甘酒 おすすめ 市販。 人気の甘酒10種飲み比べランキング 本当に美味しい甘酒はこれだ!

甘酒は効果なし!?豊富な栄養・効果効能と市販甘酒おすすめ6選

甘酒 おすすめ 市販

甘酒は近所のスーパーやコンビニなど、どこでも手に入る栄養満点な発酵食品です。 そんな甘酒が今、栄養価の高いスーパーフードとして人気が高まってきています。 夏バテ予防などにも効果があり古来から大人から子供まで幅広い層で飲まれている甘酒、昔の人は体感的に身体に良いことが判っているんですね。 甘酒に含まれている、麹のお陰で食物繊維が豊富に入っているため、腸内環境を整えてくれ、さらには美肌にも繋がります。 今回はそんな甘酒のたくさんの栄養、美味しい飲み方、効果的な飲む時間、甘酒の種類など様々な面から甘酒を飲むとどのような効果があるかをご紹介させて頂きます。 「甘酒は効果ない」なんて記事をちらほら見かけますが、この記事を最後までお読みいただければ、「甘酒ってすげ~」と思っていただけると思います。 古来より親しまれていた甘酒ですが、冬の寒い時期に飲む甘味飲料としてのイメージが強いのではないでしょうか? 実は、江戸時代には、甘酒は暑い夏を乗り切るための飲み物として多くの人に飲まれてきました。 甘酒の豊富な栄養成分が夏バテ予防になるとして、甘酒が売られる光景は夏の風物詩でもありました。 冬に飲まれていた甘酒も、ここ数年で「冷やし甘酒」などの商品が目立つようになり、暑い時期の栄養補給や豊富な栄養成分による美容効果など注目されています。 今では、甘酒は「飲む点滴」「飲む美容液」と言われ、健康・美容など幅広く効果が期待できるスーパードリンクになりつつあります。 こんなにも健康や美容に効果がある甘酒、飲まないわけにはいきませんね。 甘酒は酒粕原料と米麹原料の2種類がある 甘酒は、甘い「酒」という名から、アルコールが含まれているイメージがありますよね。 でも、甘酒は地域によって作り方が違うという特徴があるため、一言で甘酒といっても原材料が異なり、酒粕で作られた甘酒と米麹(お米)で作られた甘酒の2種類あります。 酒粕からできているものには、もちろんアルコールが含まれるのですが、米麹(お米)から作られている甘酒はアルコールが含まれていません。 甘酒の種類についてもう少し詳しくご説明します。 おおよそ市販の缶入りタイプの甘酒は、こちらのタイプとなります。 酒粕とは、日本酒を作る際に発酵させたもろみから、日本酒を絞り出した後に残った白い固形物です。 お米の栄養成分が凝縮していて健康と美容に良い成分が含まれています。 酒粕で出来ている甘酒には、酒粕に「砂糖」と「水」を加えて作ります。 そのためカロリーが米麹から出来ているものより高めになります。 なので、今流行りの 「甘酒ダイエット」を試したい方には、おすすめできません。 酒粕で作られた甘酒の特徴 酒粕には「 レジスタントプロテイン」が多く含まれています。 レジスタントプロテインとは、食物繊維の一種で消化されにくいタンパク質という意味があります。 コレステロールなどの脂質を含んで便として排出してくれる働きがあり、消化吸収されることなく、油とともに排出するので 便秘解消に良いと、言われています。 なんと 酒粕にはお米の4倍のレジスタントプロテインが、含まれているのです。 酒粕タイプの甘酒には、生姜入りタイプの物が販売されているので、寒い季節には皆さんは良くこの「生姜入り甘酒」を購入されるのではないでしょうか? 生姜が入っている事もあり、体内から温めることが出来るので、寒い時期にはおすすめです。 米麹を使用して作られた甘酒 最近ようやく市販の甘酒でも米麹のものも見かけるようになりましたが、酒粕が原料の甘酒との大きな違いは、ノンアルコールであるという点です。 そのため、子どもからお酒が弱い方まで幅広い世代で飲むことが可能です。 米麹とは、お米にコウジ菌を散布して発酵させた発酵食品です。 米麹は、お米のデンプンを糖化する作用があるので、米麹で出来ている甘酒には、「水」と「米」を加えて作ります。 