イヤフォン おすすめ。 【2020年版】イヤホンおすすめ21選|オーディオ専門家のランキング付き

【通話に欠かせない】人気のワイヤレスイヤホンのおすすめランキング

イヤフォン おすすめ

流行りの完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたいけど、黒くてガジェット感のあるデザインはイヤ……と悩んでいた方も、きっと欲しくなること間違いナシ! 今回は女性にピッタリな完全ワイヤレスイヤホン5モデルを紹介します。 その1. 耳にしっかりフィットする小さめサイズがうれしい GLIDiC Sound Air TW-6000 実売価格1万1880円 毎日使うことを意識したシンプル機能の完全ワイヤレスイヤホン。 イヤホン、充電ケースともにコンパクトなサイズ感で、ミニバッグなどにも入れられます。 カスタムIEMを手掛けるカナルワークス監修のイヤホン形状により、耳の小さな人にもしっかりフィットします。 10分間の充電で、約1時間再生可能な「Fast Charge」に対応。 カラーはペールピンクとペールグレーの2色。 5時間(10分の充電で最大1時間使用可能)、ケース 約1. その日の気分でデザインを着せ替え可能 AVIOT TE-D01i 実売価格9710円 イヤホン女子100人以上の声をもとに開発されたガーリーなデザインの完全ワイヤレスイヤホン。 その日の気分やファッションに合わせて、2種類のフェイスプレートを付け替えることができます。 イヤホンをつけたまま、周囲の音を聴くことができる外音取り込み機能(アンビエントマイク)を搭載。 突然の雨でも安心なIPX5相当の防水性能を備えています。 充電ケースの内側にはミラー付き。 カラーはピンク、ミントグリーン、スノーホワイトの3色。 普段使いにピッタリなコンパクトサイズ パナソニック RZ-S30W 実売予想価格1万3000円前後/税抜(2020年4月中旬発売予定) 普段使いにピッタリなコンパクトなサイズの完全ワイヤレスイヤホン。 耳の小さな人や女性でも快適に装着できるよう、XSサイズのイヤーピースを同梱。 新開発の「タッチセンサーアンテナ」により、途切れにくく遅延を抑えたワイヤレス伝送を実現しています。 外音取り込み機能や、IPX4の防滴性能を備えているほか、約15分の充電で約90分使用できる急速充電機能も搭載。 カラーはグリーン、ブラック、ホワイトの3色。 イヤホンとケースには、皮脂や指紋が付きにくい粉雪塗装のマット仕上げを採用。 耳垢汚れが目立たない半透明イヤーピースで、人前でイヤホンを外す際にも安心です。 カラーはブラック、グリーン、レッド、クリーム、ブルー、モモの6色。 「サマンサタバサ」とコラボしたスタイリッシュなデザイン オンキヨー IE-ST5TW 実売価格9460円 オンキヨーと、ファッションブランドの「サマンサタバサ」およびエイベックスとのコラボより生まれた完全ワイヤレスイヤホン。 イヤホンは女性の耳へのフィット感に考慮し、アクセサリーの邪魔にならないサイズ感を実現。 」が担当しています。 専用の充電ケースは小さめのバッグにも入れやすいスティック形状を採用。 女性へのプレゼントにも最適なジュエリーボックスのようなパッケージに収納されます。 カラーはエターナルピンク、フェアリーホワイト、ミスティーブラックの3色。

次の

[2020]おすすめの有線イヤホン10選|高音質なのに安いコスパ最強

イヤフォン おすすめ

