山梨 コロナ 女性 顔 写真。 山梨帰省コロナ感染者20代女性の名前や顔写真が特定?Twitterに反論を投稿で大炎上|まるっとログ

【炎上】山梨コロナ感染女性のプライバシー完全崩壊 / 本名明かされ人生破滅レベルの私刑に警告「集団で吊るし上げる言葉に殺意」 | バズプラスニュース

山梨 コロナ 女性 顔 写真

・行動を自粛することなく高速バスで東京都へ この女性は2020年4月26日 日曜日 に体調に異変を感じた。 味覚と嗅覚に異常があると認識しつつも4月28日 火曜日 まで東京都内で仕事をし、体調がおかしいまま4月29日 水曜日 に山梨県に帰省。 4月30日 木曜日 は友人の家で複数の人たちとバーベキューを楽しんだ。 彼女は5月1日 金曜日 にPCR検査を受けたのち、整骨院やゴルフ練習場でプライベートをエンジョイ。 5月2日 土曜日 に新型コロナウイルスに感染している事が判明したが、行動を自粛することなく高速バスで東京都へと帰った。 ・行動を共にした男性がコロナ陽性 また、この女性は4月29日 水曜日 から友人男性と3日連続で行動を共にして濃厚接触しており、その男性は新型コロナウイルスに感染している事が判明。 彼女が男性に感染させた可能性が高いともいわれているが、感染経路は不明瞭なため断定できない。 『女性と家族に配慮して』?配慮して欲しかったのはその女の方ですけど?山梨県と東京都の何千、何万、何十万人の人達が外出自粛してコロナを必死に抑えてたのに、たった一人のこの馬鹿のせいで全部水の泡。 危機感無さ過ぎ。 馬鹿過ぎ。 — 翔 adgjmptwunn 山梨県から東京移動の女性、少しは情けかけようかと思ったが、なんとPCR検査後、ゴルフ場や接骨院に行っていたんですね。 それから陽性判明後東京に帰ったとのこと。 かばいきれないな。 常識外の行動。 — 桑ちゃん namiekuwabara ・恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々に書き込み この女性や友人は、SNSなどのインターネット上にバーベキューのようすや近日の行動を写真付きで掲載しており、さらに彼女の知人と思われる人物が彼女のプライベートをインターネット上に暴露。 それらのプライベート情報をインターネットユーザーらが情報収集するなどし、恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々にまとめてネットに書き込みしている。 ・ふたつの意味で問題が発生している もちろんそれらの情報は不確定情報でしかないし、それを確定情報として受け止めることは避けるべきだが、今回の一連の騒動に関して、ふたつの意味で問題が発生している。 ・多くの人たちの感染リスクを高めた ひとつめの問題は、彼女があまりにも自由な行動をとり、多くの人たちの感染リスクを高めてしまった点だ。 事実、感染経路はまだ不明だが、3日間彼女と行動を共にした男性が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出ている。 この件に関して彼女は猛省すべきだと考えられる。 ・彼女の交友関係や恋愛関係を特定 もうひとつの問題は、本来は守られるべき彼女のプライバシーが守られていない点だ。 確かに彼女は新型コロナウイルス感染していながら 感染している危険性がありながら 、行動を自粛することなく自由奔放に行動し、他人の感染リスクを高めたのは事実だが、プライバシーは守られるべきであり、本人の交友関係や恋愛関係を特定し、インターネット上で暴露する行為はやりすぎだとの声が出ているのである。 山梨20代女性の感染者、Twitterアカウントが特定されたと聞いてゾッとした。 プライバシーの無い社会怖い。 チクり当たり前で全国ネットで暴露されるとか怖い。 やっぱり田舎暮らしは無理だわ。 — 毎日スマホを拭く・くらミツハ・デラックスは中立・中庸 筋トレ推奨 7424h みんな感染してると思えば、山梨の帰省した女性のプライバシーを暴いて私刑するような、戦時中の隣組みたいな運動も無くなると思います。 東京閉鎖される前にも、たくさんの若い子が帰省しましたけど、結局何も起こらなかった。 プライバシーの侵害だし、ここまで晒されるなら今後誰も濃厚接触者の申告しなくなる。 コロナも怖いけど、コロナ関係で執拗に人を叩く人間も怖いよ! — シカク100@勉強垢 100shikaku 山梨県の感染女性の特定やらない方がいい。 間違っていたら大変なことになるし、日本は私的制裁は法治国家として、許可していないから。 — 林雄介・元キャリア官僚の開運作家・新刊「宗教で得する人・損する人」・新刊「大開運」大絶賛販売中。 yukehaya プライバシーの問題、人権意識の問題で、日本では難しいみたいな言い方をする一方で、蒲郡の男性や山梨の女性を叩いてもいい存在と標的化し、それを嬉々として追随して叩きまくる美しい国住人の人権意識だとか、聞いて呆れる。 — Toyomanne Rothschild toyomann 山梨帰省女性の件で思うのはいい加減こういう報道をやめないとますます虚偽申告とかだんまりをするインセンティブを与えてしまうわけだけどそれでいいのってことですよね。 感染症対策を大義名分に事細かく個人のプライバシーを暴露しすぎでしょう。 メディアも行政も。 — バーニング burningsan ・女の行動は確かに間違っていたかもしれないが インターネット上に暴露されている情報が事実かどうかは不明だが、どちらにしても、守られるべきプライバシーが守られていない可能性が高い。 そしてそれは「正当な批判」の範疇を超えた誹謗中傷にも繋がりかねない。 彼女の行動は確かに間違っていたかもしれないが、必要以上に責める行為はいかがなものか。 と、そういう声がインターネット上から出ているのも事実だ。 ・いろいろと考えを深めるきっかけとなる出来事 彼女に対して強い怒りを感じる人がいるのも事実であり、それを間違いだと抑え込むことも難しい。 今回の件は「批判されて当然の部分」と「守られるべきプライバシー」の双方を意識し、考える必要があると考える。 今回の件は、我々もいろいろと考えを深めるきっかけとなっているのではないだろうか。 あなたは今回の彼女の一連の問題に関して、どのように考えるだろうか。 【続報】.

