コロナ 収束 予想。 IMF『世界経済見通し』コロナ収束は年後半予想

専門家の予測 パンデミック 新型コロナウイルス収束はいつ頃

コロナ 収束 予想

東京大学医学部附属病院(東大病院)の放射線科医である前田恵理子さんが2020年4月12日、Facebookに新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)について投稿。 前田医師の「収束まで何年?親の覚悟」という文章はネットで拡散され、その内容に多くの人が考えさせられました。 前田恵理子医師、コロナウイルス収束には10年かかると予想 発生から4か月経った今、世界中で猛威をふるっているコロナウイルス。 感染者は日々増加しています。 前田医師は、 コロナウイルスが収束し、街や職場や学校にまた人が集まることができる生活になるにはあと5~10年かかると踏んでいるそうです。 感染症の終息に必要な戦略は、ウイルスの感染力や病原性の高さによって異なります。 コロナウイルスの場合、潜伏期間が長い上に無症状者や軽症者の伝播力(でんぱんりょく)が強く、重傷者は医療を必須とするため、社会コストがもっとも高いのだとか。 制御に必要な条件について、前田医師は「人口の7~8割が感染し集団免疫を獲得するか、ワクチンができ集団接種が進むかの2つしかない」といいます。 前田医師は、集団免疫の獲得についてこのように持論を展開しました。 100年前なら、こんなウイルスが流行っても、医療は当てにできず多くの患者さんが亡くなって数年で収束しました。 しかし、人類、とくに先進国は高度医療という魔法の力を知ってしまったたために、「医療を崩壊させずにゆっくりじんわり集団免疫を獲得する」道を選ぶしか選択肢がなくなりました。 これはある意味、医療を諦めて感染爆発を許容するより困難な道のりです。 医療崩壊させずに、日本人9000万人が感染するには、50年くらい時間がかかるのではないでしょうか。 よって、収束に必要な条件は、ワクチンができて集団接種が進む、の1択になります。 ーより引用(原文ママ) 現在、世界各国でコロナウイルスのワクチン開発が行われています。 前田医師は、2~3年ほどでワクチンが実用化される可能性はあるといいます。 しかし、ワクチンの安全性の保障や量産化には長い時間がかかるのだとか。 世界中の人がワクチン接種をできるようになるには5~10年かかると予想しています。 未知のウイルスと闘うには世界中の研究者の努力や、膨大なお金と時間が必要なのです。 今後の日本社会についての予想 続いて、前田医師は今後の日本社会についてこのようにつづっています。 このような状況ですので、5月6日で緊急事態宣言が解かれて仕事や学校がいつも通りになるか、というとそれはありません。 少しでも、接触を許容すると、このウイルスはあっという間にぶり返しますから、年より及ぶ抑制生活を強いられることになります。 多少集団免疫の獲得が進んでも、局所的な流行で自粛を繰り返す、不安定な生活が続くことになると予想します。 むしろ、10年の間に社会がすっかり変わると思います。 職場はリモートワークが当たり前になり、オフィスに通う生活をする人は激減、一方第一次、第二次産業とケアワークは、海外依存できなくなるために仕事が増えるはずです。 産業構造は40年前の日本にちかづうのではないでしょうか。 学校はホームスクーリングが基本になり、集団授業は過去のになるでしょう。 日本型の一斉入試は不可能になり、オンラインを通じたエッセイテストのような、欧米型AO入試をアレンジしたものが主流になると予想されます。 この変化に対応できた学校や教育システムだけが生き残ることになるでしょう。 息子も高校生になるころまではまともに学校がない生活を覚悟してますので、ノートPCを与えてクリエイティブに使えるように指導します。 コロナ後の世界では、日本型の受験勉強より重要なことだと思います。 ーより引用(原文ママ) ・10年かかる可能性もあるなんて…。 まだ幼い子供たちへの影響が心配です。 ・「最低1年」くらいに考えていたけど、長引く可能性も頭に入れておかないとね…。 ・まだ先のことは分からないけど、長い目で見た時に何をするべきか考えるのが大事なのかな。 ・最初は数か月で収束するって甘く考えてた。 世界が変わることを受け入れなければ。 これまでも人間は新型のウイルスによって多くの人の命が奪われ、その時代を生きた人たちは長い間、必死に闘ってきました。 コロナウイルスが1日でも早く終息し、世界中の人が元の生活に戻れるよう祈るばかりです。 [文・構成/grape編集部].