砂糖が入っていないのにも関わらず、米本来の甘みを感じることが出来ます。 ただ米麹から作られている甘酒は、 酒粕使用の甘酒に比べて価格が少し高めになります。 米麹で作られた甘酒の特徴 「甘酒=飲む点滴」と言われていますが、この甘酒とは米麹を使って作られた甘酒のことをいいます。 ブドウ糖をはじめ米麹の甘酒に含まれる栄養成分が点滴の成分とほぼ同じ成分が入っているので、このような別名がつきました。 米麹タイプの甘酒には、先ほども紹介させて頂いたように、 「低カロリー」、「ノンアルコール」といった点が特徴となります。 そのため、 子どもの離乳食や、妊婦の方の栄養補給に役立ちます。 麹に含まれる 「コウジ酸」には、メラニンの生成を抑えてくれる働きがあるので、美肌・美白効果が期待できます。 それ以外にも コウジ酸は美髪によいともいわれています。 さらには、砂糖ではなく「ブドウ糖」が含まれています。 ブドウ糖が含まれているので、 少量で満足ができ、食べ過ぎ防止に繋がります。 米麹を使用している甘酒にも、少量の砂糖が入っている可能性はありますが、 酒粕で出来ている甘酒に比べると、カロリーは断然低くなり、トロミがあるので満腹感を感じることが出来ます。 ブドウ糖はエネルギーとしている使われるため、 糖が体内に溜まりにくいということから、「甘酒ダイエット」に向く発酵食品なのです。 そんな飲まなきゃ損な甘酒ですが、米麹の甘酒は、実は すごく簡単に作ることができます。 作り方をこちらでご紹介していますので、甘酒を作ってみたい方は是非ご覧になってください。 2.美肌・美白 甘酒に豊富に含まれるビタミンB群には、体内の脂質や糖質やタンパク質を代謝してくれる作用があり、皮膚や粘膜などの細胞を活性化させます。 また、米麹タイプの甘酒には「アルブチン」も含まれます。 先ほど紹介した「コウジ酸」とともに抗酸化作用を発揮することから、これらは美容液に使用している成分でもあるので、甘酒を「飲む美容液」という方もいらっしゃいます。 さらに、シミやくすみを防いでくれる働きもあり、肌や粘膜などを保護します。 ビタミンB2も豊富に含まれているので、その結果皮膚の活性化を促す作用もあります。 それに加えて、ビタミンB6も含まれており肌の保湿効果があるため、肌の乾燥を防いでくれるので、乾燥肌に悩んでいる方は是非試してみてください。 3.栄養補給・疲労回復 甘酒に含まれる主な栄養素は、「ビタミンB1」、「ビタミンB2」、「オリゴ糖」、「葉酸」、「ブドウ糖」、「食物繊維」などがあります。 この栄養成分は、点滴とほとんど同じであることが最近注目され、甘酒のことを「飲む点滴」とまで呼ばれるようになりました。 また、古来より体力の回復に役立つと言われていたとおり、甘酒には、市販の滋養強壮剤に含まれる有効成分と近いものがあります。 疲労が蓄積してしまったときや夏バテなどで体力が消耗した時など、甘酒は、市販の栄養ドリンク剤と同じ感覚で飲むことができます。 4.美髪 甘酒にはビタミンB群が、豊富に含まれています。 ビタミンB群の「ビオチン」という成分が、実は美髪に欠かせない栄養成分なんです。 「ビオチン」は、皮膚や粘膜を良い状態に維持してくれる栄養成分で、肌や髪・爪などの元になるケラチンの生成を促す働きがあります。 また、甘酒に含まれる「コウジ酸」も美髪を作るのに必要な栄養成分になります。 「ビオチン」や「コウジ酸」は、頭皮の新陳代謝を活性化させ、頭皮の皮下組織の血流を良くする働きがあるので、髪の毛の先までしっかりと栄養を届けることが出来るます。 ハリのある美しい健康的な髪の毛を作り、薄毛や抜け毛などの髪のトラブルも防げるなどエイジングケア効果も期待できます。 5.ダイエット 甘酒に含まれるブドウ糖には血糖値を上げる働きがあります。 人は、血糖値が下がっていると空腹を感じ、血糖値が上がると満腹中枢に刺激が伝わり、空腹を感じなくなります。 また、ブドウ糖は脳や身体を動かすのに必要なエネルギー源で、身体に入ると直ぐにエネルギーに変わります。 