家政婦 月額。 料金一覧

私の家政婦ナギサさん

家政婦 月額

まずはお気軽にご相談ください。 送迎は、徒歩または公共交通機関による移動に限ります。 月2回定期ロングプラン• 実際に定期でお伺いする清掃スタッフが2時間のお試し清掃をおこないます。 スタッフとの相性も含めてご体験ください。 ・ご利用は定期ロングプランをご検討のお客様に限ります。 ・作業時間に、ファーストヒアリング(無料打ち合わせ)を含みます。 ・サービス時には、ご在宅いただく必要がございます。 ・入会金等は一切ございません。 ・初回お試しプランのご利用なしで、定期ロングプランをご契約いただくことも可能です。

次の

家政婦・家事代行の料金・費用

家政婦 月額

部屋の片づけ、拭き掃除、掃除機がけなど• 食器洗い、キッチンの清掃、片づけ• トイレ、お風呂、洗面所の清掃• バルコニーやベランダ、庭の掃除• 洗濯、洗濯物たたみ、アイロンがけ• 料理、料理の作り置き• 靴磨き• ゴミ出し• 日用品や食料品の買い物 上記は一例で、その他にもやって欲しいことがあればスタッフと打ち合わせすることで対応してくれる場合があります。 つまり、「日常の家事」の範囲内ならほとんど対応可能です。 さらに、家の中だけでなく、玄関や庭、ベランダなど家の外の作業も対応可能です。 家事代行サービスで対応できない内容 逆に、家事代行サービスで依頼できない内容としては以下のようなものがあります。 エアコンや換気扇などの分解クリーニング• 家庭用洗剤では落とせない頑固な汚れ• 専門的な介護• 来客の対応• 子供の送り迎え 家事代行サービスで人気の依頼内容は面倒なお掃除の代行ですが、家庭用洗剤を使った清掃作業を代行する程度です。 専門の洗剤や機材を使わないと落ちないような汚れは専門のハウスクリーニングを利用する必要があります。 介護については、お食事や着替えなど簡単なサポートなら対応可能な場合がありますが、入浴など専門的な内容は対応できません。 子供の送り迎えも対応できないことが多いです。 家事代行サービスとハウスクリーニングの使い分け 家事代行サービスとよく似ているのがハウスクリーニングです。 どちらもキッチンやトイレ、お風呂場などのお掃除を依頼できます。 そのため、家の中を掃除して欲しいというときに、家事代行サービスに依頼すべきかハウスクリーニングに依頼すべきか判断に迷っている人もいるかもしれません。 家事代行のお掃除とハウスクリーニングのどちらを利用すべきかは、専門技術を使った本格的なクリーニングが必要かどうかで選ぶとわかりやすくなります。 家事代行 一般家庭用の洗剤で行う日常的な掃除 ハウスクリーニング 専門技術で徹底的にクリーニング ハウスクリーニングの仕事は、日常的な掃除では落とすことができない汚れを落としたり、エアコンや換気扇などを分解して徹底的にクリーニングします。 プロ専用の道具や洗剤を使いますので費用がかかりますが、頑固な経年の汚れもキレイにすることができます。 家事代行は、日常の家事の代行を行いますので、掃除方法は一般家庭の日常的なお掃除と同じです。 ハウスクリーニングは年1回か2回程度、徹底的にキレイにしたいときにおすすめです。 それに対して、定期的に簡単な清掃をしてもらいたいときは家事代行サービスがおすすめです。 家事代行業者がハウスクリーニング業務も行っていることがあります。 普段は 日常的な家事のサポートをしてもらいつつ、年に何回か定期的にハウスクリーニングをしてもらうということも可能です。 料金設定は時間制 家事代行サービスの料金システムは、時間制となっています。 1回につき2時間以上などの最低依頼時間があり、何時間作業をしたかで料金が決まります。 家事代行サービスはプレゼントとして活用するのもおすすめです。 例えば、母の日や父の日に両親にプレゼントしたり、単身赴任して離れて暮らしている夫婦など、家族にプレゼントしてあげることで、忙しい日々でも快適に過ごしてもらえるようになるでしょう。 今までとはちょっと違ったプレゼントをしてあげたいというときに活用できます。 家事代行サービス利用時の流れ 実際に家事代行サービスを利用する時の申込みからサービス完了(支払い)までの流れは下記のようになってます。 フリーダイヤルやメールなどで問い合わせ• 料金の見積もり後に申し込み• 作業内容の事前打ち合わせ• サービス実施• 定期依頼の申し込み、料金の支払い お試ししてから定期を頼める 初めて利用するときはトライアルとしてお試しプランが利用できる場合が多いです。 あらかじめ何をやって欲しいか考えてから問い合わせをするとスムーズに進みます。 トライアルでサービス内容に満足できれば、2回目以降の定期依頼の申し込みをする流れになります。 家事代行サービスは副業として行っている方も多くいます。 条件やどのくらい稼げるのか詳しくは下記のページで確認してみてください。 家事代行だけなく、お遍路代行や墓参り代行の副業もあります。 代行の副業について知りたい方は下記ページを一緒にご覧ください。 