トリマ。 P

リョービトリマMTR

トリマ

カテゴリー• 電動工具• 穴あけ・締付• 石工穴あけ・ハツリ• 切断・加工• 研削・研磨• カンナ・面取り・木工機• アクセサリ(ビット・刃)• 集じん・ブロア• 計測・レーザー• 発電・溶接• カクハン・吊り下げ・運搬• ライト・ラジオ・電源• バッテリ・充電器• 季節用品• エア工具• コンプレッサ• 釘打機・タッカ• 穴あけ・締付• 研削・研磨・切断• 吹き付け・ダスタ• エアホース・ジョイント• 園芸・清掃• 草刈機・刈払機• 芝刈機• 生垣バリカン• 芝生バリカン• チェンソー• 電動ハサミ・レシプロソ• 噴霧器・水中ポンプ• 高圧洗浄機• 業務用クリーナ• 充電クリーナ• マキタ• HiKOKI• ボッシュ• パナソニック• ケース・工具• プラスチックケース• 道具入れ・ホルスター• 測る・水平・探る• 切る・打つ・剥がす• 接着・付ける• 研磨・ヤスリ• メーカー• マキタ• 充電工具• 電動工具100V• アクセサリ• エア工具• エンジン工具• 集じん機• 充電式クリーナー• レーザー• ライト・ラジオ・電源• 季節用品• ケース・バッグ• HiKOKI• 充電工具• 電動工具100V• エア工具• 集じん・ブロア• レーザー墨出器• エンジン工具• 園芸工具• アクセサリ• MAX• エア工具• 充電工具• ガス工具• レーザー• タッカ・ライトユース• アクセサリ• パナソニック• インパクトドライバー• インパクトレンチ• ディスクグラインダー• ドリルドライバー• 振動ドライバドリル• バンドソー• ハンマードリル• 角穴カッター• バッテリ・充電器• ビット• LINE• 商品コード:RT40DRG AC機を超える作業スピード! 7kg ストレートビット6 ・ ストレートガイド・トリマガイド ダストノズル・テンプレットガイド・コレットコーン8 (軸径8mmビット用)付 14. 0Ahバッテリ・充電器・プラスチックケース付 限定特価 税別 : 34,700円 消費税:3,470円• 商品コード:RT40DZ AC機を超える作業スピード! 7kg ストレートビット6 ・ ストレートガイド・トリマガイド ダストノズル・テンプレットガイド・コレットコーン8 (軸径8mmビット用)付 14. 商品コード:3709 ソフトグリップで握りやすく疲れにくい! 5m ストレートビット6・ストレートガイド・テンプレットガイド トリマガイド・スパナ10・17付 限定特価 税別 : 14,990円 消費税:1,499円• 商品コード:RT50DZ AC機を超える作業スピード! 商品コード:RT50DRG AC機を超える作業スピード! 0Ahバッテリ・充電器・ケース付 限定特価 税別 : 35,800円 消費税:3,580円.

