ウーバーイーツ ニート。 ウーバーイーツ配達員「人生変わった」「社会不適合者」から月収40万円に|5chまとめのモネッス

友達にウーバーイーツ配達員を紹介して8万円を貰おう!

ウーバーイーツ ニート

友達を登録させるときの裏技 紹介ボーナス 8万円がGETできることを友達が知っている場合があります。 その場合、8万円全てをあなたに持っていかれることに抵抗がある友達もいることでしょう。 友情にヒビを入れない為の裏技として 「山分け」 を、オススメします。 どれくらいの配分かは友達との話し合いで決まると思いますが、半分くらいあげれば納得してくれるとは思います。 なんと言っても紹介元の自分は何もしないでお金が入ってくるわけですから、半分でもおいしいです。 更に他の友達がいたらどんどん誘ってウーバーイーツ配達員に登録させちゃってください。 友人が多い方だと10人くらい紹介できると思いますが、半分の4万円貰えるとして 40万円の紹介ボーナスが入ってきますからね。 かなりおいしいシステムだと思いませんか? アフィリエイトにも使える お友達紹介キャンペーンのシステムなのですが実際は誰でもOK。 なので アフィリエイトとして大人気です! その分、飽和状態になり、競争力激化でほとんど稼げない市場となってしまいましたが、それでもお友達を誘うのと並行してやっていけば、それなりに効果はあるはず。 Uber Eatsアフィリエイトは去年の今頃 2018年12月頃 がピークだったかもしれません。 あれから半年で僕のようなニートでも 150万円くらい稼げましたからね! まとめ まず配達員登録をしなきゃ紹介ボーナスが貰えないので、最初に 配達員登録してください。 友達以外から招待コードURLの登録があるとすれば、あなたのウーバーイーツ配達員としての活動に注目してくれる人々だと思います。 あなたがウーバーイーツ配達員として活躍して「今日は時給換算2000円行ったぜ!」「〇〇駅は注文多いから稼げるよ」など有益な情報をTwitterなどで配信していくことにより、ファンが増えて、あなたの招待コードURL経由で 新たにウーバーイーツ配達員登録してくれる人が増えていきます。 【2020年3月10日更新】ウーバーイーツ配達員の招待コードの金額と条件の最新情報.