家事代行サービスの料金相場 家事代行サービスを利用すると、どれぐらいの料金が必要になるのか、一般的な相場を紹介します。 費用・料金の相場 基本料金 1時間あたり2,500~3,000円 延長料金 30分の延長で1,500円程度 スタッフの交通費 800~1,000円程度 鍵預かり(保管)料金 1ヶ月あたり1,000円程度(無料の場合もあり) スタッフ指名料金 500円程度 早朝、深夜の割増料金 1時間あたり200~300円増 基本料金と延長料金の相場 基本料金の相場は1時間につき2,500~3,000円程度になることが多いです。 家事代行サービスは定期依頼して一か月分をまとめて支払うことが多いため、利用する頻度が高ければ1時間あたりの料金が安くなることがあります。 ただし、1時間だけ作業してもらうということはできず、 最低2時間以上から依頼可能となっていることが多いです。 そのため、1回あたりの基本料金の相場は最低5,000~6,000円程度からということになります。 当日に追加で作業をお願いして予定時間が過ぎたときは延長料金を支払います。 延長時間は10分単位など細かく区切ってくれることもあれば、30分単位になっていることもあります。 交通費は利用者負担が一般的 スタッフが自宅に来るまでの交通費は利用者負担となることが多いです。 交通費として800~1,000円程度が相場です。 追加料金が発生する内容 鍵預かり費用 定期的に利用するときは、スペアキーを預けて不在時に作業してもらうこともできます。 この場合は合鍵を業者が保管しますので、そのための 費用が1ヶ月あたり1,000円程度かかる場合があります。 指名料金 いつも来てくれているスタッフにまた来て欲しいという時は、スタッフの指名ができる場合があります。 指名料金の相場は500円程度です。 早朝・深夜の割増 家事代行サービスではサービス時間は9時~20時頃までとなっていることが一般的です。 しかし、出勤前や夜中に利用したいというときは、早朝・深夜の割増料金を支払うことで対応可能な場合があります。 1時間あたり200~300円程度加算されることが多いです。 その他の追加料金 掃除や片付けは基本料金の範囲内でやってくれますが、あまりにも汚れがひどいごみ屋敷のような状態だと、別途追加料金が発生する可能性があります。 また、一般家庭の洗剤では落ちないキッチンや換気扇などの頑固な汚れは家事代行サービスでは対応できないことがあります。 専門の技術がないと落とせないようなひどい汚れはハウスクリーニングの利用を検討しましょう。 料金の支払方法 家事代行サービスの利用料金の支払い方法は主に以下の2種類があります。 クレジットカード払い• 当日現金払い 家事代行サービスは週に1回など定期的に利用することが多いため、一か月の利用料金をまとめてクレジットカードで支払うシステムになっていることが多いです。 スポットで依頼した場合は、作業当日の終了後にその場で現金手渡しで支払いをする場合もあります。 家事代行サービス選びのポイント 数ある家事代行サービス業者が有る中で、どのような事に気を付けて選ぶと良いのでしょうか。 選ぶ時のポイント• 大手かどうか• 小規模業者は認証制度をチェック• 損害保険に加入しているか• サービス内容や料金設定が自分に合っているか 安心して利用できる大手サービス 家事代行サービスは一般でも認知度がアップしており、多数の業者がサービスを行っています。 安心感を重視して選ぶなら、雑誌などのメディアで紹介されているような知名度の高い業者や、上場企業が運営しているサービスがおすすめです。 業界大手のサービスは スタッフの研修もしっかり行っているので、安心して家に入ってもらうことができます。 料金の説明や問い合わせの対応もしっかりとしてくれるでしょう。 全国展開の大手企業は事業規模が大きいため、家事代行だけでなくハウスクリーニングや宅配クリーニングも扱っていることがあります。 家事以外の依頼にも幅広く対応可能というメリットがあります。 小規模業者を選ぶときに役立つ認証制度 コスト面を重視して選ぶなら、小規模業者の方が時間あたりの料金が安いことがあります。 小規模業者や地元のローカルな業者を選ぶときは、一般財団法人全国家事代行サービス協会による「家事代行サービス認証」の有無を確認しましょう。 認証を受けた業者なら、サービスの質、スタッフのマナーともに安心して任せることができます。 損害保険に加入しているか 家事代行業者が損害保険に加入しているかどうかも依頼前に確認すべきポイントです。 損害保険とは、訪問してきて作業をしてくれるスタッフが家の物を壊すなど損害が発生した場合に賠償するための保険です。 万が一トラブルが発生したときにどのような対応が可能なのか事前に確認しておくことが大切です。 自分に合ったサービスがあるか 対応する内容が事業者により異なることがあります。 「家の中の掃除や料理と共に、子供の送迎もやってほしかったが、対応してなかった」ということや、「1時間だけ頼みたかったのに2時間以上の設定しかなかった」などという事にならないように、サービスの内容や設定条件をよく確認しましょう。 