次の

木工切削,トリマ

トリマ

レビュー: 5 【特長】切込深さを任意の位置で微調節できるネジ式。 ベースは固定が簡単なワンタッチクランプ式。 刃物の交換に便利なスピンドルロック付。 長尺ものの面取り、溝掘りの直線加工。 円切り加工に便利なストレートガイド付。 m] 】32000【電源 V 】単相100【電流 A 】4. 3【消費電力 W 】400【コード長さ m 】2. 4【付属品】片口スパナ 17mm 、超硬ストレートビット 6mm 、ストレートガイド一式 案内定規 【質量 kg 】1. 1 トリマ レビュー: 5 【用途】表札・看板などの文字加工に。 木材の溝切り、円加工、トリミングに。 【回転数 min -1[r. m] 】無負荷:30000【電源 V 】100【電流 A 】4. 1【消費電力 W 】400【コード長さ m 】約1. ホルダーベース深さ最大時 【定格時間 分 】30 トリマ 【特長】面取り・溝切り・円切り加工等に。 刃先が見えるクリアーベース。 透明ベースなので細かい作業にも最適。 テンプレートガイド標準装備。 切りこみ深さの調節が可能。 始動時の反動が少ないソフトスタート。 5 コード含む 【無負荷回転数 min -1[r. 【絶縁種別】二重絶縁【コード】2芯 1. 滑らかな立ち上がりで作業がスムーズに。 精度の高いアルミダイカスト製ベース。 ベースの取付けは簡単、確実にできるワンタッチクランプ式。 被削材に合わせて回転数を無段階に調整できる速度調整機能付。 刃物の交換に便利なスピンドルロック付。 切削位置を見易くするLEDライト付。 タブテールガイド、ストレートガイド付。 【用途】各種木材の面取り、溝掘り作業。 m] 】16000〜30000【電源 V 】単相100【電流 A 】5. 9【消費電力 W 】550【コード長さ m 】2. 2【トラスコ品番】760-9281 トリマ レビュー: 2 【特長】握りやすいボディ:操作性の良いスリムボディで作業がはかどります。 昇降微調整機能:ゴムローラーを押し回すだけで切込み量を調整できます。 ワンタッチロック:トリマベースの固定、解除はレバーでワンタッチです。 【用途】溝堀りや飾り面取り、くり抜き、ならい加工等に幅広く対応。 【回転数 min -1[r. 6【消費電力 W 】440【コード長さ m 】2. 5【全長 mm 】204【付属品】ストレートビット6mm A-22947 、トリマガイド 本機取付 、ストレートガイド ガイドプレート付 、スパナ10・17 各1本 【質量 kg 】1. m] 】24000【電源 V 】単相100【電流 A 】5. 5【消費電力 W 】500【コード長さ m 】2. 3【トラスコ品番】360-9286 トリマ レビュー: 1 【特長】壁一面に石こうボードを張っての切り抜きだから、継ぎ目が少なく、短時間作業! しかもクリーン!。 石こうボード切り抜き時の「粉じん飛散」極少。 クリーンな現場!。 ムダをはぶき工期短縮!。 きれいな仕上がり!。 下地材を削らない先端部形状! 【回転数 min -1[r. 8【消費電力 W 】550【コード長さ m 】2. 5【カーボンブラシ呼び番号】75【全長 mm 】250【仕様】二重絶縁、集じん機に接続可能【付属品】スパナ17 781008-0 、アダプタ6、シュープレート、フラッシュビット片面、集じんカバー【質量 kg 】1. 1 トリマ レビュー: 3 【特長】ソフトスタート機能で始動時の振れが少なく安心。 取り回しの良いコンパクト設計。 ビット収納溝が6ヶ所ある専用ケース付き。 【用途】溝切、トリミングの木工切削作業に。 表札、看板などの文字彫りに。 円加工に。 【回転数 min -1[r. m] 】約30000【電源 V 】100【電流 A 】4. 1【消費電力 W 】400【コード長さ m 】1.

