ねえ ねえ 今日 何 し てる っ て 聞く けど 君 の。 #1 シンガポールのえっちなおねえさん(成人男性)のお話

#1 シンガポールのえっちなおねえさん(成人男性)のお話

ねえ ねえ 今日 何 し てる っ て 聞く けど 君 の

987 ID:pr5Y0qlT0. 135 ID:pr5Y0qlT0. 124 ID:pr5Y0qlT0. 237 ID:pr5Y0qlT0. 201 ID:pr5Y0qlT0. net 加害者『ああ……キレイな顔してる。 死んでるのか、これで』 男『ゾゾゾゾンビ~、ゾゾゾンビ~、ゾゾゾゾンビ~、ゾゾゾンビ~』 加害者『何やってんです……?』 男『バイオハ、ザ~ド、バイオハ、ザ~ド。 571 ID:Y0PJnyNqr. 177 ID:pr5Y0qlT0. 174 ID:pr5Y0qlT0. 466 ID:pr5Y0qlT0. net ブロロロロ… 男「いやー悪いね」 加害者「いえいえ、自分から言い出したことですから」 ゾンビ女「あたしは顔色悪いでしょ」 加害者「そ、そんなことないですよ」 加害者「とにかく、私は自分の意志であなたがたの召使いになると決めたんです」 ゾンビ女「まあ、人一人殺しといて一生召使いで済むなら安いもんよね」 加害者「うぐっ……」 加害者「本当にすみませんでした……。 034 ID:Y0PJnyNqr. 713 ID:pr5Y0qlT0. 636 ID:pr5Y0qlT0. net ブロロロロロ… キキッ 加害者「到着です。 ゆっくり買い物を楽しんできて下さい」 男「快適だったよ。 148 ID:pr5Y0qlT0. net キャーキャーッ! 245 ID:jbJnO3tdp. 518 ID:pr5Y0qlT0. net <ホームセンター> 通り魔「オラァァァッ!」ブンブンブン キャーキャーッ! 081 ID:pr5Y0qlT0. 160 ID:l1Y9bhEqK. 616 ID:pr5Y0qlT0. 570 ID:pr5Y0qlT0. 104 ID:pr5Y0qlT0. 075 ID:XbLYM9D1r. 869 ID:pr5Y0qlT0. 654 ID:pr5Y0qlT0. 275 ID:pr5Y0qlT0. net 男「ごちそうさま。 071 ID:XbLYM9D1r. 510 ID:pr5Y0qlT0. 454 ID:pr5Y0qlT0. net キキッ 加害者「到着です」 男「さ、入って入って。 858 ID:pr5Y0qlT0. 541 ID:2sFZ9YvI0. 691 ID:pr5Y0qlT0. net ゾンビ女「古そうな本やメモみたいなのもいっぱいあるね~」 ゾンビ女「この辺にあるの、読ませてもらっていい?」 男「どうぞどうぞ。 蘇生すれば第一段階は成功である。 180 ID:pr5Y0qlT0. 192 ID:pr5Y0qlT0. net ゾンビ女「だけど、ぶっつけ本番でよくうまくいったよね」 男「もちろん、今までに何度も失敗したさ」 男「女を家に連れ込んで殺してはゾンビ化呪文を唱えるを繰り返したが、なかなかうまくいかなかった」 男「しかし、やっと君でうまくいったんだよ。 943 ID:pr5Y0qlT0. 535 ID:1N7w79hYr. 542 ID:pr5Y0qlT0. net 男「だってあの時……君は僕に突き飛ばされて、轢かれたじゃんか!」 ゾンビ女「ああ、あれ?」 ゾンビ女「あたしはスタントマンみたいに轢かれたフリして、あとは死んだフリしてただけ」 ゾンビ女「あの加害者さんも車で轢いたフリしただけ。 彼の運転テク、並みじゃないから」 ゾンビ女「もちろん、あたしの死亡診断をしたお医者さんも協力者よ」 男「だけど体臭は……!」 ゾンビ女「この腐臭? こんなの腐った肉を懐に入れておいただけよ。 694 ID:pr5Y0qlT0. 073 ID:pr5Y0qlT0. 715 ID:pr5Y0qlT0. net 加害者「大丈夫か?」 ゾンビ女「うん、ちょっと怖かったけど信じてた」 加害者「ごめんな……任務とはいえこんな危ない目にあわせて」 加害者「車に轢かれるフリさせたり、こんなイカレ野郎と何回もデートさせたり……」 ゾンビ女「悪いと思ってるならチューして」 加害者「ああ」 チュッ 加害者「うっ」 ゾンビ女「どうしたの? 顔しかめちゃって」 加害者「改めて嗅ぐと、香水と腐った肉の異臭が混じって凄まじいニオイになってるな……」 ゾンビ女「アハハ、本物のゾンビよりゾンビしてるかも、今のあたし」 加害者「あと、土色のメイクもさっさと落としてくれ。 705 ID:pr5Y0qlT0. 387 ID:1N7w79hYr. 500 ID:l1Y9bhEqK. 595 ID:2sFZ9YvI0. net 乙 よかった・・・ホムセン好き女子は本当にいたんだね•