・耳に装着してもイヤホンが落ちないか ・耳内が密閉されるか ・低音がスカスカになっていないか 完全ワイヤレスイヤホンがどれだけ魅力的な機能が備わっていても、耳にフィットせずポロっと落ちやすくなってしまうと、その快適さが半減してしまいます。 また、耳にフィットしていないイヤホンを使うと、紛失するリスクが高くなるだけではなく耳内の密閉度も低くなり、イヤホンの本来の音を引き出すことができません。 自分の耳にあったイヤホンを選び、長く愛用していきましょう。 イヤホンの先っちょのゴムのようなパーツ『イヤーピース』を交換すると、同じイヤホンでもフィット感が改善する可能性があります。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 接続の安定性(途切れにくさ) ・最新のBluetoothチップを搭載しているか ・Bluetoothのバージョンは5. 0以降か ・音途切れはないか 完全ワイヤレスイヤホンのデメリットとして、プレイヤーとの接続が不安定になることがあります。 音楽再生中に左右の音が途切れてしまい、ストレスを抱えてしまうことも。 最新のモデルは、クアルコム製のチップ「QCC3026」や「QCC3020」などを搭載していることが多く、接続が安定しやすくなりました。 チップ情報を公開していないイヤホンもありますが、 Bluetoothのバージョンが5. 0以降の機種は接続が安定しやすい傾向にあります。 しかし、最新のBluetoothチップを搭載していても、プレイヤーとの相性によっては音途切れが発生することもあります。 一度、店頭デモ機などを試聴し、プレイヤーをポケットやバッグに入れた状態で、音途切れが発生しないかチェックすることをオススメします。 再生時間(バッテリーの持ち時間) ・本体のみの連続再生時間 ・ケース込みの最大再生時間 ・急速充電に対応しているか 完全ワイヤレスイヤホンを使っていく上で、バッテリーの持続時間も重要です。 イヤホン本体のみで5時間以上再生できるモデルであれば、出張や作業中でもバッテリー切れが起こりにくく安心して使えます。 イヤホンを収めるケースも、充電器の役割を果たしています。 製品のスペック上では、イヤホン本体とケースを合わせた最大再生時間を表記することが多く、中には充電ケースと併せて100時間以上再生できるモデルも。 さらに、急速充電に対応していれば10分の充電で、1時間以上再生できるモデルもあります。 電車の中など雑音が気になる場所ではノイズキャンセリング、コンビニでのお会計時など声を聞き取りたい場面では外音取り込み機能とシームレスに切り替えが可能です。 防水規格については、こちらの動画で詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。 コーデックの名前 特徴 簡単な説明 SBC 遅延を感じる 標準的な音質 A2DP対応のワイヤレス製品すべてが 必ずSBCに対応している AAC SBCより遅延が少ない データの変化が少なくSBCよりも高音質 iPhoneで主に対応しているコーデック aptX SBC,AACより遅延が少ない CD音源相当の高音質 Androidで主に対応しているコーデック aptX HD ハイレゾ相当の高音質再生が可能 SBC、AAC、aptXを上回る高音質コーデック aptX LL aptX Low Latencyの略称 aptXよりさらに遅延が少ない 音楽ゲームができるほどの低遅延コーデック LDAC ハイレゾ相当の高音質再生が可能 Android8. 0以降で主に対応している aptX HDを上回る高音質コーデック また、イヤホンに搭載しているドライバーの種類によっても音の傾向が異なります。 ダイナミック(D)型だと迫力と臨場感があり、バランスド・アーマチュア(BA)型だと繊細で高解像度になることが多いです。 しかし、コーデックやドライバーに関係なく、 そのイヤホンが自分の好みの音かどうかが重要です。 スペックだけではどんな音か判断ができないので、好みのジャンルに合っているか?好きな音か?試聴できる環境があれば、実際に聴いてみてください。 【迷ったらこれ!静寂の完全ワイヤレス】 爆発的な人気を博したSONYのワイヤレスイヤホン。 特にノイズキャンセリングが本当にすごい!完全ワイヤレスのなかではトップクラスだと感じました。 エアコンの音や、近くにいる人のパソコンのタイピング音など、気になる雑音を遮音してくれます。 また、外音取り込み機能も搭載しており、音楽を聴きながら会話をすることもできます。 