依頼前にここをチェック!家事代行サービスの注意点 家事代行サービスを依頼する前に知っておきたい注意点について紹介します。 依頼時の注意点 貴重品の管理は責任を持って行う 家事代行サービスを利用するときは貴重品や高価な品物の扱いには細心の注意を払いましょう。 事前にどの場所の片付けや掃除をしてもらうのか打ち合わせをして、スタッフが作業する場所の近くに貴重品を置かないようにしておきましょう。 掃除や調理の道具は家にあるものを使う これは利用する業者によっても変わりますが、一般的に家事代行サービスではお掃除に使う道具屋料理に使う調理器具は家にあるものを使ってもらうことになります。 作業してもらうのに必要な道具は揃っているのか確認し、足りないものがあれば業者に用意してもらえないか相談してみましょう。 どんなスタッフに来てもらうか希望を伝えることも可能 家事代行をしてくれるスタッフは女性の方が多いですが、男性スタッフが在籍していることもあります。 一人暮らしの男性が依頼する場合は、男性に来てもらった方が気楽だという場合もありますので、そういうときは男性スタッフを指名することも可能です。 どんなスタッフに来て欲しいか、希望があれば事前打ち合わせのときに相談してみましょう。 家事代行サービスのトラブル事例と対策 貴重品の紛失、高価な品物の破損 家事代行サービスのトラブルで気をつけたいのが貴重品の紛失や破損です。 もちろんスタッフが意図的に盗むということはないはずですが、片付けをしたことによって紛失してしまうということは考えられます。 財布や貯金箱、預金通帳などは作業する部屋とは別の場所に置いておくようしましょう。 また、大事なチケットや手紙などがゴミと間違われて捨てられるということもあるようです。 無用なトラブルを避けるためにも、貴重品の管理はしっかりとしておきましょう。 料金システムの勘違いによるトラブル 料金システムの勘違いで思っていたより多く請求されてしまったというトラブルもあります。 家事代行サービスの料金システムで重要なポイントは、最低依頼時間があるということです。 大手の業者は最低2時間以上で依頼する必要がある場合が多いため、1時間だけ利用することができず、最低2時間分の料金が発生します。 その他にも、交通費が利用者負担になっていることを知らなくて思っていたよりも請求金額が多かったということもあります。 料金については見積もりの段階で追加料金がないかも含めてしっかりと確認しておくようにしましょう。 スタッフとの意思疎通がうまくいかないことも 当日派遣されてきたスタッフとコミュニケーションがうまく取れず、やって欲しい内容や作業の希望が伝わらなかったというトラブルもあります。 スタッフとの相性の問題もありますが、研修制度や社内評価制度がある大手業者を選ぶとことで、コミュニケーション能力の高いスタッフに代行してもらえる可能性が高くなります。 家事代行サービスについてのQ&A 急いで家事代行の依頼(当日依頼)は可能? 業者によっては依頼した当日に即日対応が可能な場合があります。 即日対応可能なエリアが限られている場合もありますので、業者のホームページなどでよく確認する必要があります。 急に都合が悪くなったときはキャンセル可能? 依頼した日時の都合が悪くなった場合は、サービス業者に連絡を入れてキャンセルすることになります。 一般的にサービス実施予定の日の前日までなら事前に連絡を入れるだけでキャンセルや日程変更できる場合が多いです。 しかし、業者によってはキャンセル料が発生する場合があります。 長時間の依頼は可能? 業者と事前に打ち合わせをすれば長時間の依頼も可能です。 作業時間が6時間を超えたときは、法令によりスタッフが休憩をとる必要があります。 近所の人に知られないように(秘密で)利用することは可能? 事前の打ち合わせで近所の人に知られないように利用したいことを伝えておけば最大限配慮してくれます。 おすすめの家事代行業者を比較 家事代行サービスを依頼できるおすすめの業者をいくつか紹介します。 業者名 1時間の料金(税抜) 対応内容 対応地域 特徴 カジー 2,190円~ お掃除代行・お料理代行 関東地方、関西地方 アプリで予約可能 キャットハンド 1,980円~ 家事代行、家政婦サービス 東京都、神奈川県、埼玉県 格安定期プランあり ダスキンメリーメイド 3,500円~ 掃除代行、家事代行、片付け、宅配クリーニング 全国 47都道府県の全てに店舗あり タスカジ 1,500円~ 掃除、整理整頓、洗濯、買い物、料理、ペット・チャイルドケア 首都圏、関西地方 ハウスキーパーとの個人契約を斡旋 イエコック 9,980円~(3食分の食材費込み) お料理代行、作り置き 東京23区 献立づくり、食材買い出しを含むお料理代行 ベアーズ 3,300円~ 掃除、片付け、洗濯物、料理、食器洗い、ベビーシッター 関東地方、関西地方、福岡県、北海道 同じ専任スタッフの定期派遣 ニチイライフ 2,600円~ 掃除、片付け、産前産後、お子様サポート、入退院サポート、シニアお手伝い 全国 シニア・高齢者サポートも可能 一覧にすると分かるように、業者によって得意な範囲や料金が少しずつ違います。 