アノニマス ポスト 緊急 避難 所。 市の災害対策|船橋市防災ポータルサイト

大手まとめサイト「アノニマスポスト」ツイッター凍結される フォロワー約15万images.tinydeal.comewsJapanも同様措置: J

アノニマス ポスト 緊急 避難 所

地震が多発している。 ウェザーニュースによると、2020年5月4日から11日にかけて計3回緊急地震速報が発表された。 自然災害で住居に大きな被害が出た場合、避難所での生活が選択肢となる。 だが今は、新型コロナウイルスの感染リスクが懸念される。 万一の場合、どのような対策が考えられるか。 手指消毒は必須、居住区域では土足厳禁に 20年5月11日朝9時前に茨城県沖で発生した地震では、茨城県水戸市や千葉県旭市で最大震度3を観測した。 テレビからは緊急地震速報が鳴り響き、ツイッターには11日朝、「地震大丈夫」「地震警報」「地震の予言」などといったワードがトレンド入りした。 多くの人が不安を募らせている。 自然災害では、感染症が心配だ。 厚生労働省は公式サイト上で、「災害時における避難所での感染症対策」を公開している。 災害時には感染症の拡大リスクが高まり、とくに避難所での衛生状態の維持が重要だとしている。 そこで、基本的な手洗いや咳エチケットが大切。 しかし、流水で手洗いができない場合も考えられる。 その際はアルコールを含んだ手指の消毒薬を使用するよう推奨している。 避難所では他人と共用するトイレも、衛生管理が必要となる。 トイレ内で汚染された履物から感染が広まる恐れがあるため、居住区域では土足厳禁。 使用前後には便座を拭く、手洗い場とトイレはなるべく近くに設置するなどだ。 状況に応じて「避難所に行かない」も選択肢 一方、新型コロナウイルスの感染が拡大している現在、避難所では「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」が不安だ。 この点、千葉市が20年5月1日に公開した新型コロナウイルス等感染症を踏まえた避難所開設運営方針で、基本的な考え方として、第一に避難所の過密状態の防止を挙げている。 具体的な対策法は次の通り。 災害が発生した際、市側はまず避難場所に収容しきれない状況や安全性から判断し、自宅にとどまる「在宅避難」または親族や友人宅への避難を優先するように周知する、とある。 被災者にとっては「避難所に行かない」も、状況によっては選択肢となるわけだ。 避難してきた被災者が車中泊する場合は、エコノミークラス症候群対策として避難所内の情報掲示板に注意喚起のチラシを掲示する。 避難所においては、十分な換気に努め、避難者の居住スペースを可能な範囲で広く確保する。 また、飛沫が飛ばないよう、避難者同士の間隔を2メートルほど確保する、としている。 もし感染が疑われる避難者を一時的に避難所内に待機させる場合には、可能な限り個室の専用スペースとトイレを確保する。 それが難しい場合には、パーテイションで区切るなど工夫する。 避難者も、感染拡大を防ぐ努力が必要なのは言うまでもないだろう。

次の

救急医療情報を携帯しよう!救急医療情報ってなに?

