安倍 晋三 支持 率 推移。 「次の総理」世論調査…安倍首相が急落 4選論しぼみ後継レースへの求心力に影響も “神奈川トリオ”は存在感ジワリ

【図解・政治】内閣支持率の推移:時事ドットコム

安倍 晋三 支持 率 推移

調査ではこの法案について「国家公務員の定年引き上げに反対」の38%と「検察幹部の定年延長規定を削除して成立させるべきだ」の36%が拮抗(きっこう)した。 調査は、携帯電話で回答画面にアクセスしてもらう方法と、固定電話で自動音声の質問に答えてもらう方法を組み合わせて実施。 携帯505件・固定514件の有効回答を得た。 携帯は50代以下、固定は60代以上の回答割合が多めになる傾向があるが、合算することで年代バランスがとれる仕組み。 内閣支持率は携帯27%・固定26%、不支持率も携帯66%・固定61%と調査方法によって大きな傾向の違いはなかった。 しかし、コールセンターで多数の調査員が作業する環境は新型コロナウイルスの感染リスクが指摘されるため、感染終息が見通せない中でこの調査方式を続けることはできないと考えています。 毎日新聞が社会調査研究センターと23日に実施した全国世論調査は4月8日、5月6日に続き3回目となります。 こちらは自動音声応答(オートコール)と携帯ショートメールの機能を使うため「3密」環境での作業は生じません。 コンピューターが無作為に数字を組み合わせた番号に電話をかけるRDS法を用いる点は従来調査と変わりません。 回答者の年代構成など安定したデータを得られることが確認されたので、今後は社会調査研究センターの調査方式に切り替えていきます。

次の

橋下徹氏 内閣支持率下落に「だからといって野党の支持率が伸びてない」「野党もだらしない」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

安倍 晋三 支持 率 推移

記事内容: 日本の安倍晋三内閣の支持率が、安倍首相再執権後で最も低いレベルに落ちたことが分かった。 日本経済新聞と民放のテレビ東京が5〜7日、有権者を対象に実施した世論調査で、安倍内閣を支持すると明らかにした回答者は38%であった。 先月8〜10日に調査したものよりも11%ポイント下落した。 安倍内閣を支持しないと答えた回答者の割合は9%上昇した51%であった。 今回の調査で、安倍内閣の支持率は、安全保障法制の改編推進で世論が悪化した2015年7月(38%)と同じである。 これは2012年12月、安倍総理の再執権以降、最も低い水準だ。 高齢の有権者の間で批判世論が目立った。 60代の回答者は、66%が安倍内閣を支持しないと答えた。 安倍内閣を支持しないと回答した30%は「リーダーシップの不在」を理由に挙げた。 安倍首相の指導力がないという反応は、先月(35%)より減少したが、過去1〜3月の調査では10%台だったのに比べればまだ多い。 日本政府のコロナ対策が引き続き有権者の不満を買っていると思われる。 日本政府は、すべての住民に1人当たり10万円(約111万ウォン)を支給することにしたが、回答者の73%が「遅い」と答えた。 日本政府がコロナ拡散防止のために優先的に取り組まなければならない課題が何かという問いには、医療体制の整備を挙げ、これは33%と最も多く、検査体制の拡充が22%に続いた。 読売新聞が5〜7日に実施した世論調査では、安倍内閣を支持するという回答が40%で、先月8〜10日の調査時より2%ポイント低下した。 安倍内閣を支持しないという回答は2%ポイント上昇して50%を記録した。 読売調査で安倍内閣に対する批判世論が半分を超えたのは私学財団の不正疑惑で政局が揺れた2018年4月の調査(53%)に続き2年2ヶ月ぶりだ。 日本政府の経済対策に不満を感じているとの回答は64%で満足している反応(27%)の二倍を超えた。 以下、韓国人の反応を翻訳しました。

次の

内閣支持率が急落、浮上する秋のコロナ解散説

安倍 晋三 支持 率 推移

安倍晋三首相が2012年に政権に返り咲いてから26日で5年を迎える。 「1強体制」を維持する首相は、来年秋の自民党総裁選で3選を果たせば、最長で21年9月まで首相を続けることも可能だ。 ただ、7月の東京都議選では政権のおごりを指摘され惨敗、「1強」のもろさも印象付けた。 首相は19日の講演で、国政選挙5連勝を果たした10月の衆院選について「議席をかなり失うのではないかと言う人もいたが、北朝鮮の脅威、少子高齢化の国難に挑戦するためあえて衆院解散・総選挙に挑んだ」と振り返った。 政権復帰後の5年間、首相は株高に象徴される経済政策アベノミクスを推進。 株高と連動するかのように高位安定する内閣支持率を「1強」の源泉としてきた。 しかし、先の通常国会では学校法人「森友・加計学園」問題などをめぐる政権のおごり、緩みに批判が集中。 支持率はこれまでにない下落幅を記録した。 国会閉幕直後に告示された都議選で自民党は、過去最低の獲得議席という歴史的大敗を喫した。 ただ、離合集散を繰り返す野党の間隙(かんげき)を突いて首相が仕掛けた衆院選では、政権批判の受け皿として期待された希望の党が失速。 都議選で揺らいだ「1強」を取り戻した。 首相は22日、内閣府職員らの永年勤続者表彰式で「まさに継続は力なり」とあいさつした。 5年間の自らの「実績」を重ね合わせたかったとみられる。 13年の特定秘密保護法、15年の安全保障関連法などは野党の反対にかかわらず「数の力」で成立にこぎつけた。 一方、今年の通常国会では、天皇陛下の退位を可能とする特例法をまとめた。 外交面では、日米同盟の強化が進んだ。 日米関係は当初、13年12月の首相の靖国神社参拝に米国が失望を示すなど、必ずしも良好とは言えなかった。 しかし、集団的自衛権の行使容認を柱とした安保法整備などで自衛隊の任務を拡大。 トランプ米大統領との個人的な信頼関係も築いた。 首相の悲願は憲法改正だ。 首相は先の講演で東京五輪・パラリンピックが開催される20年までの新憲法施行を目指す考えを重ねて表明した。 総裁任期は今年3月の党大会で「連続3期9年」に変更済み。 首相を脅かす「ポスト安倍」候補が見当たらない中、総裁3選により、自身の手で改憲を実現させたい考えとみられる。

次の