ららぽーと 沼津 プレ オープン。 湯河原 飯田商店はまずい?人気店のラーメンを食べてみた感想(ららぽーと沼津)

ららぽーと沼津プレオープン10月2日クレジットカードの招待

ららぽーと 沼津 プレ オープン

ららぽーと沼津では、地域活性化を目指したマルシェ「Mercado DE SAMASA」や、約1,100席でららぽーと最大級のフードコート「NUMAZU GRAND DINING」を展開。 「ゴンチャ」や「3COINS」「博多一風堂」などの静岡県東部初出店や、神奈川県湯河原町の「らぁ麺屋 飯田商店」の「湯河原 飯田商店」など新業態店、シネマサンシャインとコロナワールドなどのエンタメ施設など全214店が出店する。 1階に展開するマルシェMercado DE SAMASAは、沼津で100年以上水産業を営んできた「佐政水産」が地元企業と連携。 スペインの市場のように新鮮な食材が並び、その食材を使用した料理も楽しめるフードホールを併設。 食物販とダイニングが融合したエリアとしている。 飲食スペースには沼津港深海水族館とコラボレーションした横幅約10mの駿河湾大水槽を設置。 駿河湾に生息する世界最大のカニ、タカアシガニ等、様々な生物を展示する。 NUMAZU GRAND DINING 無印良品やユニクロ、ロフトなどのライフスタイル、ファッションの大型店に加え、沼津の自然に恵まれた立地環境を背景に「WORKMAN Plus」「アルペンアウトドアーズ」「SUPER SPORTS XEBIO」などの本格的なスポーツ・アウトドア用品店も出店する。 ベビー・キッズ、ティーンブランドもエリア最大級としているほか、子育てファミリー向けの空間も提供。 年齢別にエリアがわけられたキッズスペース「こもりらのもり」や、ミルク・離乳食が温められるミニキッチンやおむつ交換スペースを備えた「こにわハウス」、施設南北にはそれぞれ、子供の遊具やイベントステージが設置された屋外広場が設けられている。

次の

ららぽーと沼津がオープン!全214店舗一覧&注目のテナントとは!?

ららぽーと 沼津 プレ オープン

ららぽーと沼津 静岡県東部最大級となる大型商業施設「ららぽーと沼津」が4日、沼津市にオープンする。 ただ、従業員採用を巡る労働力不足や慢性的な渋滞の悪化への懸念といった地域課題が改めて表面化する形にもなっている。 「この地域で多くの従業員を確保するのは大変だろうと予測していた。 実際に説明会を開催してみると、難しさをより実感した」。 9月初旬、ららぽーと沼津を運営する三井不動産商業マネジメントから委託され、同市で合同求人説明会を開催したアイデム担当者は本音をこぼした。 入居テナント214店舗全体の採用目標数は3千~4千人。 テナントの中にはオープン時給1500円と、周辺の一般的なパート・アルバイトと比べて破格の待遇を提示したケースも。 だが、採用数は目標の6~7割程度にとどまるという。 三井不動産商業マネジメントの担当者は沼津市の状況を「若者の流出や人口減少が激しく、そもそもの労働力が不足している。 土日や祝日が書き入れ時になるサービス業への就労を不安視し、敬遠する子育て世代の声も多い」と分析する。 沼津公共職業安定所が公表した7月の管内の有効求人倍率は県や全国平均を上回る1・64倍。 担当者は「時給ではなく総合的な働きやすさが求められる。 地域の実情に配慮した運営を心掛けたい」と話す。 交通渋滞を懸念する声も聞こえる。 同市はららぽーと沼津が面する国道1号を中心に県内有数の渋滞多発地域で、オープン後は渋滞が深刻化する恐れがある。 バス事業者は施設を経由する路線になるようダイヤを改正、公共交通の利用を呼び掛ける。 施設側もオープン当初は約800メートル離れた場所に臨時駐車場を設けて送迎バスを運行し、臨時駐車場を利用した客にクーポン券を配るなど、混雑緩和を図る。 施設近くの製造業経営者(51)は「住民の生活道路まで混雑しそう。 市民病院も間近にあり、救急車の通行の妨げにならなければいいが」と気をもんだ。 静岡経済の記事一覧•