専用アプリ「Headphones Connect」によって、さまざまな機能を活用できます。 特におすすめの機能は『止まっている時』や『歩いている時』、『走っている時』や『乗り物に乗っている時』など、シーンに合わせてノイズキャンセリングと外音取込機能が自動で調節してくれるところです。 音質については、凛とした透明感あふれるサウンドで、輪郭がくっきりとしており、あらゆるジャンルと相性が良いです。 ボーカルは伸びやかで自然な音声で、ドラムは生々しく響き渡たり、楽曲がより華やかになります。 低域も程良く引き締まり、軽やかで弾むようなナチュラルなサウンド。 ノイズキャンセリング作動時は音にさらに厚みがでます。 高解像度系の明るいサウンドを聴きたい方や、どんなジャンルでも卒なくこなす万能なイヤホンが欲しい方におすすめです。 【高音質と言えばこれ!ノイズキャンセリングも搭載し、バッテリーも強化!】 完全ワイヤレスの中でも音質の最高峰!SENNHEISER「MOMENTUM True Wireless」の二世代目! 前作から新たに搭載されたノイズキャンセル機能。 これが全く違和感なし!完全に音を消すというわけではなく、自然にスッと周りの雑音を消してくれます。 ノイズキャンセリングの圧もそこまで強くないので、長時間装着していても疲れにくいです。 専用アプリ「Smart Control」によって、イコライザーと外音取り込みの調整なども可能。 合計28時間と前モデルより12時間も再生時間が長くなりました。 ワイヤレスイヤホンという事を忘れてしまうほど、音の繋がりが自然かつ滑らかで、どの音も主張しすぎず、全体的にしっとり鳴らします。 重心が低く、豊かで温かみのある低域と、控えめながらも艶感がある中高域の残響音がちょうど良いバランスです。 音にこだわりがある方必聴でございます! 【音の空間に包み込まれるナチュラルサウンド】 自然なサウンドで一音一音が細やかで涼やか。 シ ンバルや金物類のきらめく残響音がたまらないほど心地よく、ギターやピアノ、ボーカルの光沢感を非常に妖美に表現します。 音の空間づくりが得意で、その空間で音がジュワッとはじけて溢れだすような瑞々しさ。 クセになる魅力的な中高域と、表現豊かで程よい量感の低域を鳴らし、余韻を逃さず耳に残してくれます。 全体的にまとまりのあるバランスの取れた製品です。 専用アプリ「Technics Audio Connect」でイコライザー機能を搭載しており、ボーカルが明瞭に聴こえる『クリアボイス』、低域の表現がより豊かになる『バスエンハンサー』といったプリセットを備えており、好みの音質に変えることができます。 また、アプリ内でノイズキャンセリング、外音取込機能の強さ調節も可能です。 アプリも使いやすく、音質もナチュラルで音の空間に包み込まれるようなサウンドを体感できる音質重視の完全ワイヤレスイヤホンです。 【最高の低域を求めている方必聴】 重低音を迫力たっぷり味わいたい方に朗報!この子の低域が圧倒的です!!量感たっぷりな低域で迫力満載!沈み込むようなバスドラムは味わいがあり、ベースラインも活き活きしています。 そして、それに負けない中高域!全体的にすっきりとしていて、低域との音のバランスがいいです。 透明感もあり、素直に鳴らしてくれてボーカルも埋もれません! 全体的に音場も広く空間表現も得意。 臨場感あふれるサウンドでライブ感も味わえます。 EDMやJ-POP、ジャズなど様々な楽曲に合うイヤホンです! イヤホン本体は大きいのですが、耳にフィットしやすく、軽量なので装着疲れが起きにくいです。 連続再生9時間と長時間使用でき、クイック充電にも対応しているので10分間の充電で60分使用可能です。 とにかく ライブのような臨場感を味わいたい方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです! 【大本命!? 聴けば聴くほど化けていくイヤホン】 まず鳴らし続けてみてください。 この子化けます。 