戦場 英語。 「常在戦場」の意味と使い方とは?類語や長岡藩に伝わる語源も紹介

長久手市/長久手古戦場物語

戦場 英語

人は、古来より、歴史の転換点において多くの戦いを繰り返してきました。 戦いは、人命の奪い合いという悲惨な行いであり、戦禍が癒えない間、人は、戦いの意味を客観的に考えることが困難です。 しかし、時の流れとともに、人の心は穏やかさを取り戻し、戦いの悲惨さとともに、先人が戦いに懸けた思いを客観的に見つめることができるようになります。 戦場に赴いた人々に思いを馳せ、戦いの意味、そして平和の意味を人々に問いかける場所、それが古戦場です。 「世界古戦場サミット」に集った、我々、関ケ原古戦場、ワーテルロー古戦場及びゲティスバーグ古戦場の関係者は、この古戦場を受け継ぐ者として、古戦場を守り、次の世代に伝えていくため次のとおり宣言します。 戦場に赴いた人々の思いを想像し、戦いの歴史的な意義を問うとともに、平和の大切さを感じられる古戦場であり続けます。 多くの人が訪れ、戦いの歴史と向き合ってもらえるよう、往時の姿を留めるとともに、人々を魅了する古戦場であり続けます。 国の違い、時代の違いがあっても、歴史の重要な転換点を作った古戦場として、その価値を認め合い、交流を続けます。 ゲティスバーグ チャールズ・ゲイブル(ゲティスバーグ区マネージャー) エド・クラーク(ゲティスバーグ国立軍事公園支配人) ゲティスバーグ古戦場とは... (アメリカ合衆国 ペンシルベニア州) 19世紀半ば、経済格差や奴隷制度の是非等を巡って、アメリカが争った南北戦争の事実上の決戦地。 第16代大統領エイブラハム・リンカーンによる「人民の、人民による、人民のための政治」と訳される名演説が行われた舞台である。 ワーテルロー古戦場とは... (ベルギー王国 ブリュッセル) 19世紀初め、フランス皇帝ナポレオン1世が、イギリス・オランダ及びプロイセンと戦い、大敗を喫した「ワーテルローの戦い」の地。 ナポレオン最後の戦いとしても有名。