次の

電動トリマーの基本的な使い方

トリマ

ビットの調整が楽しいトリマ!リョービのMTR-42 リョービトリマMTR-42のビットの調整方法は日本の他のメーカーのトリマーと違い、新しい調整方法を採用しています。 海外ではデウォルトやポーターケーブルのトリムルーターが同じ調整方法です。 従来のトリマーのビット調整方法に比べ、格段と調整がしやすくなっています。 トリマーを初めて使う方も、このリョービトリマMTR-42なら、簡単にビット調整が出来るのでお勧めです。 何よりも、ビットの調整が楽しい、というのはいいですよ~。 今回は、結構意地悪く検証しています。 ですが、DIY仕様とは思えない、正確なビット調整が出来る事が解りました。 こんなに、ビット調整が楽になると、トリマー加工がますます楽しくなりますよ。 トリマーもDIY用とプロ用があります リョービトリマMTR-42には同じデザインの上位機種のリョービ電子トリマTRE-60Vというモデルもあります。 私はこのリョービ電子トリマTRE-60Vも購入していますので、両機の違いも含めてこちらも近日中に紹介します。 リョービトリマMTR-42のビット調整は従来のトリマーの調整の仕方と、全く違います。 いい意味で全く違います。 透明のベースは黒いリングを回すことで上下に動きます。 黒いリングをくるくる回せば、ベースが上下します。 つまり、ビットが出たり入ったりするんです。 この黒いリングは軽くまわります。 そして、ビットが望みの高さになったところでクランプレバーをロックする仕組みです。 これだけでビットの調整は終わりです。 簡単です。 調整の仕組みの説明 透明のベースを取り外しました。 ベースは2ケ所の黒いフックを押して黒いリングとの連結をはずして、抜き取ります。 (握って抜くだけです) 黒いリングはトリマ本体の溝とかみ合い、軽くまわる、ねじ込み式になっています。 黒いリングはベースを少しずつ、上下させるための役目ですので、黒いリングがなくても加工は出来ます。 下の写真のように、ビットを適当に調整して、クランプレバーでロックして加工することも出来ます。 これだけで、従来のクランプ止めのトリマーとほぼ同じです。 高さ調整用の黒いリングがリョービトリマMTR-42の最大の売りの部分です。 このリングでベースの上下を微調整するのです。 トリマー加工をしてると「1mm深くしたい」とか「あと、0. 3mm深くしたい」と細かい作業をしたくなってきます。 リョービトリマMTR-42は、この要求にこたえる作りになっているのがすごいところです。 本体の溝は黒いリングが上下するためのものです、透明のベースは回りません。 ベースは本体の溝に差し込むように取り付けますので、上下にスライドするだけです。 テンプレートガイドを使う場合、ベースが回ると微妙に中心がくるってしまいますが、ベースは回りませんのでテンプレートガイドを付けても中心は動きませんので安心です。 下の写真のようにクランプレバーを解除した状態で、黒いリングを回せばベースが上下します。 軽く動きます。 ここが楽しいところです。 黒いリングにはシールが貼ってあり、矢印とともに深(深く掘れる)、浅(浅く掘れる)と親切に書いていますので迷うことはありません。 ビットを5mmの高さに調整します 下の写真はビットの高さを測るためのスコヤをベースに乗せています。 リョービトリマMTR-42はトリマの上部が平らですので、写真のように逆さまに立てて、ビット調整をする仕様になっています。 これは、安全のためにも非常に良い作りになっています。 上部にスイッチがあり、ONの時はスイッチを引き上げて、上面から出っ張る状態になります。 なので、ビット調整や交換時は逆さにしますので、逆さにするとスイッチが押され、必ずOFFになるようになっています。 ビット交換や調整時は電源プラグを抜いておきますが、万一、抜くのを忘れていた場合でもスイッチが入ることはないので安全なのです。 (実は私も、過去に3回電源を差したまま、ビットを交換したことがあり、後でぞっとしたことがあります。 非常に危険です。 ) 黒いリングをくるくる回して、ビットを5mmの高さにします。 スコヤを乗せたまま黒いリングを回しても、スコヤは落ちませんので簡単に高さを確認出来ます。 5mmの高さになったら、スコヤを取り、ベースのクランプレバーを閉じて、ロックします。 この時、ベースのクランプレバーを閉じる前に、ベースを上から下方向へ、軽く抑えて閉じるといいです。 理由は、ベースと黒いリングは爪状のもので連結されているだけですので、2つの部品には隙間が出ます。 黒いリングは軽くまわるために遊びがありますので、上下に1mmくらい動きます。 ベースを軽く抑えることで黒リングを下に詰めることになります。 こうすると、ベースのクランプレバーを閉じるときのずれを少なくすることが出来ます。 ベースをロックした状態でビットの高さを測ってみましょう。 正確に5mmの高さになっています。 とても簡単に5mmの高さに出来ます。 この5mmのビットの高さを、7mmにします。 