そのため、身体に蓄積されにくい糖分とも言えます。 その他にも、甘酒に含まれるビタミンB群には脂質の代謝を促す働きがあるので、脂肪を燃焼させやすくするなど、甘酒にはダイエット効果が期待できる成分がたくさん入っています。 ダイエット効果を期待するなら米麹を使って作られた甘酒を飲みましょう。 酒粕を使って作られた甘酒よりも低カロリーです。 甘酒の効果はわかったけど、持って歩くのも大変だし気軽に飲めないからなぁというあなたには、甘酒の効果をぎゅっと凝縮したサプリメントがおすすめです。 ダイエットには米麹から作られた甘酒が良いといいましたが、それはカロリーの話。 実は酒粕から作った甘酒にはレジスタントプロテインという食物繊維が豊富に含まれています。 レジスタントプロテインは体内で溶けにくく、小腸で脂肪やコレステロールを吸着して排出してくれますので、ダイエットにも効果があるんです。 そんなレジスタントプロテインですが、酒粕50g分を毎日食べることで、ダイエットだけでなく、各研究で様々な健康パワー効果を期待できることが明らかになりました。 affrc. pdf ただ、その効果は前述の通り、毎日50g相当の酒粕を摂取が前提です。 それって結構大変ですよね。 甘酒のサプリメントである、「こうじ酵素」はそんなあなたに気軽にレジスタントプロテインを摂取してもらえるように開発された製品です。 当然本来の甘酒同様、ビタミンやミネラルも豊富に含まれており、ダイエットだけでなく美肌や便秘、疲れなどへの体サポートに期待大です。 「こうじ酵素」は初回無料、2回目以降27%OFF2640円の特別定期お届けコースにお申し込みの場合、3ヶ月でのお支払は5280円、つまり「ひと月1760円」相当でお試しいただける計算になります。 もし効果がないと感じた場合は、特別定期お届けコースは4ヶ月目からいつでも気軽に解約可能となっていますので、上記金額で終了することも可能です。 1日60円程度で効果をお試し頂けますので、ぜひお試しいただければと思います。 日本酒で有名な八海山を作っている八海山酒造が作った甘酒です。 高精白のお米と麹を使用しています。 麹は、酒造りで培われた高度な技術よって甘酒に合うようにコントロールされたものを使っているというこだわりがあります。 上品ですっきりとした味わいがあり、温めても美味しいですが、冷やして飲むのがおすすめです。 無加糖・ノンアルコールなので誰でも安心して飲むことができます。 最近はスーパなどでも見かけるようになった気がしますが、こちらでお近くの販売店が検索できます。 楽天でも販売しています。 こちらはチルド・冷蔵配送となるため、送料もかかりますが、きちんと温度管理されて御自宅に届きますのでオススメですね。 毎日飲むものなので、まとめ買いが楽チンです。 宮崎県の老舗の牛乳屋さんが作った、全国初の牛乳の甘酒です。 芸能人にもファンが多く、甘酒はちょっと苦手という人にはおすすめです。 本来、甘酒は「酒粕・米麹」と「水」を基本として作られていますが、百白糀は、国産米糀と宮崎県産牛乳だけを使用して作られています。 もちろん砂糖やアルコールは入っていません。 甘酒に牛乳が使われることで、さらにエネルギー補給がパワーアップしますよ。 簡単に作れるので作り方をご紹介します 1.美肌になりたい方におすすめな飲み方 無調整豆乳+甘酒(できれば米麹の甘酒) 無調整豆乳は調整豆乳と比べて、大豆サポニン・大豆イソフラボンの量が多いです。 ただ、大豆の風味がしっかりするので、苦手な方は調整豆乳でも大丈夫ですよ。 ・冬場の寒い時期は、ホットにしてその中にジンジャー(乾燥しているもの)を入れて飲むと、体がポカポカして温まりますよ。 だいたいのメーカーは、豆乳200mlに約20~60mgのイソフラボンが含まれておりますので、豆乳自体も1日最大200ml程度を飲みましょう。 (豆乳を毎日200ml飲む方の場合は、食事などで大豆加工食品を食べる事を控えましょう) 2.