次の

作品歌詞:24時間 / 作詞 鮫 / うたまっぷ自作歌詞投稿

ねえ ねえ 今日 何 し てる っ て 聞く けど 君 の

「ねえねえ、 浅香 ( あさか )さん。 Dで、星高の 王寺 ( おうじ )君と居たって本当? 」 違うクラスの女子達に話しかけられて、頭の中で繰り返す。 星高のオウジ? 「あ、あれじゃない? 」 コノが髪の毛を指に巻きながら言った。 「ほら、帰る少し前に、何か派手な飲み物持ってテーブルに来た男。 」 「…ああ、銀縁のメガネかけてた奴? 」 あたしが空を見つめながら言うと。 「奴って…!! 王寺 ( おうじ )君、星高で一番人気なんだよ!? 」 握りこぶしで言われてしまった。 一番人気と言われても… 「へー、あの人一番人気なの? 」 コノが楽しそうに身を乗り出す。 「見た目だけなら、No. 2の 佐竹 ( さたけ )君の方がイケてた気がするけど。 」 「 朝霧 ( あさぎり )さん…分かってないわね。 」 女子達は、コノの前で人差し指を立てて。 「今時のいい男は、顔だけじゃダメなのよ。 」 って。 「そんなの、分かってるわよ。 」 コノが、唇を尖らせて。 あたしは、それを見て少し笑ってしまった。 コノは、惚れっぽい。 だから、まずは顔から入る。 それから、ギャップのある男にもかなり弱い。 「 王寺 ( おうじ )君は、頭脳明晰、スポーツ万能、生徒会長もしてるし、なんたって 王寺 ( おうじ )グループの御曹司!! 」 「… 王寺 ( おうじ )グループ? 」 「知らないの? リゾートホテルや高級マンションって言ったら、 王寺 ( おうじ )グループじゃない。 」 知るか。 そんなの。 あたしは苦笑いしながら、みんなの会話を聞く。 「 王寺 ( おうじ )君から女の子に声かけるなんて、めったにないんだよ!! 」 「へえ。 だから何? 」 「だから何って… 浅香 ( あさか )さん、 王寺 ( おうじ )君の事、落とすつもり? 」 「落とすって。 」 笑ってしまった。 そんな駆け引きは、もう要らない。 だって、あたしは学生結婚に向かってまっしぐらなんだもの。 そりゃあ、御曹司と言われると…少しグラグラ来るけど。 園 ( その )ちゃんは、あれで…すごくあたしを想ってくれてる。 ……恰好がダサくても。 ……自転車しか乗ってなくても。 「あたし、その 王寺 ( おうじ )君とやらには興味ないなー。 」 窓の外に目を向けてそう言うと。 「絶対ね? 絶対なのね? 」 みんなは、念を押して。 「 王寺 ( おうじ )君は、みんなのものじゃないとダメなんだから!! 」 …あたしは、アイドル並みの彼の人気に、少し同情すらしてしまった。 「 浅香 ( あさか )、 音 ( おと )さん。 」 コノが違うクラスの男子と帰るって言うから。 あたしは、一人でぶらぶらと表通りを寄り道しながらの下校。 最近、 佳苗 ( かなえ )はテレビ出演が増えて、一緒に下校した事もない。 「はい? 」 音楽屋の前で声をかけられて、振り向くと… 「えーと…執事君? 」 半笑いで、ふざけて言ってみた。 噂の 王寺 ( おうじ )君。 「あー…」 王寺 ( おうじ )君はポリポリと頭をかいて。 「名前、知ってくれてるんだ? 」 はにかんだ笑顔。 …なんだ。 笑うと可愛いな。 「学校で噂んなってた。 」 「どんな噂? 」 「 王寺 ( おうじ )君は、みんなのものじゃなきゃダメなんだって。 」 「なんだそれ……一緒に歩いていい? 」 「え? 」 「いや、彼氏とかいるなら、悪いから。 