トリマー加工をしてると、2mm深くしたい、というのもよくあります。 クランプレバーをはずし、スコヤをベースに置き、黒リングを回して、7mmの高さにします。 ベースを軽く下方向へ抑えて、クランプレバーを閉じます。 7mmの高さになりました。 とても簡単に調整出来ます。 本体を逆さに立てることが出来るので、スコヤを乗せたままビット調整が出来るので、初心者の方にはとてもやりやすいと思います。 日本のトリマーのほとんどが逆さまに立てることが出来ませんので、スコヤを乗せたまま調整は出来ないのです。 (ボッシュのトリマーPMR-500は逆さに立てれます。 ボッシュはドイツの会社です) リョービトリマMTR-42は以上のようにかんたんにビットの高さ調整が出来る事が解ったと思います。 最初にビットの高さをスコヤで測り、クランプレバーをロックし設定します。 ここでは仮にビットを10mmの高さにします。 この便利な機能は商品の説明でも化粧箱でも説明がありませんが、実はかなり正確にビットの高さを調整出来る優れた機能だということが解りました。 赤い目盛りダイヤルを使って、ビット調整をしてみます ビットの高さを5mmにして、これを基準にして赤い目盛りダイヤルを使います。 5mm単位で調節できるということになります。 目盛りダイヤルは0~-5、0~5までの間を0. 5刻みになっていますので8. 5mmの深さにも調節できるということになります。 5mmの高さにセットしました。 クランプレバーは閉じたままです。 黒いフックは両側にあるのでどちらか片方だけを使います。 (基準にした方だけが正確です。 ) 黒いリングは回さず、赤い目盛りダイヤルだけを回して0に合わせます。 クランプレバーを開けて、ベースが動くようにします。 黒いリングのシールに切り込み深さ、 深、とありますのでそちらへ黒いリングを1目盛り回します。 スコヤで測ると6mmの深さになっています。 目盛りを2まで回しました。 2mmプラスで7mmの深さになっています。 目盛りを3まで回しました。 3mmプラスで8mmの深さになっています。 目盛りを4まで回しました。 4mmプラスで9mmの深さになっています。 目盛りを5まで回しました。 5mmプラスでちゃんと10mmの深さになっています。 一気に目盛りを0まで戻して見ました。 ビットの高さは基準の5mmのに戻っています。 ここまで出来れば十分ではないでしょうか どうでしょうか。 十分に使える機能ではないでしょうか。 もちろん、多少の誤差は出てきますがその時はスコヤを軽く当てて、少しリングを回して調整すればすばやく深さ調節が出来ます。 説明書でも精度が必要であれば、ビットの長さを測って下さいと説明しています。 私は十分に実用出来る優れた機能と感心しました。 ですが、何度か使っていると深さが合わなくなってきます。 DIY仕様だから、こんなもんかな。 と思いましたが、深さが合わなくなる理由が解りましたので対処すれば、実用に耐える、優れた機能である事が解りました。 深さがずれる理由は、作業中に無意識に赤い目盛りダイヤルをつかんで黒いリングを回してしまうので、赤い目盛りダイヤルが基準の位置からずれてしまうということでした。 知らずに目盛りダイヤルを動かしてしまい、基準の位置がずれていたのです。 これ、持ちやすいのです。 赤いし、出っ張っているので。 掴んでくれと言わんばかりの作りです。 なので、目盛りダイヤルを固定してしまえば解決します。 写真のように、白いビニールテープを貼ってしまえば、こちらだけが基準と解ります。 これで解決です。 テープを張る方法で試してみました。 今回はビットの高さを10mmにして、これを基準にして試してみます。 ビットをスコヤで測り、10mmの高さにセットします。 次に目盛りダイヤルをこの白いテープを貼ったフックに合わせて0の位置にします。 そして、赤い目盛りダイヤルをマスキングテープで固定します。 これが基準の高さです。 ビットの高さは10mm。 これを基準として赤い目盛りダイヤルを0に合わせるだけで、5mm~15mmまでのビットの高さ調整がスコヤなしで、目盛りダイヤルを回すだけで出来るんです。 あ~っ。 なんて、楽! では、検証です。 ビットが出る方向へ、いきなり5目盛り(5mm)くるっと回して、ガチャッとロックします。 14,6mmです! 15mmが正解ですので、0. 4mmの誤差です。 そのまま、今度はビットが下がる方へ、一気に10目盛り 10mm 回します。 5,5mmです。 5mmが正解ですので、0,5mmの誤差です。 最後に、元の位置の0位置に戻しました。 10mmです。 きちんと戻りました。 十分ではないでしょうか。 私は申し分ないと思います。 DIY向けの機械でここまでの精度が出ればすごいとおもいます。 0,5mmくらいの誤差であれば、スコヤをあて、軽く修正できます。 これだけで、作業が早くなります。 6mmのストレートビットで溝を加工する場合2~3mmずつ深くする方が安全ですので、初めは3mm、次は6mmとビットを簡単に調整して加工が出来ます。 トリマーを覚えようとする方にも、最適なトリマーだと思います。

次の