宿便形状。 腸閉塞と下剤|下剤の効果と問題点|下剤に頼らない排便ケア|排便ケア|排泄ケア 実践編|排泄ケアナビ

ゴム状の宿便と怖い大腸憩室の宿便とは?

宿便形状

3歳ぐらいの時からすでに便秘で、4、5日トイレに行ってないと、母が浣腸してくれた事を覚えています。 当時からお通じは1週間から10日に1回、しかも1時間トイレでいきんで小石みたいなものが2、3個コロコロと出るだけ。 もしくは、1週間分の溜まった便を週末に浣腸でどうにかするみたいな生活でした。 20代で『電波少年』に出させてもらうようになってからは、長期の泊まりロケも多くなって、海外で野宿させられたり(笑)。 そんな時は特に音沙汰なかったですね。 30代も後半になると、浣腸も効かなくなって、症状はひどくなるばかりでした。 便秘を治すきっかけとなったのが、4年前にチャレンジした『たけしの健康エンターテインメント! みんなの家庭の医学』という番組の便秘解消企画。 はじめに腸のレントゲン写真を撮ったのですが、肛門から胃の手前まで便がみっちり、4キロもの宿便がつまっていたんです! レントゲンを見て、「こんなひどい便秘が治るはずない!」って実践するまでほとんど期待してなかったですよ(笑)。 腸にうんちが詰まった状態だと、いくら食物繊維や乳酸菌を摂っても有効に使われないらしくって……。 具体的にやったことといえば、 ・朝起きたらコップ1杯の水を一気に飲み干すこと ・1日1回はヨーグルトや納豆、キムチなどの乳酸菌の入った発酵食品をとること ・便意がなくても決まった時間に5分間便座に座ること などなど……どれも本当に簡単なことでした。 本当にこんなんでいいの!? って半信半疑でしたが、3週間で4キロもの宿便がほとんど出ていったんです。 生まれて初めて残便感のない爽快さを味わった時は本当に感動しましたね。 トイレでは頑張っていきまず、便座に座ったままストレッチを(同書より)宿便を出したあとも、することはほとんど同じ。 今では、乳酸菌や食物繊維を毎日摂り入れることがすっかり習慣化しています。 その中でも特にすすめたい腸活はありますか? おすすめは「うんち日記」をつけること。 私の場合は、お通じがあった日は、カレンダーにうんちの形のシールを貼りました。 これなら排便のリズムが一目で分かりますし、お通じの間隔が短くなっているのが確認できるのでモチベーションもアップしますよ。 べつにうんちの形のシールじゃなくてもいいですけどね(笑)。 あとは、腸の大敵「ストレス」を溜めないようにすることが大事だと思います。 腸活もルールにとらわれず、出来る範囲から始めるといいですよ。 <TEXT/松原麻依(清談社)>.

