カシオペア 座 動き。 オーストラリアで見る天体

星の動きを知ろう −つるちゃんのプラネタリウム

カシオペア 座 動き

日本では「カシオペヤ座」とも呼ばれることもあります。 カシオペア座は、おおぐま座の北斗七星と共によく知られている星座で、日本では「いかり星」と呼ばれていました。 星座の形が船の錨に似ていることからでしょう。 北天でひときわ目立つ形をしているので、カシオペア座には世界各地で様々な呼び方がつけられていたようです。 ある国では「城の鍵」、またある国では「らくだのこぶ」とも呼ばれていたカシオペア座です。 カシオペア座は、北斗七星と共に北極星を見つけるための目印としても有名です。 北斗七星が見えづらい時期に北極星を探す際には、カシオペア座を目印にして捜すとよいでしょう。 詳しくは、ページをご覧ください。 カシオペア座には一等星以上の明るい星はありませんが、 明るさが揃った星がまとまっているので、夜空の明るい都会でも見つけやすい星座です。 秋になったら北天を探してみてください。 ギリシア神話の中でのカシオペア座 ギリシア神話の中では、カシオペアは古代エチオピア王ケフェウスの妻で、アンドロメダ姫の母として登場しています。 ある時、カシオペア王妃が自分の娘であるアンドロメダ姫の美しさをあまりに自慢したので、海の神ポセイドンの怒りを買ってしまいます。 ポセイドンは、お化けクジラに古代エチオピア王国を襲うように命じました。 恐れおののいた市民は逃げ惑い、ケフェウス王とカシオペア王妃にポセイドンの怒りを静めるよう請願します。 ポセイドンは、怒りを静めるためにアンドロメダ姫を生け贄に出すよう要求します。 ケフェウス王とカシオペア王妃はそれに従い、アンドロメダ姫を生け贄として海の岩場に鎖で繋ぎ、自分の犯した罪を嘆き悲しみます。 お化けクジラがアンドロメダ姫を襲おうとしたところに現れたのが、勇者ペルセウスでした。 アンドロメダ姫の救出劇は、アンドロメダ座のところで紹介しましたので、ご興味があればそちらをご覧ください。 それにしても困ったカシオペア王妃様です。 意味は「むね」という意味で、星座絵ではカシオペア王妃の胸に当たる場所で輝いています。 赤っぽい色をした2等星の星で、よく目立ちます。 この少し東側にNGC281という散光星雲が輝いています。 Wの一番右側の星で白っぽい2等星です。 双眼鏡や天体望遠鏡で見るカシオペア座 カシオペア座は、秋の天の川の中に位置しているため、星座内に散開星団がたくさん輝いています。 双眼鏡で観望すると、星が集まった箇所が何箇所も見え、微恒星の輝きで眼がチカチカしてくるほどです。 メシエ天体に選ばれている星団も存在していますので、天体望遠鏡を使った観望にも適した場所です。 カシオペア座には、星団だけでなく星雲も存在しています。 NGC281は散光星雲ですが、比較的明るいので、天体望遠鏡を使えば、ぼんやりとした姿を確認することができます。 カシオペア座を観望する際には、一緒に探してみてはいかがでしょう。 星座写真ギャラリーのへ.

次の

カシオペヤ座

カシオペア 座 動き

c 2005 Yukiko Tsuchiyama. All rights reserved. Produced by. カシオペヤ座のデータ 学名: Cassiopeia (カシオペィア) 略符: Cas 英語名: Cassiopeia the Lady in the Chair 設定者: 20時南中: 12月02日 カシオペヤ座 は,初冬の北の空高くアルファベットのWの字又はMの字を形づくる5つの星が,よく目立ちます。 南中(子午線通過)時の高さは北の地平線から60〜70度なので, カシオペヤ座 をさがすときは,自然と北を向くことになり,このページの星図も北を下に描いています。 W字形を作っている5個の星は2等星と3等星なので,市街地でも比較的みつけやすいでしょう。 この カシオペヤ座 の星の並びはよく目立つので,日本でも昔から注目されていて,錨星(いかりぼし),山形星(やまがたぼし)などと呼ばれてきました。 W字形は,北斗七星が低くなる秋冬の間,としても重宝されますので,ぜひわかるようにしておきたい星座です。 星図では省略していますが, カシオペヤ座 のあたりには秋の銀河が流れています。 降るような星空を見上げる機会がありましたら,ぜひ, のデネブから と の間を抜け, カシオペヤ座 の上を通り, ペルセウス座 の星列に沿うように曲線を描き, ぎょしゃ座 のカペラの方へ流れていく壮大な天の川をたどってみてください。 カシオペヤ座 は,ギリシア神話によると,古代エティオピア王家のカシオペア王妃の姿。 Wの字は,カシオペアが座っている椅子の形を表しています。 には,カシオペアのほか,カシオペアの夫であるケフェウス王( ),娘のアンドロメダ王女( ),化けくじら( ),勇者ペルセウス( ),ペルセウスが乗った天馬( )が登場し,いずれも秋から初冬にかけての星空を彩っています。 カシオペヤ座 の星の名前についてはをご覧下さい。