便秘を解消したい方におすすめの飲み方 便秘解消には バナナと甘酒の組み合わせがおすすめです。 バナナは何と言っても、食物繊維の宝庫です。 水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方含まれる食材なため、積極的に摂取される事をおすすめします。 もしくはバナナの食感を楽しみたい方は、DAISOで購入可能な、「手もみジューサー」を使用する事で忙しい朝の時短に繋がりますよ。 ・甘みを増したい方は蜂蜜を入れると、甘酒のクセもなく、子どもでも飲めちゃうぐらい飲みやすくなります。 甘酒の効果的な飲み方 基本的には、甘酒を飲む時間、タイミングはいつでも構いませんが、効果を得るためには気をつけることが3つあります。 健康に良いからといってたくさん飲み過ぎると逆効果です。 米麹の甘酒に含まれる酵素・酒粕に含まれる酵母は熱に弱いので人肌程度の温度で飲むことで多くの効果を得られます。 例えば、忙しい朝になかなか朝食を摂取できない方は、甘酒をコップ一杯飲むだけで、しっかり栄養補給をすることができますよ。 また、時間に余裕がある人やより甘酒の効果を得たいという人には、甘酒を飲むタイミングを意識するとより効果を得ることができます。 前述しましたが、満腹中枢に刺激を与えるため、満腹感が得やすく朝食を置き換えることでダイエット効果が期待できます。 朝から沢山の量を食べるのではなく、少量に抑える事で、消化のエネルギーが排便に使われ、便秘解消にも良いと言われています。 さらに甘酒は基礎代謝を上げるため、朝飲むことで普段と同じ生活をしていても脂肪や等を効率よく燃焼してくれます。 人は、日中、自律神経の交感神経が興奮することによって活動しています。 そして夜になると交感神経の興奮が落ち着き、副交感神経が働くことでリラックスし、ぐっすり眠ることができます。 しかし、ストレスがあると夜になっても交感神経の興奮が治まらず、リラックスできず、寝付きなど睡眠の質も悪くなります。 甘酒に含まれる、パントテン酸やアミノ酸(GABA)などはストレスを軽減し、交感神経の興奮を抑える働きがあります。 ただし、甘酒は栄養豊富なため、就寝前に飲む場合は少量の100ml程度がおすすめです。 その他、食前に甘酒を飲むと食事の量を抑える効果が期待できることやアルコール摂取前に飲むと二日酔い防止効果が期待できることもありますよ。 まとめ いかがでしたか? 甘酒は健康・美容にいいと知っていながらも、なかなか挑戦することがなかった方も、多いのではないでしょうか? 甘酒は飲むだけで、「点滴」と同じような栄養を補給でき、また「飲む美容ドリンク」とも言われるように、美肌効果も期待できるスーパーフードです。 日本古来の栄養ドリンクとして長年愛される理由が分かりますよね。 もともとは、夏バテ予防に飲まれていた甘酒ですが、今では美容のため、妊婦の方の栄養補給のため、便秘解消のため、といった様々な理由から飲まれるようになった甘酒を、ぜひ皆さんもトライしてみてください。 同じく日本が誇るスーパーフード、こちらもぜひお読みください。

次の

甘酒の市販でおすすめはどれ?26種類の商品レビュー【随時追加】

甘酒 おすすめ 市販

市販の甘酒には効果がない、なんて話をちらほら見かけませんか? 冬の縁日などで口にすることがほとんどだった甘酒が、細菌ではスーパーやドラッグストア、コンビニなど、とにかくどこでも手に入るようになりました。 これほど甘酒ブームになっている理由は、飲む点滴と呼ばれるほど高い栄養のためです。 特に、女性に嬉しい効果が多く、健康を意識して口にしている人も珍しくありません。 それなのに市販では効果がないと言われる理由は何故なのでしょうか? 実際のところを調べてみました。 市販の甘酒には効果がない? 市販の甘酒に効果がない、と言われる所以の1つが、製造の工程で加熱させるから。 甘酒は、大きく分けても• 疲労回復• 免疫力アップ• 便秘解消• アンチエイジング• 美肌美白• ダイエット の効果が期待できますが、これは酵素などのバランス良く含まれる栄養のおかげ。 