内海光司 二階堂ふみ。 おしゃれイズムの二階堂ふみ・内海くん・内海光司が話題

内海光司は現在病気?舞台で活躍するも激やせ画像に心配の声!

内海光司 二階堂ふみ

内海光司のプロフィール 内海光司さんは、 1968 年 1 月 11 日、東京都出身で、 現在の年齢は、52歳 となっています。 ジャニーズ事務所には 1981 年に入所しましたが、実は、オーディションなどに応募したわけではなく、スカウトによる採用だったのでした。 その後、内海光司さんは、 1983 年に、イーグルスとしてレコードデビュー。 さらに、 1987 年には、光 GENJI としてレコードデビュー となりました。 8cmCD7枚組の異色アルバム『Pocket Album ~七つの星~』には作詞作曲を担当した 「明日はもっと素敵な君がいる」が収録されています。 光 GENJI は、レコードデビューしてからというもの、 ジャニーズ事務所を代表する人気アイドルグループへと急成長し、一時代を築いていったのでした。 内海光司さんは、 キノッピーという愛称で親しまれましたが、 1995 年にグループが解散。 以後、内海光司さんは、引き続き ジャニーズ事務所に残留したままで、ソロ活動を展開していくことに。 アイドルでなくなって以降は、さまざまな映画やドラマ、舞台に出演して、もっぱら俳優として活躍していったのでした。 光GENJIメンバーの結婚状況 大沢樹生さんは、喜多嶋舞さんと結婚、離婚し、一般人と再婚。 諸星和己さんは、未婚。 佐藤寛之さんも、未婚。 山本淳一さんは、既婚でしたが、女性関係では世間を騒がせました。 赤坂晃さんは、やはり既婚だったものの、女性関係ではひと悶着ありました。 そして、佐藤アツヒロさんは、未婚。 こうやって見てみると、意外にも、元光 GENJI メンバーには、未婚者もけっこういたようですね。 それでは、内海光司さんが結婚しないのには、いったい、どのような理由があったのでしょうか … ? どうやら、 2 人の女性が影響 していた?といわれていたようですので、さっそく、これからチェックしていきましょう。 内海光司が結婚しない理由は彼女の北嶋マミ? 内海光司さんが結婚しない理由として名前が挙がっていた女性第 1 号は 北嶋マミさんでした。 おなじ光 GENJI のメンバーだった大沢樹生さんの元嫁の 喜多嶋舞さんとややこしいですが、まったく関係はありません。 北嶋マミさんとは、なんと、 元宝塚歌劇団の男役という経歴の女性だったのですね。 元光 GENJI に元宝塚歌劇団とは、なんとも豪華です。 そんな内海光司さんと北嶋マミさんは、 2017 年に熱愛疑惑が噴出していました。 内海光司さんのネット連載記事に登場した画像と、北嶋マミさんのブログに登場した画像が似ているということがキッカケだったとか。 この 2 人が熱愛していたならお似合いだと思いますが、まだ結婚報道もありません。 もしも、内海光司さんが北嶋マミさんと交際中のため結婚しないのであれば、早く朗報が聞ければいいのですけどね。 内海光司が結婚しない理由は彼女の二階堂ふみ? 内海光司さんが結婚しない理由として名前が挙がっていた女性第 2 号は、北嶋マミさんより一気に年齢が下がって、 二階堂ふみさんでした。 二階堂ふみさんは、新井浩文さんといい、年上の男性が趣味なのでしょうか … ? ところが、内海光司さんと二階堂ふみさんが熱愛などという事実は、まったくありませんでした。 二階堂ふみさんが一方的に、内海光司さんのことが好きだったのですね。 それも二階堂ふみさんの場合、ただのファンというレベルではなく、内海光司さんや光 GENJI のグッズを収集するなど、マニアといってもいい域なのでした。 このことは、 『おしゃれイズム』で判明して、 番組内では、内海光司さんから二階堂ふみさんに、レプリカながら、光 GENJI のローラーブレードをプレゼントするという一幕も。 こちらは、内海光司さんが未婚なこととは無関係だったようですが、ともあれ、とても微笑ましい逸話ですよね。 内海光司さんが独身だったこともビックリでしたが、二階堂ふみさんの趣味のほうも意外ですよね。 あれだけ有名な若手女優がアイドルマニアだったとは、なかなか想像がつきません。 プレゼントなど、両者には交流がありましたが、まさかの熱愛はありうるのでしょうか? ドラマの見逃し配信や映画、電子書籍等を月額料金で楽しめる動画配信サービスVODが注目されています。 月額料金は1,990円(税別)。 現在、初回登録時には 31日間の無料期間があります。 全てが見放題ではなく、PPVといって動画ごとに課金して見るものも含まれていますんで、まずは でどんな動画があるかチェックしてみると良いですね。 NHK朝ドラ 「まんぷく」の動画を見るには別途NHK見逃し見放題パック(月額税別900円)への登録が必要です。 電子書籍の「雑誌読み放題」が評判で、有名雑誌の最新号が追加料金無しで読めます。 月額は888円(税別)で、初回登録時には 1ヶ月無料トライアル(Amazonアカウントでの登録必須)が適用されるためお試しでの登録もおすすめです。 トライアル期間内に解約すれば料金発生しません。 現在、 14日間の無料期間があるのでお試し登録してみることをおすすめします。 日テレが運営していることから、日テレのテレビ動画が多く見れますね。 また、独占配信動画が多く、オリジナルコンテンツが豊富です。

次の

内海光司は現在病気?舞台で活躍するも激やせ画像に心配の声!