次の

山梨コロナ帰省女性の名前特定!顔写真/父の職業/友人/実家/BBQの場所も|Mahiyu's blog

山梨 コロナ 女性 顔 写真

いまだに収束の気配がみえない新型コロナウイルス。 政府は5月4日、被害拡大を防ぐため『緊急事態宣言』を31日にまで延長することを発表した。 そんななか、今ネットで大炎上を巻き起こしているのが、コロナに感染していたことを知りながら山梨県に帰省したという20代会社員女性についてだ。 「味覚・嗅覚に異常を感じながらも、出勤を繰り返していたり、高速バスで山梨県に帰省。 友人たちとバーベキューしたのちに整骨院を受診したり、ゴルフに興じたりといった行動が次々と報じられています。 また、1日にPCR検査を受け、実家待機を要請されていたにも関わらず、女性は高速バスで帰京しました。 当初、1日の検査後、結果が出る前にバスに乗ったと話していたのですが、のちに通報があり、感染が判明した2日に乗車していたことが発覚。 匿名掲示板に本人のものと思しきツイッターアカウントが特定され(のちに削除も、本人のものかは不明)ネットでは本名や職場の特定など、さまざまな投稿が今も後を絶たない。 それらの情報をまとめたブログがネット上に乱立、なかには勤め先の店の情報や電話番号などを記載し、電話での通報を促すようなものも。 ネット犯罪に詳しいジャーナリストは、「未曾有(みぞう)のコロナ禍という先の見えない不安にストレスが生まれ、集団心理と過剰な防衛本能が働いているのでは」と私見を述べる。 店には問い合わせの電話が殺到したと聞きます」(飲食店関係者) このようなネット炎上と不確かな情報拡散はなぜ終わらないのか。 「このような情報をまとめるサイトを『トレンドブログ』といい、そのサイト運営者はページが読まれるごとにグーグルなどを通じて広告収益を得られます。 炎上系の話題が報じられたり拡散されたりするとすぐに『〇〇 本名』といったような検索がされます。 「ネットブログの運営者は取材や裏どり行わず、一方的な主観によって情報を発信してしまうという危険性を多く孕んでいますが、ブログによっては月に3桁の収入を稼ぐものもあり、一度手を出したらなかなかやめられないとか。 〈取材・文 野口侑弥〉.