有線イヤホンで素晴らしい製品を生み出し続けている『Noble Audio』から、待望の完全ワイヤレスイヤホンが登場しました。 初めて聴いた時は、ボーカルが埋もれ気味で高域が刺さりやすいかな?と感じました。 しかし、鳴らしこんであげると、角がとれて聴きやすくなり、ボーカルの距離感も近くなったように感じました。 艶っぽく透き通った中高域は、細やかながらも柔らかく、聴き疲れしにくい印象。 ほどよい分離感もあり、楽器本来の美しさが生々しく響きます。 全体的に味付けが少なく、濁りのないあっさりとした音で、ジャンルを選びません。 音の量感が多いわけではありませんが、タイトで輪郭がはっきりしているので、音をほどよく締めてくれます。 そしてIPX7相当の防水性能があるため、万が一水没させてしまった場合でも安心です。 中高域寄りのフラット傾向な音なので、楽器重視で聴きたい方や、楽曲の全体感を聴きたい方におすすめです。 【初めての完全ワイヤレスイヤホンはこれで間違いなし!? 】 そのかわいい見た目と、お求めになりやすい価格から、発売してから初心者向けの定番になりつつある『ag』の完全ワイヤレスイヤホン。 カラーも6色展開と豊富で、イヤホンと充電ケースの表面は、指紋や汚れが付きにくいマット加工。 イヤホン本体は小型で、耳の小さい方にもおすすめです。 この小さな筐体からは考えられないほど音質が良く、一つ一つの音の輪郭がわかりやすく、高域も伸びやかで自然な優しい音です。 ピアノやボーカルの表現力も良くキレイな残響音で、シンバル音や金物類などの高域が素直で表現豊かな印象。 角が取れた音でギターのアルペジオも耳あたりが良く滑らかです。 低域は主張が控えめながら、輪郭がクッキリして沈み込みも軽やかです。 音もボヤけず他の音と引き立てあい、バランスの取れたまとまりの良い仕上がりです。 初めてのイヤホンにはもちろん、自然なサウンドなので楽曲本来の音を楽しみたい方におすすめです! 【マニアのサブ機だけでなく、初心者のメイン機としてもおすすめ!】 連続再生時間は最大9時間と長時間再生が可能!ケースと併用すると最大180時間再生と『TWS01K』と比べて3倍以上と大幅にパワーアップしモバイルバッテリーとしても活躍できます!そして、防水仕様が完全防水のIPX7!! 30分水没しても浸水しません! 付属のイヤーピースは完全ワイヤレスの為に設計されたfinalの「TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様」。 完全ワイヤレスイヤホンに特化したホールド感と、異物感のない自然な付け心地を実現! 空間表現が丁寧で音が自然に広がり、まわりを包みこんでくれるような優しい音です。 低域は主張が強めというよりは重心がどっしりと構えており、中高域を支えてくれるように鳴らしてくれます。 澄み切った中高域は見晴らしも良くナチュラルで力強く、楽曲を忠実に再現してくれます。 ボーカルは伸びやかで奥行きがあり、絶妙な距離感で圧倒的な存在感があります。 ボーカル重視の方はもちろん、低域重視の方、全体の音をバランス良く聴きたい方にもおすすめです。 音質も機能性も一切妥協のない完全ワイヤレスイヤホンです! 【22種類のイコライザー機能でいろんな楽曲に対応可能!? 】 音質は量感豊かで、しっかりと沈み込む低域が迫力満点で、臨場感もたっぷりです。 低域の量感が多いため、中高域は控えめです。 音の距離は遠めですが、繊細な音は埋もれずに鳴らしてくれます。 専用アプリ「Soundcore」に22種類のイコライザー機能や、グラミー賞受賞のプロデューサーによるカスタムイコライザーを搭載し、設定をすることで まるで色んなイヤホンを聴き比べているような錯覚を起こします。 アプリ内の機能「HearID」で聴覚テストができ、自分の聴覚に合わせてイヤホンの音を最適化してくれます。 本当に自分の欲しかった音域に迫力が増し、一気に解像度と深みが増しました。 専用アプリに対応しているイヤホンの中で、個人的に一番おすすめです!