油揚げ 処理。 わらびと油揚げの煮物

揚げ物の後の油処理どうしてる?簡単な処理方法とは?

油揚げ 処理

厚揚げ 厚揚げは、豆腐を厚めに切って水気を切り、高温の油で揚げたもの。 そのまま焼いたり、油抜きをして煮物、炒め物、和え物、お味噌汁の具、おでんに。 油揚げ 油揚げは、豆腐を薄く切って水切りして油で揚げたもの。 薄揚げともいいます。 「いなりずし」や、薄く切って味噌汁に入れたり炊き込みご飯の具に。 甘辛く煮てキツネうどんの具にも。 油揚げを半分に切り、袋状に開いて具を詰めて煮るなど。 厚揚げ・油揚げの油抜きの方法 厚揚げも油揚げも油抜きをすることで、余分な油を取り除いて油っぽさを取り、味が染みやすくなります。 厚揚げの油抜き 煮物に使う油揚げは、熱湯で軽くゆでて、ザルにあげて水気を切ります。 油揚げの油抜き• 味噌汁などさっと煮る料理の場合は、油揚げをざるにのせて、熱湯を全体に回しかけ(ひっくり返して両面にかけます)、水気を切ります。 いなり寿司など、だしを効かせた煮物などの料理は、しっかり油抜きをした方が美味しく仕上がります。 熱湯で2~3分ゆでた後、ザルにあげ水気を切ります。

次の

油揚げの下処理は必要?下処理方法と得られる効果とは?

油揚げ 処理

まさかとは思いますが、揚げ物をした後に残った大量の油、そのまま排水溝に流しているという人はいませんよね?ドロドロの油をそのまま排水溝に捨てるなんて、絶対ダメ! 油を流した後の排水溝に冷たい水が流れると、油が固まって排水管の内側に付着してしまいます。 また、排水管のS字カーブ状の部分に油が溜まり、それが食器用洗剤と合わさるとラードのような粘度の高い塊に。 排水管のつまりの原因となってしまいますよ。 さらに、下水工事が行き届いていない場所では、排水溝から直接川や海に流れ出て、環境に大きな負担をかけてしまいます。 なんとなく排水溝に捨ててはいけないと知っているけど理由は知らなかったという人は、これを機会に絶対に排水溝には流さないよう心に刻み込んでください。 自分で車のエンジンオイルを交換する時に便利な、エンジンオイル用の廃油パックを使った方法があります。 自分でエンジンオイルの交換をしたことがある人は、見たことがあるはずですが、女性だとなかなかそんな機会もないですよね。 造りは簡単で、段ボールの中にビニール袋が広げられていて、さらにビニール袋の中には吸油力の高い紙やシートが入っているだけです。 段ボールとビニール袋、新聞紙などを使えば自作もできそうですが、市販のものを使えばより安心ですね。 廃油パックのサイズは2Lくらいからありますが、家庭で揚げ物をした後の油を捨てるにはちょっと大きいかもしれません。 1つの廃油パックに数回分を捨てる場合、気温が高い夏場は自然発火に注意して、涼しい場所に保管するようにしてください。

次の

厚揚げ・油揚げの下ごしらえ(油抜きの方法)

油揚げ 処理

油揚げや厚揚げの油抜きはなぜ必要? 油抜きとは、読んで字のごとく、 油揚げや厚揚げ豆腐の 「油」を抜くということです。 では、 なぜ油揚げなどには油抜きが必要なのでしょうか? その理由は、次のようなことがあります。 毎回新しい油を使って揚げるのは難しそうですよね。 そうすると油はどんどん使っているうちに 酸化している可能性があります。 また、油揚げはスーパーに陳列されるまでに数時間、または数日経過しているので、油揚げに 油臭さがついてしまっています。 そんな油臭さや余分な油を取り除くために、油抜きをしたほうがいいんですね。 油抜きをすることで、油揚げの中の部分が 柔らかくふっくらして食感もよくなり、お料理の 仕上がりも違ってきます。 他にも、油揚げの重量とカロリーは商品にもよりますが、写真のものは1枚、約50gで170Kcalですが、油抜きをすることで 40kcalほど抑えられるそうです。 これはダイエットをしている方にはうれしい情報ですよね。 時々、面倒なので油抜きをせずにお味噌汁にそのまま使うことがあったのですが、油抜きをする理由を知ってからは、私も必ず油抜きをしています。 湯抜きしたものとしていないものの味を比較すると、やはり油抜きをしたほうが味が丁寧においしく仕上がります。 また、油抜きは油揚げだけでなく、 厚揚げはもちろん、 さつま揚げ、がんもどき、おでんの具などの揚げ物にもします。 油抜きが必要な理由がわかったところで、次は油抜きの方法を見ていきましょう。 油揚げは 賞味期限は1週間ほどですが、賞味期限内に食べれないなら 冷凍保存が保存期間も伸びてとっても便利です。 油揚げの冷凍方法はこちらをご覧ください。 photo by 暮らしにいいこと お湯を沸かしておけば、こちらも簡単にできますね!個人的には、この方法が一番簡単で手っ取り早いのでこの方法で湯抜きすることが多いです。 3.油通しで油抜き! 3つ目は沸騰したお湯の中で 湯通しする方法です。 沸騰したお湯に油揚げを入れて浮き上がってこないように お箸で抑えます。 お湯の中に油が浮いてきたらざるに挙げて、キッチンペーパーで油分、水分を拭いて、しっかりと水分を飛ばします。。 油通しして油抜きをすると、余分な油が抜けるだけでなく、表面が柔らかくふっくらします。 ちなみに、いなり寿司など作るときなど、油揚げに 味をしっかりつけたい場合には、 30分ほど落し蓋をして、少し時間をかけて油抜きをするとよりおいしく仕上がります。 こうすると、油揚げに味がしっかり浸み込みおいしく仕上がります。 特に、 プロの料理人は油抜きをするときはこの方法で30 分ほどしっかり油抜きをするそうです。 参考までに、 急いでいるとき、時間がないときなどは 水道水で油を洗い流す方法もあります。 洗い流したら、しっかり絞って水気を切って使います。 油抜きはしないよりはしたほうがおいしく仕上がるので、水道水でもぜひ覚えておきたい時短・早業の方法ですね。 まとめ 今回は油抜きの必要性と簡単な3つの油抜きの方法をご紹介しましたが、私もこれまで、油抜きをしたりしなかったりしていましたが、ひと手間かけることでお料理がおいしくなるならということで、今では必ず油抜きをしています。 あなたも一番簡単な、またはやりやすい方法で、ぜひ仕上がりに差ができる油抜きを習慣にしてみてください。 スポンサーリンク•

次の