しかし、様々な栄養を含んでいる酵素は、熱に弱いとい言う弱点があります。 甘酒は、麹菌が発酵することで作られますが、適温で管理すると菌の活動がどんどん進み、最終的にお酢のように酸っぱくなってしまいます。 つまり、美味しく飲めなくなるわけですね。 それから、万が一の腐敗も心配です。 市販の甘酒は、工場で作られて私たちの手元に届くまでに、何日もかかります。 メーカーは甘酒に熱を加えることで、衛生面だけでなく菌の活動を止めて、私たちの口に入るまでの味の変化を防いでいると言うわけです。 メーカー側も、仕方ない事情があるのですね。 しかし、熱に弱い酵素は火入れすることで破壊され、その分の栄養が失われてしまいます。 加熱処理のため酵素や熱に弱い栄養が壊される心配から、市販の甘酒には効果がないと囁かれているのです。 市販の甘酒にも栄養たっぷり! ただ、だからと言って、市販の甘酒がただの飲み物と変わらないか、と言えばそうではありません。 と言うのも、甘酒に含まれる栄養は多岐に渡り、全てが熱に弱いわけではないからです。 例えば、腸内細菌のエサとなって、腸内環境を整える効果が期待できるオリゴ糖や、タンパク質の代謝をサポートする「補酵素」に分類されるビタミンB群には、熱に強い特性があります。 また、満足感が得やすく、低カロリーであることにも変わりないので、ダイエットにも役立つでしょう。 栄養素的には、加熱処理を行わなず、更に出来立てを味わえる自家製がベストですが、「市販の甘酒に効果がない」とは言い過ぎです。 賞味期限が長く、手軽に楽しめる市販の甘酒だって、「飲む点滴」の名に恥じない十分に優秀な発酵し食品と言えるでしょう。 市販の甘酒の種類 甘酒は、麹と酒粕を原料にするもので分けられます。 どちらも甘酒ではあるものの、それぞれに味わいや栄養素が異なりますから、違いを理解し、自分に合うものを選びましょう。 酒粕が材料の甘酒 そもそも酒粕とは、日本酒を作る工程で出てくるもろみを絞って残った固形物のこと。 お米の栄養分がそのまま残っているので、健康や美容に嬉しい成分がたっぷり。 飲む点滴としては、どちらかと言えば麹から作る甘酒の方が注目されていますが、それでも酒粕から作った物でも十分な栄養を取り入れられます。 ですから、子供や車の運転を控えている人は、飲むタイミングを考えなければなりません。 酒粕からできた甘酒の特徴は、食物繊維の一種である「レジスタントプロテイン」が豊富であるということ。 酒粕は、原料であるお米の4倍ものレジスタントプロテインが含まれています。 レジスタントプロテインは、食物繊維の中でも特にコレステロールなどの資質を取り込んで便として排泄させる効果があります。 カロリーとして消化吸収する前に油として便に変えるので、お通じをスムーズに効果的、と言われています。 ただ、酒粕の甘酒は砂糖を加えて作られますから、麹の物に比べるとカロリーが高くなりがち。 今流行りの甘酒ダイエットには、麹を使ったタイプにした方が良いかもしれません。 麹の甘酒 米麹とは、発酵の過程でお米のデンプンを糖に分解できるので、甘酒では水とお米を加えるだけでお砂糖は必要ありません。 砂糖を使わなくても、お米本来の甘味を感じられるので酒粕を使ったものよりも低カロリー。 腹持ちも良いので、ダイエットにも最適です。 最近のブームの発端となったのが、麹を使った甘酒。 市販の甘酒も、最近では酒粕よりこっちをよく見かけるようになりましたね。 そもそも、「飲む点滴」と呼ばれている甘酒は、甘酒全般ではなく、米麹から作られているものを指します。 酒粕に含まれている栄養素と、医療現場で使われる点滴の成分に共通点が多いことから呼ばれるようになりました。 酒粕と、米麹の甘酒の大きな違いはノンアルコールであるという点。 アルコールが含まれていないことで、年齢やタイミング問わずいつでも楽しめます。 