を通るの県紙・は、どこもスタンド売りを行っていない。 はコンビニが無いため、これは困ったなぁ~と考えさせられる(別にあろうが無かろうが、需要があるのか微妙なんやけど)。 後日説明するが、内では県紙はもちろんのこと、・読売新聞・・は、比較的入手が簡単。 は内で購入しようと思ったが、どこも見つからない(あんまし坂道だらけの場所をウロウロしたくない)ので、東そのぎICを降りた先にあるローソンでやっと入手が出来た。 産経は知らん! fuwafuwaame.

次の

今日は新聞休刊日です。(2020年5月7日)

朝日 新聞 休刊 日 2020

今日は新聞休刊日。 朝刊の発行・配達はございません。 おはようございます。 本日、2020年5月7日は新聞休刊日です。 休刊日のため、朝刊の発行はございません。 その代わり、スポーツ新聞に関しては一部を除き、駅売り・コンビニ売りに限定し、臨時即売版を発行しました。 の「GW特別号」に相当する をはじめとした夕刊娯楽紙は、5月3日付で発行し、4~6日は休刊となる。 一方、は朝刊として発行されるため、 3日付のGW特別号を細分化、及び、九州向けの独自紙面も加えた上で4~6日、更には新聞休刊日に伴う臨時即売版も発行される。 本家の予告編では、氏の話が一面に来ていたが、それはではどこで反映されるのかは謎。 宅配など無いため、5~7日は4日に臨時即売を始めた当時の・がそのまま残る。 「」はあるのに「」がない、という図。 は今村・木場の各でスタンド売り。 は……ない! 長崎道の今村・木場は、からに鞍替えした後も新聞のスタンド売りを継続している。 その際、新聞の銘柄が見直され、県紙のと・読売新聞、それに各スポーツ紙が並んでいる。 は高速のコンビニでゲットできるが、同じ長崎道を通るの県紙・は、どこもスタンド売りを行っていない。 はコンビニが無いため、これは困ったなぁ~と考えさせられる(別にあろうが無かろうが、需要があるのか微妙なんやけど)。 後日説明するが、内では県紙はもちろんのこと、・読売新聞・・は、比較的入手が簡単。 は内で購入しようと思ったが、どこも見つからない(あんまし坂道だらけの場所をウロウロしたくない)ので、東そのぎICを降りた先にあるローソンでやっと入手が出来た。 産経は知らん! fuwafuwaame.

次の