予備校 評判。 株式会社秀英予備校の口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (5856)

予備校比較.COM|大学受験予備校の講師や講座の評判が分かる

予備校 評判

「さすがにそろそろ 受験に本腰入れなきゃいけない時期になってきたし、 予備校も通い始めなきゃいけないな~。 けど、予備校て結構たくさんあるよね。 どこに行けばいいんだろう?」 「 文系と理系によって、予備校の合う合わないも、ちょっとあるみたいだし。 」 あなたは、今そんなことを考えていませんか? 世の中に塾・予備校はたくさんありますが、 どの塾・予備校もちょっとずつ特徴が違います。 そして文系・理系によっても相性というものが出てくるので、 よく調べないまま適当に選んでしまうと、思ったように成績が伸びず 第一志望に合格できない…ということになってしまいます。 そんなあなたへ向けて、 この記事では 文系の大学受験に適した予備校を ランキング形式で紹介しています! それぞれの 予備校の特徴や強みも解説していますので、 この記事さえ読めば 予備校選びの悩みはもうなくなります! この記事があなたの予備校選びのお役に立ちましたら幸いです。 授業で勉強を教えるのではなく、勉強は生徒たちに 独学でやってもらい どういうやり方・どういう方向性で勉強すれば 最速で成績が伸びるか、ということをみっちりとアドバイスしてくれ そのときの 成績・学力に応じてあなたが何をすべきかを細かく指導してくれるのが武田塾です。 授業より独学の方が進むスピードははやいですが、 授業と比べて、独学だと間違った方法で取り掛かってしまい、それを指摘してくれる先生もいないのでいつまでも間違った方法で勉強して成績が伸びない… という危険性があります。 そこで、生徒たちの 勉強の進め方のアドバイスに徹することで、 最速で成績を上げていくのが武田塾です。 授業をせず、勉強の方法のアドバイスをするという性質から、 どのタイミングからでも入塾できるのも魅力です。 (このサイトの、武田塾についてくわしく解説したページに行きます) 第二位:河合塾 大手の予備校といえばまず真っ先に名前が思い浮かぶであろう、 河合塾。 そのイメージに違わず、幼稚園生から社会人まで幅広い年齢を対象に教育を展開しており 生徒数の合計は10万人以上。 そして全国に 400以上もの校舎がある予備校です。 特に 関西や関東の中心の大きな校舎であれば、 どの科目にも一流のトップ講師が在籍しているという強みがあります。 『 文系の河合、理系の駿台』という言葉を、どこかで聞いたことはありませんか? これは30年以上前から言われていることで、確かに昔は河合塾に文系の名物講師が多く、駿台に理系の名物講師が多く在籍していました。 今となっては河合塾と駿台のあいだにそこまで顕著な差はありませんが、相変わらず理系は持ちろん 文系の合格実績も良いのが河合塾です。 (このサイトの、河合塾についてくわしく解説したページに行きます) 第三位:明光義塾 距離の近い大学生の講師に教えてもらうことができるのが、明光義塾です。 実際に受験を経験して、そのときの記憶が強く残っている先生に授業を教えてもらうことができるので、 生徒のつまづきやすいポイントを抑えた効果的な成績アップが期待できます。 それでいて、先生が大学生であるということで 他の予備校よりかも 安めに授業を受けることができるのも良いところです。 また、先生が現役の大学生であることから、 大学生活のリアルを気軽に聞くこともでき、 特に キャンパスのおしゃれさや大学の雰囲気も込みで 第一志望を考えている受験生は あなたの第一志望合格後の 大学生活のイメージが固まりやすくなるので モチベーションアップにもつながります。 (このサイトの、明光義塾について詳しく解説したページに行きます) 第四位:栄光ゼミナール 栄光ゼミナールの特徴は、 個別指導もしくは少人数のクラスでの授業で勉強を進めて行くので 先生と生徒との距離が近く、 先生が生徒一人一人をしっかりと把握することができ、 生徒一人一人の得意分野や苦手分野に合わせた、 きめ細やかな指導ができるところにあります。 大教室で大勢の生徒を相手に授業をするところだと、先生の生徒一人一人に対するサポートができないという欠点がありますが 栄光ゼミナールであればその心配はありません。 マンツーマンで、授業を進めていて 分からないところがあったら生徒を置いてきぼりにすることなく分からない所を しっかり潰していきますので 効率よくしっかりと成績が伸びます。 (このサイトの、栄光ゼミナールについて詳しく解説したページに行きます) 第五位:四谷学院 四谷学院の特徴は、 個別指導で生徒一人一人に丁寧に指導をしていくということと 学力を55段階という極めて細かいところにまで分け、 あなたのレベルに応じた適切な授業を展開していくことで、 『 簡単すぎてやる意味がない』といった勉強はせず 逆に『 難しすぎでチンプンカンプン』といった勉強にも時間を使うことなく、 効率的に成績を伸ばして行けるところにあります。 55段階のレベルのうち、いま 自分がどのレベルにいるのかは 毎月のテストで確認できますので 「自分、この前と比べて成長している!」 といった実感が湧きやすく、 モチベーションも保ちやすいです。 (このサイトの、四谷学院について詳しく解説したページに行きます) 大学受験の予備校評判比較・文系向けオススメランキングまとめ というわけで、文系受験生向けおすすめ予備校の それぞれの特徴を解説しました。 それぞれの予備校について、全体的にどういったところなのか理解できたのではないでしょうか。 特に気になったところは、早速問い合わせてみましょう。 こういった小さな行動が、 成績が伸びるかどうかを変え、 そして、第一志望に合格するかどうかを変えます。