次の

山梨帰省コロナ感染女性のプライベート暴露される / 友人が情報書き込みか「顔写真や恋愛関係も暴露」「責めすぎだ」

山梨 コロナ 女性 顔 写真

に感染していることが判明したのち、高速バスでから東京都に帰京した20代女性が物議を醸している。 彼女は体調に異変を感じ、で検査を受けたものの、検査当日にで施術を受けたり、ゴルフ練習場を利用していたことが判明。 さらに複数の知人とバーベキューをし、複数の濃厚者を生んでいた。 ・行動を自粛することなく高速バスで東京都へ この女性は2020年4月26日 日曜日 に体調に異変を感じた。 味覚と嗅覚に異常があると認識しつつも4月28日 火曜日 まで東京都内で仕事をし、体調がおかしいまま4月29日 水曜日 にに帰省。 4月30日 木曜日 は友人の家で複数の人たちとバーベキューを楽しんだ。 彼女は5月1日 金曜日 に検査を受けたのち、やゴルフ練習場でプライベートをエンジョイ。 5月2日 土曜日 にに感染している事が判明したが、行動を自粛することなく高速バスで東京都へと帰った。 ・行動を共にした男性がコロナ陽性 また、この女性は4月29日 水曜日 から友人男性と3日連続で行動を共にして濃厚しており、その男性はに感染している事が判明。 彼女が男性に感染させた可能性が高いともいわれているが、感染経路は不明瞭なため断定できない。 『女性と家族に配慮して』?配慮して欲しかったのはその女の方ですけど?と東京都の何千、何万、何十万人の人達が外出自粛してコロナを必死に抑えてたのに、たった一人のこの馬鹿のせいで全部水の泡。 危機感無さ過ぎ。 馬鹿過ぎ。 — 翔 adgjmptwunn 山梨でコロナ感染判明後東京に戻った女性、SNSで名前まで出され批判受けているとラジオで聞いたが、それ、クルーズ船でが同じことしてるがなぜ責めないの?やったことは確かに悪いが、SNSで名前まで出して批判することはないだろう。 バーベキュー開催しなければいかなかったはず。 — 桑ちゃん namiekuwabara ・恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々に書き込み この女性や友人は、などのインターネット上にバーベキューのようすや近日の行動を写真付きで掲載しており、さらに彼女の知人と思われる人物が彼女のプライベートをインターネット上に暴露。 それらのプライベート情報をインターネットユーザーらが情報収集するなどし、恋人や友人の彼氏との関係などを赤裸々に書き込みしている。 ・ふたつの意味で問題が発生している もちろんそれらの情報は不確定情報でしかないし、それを確定情報として受け止めることは避けるべきだが、今回の一連の騒動に関して、ふたつの意味で問題が発生している。 ・多くの人たちの感染リスクを高めた ひとつめの問題は、彼女があまりにも自由な行動をとり、多くの人たちの感染リスクを高めてしまった点だ。 事実、感染経路はまだ不明だが、3日間彼女と行動を共にした男性がの検査で陽性反応が出ている。 この件に関して彼女は猛省すべきだと考えられる。 ・彼女の交友関係や恋愛関係を特定 もうひとつの問題は、本来は守られるべき彼女のプライバシーが守られていない点だ。 確かに彼女は感染していながら 感染している危険性がありながら 、行動を自粛することなく自由奔放に行動し、他人の感染リスクを高めたのは事実だが、プライバシーは守られるべきであり、本人の交友関係や恋愛関係を特定し、インターネット上で暴露する行為はやりすぎだとの声が出ているのである。 山梨20代女性の感染者、アカウントが特定されたと聞いてゾッとした。 プライバシーの無い社会怖い。 チクり当たり前で全国ネットで暴露されるとか怖い。 やっぱり田舎暮らしは無理だわ。 — 毎日を拭く・くらミツハ・デラックスは中立・中庸 筋トレ推奨 7424h みんな感染してると思えば、山梨の帰省した女性のプライバシーを暴いて私刑するような、戦時中のみたいな運動も無くなると思います。 東京閉鎖される前にも、たくさんの若い子が帰省しましたけど、結局何も起こらなかった。 プライバシーの侵害だし、ここまで晒されるなら今後誰も濃厚者の申告しなくなる。 コロナも怖いけど、コロナ関係で執拗に人を叩く人間も怖いよ! — シカク100@勉強垢 100shikaku の感染女性の特定やらない方がいい。 間違っていたら大変なことになるし、日本は私的制裁はとして、許可していないから。 — 林雄介・元キャリア官僚の開運作家・新刊「宗教で得する人・損する人」・新刊「大開運」大絶賛販売中。 yukehaya プライバシーの問題、人権意識の問題で、日本では難しいみたいな言い方をする一方で、の男性や山梨の女性を叩いてもいい存在と標的化し、それを嬉々として追随して叩きまくる住人の人権意識だとか、聞いて呆れる。 — Toyomanne Rothschild toyomann 山梨帰省女性の件で思うのはいい加減こういう報道をやめないとますます虚偽申告とかだんまりをするを与えてしまうわけだけどそれでいいのってことですよね。 対策を名分に事細かく個人のプライバシーを暴露しすぎでしょう。 メディアも行政も。 — バーニング burningsan ・女の行動は確かに間違っていたかもしれないが インターネット上に暴露されている情報が事実かどうかは不明だが、どちらにしても、守られるべきプライバシーが守られていない可能性が高い。 そしてそれは「正当な批判」の範疇を超えた誹謗中傷にも繋がりかねない。 彼女の行動は確かに間違っていたかもしれないが、必要以上に責める行為はいかがなものか。 と、そういう声がインターネット上から出ているのも事実だ。 ・いろいろと考えを深めるきっかけとなる出来事 彼女に対して強い怒りを感じる人がいるのも事実であり、それを間違いだと抑え込むことも難しい。 今回の件は「批判されて当然の部分」と「守られるべきプライバシー」の双方を意識し、考える必要があると考える。 今回の件は、我々もいろいろと考えを深めるきっかけとなっているのではないだろうか。 あなたは今回の彼女の一連の問題に関して、どのように考えるだろうか。

次の