どんな作業をして欲しいかによって自分に合った業者を選びましょう。 カジー カジーは主にお掃除代行とお料理代行を依頼できる家事代行サービスです。 運営会社の株式会社CaSyは2014年の設立と若い会社ですが、口コミの評判も良くコスパも高いためとても人気の高い家事代行サービスとなっています。 業界最安水準の料金 カジーの人気の理由のひとつに業界最安水準の料金システムがあります。 IT技術を駆使したシステムを開発しオペレーションのコストを削減することで低価格を実現しています。 スタッフはしっかりと面接をして審査により選ばれていますし、事前に訪問してくれるスタッフの評価をWEBで確認できます。 また、損害保険にも加入していますので、リーズナブルなのに安心して利用できるのがメリットです。 アプリで予約 カジーはWEB予約が24時間365日使えますので、いつでもどこでも最短5分程度でオーダーできます。 万が一キャンセルや予約変更したいときも、WEBで連絡できて便利です。 料金の支払いはクレジットカードで決済できますので、当日に現金を準備する必要もありません。 気軽に利用できるのも人気の理由です。 カジーの詳しい料金や、良い点、悪い点、他の業者と比較やサービスの詳細については下記のページで紹介しているので参考にしてみてください。 キャットハンド キャットハンドは株式会社アプメスという会社が運営している家事代行サービスです。 お掃除や片付け、お料理など一般的な家事を研修を受けたプロのスタッフに任せることができます。 スタッフの質の高さに加えて、格安の定期プランがあるのも人気の理由です。 人材派遣会社としての実績があり安心感がる キャットハンドはもともとは人材派遣会社で、設立から20年程度たっている会社です。 人材派遣会社としてスタッフの採用や管理体制がしっかりしているのが強みです。 家事代行サービスを始めたのは2015年からですが、会社としての信頼性は高いです。 キャットハンドでサービスを行うスタッフは、個別に雇用契約を結び、身元保証人の擁立も義務付けられていますので、安心して家事代行を任せることができます。 豊富なプランと安心のトライアル制度 キャットハンドにはクレジットカード払いができる月額制サービスと、当日現金払いのスポットプランがあります。 月額制サービスの初回トライアルでは担当者がスタッフに同行して訪問してくれますので、要望を伝えたり不安な点を相談しやすいのもよいところです。 キャットハンドは格安の定期プランも人気です。 たとえば、1ヶ月15,000円の一人暮らし応援パックや1時間あたり1,980円で利用できる猫の手ライトプランなどがあります。 本格的に家の中をキレイにしたいときはエアコンなども徹底的にクリーニングできる大掃除パックもあります。 用途に応じてぴったりのプランを探せるのがメリットです。 キャットハンドと他社との料金比較や対応エリア、サービス内容など詳しい内容は下記のページで紹介しています。 ダスキンメリーメイド ダスキンメリーメイドはダスキングループの家事代行サービスです。 昔から日本全国で知名度が非常に高い企業ですが、スタッフを派遣して家事のサポートをするサービスは1989年から行っています。 大企業の安心感が特徴 ダスキンメリーメイドは大企業のため安心して依頼できるのが特徴です。 年間85万件を超えるサービスを提供している実績があります。 留守中に家事代行を依頼したい共働きや単身者は、不在時でも安心して利用しやすいと言えます。 47都道府県の全てに店舗がありますので、自宅の近くからスタッフを派遣してくれるのもよいところです。 遠方に住んでいる家族のために依頼するというのもおすすめです。 豊富なサービスが選べる ダスキンメリーメイドにはお料理の代行やベビーシッターサービスはありませんが、お掃除やクリーニングに強いサービスです。 家事おてつだいサービスは簡単な掃き掃除や洗濯、食器洗い、お買い物や料理、花の水やりなど気軽に依頼できます。 お掃除おまかせサービスは、キッチンや浴室、洗面所やトイレ、リビングや寝室などをすみずみまでキレイにしてくれます。 また、家事代行サービスの範囲では落とせない汚れは、ハウスクリーニングのプランで徹底的にクリーニングしてもらうことも可能です。 その他にも、収納方法の提案もしてくれるおかたづけサービスなど、色々なサービスを選べます。 タスカジ タスカジはハウスキーパーとの個人契約を斡旋してくれる新しいタイプの家事代行サービスです。 タスカジのサービスを通じて、タスカジに登録しているハウスキーパー(タスカジさん)と直接契約して家事代行を依頼します。 お掃除・片付けからお料理、チャイルドケアなどを業界最安値水準で依頼できます。 ハウスキーパーとのマッチングシステム タスカジが他の業者とは異なる点は、独自テストに通過したハウスキーパーと依頼者をマッチングしてくれるシェアリングエコノミーシステムであるというところです。