」 ふうん。 気遣いできる奴。 なるほど。 御曹司に持ってる偏見が、ちょっと変わったなあ。 「彼氏はいるけど、いちいちそういうの気にしない人だから。 」 「あー…やっぱ彼氏いるか…」 「いないと思う? 」 「だよね。 」 隣を歩きながら、 王寺 ( おうじ )君は色々質問して来た。 いつから彼氏って存在がいたのか。 彼氏を作る時の基準って何なのか。 前に、 佐竹 ( さたけ )君と付き合ったのは、どういうキッカケだったのか。 こんなの聞いて、どうするんだろ。 「 佐竹 ( さたけ )の事…好きだった? 」 「まあ、見た目は好みだったわね。 」 「そっか。 佐竹 ( さたけ )みたいな見た目が好きなのか…」 「別に 佐竹 ( さたけ )君がベストなわけじゃないわよ。 あなただって、その似合わない銀縁メガネを外したら、印象変わるだろうし。 」 あたしが 王寺 ( おうじ )君のメガネを見ながら言うと。 「…似合わないかな。 」 王寺 ( おうじ )君は、メガネを取った。 「うん。 ない方が優しく見える。 」 「冷たく見えてた? 」 「んー…でもさ…」 「ん? 」 「もしかして、わざと冷たく見せてる? 」 「……」 あたしの言葉に 王寺 ( おうじ )君は無言。 それから、少しだけうつむいて。 「ごめん… 浅香 ( あさか )さん。 」 小さく謝った。 「何が? 」 王寺 ( おうじ )君は次の瞬間… 「…彼氏がいるって分かってるのに、止められない。 君の事、好きになった。 」 メガネを外したままの顔で、まっすぐにあたしを見て。 ちょっと…キュンとするような声でそう言った。 「やあ。 」 「……」 目を丸くしてるあたしの後で。 女子生徒たちが、悲鳴とも雄叫びともとれる声で、騒いでる。 放課後。 帰ろうとして校門を出ると、 王寺 ( おうじ )君がいた。 「待ってたんだ…一緒に帰っていいかな…」 「えっ。 あー…それはー…」 背中に聞こえる声を思うと、嫌がらせとか必須だよなー。 面倒だなー。 そりゃ、あたしが 王寺 ( おうじ )君を好きなら、どんな事にでも耐えてみせる!! って言えるけど… キュンとはしたけど…好きって気持ちには届いてないし。 でも、それって 園 ( その )ちゃんにも言える事だよね… 「分かった。 いいよ。 」 とりあえずは、お試し期間と言うか。 別に 王寺 ( おうじ )君もみんなのものでいる必要もないし。 あたしが隣に並んで歩きはじめると。 「いいのー? 音 ( おと )。 」 王寺 ( おうじ )君を挟んで、コノが言った。 「あ…君は…」 「音の幼馴染、 朝霧 ( あさぎり ) 好美 ( このみ )です。 よろしくね 王寺 ( おうじ )君。 」 ニッコリ。 「あ…あ、よろしく…」 なんだろ。 王寺 ( おうじ )君は歯切れの悪い返事。 もしかしたら、普段はこんな感じで全然イケてないのかも? 「いいのー? 園 ( その )ちゃん迎えに来るんじゃないの? 」 げっ。 そうだった。 月水金は 園 ( その )ちゃんが迎えに来る。 あのチャリで。 今日は水曜日!! 「そうだったー…」 額に手を当てて考えてると。 「あ…彼氏が迎えに? 」 「うん。 」 「そっか…」 王寺 ( おうじ )君は食いしばって。 「彼氏に会ってみたい。 」 とんでもない事を言った。 「いやっ…それは…ちょっと…」 「えー、どうして? 園 ( その )ちゃんいい男じゃない。 」 コノの言葉に目を細める。 あんた、 園 ( その )ちゃんの恰好見て、いつも笑うクセに!! 