確定 申告 いつから いつまで の 分。 確定申告の期限、いつからいつまで|スモビバ!

【確定申告・還付申告】|国税庁

確定 申告 いつから いつまで の 分

確定申告はいつからいつまで? 確定申告は、一定期間の所得状況等を税務署に申告して税金を納める手続きです。 この手続きは決められた期間内に行わなければいけません。 期限日を過ぎた場合はペナルティが課せられますので、いつから確定申告を行うのかを把握しておくこと、そして期限を守ることはとても大切です。 申告の手段もいくつかあり、それぞれの特徴を理解しておけばうまく活用できるでしょう。 課税対象期間とは いつからいつまでの会計結果を集計して確定申告するのか、その一定期間のことを課税対象期間といいます。 主な税目ごとの課税対象期間は以下の通りです。 ・所得税:基本的に個人事業主を対象とします。 1月1日から12月31日までの1年間です。 ・消費税および地方消費税:個人事業者の場合は1月1日から12月31日の1年間、法人の場合は事業年度となります。 ・法人税:法人を対象とします。 事業年度が課税対象期間となります。 申告書提出期間とは いつからいつまでに確定申告書を提出するかは、法で定められています。 また、所得税と法人税に関しては、原則として申告書の提出期限日が申告税額の納付期限日になります。 主な税目ごとの法定申告書提出期間は以下の通りです。 いずれも提出期限日が土・日曜日または祝日となる場合は、翌営業日となります。 所得税:毎年2月16日から3月15日の1カ月間です。 なお、 平成30年度分の確定申告期間は平成31年2月18日(月)から平成31年3月15日(金)までとなっています。 消費税および地方消費税:個人事業者の場合は、課税対象期間の翌年3月31日が提出期限です。 法人の場合は、事業年度末日の翌日から2カ月以内とされています。 法人で、前年度の確定消費税額が48万円を超えている場合は、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要です。 法人税:原則として決算日後から2カ月以内とされています。 提出手段ごとの特徴 確定申告書の提出手段はいくつかあります。 提出期限についてそれぞれ次のような特徴があり、また注意すべき点もあります。 ご自分に合った手段を確認してみてください。 窓口で提出する 税務署の窓口へ持っていき提出します。 税務署の開庁時間は、祝日を除く月曜から金曜の午前8時30分から午後5時までです。 不明な点などを直接相談できますが、確定申告期間中は非常に混み合いますので、公共交通機関を利用し、時間に余裕を持って行くことをおすすめします。 申告期間中に限り、税務署もしくは臨時会場にて日曜日に休日開庁を行うところもありますので、国税庁ホームページなどで事前に日程と場所をご確認ください。 郵便で送付する 確定申告書類一式を、所轄の税務署へ郵送で提出できます。 提出期限日の消印まで有効です。 確定申告書類は、特定の宛先へ差出人の意思や事実を通知する「信書」という取り扱いになりますので、第一種郵便物または信書便物として送らなければなりません。 もし、第一種郵便物または信書便物以外で送付した場合は、税務署へ届いた日が提出日となりますのでご注意ください。 また、申告書控えの返却を希望する場合は、切手の貼付と、宛先を記入した返信用封筒の同封を郵送の際に忘れないようにしましょう。 郵便局の夜間窓口に持ち込み、提出期限日の消印を指定できる場合もありますが、受け付けられない危険性もありますので事前に郵便局の営業時間などを確認しておくことと、少しでも早めに送付することをおすすめします。 時間外収受箱に投かんする 全ての税務署には、時間外収受箱が置かれています。 税務署まで出向く必要がありますが、開庁時間に関わらず24時間いつでも確定申告書類を投かん・提出できます。 申告書提出期限日は夜12時までに投かんする必要があります。 職員が来るまで提出可能なのではと考えて、提出期限日翌日の早朝に投かんしようとするのは危険です。 夜12時に回収する税務署もありますので、必ず期限内に投かんしましょう。 e-Taxで送信する インターネットを通じて、確定申告・納税の手続きができるe-Taxというシステムがあります。 e-Taxを利用すれば、自宅からでも申告書の提出が可能です。 通常の利用可能時間は、月曜日から金曜日の午前8時30分から翌日午前0時(祝日および12月29日から1月3日の期間を除く)です。 確定申告期間中であるなら、24時間利用できます。 国税庁e-Taxホームページの「」にて、分かりやすい手引きに従って申告書を作成できます。 そして、データを送信することで提出となります。 ただし、e-Taxはいつからでも利用開始できるものではありません。 税務署への届出やパソコンの設定などが必要ですので、1月中には準備しておくことをおすすめします。 また、提出期限日に送信しようとしたけれど、通信環境によって時間がかかったり、不具合が起きたりする可能性もありますので、余裕を持って送信した方が良いでしょう。