次の

長久手市/長久手古戦場物語

戦場 英語

May. 2018 は, の尊称で(めざめた方) と称されますが, 生年につきましては世界中の仏教学者が 様々な説を出していまして, 100年以上の開きがあったりと, 未だ確定していません 世界的仏教学の泰斗,博士は, 紀元前463年と推定されておられます つまり,今から2500年ほど前に, 現在のネパールのに 生まれたとされています 士がよく語っておられたことで, 現在の仏教学界では定説化しているのですが, は現在の中国・韓国・日本の仏教とは 教えも組織も相当違っていたものでした 例えば,では そもそもは「教団」を作る意志は全くなかった, つまりお寺など作るつもりはなかったとされています 悟りは極めて個人的体験であり, 社会的なものではない その考え方に近いことは, 14世が時折言及されることでもあります 本日は原始仏典に残されています の美的感性溢れる名言のいくつかを, 博士訳 『の 真理のことば 感興のことば』 () から,御紹介したいと思います (英文拙訳) まずは,「怨み」についてです 実にこの世においては、 怨みに報いるに怨みをもってしたならば、 ついに怨みの止むことがない。 怨みを捨ててこそ止む。 これは永遠の真理である。 In this world, in reality, if you have a grudge against a grudge, it will never stop after all. It will stop just by abandoning it; this is the eternal truth. がこのことばを発したとされます頃から 25世紀以上経った現在の世界情勢を見ましても, 人類の精神レベルは何ら進化していないことが かなしいかな,よく分かります 怨みを捨てること 個人レベルであれ,国家レベルであれ, それは非暴力のことだと思います たとえば,昨今連日のように報道されています とある大学生の「タックル」の件は, どう考えましても公的暴力でしかありません スポーツは互いに切磋琢磨こそすれ, 怨み辛みでするものではありません 感情の暴走は暴力以外の なにものでもなくなってしまいます 緊迫する大国同士による政治・経済的「タックル」も, 怨み辛みでは果てしなく続くのみです 続きまして,「非暴力・不」の 真骨頂とも思われます一言です 怒らないことによって怒りにうち勝て。 善いことによって悪いことにうち勝て。 わかり合うことによって物惜しみにうち勝て。 真実によって虚言の人にうち勝て。 Beat anger by not getting angry. Beat evil by doing good. Beat regret by sharing. Beat a liar by telling truth. なんと知的な戦略でしょう! この四行全ての方法は 感情をコンすることでしかなされ得ません… が宗教というよりは哲学だと言われるのは, こうした理性的・論理的メッセージの宝庫だからです は, 私を疑え と仰いました 疑って,疑って,疑い切れない何かが 残っていて初めて, それを信じなさい,と また,臨終に際しても, 悲しみ叫ぶ弟子たちに, 悲しむでない 私ではなく教えを信じよ とも仰いました このの奨励は, 「私を信じよ」 と語る,の大多数の宗教家とは, 全く逆ベクトルです の「方法的懐疑」にむしろ近く, 客観的合理性の追求法とさえ思われます は人の行い=カルマ(業)に重きを置きます いい事をすればいい事が起こり, 悪い事をすれば悪い事が起こる 善因善果,悪因悪果です いわゆる,因果応報で, そこには感情移入は全くされません そこが,日本仏教のコンテクストでは, 慈悲論が多分に盛り込まれ, カルマ論の論理性が漠として 感情移入されてしまうのです 次に,その「行い」についてのコメントです 他人の過失を見るなかれ。 他人のしたこととしなかったことを見るな。 ただ自分のしたこととしなかったこと だけを見よ。 ひたすら自分を見つめ続けること それがの基本的メッセージでした 他人に見るのは,自分の姿だからです その意味での「孤独」を は美しい比喩とともに勧めています 孤独で歩め。 悪いことをするな。 求めるところは少なくあれ。 林の中にいる象のように。 Walk alone. Seek for little. Like an elephant in the woods. もちろん,この「孤独」は 非社会的「孤立」ではありません むしろこの「孤独」が熟成すれば, 自然と利他的な行いにつながります その行いが親切であれ。 何ものでも分かち合え。 善いことを実行せよ。 そうすれば、 喜びに満ち、苦悩を滅すであろう。 Your behavior should be kind. Share everything. Do what is good. Then, you will be filled with pleasure, which will extinguish your troubles. そして,「善いこと」を花に付託して, こう語られています うず高い花を集めて 多くの花飾りをつくるように、 人として生れまた死ぬべきであるならば、 多くの善いことをなせ。 Just as you make many wreaths by correcting so many flowers, so do many good things, if you should be born and die as a person. は「ことば」につきましても, 最大限の配慮が必要だとされます 自分を苦しめず、 また他人を害しないようなことばのみを語れ。 これこそ実に善く説かれた言葉なのである。 恥ずかしながら最近知ったことですが, の AI は,データ分類する際に ポジティブワードとネガティヴワードの数を数値化し, 対象となるテキストが読んだ人に 好印象を与えるものか悪印象を与えるものかまで 判定しているのだそうです が的に! 私たち全員と同じく, AI にも仏性が, になる可能性があるのですね… 他者を傷つけない配慮こそ,端的に「思いやり」です 他人に愛される人は、 また自分のためにもよいことをするのである。 現社CEOのインド御出身のナデラ氏の 「思いやり」経営を想起します ただし,世の中の「評価」は無常であることも, は指摘します ただ誹られるだけの人、 またただ褒められるだけの人は、 過去にもいなかったし、 未来にもいないであろう、 現在にもいない。 Those who are only accused or only admired were not in the past, will not be in the future, nor are in the present. さらに「徳」につきましては… 花の香りは風に逆らっては香らない。 しかし、徳のある人々の香りは、 風に逆らっても薫る。 徳のある人は、すべての方向に薫るのである。 Those who have virtue smell in all directions. 徳のある人,つまり善い行いをする人は, 逆風にもめげない花の香りのごとき薫りを放つ… じつに美しいイメージがふわっと広がる一節です ただ,「善い行い」をするには, 自分を優先してしまう欲望を制御するが必要です 風によって吹き上げられた塵が 雨によって静まるように、 ひとが明らかなによって見るときに、 諸の欲望の思いが静まる。 Just as the dirt blown up by the wind will be calmed down by the rain, so the various desires will be calmed down when a person looks at things with clear wisdom. このを持ち, 自らの欲望をコン出来た人を では「」と言います その戦う相手は外部世界のどこにもおらず, ただただ自分の中にいる欲望という敵です 戦場において百万人に勝つよりも、 唯だ一つの自己に克つものこそ、 じつに最上のである。 The very person who conquers only himself is really the greatest victor, not the one who beats one million people in the war. それでは,このへんで ! tsuputon7.

次の

戦場のピアニスト

戦場 英語

Tips to achieve a better translation If the translation doesn't seem right, then try this. If any are missing, supplement the original text to make it complete. 2. Take longer sentences and break it down with each conjunction so that the subject and predicate of each phrase or passage are clear. 3. If you are experiencing mistranslations, it may be due to a mistake in the original text. Here are some common mistakes. 4. Coined words and some unnatural expressions in Japanese using phrases such as "... 的" or "... 化" may cause mistranslations. To the extent possible, also try to avoid ambiguous expressions that rely on the context, and use verbs that are more restrictive in meaning. 5. Make some edits to the articles, pronouns or tense of the translated result will help you create a smoother translated sentence.

次の