可能性をたくさん含んだイヤホンなので、ぜひ試してみてください! 【高い防水性能と、2種類の外部音声取込み機能付き!ジョギングに使うならコレ!】 一言で伝えると、こちらのイヤホンは機能満載のハイスペックな子です!防水性能IPX7と水や汗に強く、連続再生時間もなんと10時間!充電ケースと併用で最大30時間使用可能で急速充電にも対応しています! 操作方法もシンプルで、ボタン1つで周囲の環境音を取り込める『アンビエントアウェア機能』や、イヤホン装着時でも会話ができる『トークスルー機能』に切り替えができます。 スペックだけでも充分すぎるくらい高機能ですが、音質も全帯域がバランス良く鳴り、味付けも少なめで癖のないサウンドです。 あらゆる楽曲との相性が良く、パワフルで聴きごたえがありますが、聴き疲れもしにくい音です。 装着感も良く安定感があり、水や汗にも強いため、 ジョギング中の使用に最適です! 【歪みのない真っすぐなサウンドと、抜群の装着感がたまらない!】 前作の大人気モデル『Elite 65t』がパワーアップし『Elite 75t』として登場!! 高域はきらびやかで分離感が良く、どの音も埋もれないよう抜けの良い音です。 低域のアタック感は強めで、勢いや臨場感があり、解像度も高めです。 音場は横の広がりは狭めですが、立体感があり粒立ちもキレイ。 曲によって鋭く聴こえてしまうことがありますが、専用アプリで高域を抑えることもできます。 アプリ内にヒアスルーという機能があり、音楽も楽しみながら外の音を自然に取り込むことができます。 前作と比べると本体がコンパクトになり、格段に装着感がよくなったため、耳が小さな方にもおすすめです。 マルチポイントにも対応しており、プライベート用と仕事用、それぞれのスマホに2台同時接続ができます!片方のスマホから着信があった時も、すぐに応答できるので大変便利です。 スポーツに特化したモデルをお求めの場合は、「Elite Active 75t」もおすすめです!.

次の

【オンライン授業・会議】おすすめのイヤホン3選【安さ重視】

イヤフォン おすすめ

AppBank Storeへようこそ!• カテゴリーから探す• iPhoneケース• iPhoneフィルム• AQUOS• Google Pixel• Galaxy• Xperia• スマホグッズ・アクセサリー• 充電器・ケーブル• オーディオ• ガジェット・ホビー• ファッション• AppBank Storeについて• AppBank Store 店舗一覧• Sma-cle(iPhone修理)店舗一覧• この記事では、おすすめの ブルートゥースイヤホンを価格が安くコスパの高いモデルからハイスペックな高価格帯まで幅広く紹介しています。 ブルートゥースイヤホンの購入を考えているけど、どれが良いのか選び方が分からないという方のために、人気が高いおすすめの最新ブルートゥースイヤホンを厳選しました。 イヤホン選びの参考としてご活用ください。 電車内等、通勤通学で音楽を聴く時にかかせないのがワイヤレスのブルートゥースイヤホンです。 スマホとイヤホンが無線接続されてコード ケーブル が引っかかることが少なく自由度が高いので、満員電車やアクティブなスポーツでもストレスフリーで使えます。 この機会にブルートゥースイヤホンに切り替えてみるのもアリですよ。 ブルートゥースイヤホン Bluetoothイヤホン とは、iPhone等のスマホ デジタル機器 と 近距離無線通信規格の一つであるBluetooth ブルートゥース を使って ワイヤレス接続ができるイヤホンのことです。 一般的には「ブルートゥースイヤホン」、「ワイヤレスイヤホン」、「無線イヤホン」といった呼び方をされることが多いです。 形状や接続方法によっても、Bluetooth ブルートゥース イヤホンの種類は様々あり、完全ワイヤレス型、ネックバンド型、左右一体型、片耳型などが代表的です。 次項では、それぞれの種類別に紹介します。 