次の

腸閉塞と下剤|下剤の効果と問題点|下剤に頼らない排便ケア|排便ケア|排泄ケア 実践編|排泄ケアナビ

宿便形状

身体にとって不要になったものを吸収してしまうという事なのね。 そして、最も体外に毒素を排出してくれるのものが、「便」です。 排出する予定だった毒素や老廃物を腸が吸収してしまう、という行為を繰り返していると、血液が汚れていきます。 その汚れた血液が身体中を巡る事で、様々な悪影響を及ぼしていきます。 この汚れた血液が身体中を巡る事によって、「肌荒れ・頭痛・倦怠感・肩こり」などの症状が引き起こされるのです。 身体の免疫システムの6割は腸が担っています、その 腸内が汚れて腸内の環境が悪くなると、身体の免疫力のバランスが崩れてしまいます。 腸内環境が悪化する事で、 様々な アレルギー症状を引き起こす原因にもなります。 腸内環境を整えるには、善玉菌が増えやすく悪玉菌が増えにくい腸内環境を作る事が大切です。 それでは、善玉菌悪玉菌について見ていきましょう。 善玉菌 善玉菌の好物は食物繊維とオリゴ糖です。 したがって、それらを多く含む食材を積極的に摂れば、善玉菌を増やす手助けになります。 食物繊維は野菜類全般に、オリゴ糖は「バナナ・玉ねぎ・大豆・アスパラガス・はちみつ」などに多く含まれています。 また、ヨーグルト・納豆・ぬか漬けなどの発酵食品を摂取するのも効果的です。 はちみつや甘いヨーグルトなど、糖分の取りすぎには注意しましょう。 悪玉菌 悪玉菌は主に食生活が原因で増えていき、ストレス等身体の状態も影響します。 悪玉菌はたんぱく質や脂質を餌にして増えていきます。 なので、肉類や脂っこいものを摂りすぎないことがポイントです。 食生活を見直し、ストレスを溜めないようにすることが、悪玉菌を増やさないための近道です。 乳酸菌や腸内環境について、詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして下さい。 夜 3日断食といっても「3日断食+3日回復食」なので、計6日間です。 前半の3日間は水・酵素ドリンク・具なしの味噌汁しか口にしていません。 後半の3日間は1食だけ回復食を食べていく流れで行いました。 断食1日目 断食1日目(14:57)に便通がありましたが、これは前日に食べたものだと判断しました。 色合いは茶色っぽい感じで、形は普通のものでした。 断食2日目 断食2日目の午前中(9:26)にも便通がありましたが、凄く少量(且つ、同じ様な色)だったので恐らく前々日の残りかな?と判断しました。 この日はこの後に便意を感じることはありませんでした。 断食3日目 そして、断食3日目の昼(12:13)に出た便が、ここ2日間で出たものとは全く違い「真っ黒」でした。 ドッサリ出た訳ではなく(食物に失礼ですが、、)パッと見は「きくらげ」の様な形状でした。 3日断食をやる以前から定期的にプチ断食は行っていたので、私の場合は宿便がドッサリは溜まっていなかったのだと思います。 しかし、その後(先ほど紹介した)3日断食を行い、宿便を確認して「あ~これだったらプチ断食中にも何度か見かけたな~」と思いました。 3日断食&プチ断食での宿便体験談まとめ! 3日断食中、何も食べていないのに便通があったこと、そして前日までの便と比べようにないぐらい黒かったことにより「これが宿便か!」と判断ができました。 私は3日断食を行うよりも以前に、半日断食を行っていたので、この半日断食中はそれが宿便であると認識が出来ていなかった状態でした。 元・日本綜合医学会の会長である甲田さんの書籍でも、断食で宿便は出ると書かれていた通りの体験が出来て、心身ともにスッキリしました。 断食をすると実際、ほとんどの人が大量の宿便をどっさりと排せつします。 参考: (私の場合は、どっさりではありませんでしたが。 ) 宿便を出したい方は、色々な方法がありますがお金が掛からず一番簡単に出せる方法は、半日断食だと思いますので是非取り組んでみてください。 半日断食の詳しい体験談については、以下の記事でお話しております。 高校時代に友人にカツ丼をつくる。 そのカツ丼が「うますぎる!」となったことを切っ掛けに、彼は安易にも調理師専門学校に入学し卒業。 調理師として10年以上の間「ホテルの調理~ラーメン屋の店長」と謎に幅広い世界でご飯をつくりまくる彼は、元々はガタイが良く強面だが心はカワイイアニメキャラの様でありパッチリ二重でビューラー要らずのヒゲ君である。 話がそれたが、ご飯をつくりまくった結果、彼は「つくる事」から「食べる事」に興味が湧き食いまくり、結果太る。 -----続く-----.

次の

ゴム状の宿便と怖い大腸憩室の宿便とは?

