声優 ミュージカル女優。 若手ミュージカル女優ランキングTOP10【アンダー25】

ミュージカルに強い事務所を教えて下さい!

声優 ミュージカル女優

ミュージカル俳優(女優)になるにはどうすればいいですか? 私は高校1年の女子です。 舞台やミュージカルに出るのが夢です。 とてつもなく厳しいのは重々承知のうえです。 中学の時に合唱部に入っていましたので、歌には自信があります。 高校では演劇部に所属しています。 ダンスは習えませんが(お金の問題で)、家や学校で常に ミュージカルなどのダンスを真似して踊っています。 体力はあまりありませんが、好きなことには死ぬ気で取り組みたいと思っています。 これは認可されないこともありえるということですか? もし認可されなかったら、他にどの専門学校に行けばいいのでしょうか? よければ名古屋市近辺で教えてください。 多くて読みづらいと思いますが、よろしくおねがいします。 知り合いにミュージカル俳優がいます。 1・今のままだとほぼ確実に無理だと思います。 先の回答者さんが述べてますが、 ミュージカルは声楽を習っていないと話にならないですし合唱に自信があっても意味がありません。 またバレエも必須です。 厳しいようですが、 芸事にはお金がかかります。 声楽もバレエも独自では出来ませんし、 むしろ変な癖がついてしまっては治すのも難しいです。 最低限でも声楽とバレエは習わないとダメなのでそれが無理なら厳しいですね。 2と3については、 進路に関わる事なので学校に直接聞くのがいいと思います。 名古屋近辺でもそういった専門学校は多いですし調べれば出てくると思いますよ。 4・個人的には最低でも大学は出ていた方がいいと思いますよ。 ハッキリ言って、 舞台だけで食べて行ける人は一握りです。 努力だけでどうにかなる世界ではなく、 運や実力が重視されます。 もしダメだった時の事も考えて、 きちんとした方がいいと思います。 今の考えだと甘いと思うので、 本当にやりたければ頑張ってみて下さい。 学校の合唱部は、はっきり言って素人芸です。 音大のプロの声楽の先生が来て、個別に指導してくれているというなら別ですが、学校の授業の延長でしかないです。 演劇部も同様。 養成所で本格的に習っているのでなければ、所詮しろうと芸です。 ダンスに至っては、自分で見よう見まねでやっているのは全く役に立たないどころか逆効果。 バレエが基本になりますが、仮にバレエのDVDなどを見ながらであっても、自己流はやらない方がマシなくらいです。 プロに教わっても、ちょっとやそっとではマスターできないダンスです。 これらすべてを本格的に習っている人がライバルです。 まして体力。 ミュージカルは体力勝負。 歌って踊るんですよ? 甘いとしか言えないです。 専門学校に通うのはいいですが、おそらくそれで生計を立てることはできないでしょうから、別の道も考えておいた方がいいです。 実家の全面援助で、あくまで趣味としてミュージカルをできるくらいのお嬢様。 仕事はきっちり持って、アフター5の趣味としてしろうと劇団で活動する。 このどちらかが現実的でしょうね。 まず、合唱をしていたから歌に自信があるという考え方はやめた方がいいと思います。 ミュージカルで歌をメインにされている方は、声楽を勉強された方 要は音大、芸大卒 です。 あと、バレエは最低限勉強しておいた方がいいです。 バレエは全てのダンスの基礎になります。 ミュージカルのダンスの真似をして踊っても、経験者と比べれば、姿勢や筋肉のつき方など基礎ができていないことがわかりますよ。 芸事にはお金がかかることをご理解ください。 ダンスなら早ければ10年以上の経験者がいる世界です。 声楽でも高校からレッスンを始める人が多いです。 体力がなければ舞台に立つのはきついと思います。 私の好きな女優さんは体脂肪率約15%で3時間持たせるためにアスリート並みの体力が必要と話していました。 短大卒と同等の扱いですが、大学ではないので専門卒です 詳しくは学校に直接聞いてください。 他には芸大のミュージカルコースという方法もあります。 主演の話が元宝塚や元四季のトップクラスが大半、他に才能が認められて芸能事務所と契約した音大卒の方など… アンサンブルのみで舞台に立つ人の大半は副業が必須になってきますよ。 ボーカルスクールの講師やダンス教師、講師などができなければ普通のアルバイトです。 オーディションに合格しなければ舞台に立つことすらできません。 夢が叶うまでアルバイト生活覚悟になると思います。 せめて高校卒業の学力と一般常識、教養は必要かと思いますよ。