ブルートゥースイヤホンのBluetooth規格 バージョン Bluetooth規格にはバージョンがあり、古いものからver1. 1、ver1. 2、ver2. 0、ver2. 1、ver3. 0、ver4. 0、ver4. 1、ver4. 2、ver5. 現在のブルートゥースイヤホンに搭載されているバージョンはver4. 0やver4. 2が主流となっていますが、直近で発売されているイヤホンには最新のBluetooth規格ver5. 0を搭載するモデルも増えています。 Bluetooth 5. 0ともなると非常にデータ転送速度が速い為、 音途切れが抑制され安定した通信を行うことが可能です。 ブルートゥースイヤホンのメリットとデメリット メリットとしては、スマホとイヤホンの間にケーブルがないので満員電車でひっかかりにくいことや、動きの自由度が上がるのでスポーツで使えるといったことが挙げられます。 また、ケーブルが衣服にこすれて聞こえるタッチノイズが無いのでストレスフリーな点もブルートゥースイヤホンのメリットと言えるでしょう。 一方、再生時間が短いことや充電が必要であること、また電波の飛び交う場所で音途切れする場合があるといったことがブルートゥースイヤホンのデメリットとしてあげられます。 ブルートゥースイヤホンの種類 完全ワイヤレス型 左右分離型 空気の振動を鼓膜に伝えて耳で音を聴くのではなく、外耳や中耳を経由せず人の骨から聴覚神経を揺れ動かすことによって音を聴く骨伝導技術を採用したイヤホンです。 骨伝導イヤホン・スピーカー・ヘッドセットなどと呼ばれ、耳を塞ぐこと無く周囲の環境音を聴きながら音楽を楽しめる為、ランニングでの使用や補聴器として活用されています。 iPhoneとブルートゥースイヤホンの 使い方・接続方法 iPhoneとイヤホンの接続が分からないという人も多いでしょう。 でも安心してください、使い方はいたって簡単です。 iPhoneの設定画面を開き、『Bluetooth』の項目を選択します。 そしてBluetoothをONにします。 ブルートゥースイヤホンの電源をONにし、 ペアリングモードにします。 接続したい対象のブルートゥースイヤホンの名称がiPhoneに表示されたら、そちらをタップして接続します。 ブルートゥースイヤホンのバッテリーについて バッテリー持ち 電池持ち 「朝、通勤通学中にブルートゥースイヤホンの電池が無くて憂鬱になった」、「帰宅時にバッテリーが切れて音楽や動画が視聴できずに手持ち無沙汰になった」なんて経験がある人は多いのではないでしょうか。 ブルートゥースイヤホンは、コードがなくBluetoothで接続する特性上、イヤホン筐体内にバッテリーを搭載しています。 つまり、バッテリーの電源残量が無くなると起動しなくなります。 そこで、イヤホンの形状毎に平均的なバッテリー持ちがどれくらいなのか、音楽の再生時間を例に目安となるよう紹介したいと思います。 同じような形状のイヤホンでも、ブルートゥースイヤホンそれぞれにスペックが異なりますのであくまでも参考値として捉えてもらえればと思います。 今回は、多く市販されている『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』『左右一体型』『ネックバンド型』の3形状でみていくことにします。 『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』 のバッテリー持ち 『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』ですが、そもそも筐体自体が非常に小型な為、搭載できるバッテリー容量は小さくなります。 また、左右のイヤホン同士がコードで繋がっていない為、それぞれ通信し合う必要があり、電力を消費しやすい傾向があります。 そのため、イヤホン単体での音楽再生時間は3~4時間前後が一般的です。 ただ、多くの『完全ワイヤレスイヤホン 左右分離型 』は、充電ケースとセットになっていて、充電ケース自体には多くのバッテリー容量を搭載しています。 