次の

キッズエリア園児らが体験 「ららぽーと沼津」10月の開業前に|静岡新聞アットエス

ららぽーと 沼津 プレ オープン

三井不動産は10月4日、静岡県沼津市に「三井ショッピングパーク ららぽーと沼津」をオープンする。 10月2日マスコミ向け内覧会を開催した。 <ららぽーと沼津> 全国の人気店や地元の名店など、静岡県初46店、静岡県東部初出店119店、SC初15店、新業態18店を含む全217店がそろい、ららぽーとシリーズ5番目の規模となる。 メインターゲットを30~40代子育て中のニューファミリー、サブターゲットを20~30代ヤングカップルとし、年間売上約320億円を目標とした。 施設コンセプトは「LIVE MALL NUMAZU」。 ショッピング、食事など新たなモノ・コト・ヒトとの出会い、交流で、ライブやコンサートのように高揚感を味わえる施設を目指す。 地元沼津で100年の歴史を持つ「佐政水産」の運営するフードホール「Mercado DE SAMASA(メルカドサマサ)」、ららぽーとシリーズ最大規模の1100席のフードコート、感度の高いアパレルブランドなどをそろえた。 <メルカドサマサ> また、メインターゲットを子育て世代としているため、フードコートに小上がり席、小さな子供連れで休憩しやすい無料屋内キッズスペース、アカチャンホンポ、大型アミューズメント施設「コロナワールド」にも無料キッズスペースを導入している。 <広川義浩常務> 10月2日行われた記者会見で商業施設本部副本部長の広川義浩常務は、「静岡で磐田に続く2番目、全国で15番目のららぽーととなり、食、アパレル、アミューズメントなど217店をそろえた。 ECの&モールとも連携し、オムニチャネル化も推進する」とあいさつ。 <篠塚寛之リージョナル事業部長> 商業施設本部の篠塚寛之リージョナル事業部長は、「静岡県は車社会なので商圏30㎞内、約120万人をターゲットに設定。 30㎞圏内には3人以上の世帯が4割を占め、世帯収入も高く、昼間人口は107. 03%と多い。 足元10㎞圏内には大型商業施設がないため、有望なエリアだと考えている」。 <sanwa> 「家族で楽しめるイベントである食関連を充実させた。 ラゾーナ川崎で人気のスーパーsanwaも静岡初出店する。 ワークマンプラスなど119店の静岡東部初出店がオープン、沼津のモノ、コトを発信する沼津コートも設置。 デイリーユースに加え、観光客にも立ち寄っていただける食、シネコン、アミューズメント、各種イベントなど子育て世帯だけでなく、全世代で楽しめる構成になっている」としている。 <NUMAZU GRAND DINING> ライブ感のある豊かな食体験を提供する、3階に約1100席のららぽーと最大級のフードコート「NUMAZU GRAND DINING」を設置。 行列の絶えないラーメン店「らぁ麺屋 飯田商店」が「湯河原 飯田商店」の新業態でショッピングセンター(SC)に初出店する。 「いきなり!ステーキ」「リンガーハット」「一風堂エクスプレス」などファミリーユースの店舗もそろう。 <巨大な水槽も> 1階の「メルカドサマサ」は、シンボルとなる巨大な水槽を設置。 佐政水産の新鮮な魚介類に加え、野菜、日本茶、畜産の店をそろえた。 200席以上の飲食スペース、市場とフードホール、イタリアンレストランが複合した体験型マルシェとして、楽しい食体験を提供する。 各階には、「スターバックスコーヒー」、「タリーズコーヒー」、「コメダ珈琲店」、「ゴディバ」、台湾タピオカミルクティーの「ゴンチャ」などカフェを設け、買物の途中に一休みできるように設置した。 <ワークマンプラス> アパレルでは、3階に静岡県東部初出店となる話題の「ワークマンプラス」、2階に「アルペンアウトドアーズ」「スーパースポーツゼビオ」を誘致し、アスレジャーなど日常とスポーツシーンともに楽しめるアパレル、雑貨をラインアップした。 <JOURNAL STANDARD relume> また、「ユニクロ」、「GU」、静岡県東部初出店となる「JOURNAL STANDARD relume」などもオープンする。 <シネマサンシャイン> 生活(LIVE)をより豊かで快適にするショップとして、シネマコンプレックス「シネマサンシャイン」とボウリング・ゲームセンターを備えた大型アミューズメント「コロナワールド」が入居する。 みんなが安心して遊べる無料の屋内キッズスペース「こもりらのもり」や赤ちゃんと一緒に過ごす家族の居場所「こにわハウス」を配置し、子ども連れでも買物を楽しめる。 <沼津コート> モノ・コト・人の新たな出会い、交流の場として、「沼津コート」を開設した。 ららぽーとでしか体験できないコミュニティスペースとして、高感度な雑貨、食品をなどを編集し、販売する。 「コミュニケーター」と呼ばれるスタッフが常駐し、単なる物販にとどまらないふれあい、イベント開催など情報発信を行う。 5km JR東海道線「片浜駅」約2. 0km 営業時間:物販・サービス・フードコート10時~21時、レストラン11時~22時.

次の