内海光司 二階堂ふみ

女優の二階堂ふみが、9月15日放送の番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。 そこで、意外な人物の大ファンであることが明らかになった。 「番組では、二階堂のプライベート写真を公開。 写真集やCD、出版社による特別編集のムックなど貴重なアイテムの他、寝室の壁に掛けられていたのは、なんとメンバーの1人だった内海光司の巨大タペストリーでした」(テレビ誌ライター) 1994年生まれの二階堂が、1980年代に大ブレイクした光GENJIのファンで、中でも元・メンバー内海光司の大ファンだというから驚く。 舞台のチケットが取れた時には「もうどうしようと思っちゃって」と興奮気味に語っている。 「番組では、実際に憧れの内海もVTR出演。 それを見た二階堂は『わあっ!』と歓声を挙げ、両手で顔を覆う興奮ぶりを見せていました」(前出・テレビ誌ライター) この様子を見た視聴者からは「二階堂さん、光GENJIを好きになってくれて、ありがとう」「二階堂ふみちゃんが、内海くんのメッセージ見る姿ずっと可愛い」といったコメントがネット上に躍った。 さらに、ツイッターでは「二階堂ふみさんが光GENJI好きと聞いて一気に好きになった…」「二階堂ふみ、光GENJI好きなの好感だわ」「二階堂ふみが内海くんに向ける眼差しだったりリアクションが身に覚えありすぎて(オタク的な意味で)好感度爆上がりしている」など、この発言によって彼女の好感度も急上昇している。 「一見クールな二階堂ですが、あの若さで内海のファンというギャップもまたいい。 今回の発言で、光GENJIのファンだったアラフィフ・バブル世代女子の心も掴んだのでは」(夕刊紙デスク) 二階堂は現在公開中の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」で、小栗旬演じる主人公・太宰治の最後の相手・山崎富栄役で出演。 作中では小栗との濃厚なラブシーンもあるのだが、ひょっとしたら二階堂は、頭の中で小栗を内海に変換して演じていたのかもしれない? (窪田史朗).

次の

二階堂ふみ、アラフィフ・バブル世代の好感度を“一気爆上げ”のワケ

内海光司 二階堂ふみ

女優の二階堂ふみが、9月15日放送の番組「おしゃれイズム」(日本テレビ系)に出演。 そこで、意外な人物の大ファンであることが明らかになった。 「番組では、二階堂のプライベート写真を公開。 写真集やCD、出版社による特別編集のムックなど貴重なアイテムの他、寝室の壁に掛けられていたのは、なんとメンバーの1人だった内海光司の巨大タペストリーでした」(テレビ誌ライター) 1994年生まれの二階堂が、1980年代に大ブレイクした光GENJIのファンで、中でも元・メンバー内海光司の大ファンだというから驚く。 舞台のチケットが取れた時には「もうどうしようと思っちゃって」と興奮気味に語っている。 「番組では、実際に憧れの内海もVTR出演。 それを見た二階堂は『わあっ!』と歓声を挙げ、両手で顔を覆う興奮ぶりを見せていました」(前出・テレビ誌ライター) この様子を見た視聴者からは「二階堂さん、光GENJIを好きになってくれて、ありがとう」「二階堂ふみちゃんが、内海くんのメッセージ見る姿ずっと可愛い」といったコメントがネット上に躍った。 さらに、ツイッターでは「二階堂ふみさんが光GENJI好きと聞いて一気に好きになった…」「二階堂ふみ、光GENJI好きなの好感だわ」「二階堂ふみが内海くんに向ける眼差しだったりリアクションが身に覚えありすぎて(オタク的な意味で)好感度爆上がりしている」など、この発言によって彼女の好感度も急上昇している。 「一見クールな二階堂ですが、あの若さで内海のファンというギャップもまたいい。 今回の発言で、光GENJIのファンだったアラフィフ・バブル世代女子の心も掴んだのでは」(夕刊紙デスク) 二階堂は現在公開中の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」で、小栗旬演じる主人公・太宰治の最後の相手・山崎富栄役で出演。 作中では小栗との濃厚なラブシーンもあるのだが、ひょっとしたら二階堂は、頭の中で小栗を内海に変換して演じていたのかもしれない? (窪田史朗).

次の