次の

医療費控除の確定申告はいつからいつまでの分? 2020年に行なう医療費控除の確定申告(還付申告)は2015年(平成27年)1月1日から2019年(平成31年、令和元年)12月31日の分

確定 申告 いつから いつまで の 分

この記事の目次• 2月16日、3月15日が土日祝日に該当をする場合は、翌平日が提出受付開始日及び提出受付期限日となります。 2019年分の納税の場合における「所得税」の確定申告書の提出期間は、2020年2月16日及び2020年3月15日が共に日曜日であるため、2020年2月17日月曜日から、2020年3月16日月曜日が確定申告書の提出期間となります。 よって2019年分の所得税の納税期間は、2020年2月17日月曜日から、2020年3月16日月曜日となります。 振替納税を利用する場合のみ、振替日は申告書の提出期間と異なり、例年申告期限から1ケ月程度遅れた4月下旬に引落がされます。 振替納税を利用するためには、振替納税依頼書を申告書の期限内に税務署に提出をする必要があります。 2019年分の還付の場合における「所得税」の確定申告書の提出期間は、2020年1月1日祝日から2025年12月31日水曜日までとなりますが、例年12月29日から1月3日は税務署での申告書の受付を行っていないことと、2020年1月4日が土曜日であることから、実質的には2020年1月6日月曜日以降が提出期間となります。 還付申告の所得税の確定申告書が税務署に受理され、その還付を受けることが正しいと認められ次第、還付金を受け取ることが出来ます。 3月31日が土日祝日に該当をする場合は、翌平日が提出受付期限日となります。 2019年分の納税の場合における「消費税」の確定申告書の提出期間は、例年12月29日から1月3日は税務署での申告書の受付を行っていないことと、2020年1月4日が土曜日であることから、実質的には2020年1月6日月曜日から2020年3月31日火曜日が確定申告書の提出期間となります。 また消費税は所得税とは異なり、還付であっても納付と同様の期間に提出を行います。 よって2019年分の所得税の納税期間は、2020年1月6日月曜日から、2020年3月31日火曜日となります。 振替納税を利用する場合のみ、振替日は申告書の提出期間と異なり、例年申告期限から1か月程度遅れた4月下旬に引き落としがされます。 振替納税を利用するためには、所得税と同様に振替納税依頼書を申告書の期限内に税務署に提出をする必要があります。 還付申告の消費税の確定申告書が税務署に受理され、その還付を受けることが正しいと認められ次第、還付金を受け取ることが出来ます。 まとめ 2019年分の確定申告の期日をご紹介致しました。 期日内に正しい申告、納税が行えるように準備をしましょう。 ご不明な点がございましたら、身近な専門家に相談されることをお勧め致します。

次の

確定申告の期間とは。いつからいつまでの分?いつからいつまでに?