次の

駿台予備校の評判を実際の生徒の口コミから解説!駿台の評判が丸わかり!

予備校 評判

「さすがにそろそろ 受験に本腰入れなきゃいけない時期になってきたし、 予備校も通い始めなきゃいけないな~。 けど、予備校て結構たくさんあるよね。 どこに行けばいいんだろう?」 「 文系と理系によって、予備校の合う合わないも、ちょっとあるみたいだし。 」 あなたは、今そんなことを考えていませんか? 世の中に塾・予備校はたくさんありますが、 どの塾・予備校もちょっとずつ特徴が違います。 そして文系・理系によっても相性というものが出てくるので、 よく調べないまま適当に選んでしまうと、思ったように成績が伸びず 第一志望に合格できない…ということになってしまいます。 そんなあなたへ向けて、 この記事では 文系の大学受験に適した予備校を ランキング形式で紹介しています! それぞれの 予備校の特徴や強みも解説していますので、 この記事さえ読めば 予備校選びの悩みはもうなくなります! この記事があなたの予備校選びのお役に立ちましたら幸いです。 授業で勉強を教えるのではなく、勉強は生徒たちに 独学でやってもらい どういうやり方・どういう方向性で勉強すれば 最速で成績が伸びるか、ということをみっちりとアドバイスしてくれ そのときの 成績・学力に応じてあなたが何をすべきかを細かく指導してくれるのが武田塾です。 授業より独学の方が進むスピードははやいですが、 授業と比べて、独学だと間違った方法で取り掛かってしまい、それを指摘してくれる先生もいないのでいつまでも間違った方法で勉強して成績が伸びない… という危険性があります。 そこで、生徒たちの 勉強の進め方のアドバイスに徹することで、 最速で成績を上げていくのが武田塾です。 授業をせず、勉強の方法のアドバイスをするという性質から、 どのタイミングからでも入塾できるのも魅力です。 (このサイトの、武田塾についてくわしく解説したページに行きます) 第二位:河合塾 大手の予備校といえばまず真っ先に名前が思い浮かぶであろう、 河合塾。 そのイメージに違わず、幼稚園生から社会人まで幅広い年齢を対象に教育を展開しており 生徒数の合計は10万人以上。 そして全国に 400以上もの校舎がある予備校です。 特に 関西や関東の中心の大きな校舎であれば、 どの科目にも一流のトップ講師が在籍しているという強みがあります。 『 文系の河合、理系の駿台』という言葉を、どこかで聞いたことはありませんか? これは30年以上前から言われていることで、確かに昔は河合塾に文系の名物講師が多く、駿台に理系の名物講師が多く在籍していました。 今となっては河合塾と駿台のあいだにそこまで顕著な差はありませんが、相変わらず理系は持ちろん 文系の合格実績も良いのが河合塾です。 (このサイトの、河合塾についてくわしく解説したページに行きます) 第三位:明光義塾 距離の近い大学生の講師に教えてもらうことができるのが、明光義塾です。 実際に受験を経験して、そのときの記憶が強く残っている先生に授業を教えてもらうことができるので、 生徒のつまづきやすいポイントを抑えた効果的な成績アップが期待できます。 それでいて、先生が大学生であるということで 他の予備校よりかも 安めに授業を受けることができるのも良いところです。 また、先生が現役の大学生であることから、 大学生活のリアルを気軽に聞くこともでき、 特に キャンパスのおしゃれさや大学の雰囲気も込みで 第一志望を考えている受験生は あなたの第一志望合格後の 大学生活のイメージが固まりやすくなるので モチベーションアップにもつながります。 (このサイトの、明光義塾について詳しく解説したページに行きます) 第四位:栄光ゼミナール 栄光ゼミナールの特徴は、 個別指導もしくは少人数のクラスでの授業で勉強を進めて行くので 先生と生徒との距離が近く、 先生が生徒一人一人をしっかりと把握することができ、 生徒一人一人の得意分野や苦手分野に合わせた、 きめ細やかな指導ができるところにあります。 大教室で大勢の生徒を相手に授業をするところだと、先生の生徒一人一人に対するサポートができないという欠点がありますが 栄光ゼミナールであればその心配はありません。 マンツーマンで、授業を進めていて 分からないところがあったら生徒を置いてきぼりにすることなく分からない所を しっかり潰していきますので 効率よくしっかりと成績が伸びます。 (このサイトの、栄光ゼミナールについて詳しく解説したページに行きます) 第五位:四谷学院 四谷学院の特徴は、 個別指導で生徒一人一人に丁寧に指導をしていくということと 学力を55段階という極めて細かいところにまで分け、 あなたのレベルに応じた適切な授業を展開していくことで、 『 簡単すぎてやる意味がない』といった勉強はせず 逆に『 難しすぎでチンプンカンプン』といった勉強にも時間を使うことなく、 効率的に成績を伸ばして行けるところにあります。 55段階のレベルのうち、いま 自分がどのレベルにいるのかは 毎月のテストで確認できますので 「自分、この前と比べて成長している!」 といった実感が湧きやすく、 モチベーションも保ちやすいです。 (このサイトの、四谷学院について詳しく解説したページに行きます) 大学受験の予備校評判比較・文系向けオススメランキングまとめ というわけで、文系受験生向けおすすめ予備校の それぞれの特徴を解説しました。 それぞれの予備校について、全体的にどういったところなのか理解できたのではないでしょうか。 特に気になったところは、早速問い合わせてみましょう。 こういった小さな行動が、 成績が伸びるかどうかを変え、 そして、第一志望に合格するかどうかを変えます。