スーパーやコンビニで買える甘酒のおすすめは? ここまで読んだ方は、市販の甘酒の効果にも納得できたのではないでしょうか? もちろん、欲を言えば手作りの甘酒のほうがメリットが多いですが、発酵食品であることと、火入れしないことを考えると、何かと管理が大変。 日常的に甘酒を飲もうと考えていても、まずは手軽に購入できて、管理が簡単な市販が入り口にはぴったりです。 マルコメ プラス糀の甘酒パック 味噌など、発酵食品でお馴染みのマルコメのパック甘酒シリーズ。 お米の甘味を引き出して飲みやすさにこだわった砂糖を使ってない甘酒です。 1回分ずつに小分けされているのも、衛生的で便利ですよね。 パックによって、生姜、豆乳入り、電子レンジ対応などのシリーズ展開されており、好みに合わせて選べます。 八海山 麹だけで作ったあまさけ 白いオシャレなパッケージが印象的な、ペットボトルタイプの甘酒です。 日本酒で有名なメーカー、八海山の甘酒ということで、今までの日本酒作りで培われたノウハウを生かして、甘酒に合うよう調整された麹が使われています。 すっきりとして飲みやすく、温めても冷やしても美味しいので、季節問わず楽しめます。 森永 甘酒 真っ赤な缶が有名の昔からお馴染みの甘酒です。 森永の甘酒は、酒粕と麹をブレンドして作られており、缶だけでなくお湯をそそいで飲めるフリーズドライタイプも販売されているのが魅力です。 まとめ いかがでしたか? 冬の飲み物のイメージも強く、クセがあることから、「甘酒は栄養満点」と耳にすることが増えても、いざチャレンジするとなると腰が重くなってしまうことも多いですよね。 麹の甘酒は、点滴と同じくらい栄養たっぷりで、美容にも嬉しい効果が期待できます。 アルコールが含まれていない麹タイプなら、酒粕の物よりもクセが少なく、飲みやすいです。 また、市販の甘酒ならより一般に受け入れられやすいように、飲みやすく調整されています。 麹の甘酒は家庭でも作ることができますが、市販ならではの魅力がありますから、最初の入り口としてはスーパーなどで気になったものをチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 以上、「市販の甘酒の効果は?スーパーで買えるオススメも!」でした。 minori1004kun.

次の

人気の甘酒10種飲み比べランキング 本当に美味しい甘酒はこれだ!

甘酒 おすすめ 市販

米麹甘酒とは 子供も安心!米麹甘酒とはどんなもの? 一般的に、「甘酒」とは「アミノ酸」「ビタミン」「ブドウ糖」などの「栄養成分」が豊富であり、「体内吸収率」が非常に優れていることから、「飲む点滴」とも称されているものです。 特に、本物志向の「米麹甘酒」は、「麹」「蒸した米」だけを「発酵・熟成」させ、「麹」の「消化酵素」によって「米」の「澱粉 でんぷん 」が「ブドウ糖に分解されたもの」を主成分としているため、「アルコール成分」や「砂糖」が全く含まれていません。 ですから、「妊娠中の方」や「お子さま 子供 」でも、安心してお召し上がりいただけます。 栄養成分-カロリーなど- 「米麹」によってつくれる「甘酒」は、身体にとって良好な「ブドウ糖」が主成分であるため、「カロリー」が低くなっています。 以下に、「砂糖」をはじめ「食品添加物」を一切使用していない「米麹甘酒」の「栄養成分」について表にまとめたものを記載しますので、「甘酒」を摂取する際の参考にしてみてください。 【有機米使用白米あま酒 マルクラ食品 の栄養成分 100gあたり 】 主要な栄養素 カロリー・エネルギー 213kcal 炭水化物 48. 9g たんぱく質 3. 1g 脂質 0. 6g ナトリウム 1. 0mg 水分 47. 2g 灰分 0. 2g 参考: 味 「米麹甘酒」の場合は、「発酵時間」によって「味」が少しずつ違ってきます。 「発酵時間」が、「8時間程度」であれば「さっぱりとした甘み」、「10~15時間程度」まで長くすれば「コク・甘み」がグッと増し、「子供」にも好まれやすい「味」へと仕上がるでしょう。 