次の

オーストラリアで見る天体

カシオペア 座 動き

そのためには星がどのように動くのかを理解しておく必要があります。 夜空を見上げると、さまざまな星が輝いていますね。 しかし、いつ見ても同じ星が同じ位置に輝いて見えるわけではありません。 季節ごとに見える星座が変わりますし、たとえ同じ日付であっても時刻が変わると、同じ位置に別の星が見えるのです。 つまり、あなたが見る星は、たえず動いているということになります。 天体観測を行うためには、いつ観測するのかを決定したうえで、星がどの位置に見えるかを調べておくことが重要なのです。 時刻によって見える星は違う 地球が24時間の周期で自転していることはご存知でしょう。 地球の自転によって、星は1日かけて空をグルリと一周します。 北極星は偶然地球の自転軸を延長した方向に見えますが、このため北半球で見る全ての星は、北極星を中心に円を描くように動いていきます。 ここではもう少し星の動きを詳しく見てみましょう。 北の空での星の動き 北の空では全ての星が北極星を中心に、反時計回りに円を描くように動きます。 厳密にいうと北極星は、地球の自転軸方向から少しだけずれています。 ですからこの分だけ、北極星もごく小さな円を描くような動きをします。 これを1時間に換算すると、15度動くになります。 例えばある星の位置を確認し、その後1時間たってから同じ星の位置を観察すると、15度移動していることになります。 下の星図では、12月1日21時から22時にかけての1時間、10分間隔で星が動いていくようすを示しています。 東の空での星の動き 今度は東の空での星の動きを見てみましょう。 下星図は12月1日21時から1時間にわたる星の位置変化を10分ごとにプロットしたものです。 日本付近の緯度の場合、東の空では星は左下から右上へ移動していきます。 天上めがけてかけ上がっていくような感じですね。 ちょうど真東の地平線付近で星が移動する方向は次の計算式で計算することができます。 また、緯度が0度の赤道直下では地平線に対して垂直に昇ってきますし、緯度が90度の北極では星は地平線に対して水平に移動します。 季節によって見える星は違う 南の空を眺めた場合、夏にはさそり座が見えますが、冬になるとオリオン座が見えます。 同じように北東の空では、春に北斗七星が見えやすくなりますが、秋にはカシオペア座が見やすくなります。 このように、季節によって見える星が違っていることがわかります。 地球は太陽のまわりを1年かけて一周することはご存知ですね。 これが原因で、星座は1年をかけて全天をグルリと一周します。 1年は365日ですが、この間に360度動くわけですから、1日あたりに星が動く角度は約1度です。 星は1ヶ月に30度動くと覚えておきましょう。 北斗七星とカシオペア座の例 それでは、下の2つの星図をご覧ください。 どちらも21時の星図ですが、上の方は3月1日で、下の方は半年後の9月1日です。 3月1日は北東の空に北斗七星が見えますが、9月1日はカシオペア座が見えています。 このように、季節が違うと同じ時刻に同じ方角を見ても、違う星が見えることがわかります。 日がたつと星の位置はズレる 先に書いたように同じ時刻に観測した場合、星は1日に1度ずつ動いていきます。 下の絵は1月30日から3月1日までの30日間にわたり、3日間隔で星の位置を描いたものです。 北斗七星は下から上へ動いていきます。 しかも、左に見える北極星を中心に動いていますね。 このことは、時刻が経過した時と同じ星の動き方です。 星は1日に1度ずつ動きますが、一方、1時間に15度ずつ動きます。 ですから一日たつと、星は15分の1時間、つまり4分ずつ速い時間に同じ位置に見えるのです。 例えば3月1日に、ある星が21時に見える位置は、翌日だと同じ位置に20時56分に見えることになります。 ちょっと難しいかもしれませんが、覚えておくと役立つことが多いでしょう。

次の