次の

声優・伊東健人とミュージカルのただならぬ関係――古典からジャニーズのあの舞台まで、初心者でも”ハマる”ミュージカル4選+α

声優 ミュージカル女優

ミュージカル俳優(女優)になるにはどうすればいいですか? 私は高校1年の女子です。 舞台やミュージカルに出るのが夢です。 とてつもなく厳しいのは重々承知のうえです。 中学の時に合唱部に入っていましたので、歌には自信があります。 高校では演劇部に所属しています。 ダンスは習えませんが(お金の問題で)、家や学校で常に ミュージカルなどのダンスを真似して踊っています。 体力はあまりありませんが、好きなことには死ぬ気で取り組みたいと思っています。 これは認可されないこともありえるということですか? もし認可されなかったら、他にどの専門学校に行けばいいのでしょうか? よければ名古屋市近辺で教えてください。 多くて読みづらいと思いますが、よろしくおねがいします。 知り合いにミュージカル俳優がいます。 1・今のままだとほぼ確実に無理だと思います。 先の回答者さんが述べてますが、 ミュージカルは声楽を習っていないと話にならないですし合唱に自信があっても意味がありません。 またバレエも必須です。 厳しいようですが、 芸事にはお金がかかります。 声楽もバレエも独自では出来ませんし、 むしろ変な癖がついてしまっては治すのも難しいです。 最低限でも声楽とバレエは習わないとダメなのでそれが無理なら厳しいですね。 2と3については、 進路に関わる事なので学校に直接聞くのがいいと思います。 名古屋近辺でもそういった専門学校は多いですし調べれば出てくると思いますよ。 4・個人的には最低でも大学は出ていた方がいいと思いますよ。 ハッキリ言って、 舞台だけで食べて行ける人は一握りです。 努力だけでどうにかなる世界ではなく、 運や実力が重視されます。 もしダメだった時の事も考えて、 きちんとした方がいいと思います。 今の考えだと甘いと思うので、 本当にやりたければ頑張ってみて下さい。 学校の合唱部は、はっきり言って素人芸です。 音大のプロの声楽の先生が来て、個別に指導してくれているというなら別ですが、学校の授業の延長でしかないです。 演劇部も同様。 養成所で本格的に習っているのでなければ、所詮しろうと芸です。 ダンスに至っては、自分で見よう見まねでやっているのは全く役に立たないどころか逆効果。 バレエが基本になりますが、仮にバレエのDVDなどを見ながらであっても、自己流はやらない方がマシなくらいです。 プロに教わっても、ちょっとやそっとではマスターできないダンスです。 これらすべてを本格的に習っている人がライバルです。 まして体力。 ミュージカルは体力勝負。 歌って踊るんですよ? 甘いとしか言えないです。 専門学校に通うのはいいですが、おそらくそれで生計を立てることはできないでしょうから、別の道も考えておいた方がいいです。 実家の全面援助で、あくまで趣味としてミュージカルをできるくらいのお嬢様。 仕事はきっちり持って、アフター5の趣味としてしろうと劇団で活動する。 このどちらかが現実的でしょうね。 まず、合唱をしていたから歌に自信があるという考え方はやめた方がいいと思います。 ミュージカルで歌をメインにされている方は、声楽を勉強された方 要は音大、芸大卒 です。 あと、バレエは最低限勉強しておいた方がいいです。 バレエは全てのダンスの基礎になります。 ミュージカルのダンスの真似をして踊っても、経験者と比べれば、姿勢や筋肉のつき方など基礎ができていないことがわかりますよ。 芸事にはお金がかかることをご理解ください。 ダンスなら早ければ10年以上の経験者がいる世界です。 声楽でも高校からレッスンを始める人が多いです。 体力がなければ舞台に立つのはきついと思います。 私の好きな女優さんは体脂肪率約15%で3時間持たせるためにアスリート並みの体力が必要と話していました。 短大卒と同等の扱いですが、大学ではないので専門卒です 詳しくは学校に直接聞いてください。 他には芸大のミュージカルコースという方法もあります。 主演の話が元宝塚や元四季のトップクラスが大半、他に才能が認められて芸能事務所と契約した音大卒の方など… アンサンブルのみで舞台に立つ人の大半は副業が必須になってきますよ。 ボーカルスクールの講師やダンス教師、講師などができなければ普通のアルバイトです。 オーディションに合格しなければ舞台に立つことすらできません。 夢が叶うまでアルバイト生活覚悟になると思います。 せめて高校卒業の学力と一般常識、教養は必要かと思いますよ。

次の

ハルヒの声優でミュージカル女優の平野綾がビルボードライブ大阪で初コンサート

声優 ミュージカル女優

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハリー・ポッター役(日本語吹替)、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』、ジョルノ・ジョバァーナ役などで知られる声優・が30日、都内で行われたミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』日本キャスト版 Season2の取材会に登場した。 同ミュージカルは、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をモデルにしており、1950年代後半のアメリカを舞台に、人種問題や移民同士の対立といった当時の社会問題を織り込んでいる。 世界中で再演を重ねているが、昨年11月から2ヶ月半にわたる公演が行われたシーズン1に続き、キャストを変えてシーズン2が行われる。 この日は、Wキャストでトニー役の、、マリア役の、、アニータ役の、、リフ役の、ベルナルド役の、廣瀬友祐も参加。 激しいダンスなどを披露したあとの取材会で、各々「出演できた喜び」や「ダンスシーンについて」などの質問が順番に飛んだが、最後の方の番だったためリフ役の小野は「あの〜、質問って…」と忘れてしまいキャストから笑われる一幕が。 ダンスシーンについて聞かれると「リフ役として出演が決まってから、海外の方がやっているバージョンを見させていただいた。 その時に結構、絶望した」と告白。 理由は「ダンスはもちろんですが、プロフェッショナルな方々がやるのを見て『これをやるのか!』って不安でいっぱいでした」と明かし「みなさんと一緒に2ヶ月間けいこをして、なんとか形にはなったのではないかと思います。 あとは本番で精一杯、物語の中で生きられたら、ダンスで表現できたらいいなと思っています」と本番前に意気込んだ。 また、ダンスについては演出から細かい指示があったそうで「『あまり、ダンサーっぽく踊らないでくれ』と指示がありました。 ダンスなんだけど、ダンスっぽく表現しないで表現できるように頑張りたいと思います。 よろしくお願いします」と呼びかけた。 2月1日から3月10日までIHIステージアラウンド東京で公演される。

次の