タスカジのシステム上で依頼を行い、マッチングが成立したあとは家事代行業者を通さずに直接やり取りできます。 最安で1時間当たり1,500円からでハウスキーパーを雇うことができますので、価格重視で家事代行を依頼したい人もおすすめできます。 登録ハウスキーパーの中には月収に30万円以上も稼ぐ人もいるようで、タスカジのシステムはテレビでも紹介されて話題になっています。 損害保険加入済、トラブル時にはサポートあり ハウスキーパーと個人契約となるとトラブルが心配になりますが、依頼者とハウスキーパーの2者間で解決できない場合はタスカジのサポートセンターに相談できます。 損害保険にも加入していますので、万が一物損などがあったときもサポートセンターに相談可能です。 イエコック イエコックは週1回の訪問で 3食分の夕食の調理を任せられるお料理代行サービスです。 掃除や片付けなどの依頼もできませんが料理については食材の買い出しも含めてトータルで代行してもらえるのが特徴です。 料理のすべてを任せられる イエコックでは、料理の献立作りや食材の買物代行、調理の全てを任せることができます。 一人暮らしで仕事などで忙しく、料理を作るヒマがないというときにおすすめできます。 1回の利用で訪問当日の夕食と、追加で2食作り置きの3食分を作ってもらえます。 料金は食材費込みなので、費用も分かりやすくなっています。 さらに、初回は体験プランありますので、リーズナブルな料金でお試しできます。 栄養士サポートプランもあり イエコックには安心の栄養士サポートプランもありますので、病気の治療中などで食べられないものがあるときも安心です。 かかりつけ医師の食事指導内容を伝えることで、専門知識を持った栄養士が献立を考えてくれます。 栄養士サポートプランには、生活習慣病対応13,980円、糖尿病食対応13,980円、腎臓病食対応13,980円の3種類があります。 一般的な家事代行サービスのお料理代行では難しい栄養管理も任せることができます。 ベアーズ ベアーズは1999年から運営されている歴史の長い家事代行サービスです。 家事代行以外にもベビーシッターやハウスクリーニング、高齢者支援など幅広いサービスを提供しています。 多数のメディアで紹介された人気サービス ベアーズは、日本経済新聞やワールドビジネスサテライト、未来世紀ジパング、日経DUAL」など色々な有名メディアで紹介されている人気サービスです。 ベアーズの副社長がドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」の家事シーンの監修を行ったことでも有名です。 利用者の口コミ評判もよく、テレビで紹介されることもある人気サービスです。 自社雇用のスタッフが訪問してくれる ベアーズの家事代行スタッフは自社雇用のため、会社による身元保証があり、安心して家に入ってもらうことができます。 採用から教育まで自社で行っていますので、家事の技術だけでなくマナーやコミュニケーションも期待できます。 在籍スタッフは5,000人以上と豊富ですので、希望に合う質の高いスタッフに訪問して欲しいというときにおすすめできます。 ニチイライフ ニチイライフは、株式会社ニチイ学館の家事代行サービスです。 介護事業を行っている会社のため、一般的な家事代行だけでなくシニアやお年寄りのサポートも得意としているのが特徴です。 ニチイライフは日経DUALの 家事代行サービスランキング2016で1位を獲得している人気サービスです。 幅広いサービスをオーダーメイドで ニチイライフはお掃除や洗濯、料理など一般的な家事代行に加えて、引っ越し作業の手伝いや入院時の世話、高齢者や障がい者サポートも依頼できます。 時間内なら様々な依頼内容を自由に組み合わせできるオーダーメイドシステムのため、子どもからお年寄りまで利用しやすいサービス内容となっています。 お年寄りのサポートにも最適 ニチイ学館では介護保険制度における介護サービスを長年提供してきた実績がありますので、そのノウハウが家事代行サービスにも活かされているのが特徴です。 日常の家事だけでなく、買い物や旅行など外出の付き添いや、入退院時のお手伝い、お年寄りの話し相手や見守りも頼めます。 希望に応じて、介護職員初任者研修修了者以上に相当する資格を持ったスタッフを指名することもできます。 全国47都道府県に支店がありますので、離れて暮らす両親のために利用するのもよいでしょう。 全国の家事代行サービス(家政婦紹介所・ベビーシッター・ペットシッター)一覧 お住まいの近くの家事代行サービス(家政婦紹介所・ベビーシッター・ペットシッター)を探すことができます。 下記都道府県のリンク一覧から市区町村ページを開いて、各サービスごとに業者を絞る検索も可能です。 北海道・東北地方の家事代行サービス• 関東地方の家事代行サービス• 中部地方の家事代行サービス• 近畿地方の家事代行サービス• 中国地方の家事代行サービス• 四国地方の家事代行サービス• 九州・沖縄地方の家事代行サービス•