目でそう訴えると。 なんなら、あたしが 園 ( その )ちゃん引き受けようか? それとも 王寺 ( おうじ )君? みたいな笑顔のコノ。 ちくしょー… そうこうしてると… 「 音 ( おと )ー。 」 キコキコと少し変な音のする自転車と共に、 園 ( その )ちゃんがやって来た。 「と…あ、コノちゃんの彼氏? 」 園 ( その )ちゃんは何も疑う事なく、 王寺 ( おうじ )君をコノの彼氏にした。 …あんた、今日も薄汚れたTシャツ着てくれてるじゃないのよ…!! 「うふ。 そう見える? 」 コノが 王寺 ( おうじ )君と腕を組んで、どこからか悲鳴と罵声が聞こえて来た。 「はじめまして。 早乙女 ( さおとめ ) 園 ( その )といいます。 」 園 ( その )ちゃんは満面の笑みでご挨拶。 「… 王寺 ( おうじ ) 善隆 ( よしたか )です。 」 オウジヨシタカ。 フルネーム、初めて知った。 「星高の制服だね。 」 「はい。 星高の三年です。 」 えっ、年上だったんだ。 「 王寺 ( おうじ )君、生徒会長なんだって。 」 「へえ~すごいなあ。 」 「 早乙女 ( さおとめ )さんは、何をされてる方なんですか? 」 「僕? 僕は絵描きなんだよ。 」 「絵…描き? 」 「うん。 」 「それって…」 王寺 ( おうじ )君は 園 ( その )ちゃんの恰好を上から下まで眺めて。 「売れない画家…ってやつですか? 」 ズバリ、失礼な事を言った。 「うーん。 残念ながら、まだ一枚も売れてはないなあ。 」 図星かよ!! って…あたし、 園 ( その )ちゃんの絵なんて見た事ないな。 「どんな絵を描いてるんですか? 」 「色々だよ。 風景も描くし、人も描く。 」 「で…」 園 ( その )ちゃんを格下と思ったのか、 王寺 ( おうじ )君は饒舌に話し始めた。 「この寒空に、彼女を自転車で迎えに来た…と。 」 「寒いかなあ? 二人乗りだとくっつくから温かいよ。 」 天然なのか、 園 ( その )ちゃんは嫌味にも気付かない。 「なんなら、うちのホテルにあなたの絵を飾るように言ってあげてもいいですよ。 」 「えー、ホテルの息子さん? すごいねえ。 でも、僕の絵は独特だから、なかなか気に入ってもらうには難しいかも。 」 「もしかして…抽象画ですか? 」 「うん。 」 チュウショウガ。 なんだ、それ。 「それは…ますます成功するには難しいですね。 いつまで画家を続けるつもりですか? 」 「いつまでって、一生だよ。 僕はもうそれを職業にしてるわけだから。 」 「でも一枚も売れてないんでしょ? 」 「うーん。 やっぱり金額設定が高かったかなあ…先生に言われるがままにつけちゃったんだけど。 」 「一枚、おいくらですか? 」 王寺 ( おうじ )君の問いかけに、 園 ( その )ちゃんは肩をすくめて。 「これぐらいのサイズのが、300万。 」 園 ( その )ちゃんが手で作った『サイズ』とやらを眺める。 それからゆっくり頭の中に金額が入って来た。 …300万… 「300万!? 」 「うん。 来月は個展開くから、一枚でも売れるといいなって思ってる。 」 ニコニコの 園 ( その )ちゃん。 さ…300万… 「売れたら、 音 ( おと )のために…」 「あ…あたしのために? 」 「荷台にクッションつけるから。 」 ガクッ。 園 ( その )ちゃんの金銭感覚に肩透かしを食らうも… 「……」 …ダメだ… 園 ( その )ちゃんの顔が… お金に見えてきた。