次の

専門家の予測 パンデミック 新型コロナウイルス収束はいつ頃

コロナ 収束 予想

3ヶ月後なので 7月の頭ということですね。 「(コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わる。 そして) 2023年に新しい社会が形作られて安定してくる。 」 と予測されているようです。 コロナが収束したら元通りの生活になる、ということではなくコロナをきっかけに社会の仕組みや構造が大きく変わると考えている方はスピリチュアルかどうかを問わず多くいますね。 コロナウイルスによって私たちは、破壊と再生の「破壊」を経験しているのかもしれません。 2023年に落ち着くと思うと長いような短いような…。 収束見込みはまだ先…?4月末から5月頃に節目か【ゲッターズ飯田】 2020年の「ゲッターズ飯田の世相占い」を分析したという Obatea占いのサイトでは「 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 」と書かれています。 5月半ばに収束見込み?【 カメリア・マキ】 また、現代占術の最高峰である占い師だという カメリア・マキさんが書かれたサイトでは 実はこの木星と土星が「合」という配置は、2019年12月4日から始まっており、 何かと災害の多かった2019年に続いて、何かが起こる不穏な配置でした。 (中略) これは1月4日から始まり、星座を移動しながら2月17日以降、ピークを迎えます。 3月23日にいったん抜けるのですが、再び4月1日から現れ、4月10日の満月前後が猛威をふるう頂点となるでしょう。 この配置が終了するのは、5月14日です。 と書かれています。 みんなが仕事を休んだら収束していく【そうた】 ここからは少しぶっ飛んで(笑)収束見込みの 明確な時期ではなくなります。 こちらの動画では4:25あたりからコロナウイルスのことを話しています。 具体的にいつコロナが終息するのかという話ではありませんが、コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わるという考えは、一番はじめに紹介したシンガー兼ホロスコープ鑑定士のCOMA-CHIさんと共通していますね。 コロナの収束見込み・予測(非スピリチュアル) コロナがいつまで続くかという予測についてスピリチュアルでは無い、 一般的な新聞などに見られる収束見込みを見てみましょう。 コロナの収束見込み— 約4週間か 3月26日のによると 中国の感染爆発は 約4週間で収束し、韓国は 約3週間で収まっている。 イタリアも感染爆発が始まってから約3週間が経過し、新規感染者はピークを過ぎたように見える。 各国の対策はほぼ同じなので、早期に対策をとれば感染爆発は4週間程度で収まることが予測される。 ということは、 ヨーロッパと米国での感染爆発は4月中に終わる可能性がある。 と書かれています。 しかし、『それで問題が終わるわけではない。 』と続きます。 多数の感染者が出た武漢において多めに見積もったとしても 感染者は人口の1%です。 人口の7割前後が感染すれば獲得できる 集団免疫には程遠く、有効なワクチンが開発されない限り一度収束したとしても、 新たに感染者が入ってきたら再度感染が広がる可能性がある、と述べられています。 日本も緊急事態宣言が出されたので、諸外国のように感染を封じ込めることができれば 4週間後の5月頭を目処に収束する可能性が有りそうですね。 コロナの収束見込み— 夏前までか 他のコロナ収束見込みをみてみましょう。 ここにあげるの記事では遺伝子的に類似している 重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した地域の夏に「終息宣言」が出されたことから 夏前を目処に一定程度減る方向に向くと予測されています。 政府専門家会議のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大学教授)は、「(日本は) 4月以降は気温や湿度が上昇し、ウイルスが生き延びにくい環境になる」と、ウイルスの弱点を説明する。 収束時期は 「集団免疫などさまざまな要素が絡むので、正確には分からない」としながらも、気候が温暖になる夏前をめどに、ウイルスは一定程度減る方向に向くと見る。 しかし、 SARSは症状が出やすく、囲い込んで対処することができたのに対し、 新型コロナは感染しても症状が出ない人が一定数いることが確認されており、この「無症状病原体保有者」が、 ウイルスの封じ込めを難しくするとの指摘は多いようです。 『人との接触を極力減らす』というような 個人個人の行動によって、コロナウイルスがいつまで続くか、というのは変わってきそうですね。。 コロナがいつまで続くか、予測・予言は難しいのか コロナウイルスがいつ収束見込みは人々の行動やワクチンの開発、政府の対応によっても変わってくるため、正確に予測・予言は困難だと言えるでしょう。 誰が感染しているか分からないウイルスなので一人一人の行動によって感染の拡大が左右されてしまいます。 新型コロナウイルスのワクチンの開発状況についてはこちらの記事にまとめました。 せっかくゴールデンウィークがあるので4月末に収束見込みがあるという説を信じたいところですが、実際はどうなるかわかりませんね。。 今後の政府の方針もどうなるかわかりませんし、商業施設も自粛が続く可能性もあります。 ゴールデンウィークは 様子を見ながら計画を立てるか、 野外でのキャンプなどウイルス対策のできる方法で楽しむのが良いさそうです。 まとめ コロナウイルスの収束見込みがいつになるかは様々な説がありますが、一度収束してもまた感染が広がるという可能性も考えられます。 日々ニュースを見ていると不安を感じ、外にもでられない…そんな生活では 誰でも気が滅入ってしまいますよね。 笑っている方が免疫は高まるようですし、なるべく安心して楽しく日々を過ごしたいものですね! ニュースは気になることもありますが、ニュースなどコロナウイルスの情報ばかりを追って 不安や心配してばかりの時間を過ごしていないか振り返ってみてはいかがでしょうか? 自宅待機の期間にも自宅でできることは色々有ります。