次の

募集終了した求人情報

家政婦 月額

これは労働者保護の観点から重要視される項目となります。 まず、朝昼夜きちんと食事を提供する必要があります。 もちろん家政婦に自身の分も作ってもらってそれを食べてもらうこともできますが、その材料費等を請求することはできません。 もし提供できない場合は別途食費を支給することになります。 次に入浴環境です。 もちろん家政婦が承諾した場合シャワーでも構いませんが、常に家政婦が自身を清潔に保つことができる環境を提供する必要があります。 これも、提供できない場合は別途入浴費用等を支給することになります。 最後に睡眠環境です。 あまりにも狭い部屋や、プライベートな時間を確保できない環境の場合住み込み環境が整っていないとみなされます。 あくまで一人の人間として、家政婦が納得するような住み込み環境を提供することが雇い主の義務であると言えるでしょう。 最後に家政婦の法律上の扱いについて解説したいと思います。 なぜこのような説明をするかというと、やはり夜間も家政婦を拘束するということで労働基準法に抵触するのではないかと不安を感じる方がいるからです。 これについては、労働基準法内で明確に記載されています。 労働基準法15条 (労働条件の明示) 第十五条 使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。 この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。 (適用除外) 第百十六条 第一条から第十一条まで、次項、第百十七条から第百十九条まで及び第百二十一条の規定を除き、この法律は、船員法 (昭和二十二年法律第百号)第一条第一項 に規定する船員については、適用しない。 つまり家政婦(家事使用人)については労働基準法が適用されないということになります。 だからといって人権がないがしろにされるというのはもってのほかですが、夜間拘束も法的には問題ないということになります。

次の