確定 申告 いつから いつまで の 分

今年も確定申告の時期がやってきました。 確定申告は、一定期間の会計結果を税務署に申告して税金を納める手続きです。 この手続き決められた期間内に行わなければいけません。 期限日を過ぎた場合は ペナルティが課せられる場合があります。 そんなことのないよう、いつから確定申告を行うのかを把握しておき、期限内にキッチリ申告しておきましょう。 現在は申告の手段も多様化しています。 それぞれの特徴を理解してご自分にあった方法をうまく活用していきましょう。 この課税対象期間は対象となる税金の項目によって異なります。 主な税目ごとの課税対象期間は以下の通りです。 還付申告書は該当する年の翌年1月1日から5年間提出することが可能です。 1月1日〜3日までは国税庁がお休みのため実際に申告できるのは1月4日からとなりますが。 ・消費税および地方消費税 個人事業者: 課税対象期間の翌年3月31日が提出期限となります。 法人: 事業年度末日の翌日から2カ月以内とされています。 法人の場合、前年度の確定消費税額が 48万円を超えている場合は、その確定税額に応じて定められた回数の中間申告が必要となります。 ・法人税 決算日後から2カ月以内とされています。 税務署の開庁時間は、 祝日を除く月曜から金曜の午前8時30分から午後5時までです。 申告期間中に限り、税務署もしくは申告会場にて日曜日に 休日開庁を行うところもありますので、国税庁ホームページなどで事前に日程と場所を確認しておくと良いです。 申告期間中は大変混み合いますが、私の経験では 朝一番は割と早めに順番が回ってきました。 ・郵送で提出 メリット:自分の空いている時間にできる デメリット:還付金の振込みがやや遅い 確定申告書類一式を、所轄の税務署へ郵送で提出することで申告が可能です。 書類もインターネットで用意することができますので自分の時間のあるときに作成することが可能。 仕事などで税務署や申告会場へ時間内に行くことが出来ない人向けです。 ただし、持ち込みで申告する場合より若干還付金の返還に時間がかかるようです。 また、郵送での提出の場合、期日は 提出期限日の消印まで有効ですが以下の注意が必要です。 確定申告書類は、 「信書」という取り扱いになりますので、第一種郵便物または信書便物として送らなければなりません。 もし、第一種郵便物または 信書便物以外で送付した場合は、税務署へ届いた日が提出日となりますのでご注意ください。 また、申告書控えの返却を希望する場合は、切手の貼付と、宛先を記入した返信用封筒の同封を郵送の際に忘れないようにしましょう。 郵便局へ持ち込むタイミングにより扱いが翌日となってしまうこともあり得ますので余裕をもって提出を行いましょう。 ・時間外収受箱へ提出 メリット:昼間仕事の人でも提出が可能 デメリット:税務署まで出向く必要がある 全ての税務署には、 時間外収受箱が設置されています。 開庁時間を過ぎてしまっても24時間いつでも確定申告書類持ち込むことができ、申告可能です。 ただし、税務署まで申告書類を持って出向くことが必要となります。 また、 申告書提出期限日の夜12時までがリミットとなり、それまでに投函する必要があります。 リミットを過ぎると提出できませんので、郵送の場合と同様、余裕をもった提出を行いましょう。 ・e-Taxで申告する メリット:自宅PCで24時間、簡単に申告が可能 デメリット:事前に準備が必要 インターネットを利用して、確定申告・納税の手続きができる e-Taxというシステムがあります。 e-Taxを利用すれば、パソコンを使い自宅からでも申告書の提出が可能です。 通常の利用可能時間は、月曜日から金曜日の午前8時30分から翌日午前0時(祝日および12月29日から1月3日の期間を除く)です。 確定申告期間中であるなら、 24時間利用できます。 国税庁e-Taxホームページの「確定申告書等作成コーナー」にて、手引きに従って申告書を作成できます。 そして、作成したデータを送信することで提出となります。 ただし、e-Taxは 事前準備が必要なためいつからでも利用開始できるものではありません。 事前に 住民基本台帳カードを作成しておかなければならない(100円の手数料がかかり役所での受け取りが必要)ことや、約2000円程度の カードリーダーを購入する必要があります。 来年以降も使用するなら良いのですが、今回限りの場合はちょっともったいないですよね。 なかなか時間の取れない人、日中仕事で時間内に申告にいけない人、担当者に直接相談したい人などいらっしゃると思います。 ご自身にあった申告方法で期間内にキッチリ申告できるよう参考にしていただければ幸いです。 Sponsored Link -.

次の