次の

予備校・大学受験なら四谷学院

予備校 評判

こんにちは、StudyFor. 編集部です。 私たち編集部のメンバーは予備校講師や現役難関大学生(東大・京大・早慶など)で構成されており、学習指導および学習のプロとしての視点から N予備校の「メリット」・「デメリット」・「費用」・「口コミや評判」などについて記します。 目次(項目をクリックするとジャンプできます)• 対象となる学年は高校生・大学受験生 N予備校の大学受験コースの対象となる学年は 「高校生」と「大学受験生」です。 料金・値段 N予備校では月額1000円で全てのサービスが利用可能です。 具体的には 「大学受験コース」と「プログラミングコース」と「Webデザインコース」の全てを利用可能です。 例えば、大学受験の勉強をしたいコースは、ついでにプログラミングの勉強をすることもできます。 教材や授業料はすべて月額1000円の中に含まれています。 このページでは「大学受験コース」についてのメリット・デメリットなどを記しておりますので、プログラミングコースやWebデザインコースについて詳しく知りたい方はN予備校のHPをご覧ください。 メリット 月額1000円と非常に安い N予備校の一番の特徴は費用が 「月額1000円」と非常に安いことです。 大手予備校などに通った場合は年間で70~90万ほどの費用が相場ですが、N予備校であれば年間の費用は1万2000円で済みます。 さらに、大学受験の勉強だけでなくプログラミングの勉強もすることができ、プログラミングスクールの費用が約30万円ということを考えると非常にお得な料金設定です。 講師の質が高い N予備校の講師は、予備校講師の中でも有名な方が集まっています。 例えば、当サイトStudyFor. (スタディフォー)でも記事を執筆された 三浦淳一さんは『全レベル問題集 英語長文』『入門英語長文問題精講』(旺文社)など数多くの人気参考書の著者です。 講師と生徒がやり取りできる生放送LIVE授業を受けることが出来る N予備校では過去に収録されたアーカイブ授業だけでなく、 生放送で配信されるLIVE授業を受けることが出来ます。 さらに、このLIVE授業では 講師や一緒に授業を受けている人にチャットで質問することが可能です。 ですので、 講師はチャットを見ることで生徒の理解度を図り、授業の進め方や説明の仕方を臨機応変に対応してくれます。 また、授業中には記述問題や論述問題が出題され、生徒は自分の答案を講師に挙手ボタンを使って見せることもできます。 挙手して見せた答案が選ばれると、授業中に答案を添削してくれます。 このようにLIVE授業では、実際の教室で授業を受けている感覚を味わうことが出来ます。 質の高いデジタル教材も月額1000円に含まれている N予備校で使う教材は「N予備校の講師」と参考書の老舗「KADOKAWA中経出版」がタッグを組んで、スマホでの学習に合わせて作成されたデジタル教材です。 この教材では、問題を回答すると自動で採点してくれたり、間違えた問題を自動で記録する機能がついているため、効率よく学習することが可能です。 