酒粕甘酒との違い 実は「甘酒」には、「米麹甘酒」と「酒粕甘酒」というように、大きく分けて「2種類」のものが存在します。 これらの「違い」について、多くの方が気になっているかと思いますので、ここではわかりやすいように「表」にまとめてみました。 また、「食欲抑制作用」のある「ブドウ糖」、「整腸作用」のある「食物繊維」の働きも非常に効果的です。 美肌効果 「米麹甘酒」には、「ビタミンB群」「ミオチン」「パントテン酸」などが豊富に含まれているため、「美肌」への「効果・効能」が大いに期待できます。 血圧上昇抑制 「米麹甘酒」には、「血管収縮」「血中塩分濃度上昇」を防ぐ「ペプチド」が豊富に含まれているため、「血圧上昇抑制」に対して大きな「効果・効能」が期待できます。 便秘解消効果 「米麹甘酒」には、「整腸作用」のある「食物繊維」「オリゴ糖」が豊富に含まれているため、「便秘解消」に対して大きな「効果・効能」が期待できます。 疲労回復効果 「米麹甘酒」には、「ビタミンB群」が豊富に含まれているため、「疲労回復」に対して大きな「効果・効能」が期待できます。 「エネルギー切れ」が原因となる「夏バテ」などにも、非常に効果的です。 免疫力改善効果 「米麹甘酒」には、「ビタミンB群」「ミオチン」「パントテン酸」などが豊富に含まれているため、「免疫力改善」に対して大きな「効果・効能」が期待できます。 アトピー改善 「米麹甘酒」には、「必須アミノ酸9種すべて」が含まれているため、「細胞修復・再生」がスムーズとなり、「アトピー改善」に対しての「効果・効能」が期待できます。 米麹甘酒の効果的な飲み方 効果的な飲み方 「米麹甘酒」に含まれる「栄養成分」を「より効果的に摂取したい」という場合は、「身体を本格的に動かしはじめる前」である「朝」のタイミングでお召し上がりになられることをおすすめします。 この時間帯に摂取することで、「消化」に過度な負担をかけることなく、「1日」を活動的に過ごすことができるでしょう。 また、可能であれば「温かい状態」のものを取り入れることで、「体内における熱発生」に対する「消費エネルギー抑制」につながるため、さらに「栄養成分吸収率」を高めることが期待できます。 まずいと感じた場合のアレンジ方法 ココア甘酒 【材料 1人分 】• 温めた「米麹甘酒」に「粉末ココア」を入れます。 「1」をよく混ぜ合わせたら完成です。 米麹甘酒の注意すべき点 飲み方を間違えると太る危険性あり 「米麹甘酒」は、「1日」につき「200ml」までとし、「寝る前」の摂取を控えるようにしましょう。 この2点をしっかりと守らなければ、「太る恐れ」が出てきますので、注意してください。 「糖尿病患者」の方の場合、「米麹甘酒」の摂取後には「200mg以上」もの上昇が見込まれますので、積極的に取り入れることはおすすめできません。 「米麹甘酒」には「砂糖」が使用されていないものの、「ブドウ糖」による「糖質」が高めであり、「血糖値上昇」が起こりやすいのです。 アレルギーによる影響 「アレルギー診断」において「アスペルギルス」への反応がある方は、「麹」による「発酵食品」を控える方が良いでしょう。 特に、「手作り米麹甘酒」には要注意。 「麹」を自分自身で扱うことによって「胞子」を吸い込んでしまう恐れがあります。 また、「カンジダ症」が酷いという場合、「腸壁」が弱っていることが多く、「アレルギー症状」が出やすい状態となっています。 このときに、「カンジダ」の仲間である「麹」を摂取してしまうと「症状の悪化」が起こるかもしれません。 以上のことから、該当する方は医療機関・専門家に「食生活の相談」をするようにしてください。 子供への影響 前述したように、「米麹甘酒」であれば、「アルコール成分」が一切含まれていないため、「妊娠中」「お子さま 子供 」でも安心してお召し上がりいただけます。 「砂糖」も添加されていないことから、「虫歯」が気になるという方にもおすすめです。 米麹甘酒の保存方法 保存方法 「米麹甘酒」には、「栄養価」の高い「ブドウ糖」が豊富に含まれています。 