宿便形状

断食中は便秘になりやすい 断食をしているときに便秘に悩まされる人がいます。 断食をしている間は、固形物を食べないで、ずっと働いていた胃腸を休ませてあげることがとても大事です。 固形物を食べないで胃腸を休ませてあげることで、代謝が活発になって体の中に溜まった老廃物や毒素を取り除いてくれるデトックス効果を発揮するんですね。 でも断食中は、食べ物が体の中にはいってこないので腸の活動が低下します。 また人によっては、食べ物を食べないと、腸に残った食べ物を残しておこうとする場合もあります。 このことが原因で、便秘になってしまう人がいるんですね。 これを「好転反応」という場合もあります。 ただし「断食中に宿便が出ない」とがっくりしている人は、残念がらないでください。 便がでないのは、腸がしっかりと休んでいる証拠です。 正しい断食方法を行っていれば、しばらくすれば便が出るようになりますよ。 断食後の回復食で宿便がでてくる 断食中に宿便が出なかった人も、残念がらなくても大丈夫です。 ほとんどの場合、断食が終わった後の回復食を食べると、宿便がでてきます。 回復食は断食が終わった後に、食べる食事のことです。 断食で休んでいた胃腸がびっくりしないように、消化にやさしいおかゆなどを食べるようにします。 わたしも断食中は便秘になりがちなんですけど、いつも断食が終わって、回復食を食べると、すぐに便がでてきます。 食べ物を食べることで胃腸が活動を開始するして、今まで溜まっていた毒素をどんどん体の外に出してくれます。 回復食を食べてすぐに便通がなくても、2~3日すれば自然とでてくるようになります。 宿便が出ない人はこんな人 水分が不足している 断食をしている間に宿便がでなくても、回復食にはいり食べ物を食べ始めると、宿便は自然とでてきます。 断食が終わっても便が出ない場合、水分補給が足りなかったのかもしれません。 水分補給がしっかりとできていないと、腸内への水分が不足してしまい、便秘の原因になります。 人は食事から多くの水分を補給しています。 食事の6~7割は水分でできているからです。 だいたい1. 5リットルの水分を食事から摂っているといわれているんです。 断食中は固形物を食べないで飲み物だけで過ごしますが、食事のかわりに飲むファスティングドリンクだけでは、水分が足りません。 ドリンク以外に、水やお茶を2リットルほど飲む必要があります。 「多すぎる」と思うかもしれませんが、定期的に水分補給をしていれば自然に摂ることができます。 断食中は便秘解消のためにも、1時間ごとにコップ1杯に水を飲むように心がけましょう。 ストレスが溜まっている ストレスが溜まっていると、便秘の原因になってしまいます。 断食中は固形物を食べないダイエットなので、食事を食べられないストレスから、便秘になってしまうことがあります。 普段食べることが大好きな人は、食べられないことでストレスを感じてしまうんですね。 「食べ物を食べないといけない」という気持ちが強い人ほど、食べないことでストレスを大きく感じてしまします。 断食ダイエットは、ダイエット効果の他にも健康にいいことがわかっています。 断食をして、体の中に溜まった老廃物や毒素を排出することで、体が本来の力を取り戻し、腸内環境がよくなります。 断食中に食べ物のことばかり考えてしまうと、ストレスが溜まってしまうので、食べないことが実は体にいいことだと考えて過ごせばストレスを減らすことができますよ。 運動でリフレッシュ 断食のストレスを解消してリフレッシュするためには、軽い運動をするといいですよ。 ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの軽い運動は、体を動かすので気持ちがスッキリして、ストレス発散になります。 代謝を上げて脂肪を燃焼してくれるので、断食の効果も高くなります。 軽い運動をすると、グレリンというホルモンが胃からでてくるので、食欲を抑えることもできますから、適度な運動をするといいですよ。 他にも岩盤浴や温泉に行って、体を温めるのもおすすめです。 体を温めることで代謝を上げることができますし、ゆっくりくつろぐことでリラックスした気分になることができます。 腸の形が原因かも? 便秘の原因は、「機能性のもの」と「器質性のもの」の、2種類があります。 機能性の便秘はストレス、食生活、生活習慣などから、腸内環境が悪くなって宿便が溜まりやすくなっている状態です。 器質性の便秘は、腸の形状などが原因で起こる便秘です。 断食は、腸内の細菌を悪玉菌から善玉菌に変えて腸内環境をよくします。 そのため機能性の便秘には効果がありますが、腸のかたちなどが原因で起こる器質性の便秘を改善するのは難しいです。 もし器質性の便秘の場合は、病院に相談したほうがいいですよ。 宿便の色やかたちはどんな便? 宿便はどんな便のことを言うのか気になったことはありませんか? 宿便の色やかたちはよく「黒くて異臭を放つヘドロのような便」だといわれています。 一般的には宿便は、腸壁に残った食べかすや老廃物がこびりついて長年蓄積したものだと言われています。 しかし、腸は常に粘液を出しているので、腸壁に食べものがずっと残ることはない、という話もあります。 宿便は、脂肪を分解するときにでる胆汁が、便として排出されるため、黒いドロドロした便がでるという説もあります。 肉を食べすぎると便が黒くなりますが、これは脂肪を分解するために胆汁が出るためです。 これが断食で溜まっていき、便として排出されるんですね。 どちらが正しいにせよ「黒いドロドロした便」が出ることは、多くの人が経験しています。 宿便を出すことで、体の中をスッキリ綺麗にして、腸内環境をよくすることができます。 腸内に便が長く残っているのはいいことではありません。 腸内に残った食べ物は腐敗していき毒素をだしますし、悪玉菌を増やして腸内環境を悪くします。 腸内環境を悪くなると、肌荒れの原因や冷え性の原因にもなりますし、イライラしやすくなることもわかっています。 黒色の便が出なくても大丈夫 断食で黒い便が出なくても、がっかりしないでください。 黒い便が出なくても、断食後にしっかりと便通があれば、宿便と考えて問題ありません。 また宿便は、人によっては黒い便ではなく、下痢のような水便が一気に出ることもあるようです。 わたし自身も、断食が終わった後に黒い便は見たことがありません。 黒いドロドロした便は見た目のインパクトが強いので、「デトックスできた!」と思いやすいですが、人によっては黒い便は出ないこともあります。 それぞれの腸内環境にもよっても便の色やかたちは変わってきます。 断食で、長い間食事を摂らなかった後にたくさんの便がでれば、宿便だと考えて問題ないですよ。 宿便を出すために大事なドリンク選び 便秘を解消して宿便を出すためは、食事と置き換えて飲むダイエットドリンク選びがポイントになります。 ダイエットドリンクはいろいろな種類がありますが、食物繊維が多いドリンクを選ぶようにしましょう。 食物繊維を摂ると便が出やすくなる効果がありますので、便秘解消に最適です。 また、おいしい味のものを選ぶことも重要です。 自分の嫌いな味のドリンクはストレスのもとです。 食事のかわりに毎日飲むものですから、おいしいドリンクを選びましょう。 味のおいしいドリンクを飲めば、ストレスを溜めずに断食をすることができますから、便秘にもなりにくくなります。 しっかりと自分にあったドリンク選びをこころがけましょうね。

次の