また、デジタル問題集に収録されている問題は「一問一答」や「穴埋め問題」、「問題文+小問」など様々な出題形式に対応しています。 この教材は月額1000円の料金の中に含まれているため、かなりお得です。 LIVE授業以外でも質問が可能なQ&Aシステム N予備校では質問掲示板が用意されており、いつでも質問することが出来ます。 ここでは、生徒の質問に対して講師だけでなく他の生徒が質問に答えることもあります。 生徒が他の生徒に教えるという行為は生徒本人の説明事項への理解度が高まるため、ぜひとも活用してほしい機能です。 アーカイブ授業は「いつでも・どこでも・何度でも」見ることが出来る N予備校では過去に収録された授業である「アーカイブ授業」をいつでも、どこでも、何度でも見ることが出来ます。 ですので、部活動や学校が忙しくてLIVE授業が受けれなかった時でも、アーカイブ授業で学習が可能です。 アーカイブ授業では、短期間でがっつり学習したい人は1年間の授業を一気見することもできます。 また、何度でも再生が可能であるため、隙間時間に少しずつ再生したり、一度受けた授業を時間を空けて復習として見ることも出来ます。 学習者にレベルに応じた授業が用意されている N予備校ではレベル別に授業が用意されているため、生徒のレベルに適した授業を受けることが出来ます。 具体的には次の3つのレベルが用意されています。 5~77. そのため、科目によっては用意されている授業のレベルがスタンダードレベルのみだったりします。 ですので、入会前に自分が受けたい科目、受けたいレベルの授業が用意されているかを必ず確認するようにしましょう。 また、これからアーカイブ授業はどんどん増えていくので、このデメリットは近いうちに解消されるはずです。 テキストが印刷できない N予備校ではテキストがスマホに適したデジタル教材であるためか、印刷することが出来ません。 人によってはスマホでは目が疲れるから、紙で学習したい人もいると思います。 多くの利用者がテキストの印刷が出来るようになることを望んでいるため、近いうちに印刷が可能になるかもしれません。 利用者の声 口コミサイトやSNSなどから利用者の代表的な声を紹介します。 テキストを紙でも使いたい 返金や保証はある? N予備校では成績保証などの保証制度はありません。 利用契約後はクーリングオフを除き、返金はされません。 クーリングオフとは契約から14日以内であれば契約を取り消すことが出来る制度です。 お得なキャンペーンを受けるには? 現在、お得なキャンペーンは行われていません。 キャンペーンの情報を入手し次第、追記します。 スタディサプリとの比較 N予備校はよくスタディサプリと比較されます。 スタディサプリとは月額1980円で小学生~高校生・大学受験生向けの授業が受け放題のサービスです。 スタディフォー , 2020 All Rights Reserved Powered by. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon.

次の