次の

永遠の17歳がクリスマスデートに行ってきましたの!

ねえ ねえ 今日 何 し てる っ て 聞く けど 君 の

Hello! Could you tell me where is the nearest gas station from here? (すみません! ここから一番近いガソリンスタンドはどこですか?)• Do you carry? (すみません!オーガニックの卵を探しているのですが、お店に置いてますか?) 「carry」という単語はもっぱら 「運ぶ」という意味で習ったと思いますが、この場合 「Do you carry? 」は「運ぶ」とは関係ありません。 「(お店で)取り扱いがあるかどうか」を聞くときの定番フレーズです。 お店で欲しいモノがあるときは、このフレーズを使って訊ねてみましょう。 Look at you! Are you the little boy used to cry behind your mom? (あらまあ! お母さんの後ろでよく泣いてた子がこんなに立派になって!)• Look at you! You are the most beautiful woman in the world today! (へえー! 今日の君は世界で一番美しいよ!) You know what? 「ねえねえ、この話知ってる?」 相手がその話題を知っているかどうか分からないとき、取り急ぎ、話を持ち出すときの一般的なフレーズです。 Susan is moving to Ohio! 「ねえねえ、何だと思う?」 「You know what? 」に比べ、サプライズの度合いが高いのがこちらのフレーズです。 「guess」は 「推測する、言いあてる」といった意味であることから、 「何を言おうとしているかあてられる?きっとビックリするよ」といったニュアンスがあります。 取っておきの話題を切り出すときに、意気込んで使ってみてください。 Who is coming here today? 「この話したっけ?」 「そういえば」と思い出した話を切り出すときに使うフレーズが「Did I tell you(話したっけ?)」です。 「そういえば」を意味する 「By the way」「Speaking of which」などのフレーズと合わせて使ってみるのもよいでしょう。 (昨日お母さんから電話があったって伝えていませんでしたっけ?) 「What did I tell you? 」とすると、 「あれ? 私、何て言ってたっけ? 」と確認するフレーズになります。 What did I tell you? 「ちょっと話があるのですが。 」 もし、人からこんな風に話を切り出されたら、真剣に話を聞く必要があります。 きっと何か 重要な話のはずです。 じっくり話が出来るように、 「Would you like us to go somewhere? (どこかへ移動した方がいいですか?)」と訊いてもよいでしょう。 I need to tell you something. Can I have a moment with you? (話があるのですが、ちょっと時間ありますか?) また、このフレーズは 別れ話を切り出す定番フレーズでもあります。 真剣な声でこういわれたら覚悟した方がよいかもしれません・・・。 I also have something to tell you. こっちも話があるんだ。 ) Are you listening? 「聞いてる?」 会話の最中なのに、どうも相手の反応が鈍い。 「聞いてますか?」と訊くときに使うフレーズです。 ) ちなみに、 電話での通話中などに「声が聞こえますか?」というときなら 「Do you hear me? 」または「Can you hear me? 」というのが適切です。 Do you hear me? ) Are you with me? 「聞いてる?」 こちらも会話中に相手が話を聞いているのか聞いていないのか、分からないときに使うフレーズです。 人の話をボーっと聞いていると「Are you with me? 」と訊かれてしまいますよ!.

次の