アノニマス ポスト 緊急 避難 所

・トリアージ訓練パック トリアージ訓練パックには、災害医療救護訓練を2回実施するために必要な資料一式が全て含まれています。 必要な資料一式は以下の通りです。 ・事前準備資料(訓練運営者名簿、訓練用資機材リスト等) ・当日資料(医療救護訓練概要全体説明、運営者進行表、チェックリスト) ・アクションカード(ブリーフィング用と行動時用) ・評価表(医療者用、救護者用、傷病者用) ・訓練評価とアンケート 想定する医療救護所は、自治体の管理下にある小中学校、または災害拠点病院に設営される医療救護所です。 運営規模は、以下の人数(医師:3名、看護師:3名、事務連絡:3名、傷病者:15名、医療救護ボランティア:10名)を想定しています。 適宜、必要な資料を個々の訓練に合わせて改良してお使い下さい! 科学的根拠に基づいたパッケージ このパッケージは、新宿駅西口医療救護訓練の5年間の立案と解析からなるPDCAサイクルによって作られました。 具体的には、2011年と2012年は、医療救護訓練のトリアージポストをステレオ(3次元)カメラによって撮影し、医療者らの動線を抽出し、その動線解析を行い、翌年度の医療救護所レイアウト変更に反映させました。 2013年~2015年は、ステレオカメラでトリアージポストを撮影するだけでなく、トリアージ医師にマイクを付け、その動きをハンディカメラで追って撮影することも行いました。 これは、医療者と傷病者、さらには救護ボランティアの会話シーンを録画して、その会話分析を行うためです。 この動線と会話分析の結果は、新宿区医師会へフィードバックを行い、翌年度の訓練内容に反映させました。 この新宿駅西口訓練では、大学病院救急医学スタッフや、日赤東京都支部のスタッフの専門家の支援によって行われていました。 多くの専門家が参加し、指導、評価することは理想的です。 しかし、多くの自治体でも、災害関連病院でも、訓練にこのような専門家が多数参加することは難しいです。 そこで、少ない専門家の参加状況の中で質の高い訓練を実現するために、この訓練のPDCAサイクルを通して症例カード、ムラージュシール、相互評価などを開発しました。 その評価に関しては、論文に記載しています。 また、参加が楽しいとは言えない訓練を少しでも興味深くするために、Edutainmentの手法を取り入れました。 これは、訓練参加が少しでも楽しくなるために、ベスト救護者、ベスト傷病者など表彰する制度を取り入れました。 災害医療訓練に必要なものが揃い、ダウンロードすれば誰でも使える これまで、災害時を想定した医療救護訓練は実施コストが大きく、普及が進んでいませんでした。 そこで、災害医療救護訓練に必要な教材・ツール一式を揃えた「医療救護訓練素材集」を作成しました。 ダウンロードして、必要なものだけでも、一式でも、すぐに使うことができ、効率的に訓練を実施できます。 特に、難しい(面倒)と考えられるのは、正しい傷病者の準備と、訓練の評価・振り返りです。 トリアージ訓練実現のためには、特に正確な傷病者の準備が必須です。 震災などで怪我をした傷病者を訓練中、一貫して演技し続けることが出来て、初めて医療救護訓練が成立します。 これは医療者が傷病者を演じてもとても難しい問題です。 また、バラエティ豊かな傷病者を準備することも大変です。 そこで、本パッケージでは30人分の症例カードと、外傷を簡単に作ることができるムラージュ(化粧)シール20症例分を用意しました。 症例カードを読めば、一般参加者でも傷病者を演じ続けられるように、その注意点が記載されています。 傷病者の傷は、特殊な化粧品を用いて作成するところ、ムラージュシールを用いることで、市販品のシールを応用するだけで、安価で簡単にリアルな傷を作ることができます。 また、訓練評価の問題に関しては、専門家が行うための評価シートだけでなく、一般参加者同士が相互に評価し合う相互評価を用意しました。 これは、救急医療に詳しい関係者の参加が少なくても、勉強になり、自分自身での振り返りをして考えることが出来るようにするものです。

次の

大手まとめサイト「アノニマスポスト」ツイッター凍結される フォロワー約15万images.tinydeal.comewsJapanも同様措置(2019年8月14日)|BIGLOBEニュース

アノニマス ポスト 緊急 避難 所

地震が多発している。 ウェザーニュースによると、2020年5月4日から11日にかけて計3回緊急地震速報が発表された。 自然災害で住居に大きな被害が出た場合、避難所での生活が選択肢となる。 だが今は、新型コロナウイルスの感染リスクが懸念される。 万一の場合、どのような対策が考えられるか。 手指消毒は必須、居住区域では土足厳禁に 20年5月11日朝9時前に茨城県沖で発生した地震では、茨城県水戸市や千葉県旭市で最大震度3を観測した。 テレビからは緊急地震速報が鳴り響き、ツイッターには11日朝、「地震大丈夫」「地震警報」「地震の予言」などといったワードがトレンド入りした。 多くの人が不安を募らせている。 自然災害では、感染症が心配だ。 厚生労働省は公式サイト上で、「災害時における避難所での感染症対策」を公開している。 災害時には感染症の拡大リスクが高まり、とくに避難所での衛生状態の維持が重要だとしている。 そこで、基本的な手洗いや咳エチケットが大切。 しかし、流水で手洗いができない場合も考えられる。 その際はアルコールを含んだ手指の消毒薬を使用するよう推奨している。 避難所では他人と共用するトイレも、衛生管理が必要となる。 トイレ内で汚染された履物から感染が広まる恐れがあるため、居住区域では土足厳禁。 使用前後には便座を拭く、手洗い場とトイレはなるべく近くに設置するなどだ。 状況に応じて「避難所に行かない」も選択肢 一方、新型コロナウイルスの感染が拡大している現在、避難所では「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」が不安だ。 この点、千葉市が20年5月1日に公開した新型コロナウイルス等感染症を踏まえた避難所開設運営方針で、基本的な考え方として、第一に避難所の過密状態の防止を挙げている。 具体的な対策法は次の通り。 災害が発生した際、市側はまず避難場所に収容しきれない状況や安全性から判断し、自宅にとどまる「在宅避難」または親族や友人宅への避難を優先するように周知する、とある。 被災者にとっては「避難所に行かない」も、状況によっては選択肢となるわけだ。 避難してきた被災者が車中泊する場合は、エコノミークラス症候群対策として避難所内の情報掲示板に注意喚起のチラシを掲示する。 避難所においては、十分な換気に努め、避難者の居住スペースを可能な範囲で広く確保する。 また、飛沫が飛ばないよう、避難者同士の間隔を2メートルほど確保する、としている。 もし感染が疑われる避難者を一時的に避難所内に待機させる場合には、可能な限り個室の専用スペースとトイレを確保する。 それが難しい場合には、パーテイションで区切るなど工夫する。 避難者も、感染拡大を防ぐ努力が必要なのは言うまでもないだろう。

次の