以下、おすすめの「冷凍保存方法」となります。 「容器 タッパなどプラスチック製のもの 」に「米麹甘酒」を移し替えて「冷凍保存」します。 「冷凍後」の「米麹甘酒」は硬めの状態となっていますが「スプーン」で「必要な分量」だけを取り出して「残りの分」は再度「冷凍保存」しましょう。 「開封後」でも、ご家庭で「加熱・沸騰」させることで「1週間程度」は保存することができますが、なるべく早めに飲み切るようにしましょう。 尚、「加熱・沸騰」によって、「ビタミン」などの「栄養成分」は「半減」してしまいますので、その点はご了承ください。 「自家製米麹甘酒」であれば、「冷蔵保存」にて「1週間程度」が1つの目安です。 この場合も、「日数」が経過するにつれて「やや黄色い見た目」に変化しますので、お召し上がりになるときには、しっかりと状態をチェックされることをおすすめします。 おすすめ[1]有機米使用白米あま酒 マルクラ食品 商品名 有機米使用白米あま酒 メーカー・ブランド マルクラ食品 原材料 米、米麹 アメリカ産有機JAS認定米使用 内容量 250g 価格 400円 税込 公式サイト 「マルクラ食品」の「有機米使用白米あま酒」では、「アメリカ・カリフォルニア産有機米」だけを使用し、「岡山・倉敷」の工場にて製造された「手作り米麹甘酒」です。 「砂糖」などの「甘味料」は一切含んでいません。 「40年以上」も引き継がれている「醗酵・熟成のノウハウ」を活かすことで、「自然な甘さ」に仕上げているところが最大のおすすめポイントです。 ぜひ、お試しになってみてください。 おすすめ[2]有機米使用玄米あま酒 マルクラ食品 商品名 有機米使用玄米あま酒 メーカー・ブランド マルクラ食品 原材料 玄米、玄米麹 アメリカ産有機JAS認定米使用 内容量 250g 価格 400円 税込 公式サイト 「マルクラ食品」の「有機米使用玄米あま酒」では、「アメリカ・カリフォルニア産有機米」だけを使用し、「岡山・倉敷」の工場にて製造された「手作り玄米麹甘酒」です。 「砂糖」などの「甘味料」は一切含んでいません。 「40年以上」も引き継がれている「醗酵・熟成のノウハウ」を活かすことで、「自然な甘さ」に仕上げているところが最大のおすすめポイントです。 「白米麹甘酒」とは違った「味わい」を、ぜひお試しになってみてください。 通販で買えるおすすめの米麹甘酒 おすすめ[1]手作りの生甘酒[無添加・2倍濃縮] 九重味噌製造 商品名 手作りの生甘酒[無添加・2倍濃縮] メーカー・ブランド 九重味噌製造 原材料 米麹 国産 内容量 500g 価格 669円 税込 公式サイト 「九重味噌製造」の「手作りの生甘酒[無添加・2倍濃縮]」は、「国産米麹」だけを使用した、通常の「2倍濃縮」にあたる「生甘酒」。 昔ながらの「麹蓋 こうじぶた 」による製法によって、「適温下」でじっくりと「熟成」させている点が、おいしさをつくり出している大きなポイントです。 多くの「米麹甘酒」とは違い、「加熱処理・殺菌」を行っていないことから、「麹菌」「消化酵素」がそのまま生きており、「独特な甘さ」「クセのない味わい」を楽しむことができますよ! まとめ ここまで、「米麹甘酒の栄養成分」「酒粕甘酒との違い」「効果・効能や副作用」「保存方法」「おすすめの米麹甘酒」などについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 「米麹甘酒」には、「アミノ酸」「ビタミン」「ブドウ糖」などの「栄養成分」が豊富に含まれています。 「麹」「蒸した米」だけを「発酵・熟成」させ、「麹」の「消化酵素」によって「米」の「澱粉 でんぷん 」が「ブドウ糖に分解されたもの」を主成分としているため、「アルコール成分」や「砂糖」が全く含まれていません。 「ダイエット」「美肌」「血圧上昇抑制」などをはじめとする「美容健康」に対しても、効果抜群!「飲む点滴」とも称されるほどに優秀な「米麹甘酒」を、ぜひお召し上がりになってみてください。

次の