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達と引きこもりについて徹底解説

ウーバーイーツ ニート

もくじ• ウーバーイーツ(Uber Eats)は、社会性が低くても働ける仕事だよ 僕は、今のところ、ウーバーイーツでの配達員の仕事は結構気に入っています。 この仕事のメリットは色々あると思いますが、その中の一つに、 社会性の高さがあまり求められないというのがあります。 僕は、自分で言うのもなんですが、社会性は高くない人間だと思っています。 働く上で、一番嫌なのは、仕事環境における人間関係ですし。 そんな僕が、「この仕事なら、いろんな人間関係のしがらみから開放されながら働けるなぁ」、と思っているのが、ウーバーイーツ配達員というわけです! なので、今、引きこもりっている状態の人なんかで、いきなり社会に復帰するのが怖いという人にうってつけなんじゃないかと思っています。 以前、実際に僕も全然人としゃべらずに生活していた時期がありましたので、結構信憑性あるんじゃないかと思いますよ。 この記事は、現在、引きこもり中の人や社交的に生きる・働くのが苦手な人に向けて書いているので、具体的にどんなことが必要かも書いておきますので、参考にしてください。 まず、個人的に必要だと思っているのは、 「挨拶」。 これは、やはり働く上では必要だと思いますね。 ただ、 居酒屋さんやラーメン屋さんでの働くような大きな挨拶は必要ありません。 人と人が向かい合って聞こえる程度の声量で全然構わないと思います。 そして、万が一、怒られたときなんかには、 「すみません」もしっかりと言えるといいですね。 今のところ、ほとんどお客さんは、理不尽なことを言ってきませんが、一回だけイラっとする人がいました。 でも、そんなときでも、先に「すみません、お待たせしました」と謝罪しておくことで事を大事にせずに、円滑に流すことができます。 心配な人もいると思うので、実際にウーバーイーツで働く上で言うときのセリフも書いておきますね。 まず、お店に商品を取りに行く時に言うのは、 「こんにちは、ウーバーイーツです。 」「注文番号は、oooooです。 」くらいです。 お客さん(届け先)に渡すときには、 「こんにちは(お待たせしました)、ウーバーイーツです。 」といって渡せばOK。 お金の受け渡しとかも一切ないので、本当に商品を渡すだけで終了です。 もちろん、その他に渡す際に、 「ありがとうございます」とか臨機応変に言った方がいいセリフもあるとは思いますが、 引きこもりからどうにか脱したいという状態であまり気張る必要はないと思うので、個人的には、上記の最低限のセリフだけでも頑張って言えば大丈夫だと思います。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の人たちが優しい ウーバーイーツ配達員の仕事は、基本一人で働きます。 なので、一人で黙々と自分のペースで仕事ができるという利点もあるのですが、たまに寂しくなったりもします。 w そんなときに、たまに同じウーバーイーツ配達員の人と話すと気が晴れることがあります。 頻度はそこまで高くないのですが、配達先が同じだったり、待機している場所が近かったりで、たまに言葉をかわすことがあるのですが、結構みんな優しいです。 笑 すれ違うときに、「お疲れさま」って言ってくれたりもするし。 なので、引きこもりっていて、社会から少し離れていた人にとっては、そんな優しい人たちがいるということも、安心材料だと思います。 メインは一人で働きたいけど、たまになら人と話したいという感じの人にもぴったりだとおもますね。 自転車で配達員すると運動にもなるので気分がすっきり(あと痩せる) もう一つ、引きこもりの人にメリットがあると思うのは、 運動にもなるので、気分がすっきりするということ。 僕も、があるのでわかりますが、引きこもったり、ずっと一人でいたりという非社会的な生活をしていると、精神的にも落ちていきやすくなると思います。 少なくとも僕はそうでした。 そんなときには、 体を動かすと気分が晴れてスッキリします。 これは、実際に科学的な実験でも証明されていることだった(気がします)と思いますし、まぁ実際やってみたらわかりますが、少しポジティブになれます。 ウーバーイーツ配達員の場合、その運動に加え、報酬としてお金も入ってくるので、良い事ばかりですよね。 さらに良いのは、ウーバーイーツの場合、 好きな時に好きなだけ働けるというところ。 なので、ヘトヘトになる前に、今日はもう終わりっ!と切り上げてしまえば良いですから。 普通の仕事だと、シフトが決まっているので、自分の都合で、14時とかにいきなり、「もう帰りますっ!じゃっ!!」とか不可能ですからね。 笑 引きこもり後にいきなり無理をすると、うまくできない自分に自己嫌悪を起こし、また引きこもりに逆戻りなんてことにもなりかねません。 そんな場合にも、ウーバーイーツだと、「そろそろ(メンタル的にも)きつくなってきたな... 」なんて時に、 自分の判断で仕事を終えることができるというわけです。 >> まとめ:バイト感覚で、難しく考えずに、やってみてほしい ウーバーイーツの配達員をメインの仕事にするかどうかは人によると思います。 ただ、現在、引きこもり(ニート)や人間関係でつまずいて働くのが億劫になってしまった人が、 社会にもう一度出るための手段として、ウーバーイーツ配達員は、オススメできると思っています。 配達していると、結構感謝されたりするので、「こんな俺でもっ... !!」とか思いますよ。 笑 まぁ、僕も実際(精神的に)キツイ時期があり、全然社会と関わってなかった時期がありましたが、今は、そこそこ復帰しています。 (自称) 僕が、から復帰したときは、まだ京都でウーバーイーツのサービスは始まっていませんでしたので、ネットの求人サイトから適当に楽そうな短期バイトを探して、徐々に外に出るようにしていました。 もし、あの時にウーバーイーツ配達員という選択肢があったら、間違いなくやっていたと思います。 もし自分が住んでいる場所が対象エリアに入っていない人でも、その場所に自転車等をレンタルしたり持ち込んだりすれば働けます(実際、働きに県をまたいで働きに来ている人に会った事があります)。 \自由な働き方をいち早く体験しよう/.

次の

ニートでもできるウーバーイーツ

ウーバーイーツ ニート

そう考えてるなら大変です… 個人的には大人しくバイトしてた方が ずっと楽に安定すると思います。 1ヶ月ほど続けて、やっとわかってきたのですが 依頼が入るのが本当に安定しない。 それに保険とか年金とか… 会社にいれば半額くらい会社が負担してくれますから。 本業の人は月に40万とか稼いで半分くらい貯金して やっとトントンとかそういうレベルかな、と。 ケガしたら収入0ですし 本業にしたい!という友人居たら 間違いなく止めてます。 最近、保険が充実してきてはいますが それでも配達中のリスクはかなり高いです。 私も車道を走っていましたが 都内は路肩…自転車専用レーンを潰すように 車が置かれていることが多いです。 その場合は外に膨らむか 歩道に行くかしないといけない…。 こちらがいくら気を付けていても 向こうが後ろから突っ込んで来たら回避できませんからね。 この前、走行中にふと振り向いたら ほんの数十センチ後ろにピッタリ車ついてましたし 汗 邪魔!とか思われてたんでしょうけど こちらは恐怖でしかなかったです。 転んでいたら間違いなくブレーキ間に合わないでしょうから。 二度と歩けなくなるようなケガしてまで やるようなことじゃないですからね。 命は大事にしましょう。 検索: 検索 最近の投稿• アーカイブ• 15 カテゴリー• 296•

次の