次の

新型コロナウイルスの終息時期はいつ?【専門家の予想まとめ】

コロナ 収束 予想

sponsorlink 新型コロナウイルス終息の条件 新型コロナウイルスの「終息」とは、感染患者が1人もいない状態のことである。 過去にもコロナウイルスが猛威を振るったが、「終息宣言」が出ている。 過去のコロナウイルス感染症の「終息宣言」 SARS(重症急性呼吸器症候群) SARSは2002年11月に、中国広東省仏山 フォーシャン 市で流行が始まる。 2003年7月5日にWHOより「終息宣言」が出された。 MERS MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表。 新型インフルエンザ 2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、 28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 但し、これは北半球の話。 『 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがある。 新型コロナウイルスの場合、人口の7~8割が感染する必要があり、現実的ではない(=封じ込めと真逆)。 となるとワクチンの接種となるが、ワクチンの開発は始まったばかり。 東京医大の浜田篤郎教授(渡航医学)は「最終的にはワクチンができるまで流行を繰り返すのではないか」とした上で、 終息まで「二年程度はかかる」と予想する。 新型コロナウイルス終息時期は予測できない SARSウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子は、90%近く同じであるという。 であれば、夏ごろに終息する可能性がある。 しかし、事はそう単純ではない。 それは夏(季節性)だから終息したのか、封じ込めが効果を発揮したのが夏だったからなのかに明確な答えが出ていない為だ。 また、新型コロナウイルスの封じ込めがどこまでうまくいくかによっても変わって来る。 新型コロナウイルス終息時期がいつになるかは、新型コロナウイルスが季節的かそうでないかによって異なる。 新型コロナウイルスが季節的なものである場合 新型コロナウイルスの封じ込めが上手くいき、新型コロナウイルスが季節的なものであれば、夏ごろに終息する可能性がある。 但し、それは北半球の話。 今度は南半球で感染が拡大し、その感染が北半球に及ぶ可能性があるので、安心はできない。 新型コロナウイルスが季節的なものでない場合 新型コロナウイルスが季節的なものでなければ、終息はワクチンの開発を待つしかない。 これには2年程度かかる見込み。 この場合、新型コロナウイルスの終息宣言は来年以降になる。 新型コロナウイルスはどうすれば終息するのか? 新型コロナウイルスを終息させるには以下の方法が考えられる。 封じ込めには限界がある。 集団免疫 集団免疫には人工の7~8割程度が新型コロナウイルスに感染する必要があり、現実的でない。 季節(高温多湿) 「インフルエンザウイルスなど一部のウイルスは、気温が低く空気が乾燥していると感染が拡大しやすい」とされているが、新型コロナウイルスもそうなのかについては分かっていない。 免疫力を高める 新型コロナウイルスに感染した人が全て重症化する訳ではない。 その差は「免疫力」にある。 いかに「免疫力」を高めるかが今後の課題となる。 ワクチン 新型コロナウイルスに最も有効なのがワクチン接種だ。 しかし、ワクチンの開発は始まったばかり。 ワクチンが出来るまで1年~2年程度かかる。 我々が今取るべき新型コロナウイルス対策は? 個人レベルで出来ることは限られる。 感染を拡大しない まず、感染を拡大しないことだ。 マスク着用、アルコール消毒の徹底、密閉した空間、人と至近距離での接触は避ける。 しかし、このことについて触れた記事やニュースは見当たらない。 免疫力を高めるのは何かをしてすぐ効果を発揮するものではないが、健康と免疫力は切っても切れない関係なので、これを機に免疫力を高める生活習慣を意識することが大事だ。

次の