外出時に充電ケースに入れてイヤホンを充電することで、連続ではありませんが10時間以上再生することが可能です。 現状で市場に出回っているモデルだと、おおよそ10~20時間前後が多いように感じます。 特に、モバイルバッテリーで有名なAnker製「」は、なんと最大48時間も再生できるスペックを誇ります。 モバイルバッテリーで培ったノウハウが活かされているせいか、圧倒的に長いスペックを誇っているのです。 このように『完全ワイヤレスイヤホン』は、イヤホン単体でこそ連続再生時間が短めですが、充電ケースを含めるとかなり長い再生時間を確保することができるのです。 左右一体型のバッテリー持ち 続いて『左右一体型』については、街中で一番多く見かけるブルートゥースイヤホンで、左右のイヤホンがコードで有線接続されており、完全ワイヤレスイヤホンよりも体積が大きい傾向になります。 そのことから、搭載できるバッテリー容量が多く、おおよそ5時間前後のモデルが多く販売されています。 ネックバンド型のバッテリー持ち 最後に『ネックバンド型』ですが、左右のイヤホンを繋ぐコードが太くなっていることからも分かる通り、コード部分とバッテリー部分を兼ねているモデルがほとんどです。 その為、搭載バッテリー容量が多く、3タイプのうち、最もバッテリー持ちが良いのが特長。 だいたい10時間前後の連続音楽再生できるネックバンド型ブルートゥースイヤホンが量販店等に並んでいるのをみかけます。 バッテリー残量の確認方法 ブルートゥースイヤホン自体のバッテリー残量を確認する方法はいくつかあります。 一般的な確認方法としては、接続しているスマホ側に残量インジケータが表示されるパターンです。 最近発売されたモデルやハイスペックなブルートゥースイヤホンは、iPhone等のスマートフォン側のディスプレイにインジケータが表示され、徐々に減っていくことが視覚的に分かるようになっています。 最も簡単に電池残量を把握することができるので割と便利な機能です。 ただし、ざっくりとした把握しかできないので留意しておきましょう。 そして他にも、イヤホン側で音声で知らせてくれたり、スマホの端末やOSによっても異なりますが接続するスマホ側にパーセント表示されるモノなどなど。 イヤホン本体や接続するスマホによって様々ですので、購入前に確認しておくことをおすすめします。 充電方法 前述の通り、ブルートゥースイヤホンにはバッテリーが搭載されている為、そのバッテリーを充電する必要があります。 一般的には、イヤホン側に充電ケーブルが接続できるUSBポートが搭載されていて、そちらに接続して充電します。 多くのイヤホンで端子の小さいmicro USBポートが採用されているので、PCやUSB充電器等から給電する形となります。 だいたいのブルートゥースイヤホンには、充電用のケーブルが付属されている場合がほとんどです。 ただ、自宅と職場など2拠点以上で充電したいという時には別途充電ケーブルを持っておくと便利でしょう。 その際は、どの種類のケーブルが必要なのか、購入する際に確認しておくと良いでしょう。 また、完全ワイヤレスイヤホンに限っての話ですが、専用の収納ケース自体を充電ケーブルに接続して、イヤホン本体は収納ケース経由で充電することになります。 バッテリーを長持ちさせるには? 無線で駆動するブルートゥースイヤホンにおいて、バッテリーは死活問題。 電池が切れてしまうと元も子もありませんよね。 そこで、バッテリーを長持ちさせる為に役立つTIPSを紹介します。 まず、使わない時は電源をオフにしてBluetooth接続を切ることです。 良くあるのが、スマホ側だけ音楽を停止してイヤホンはそのままっていうパターン。 これは、イヤホン側の電源が入ったままなのでバッテリーを消費してしまいますので、無駄な電力を消費しないよう意識しましょう。 そして、音量を必要以上に上げすぎないこと。 音量をガンガン上げてテンションを上げたいという気持ちは分かりますが、バッテリーの浪費に繋がりますし、周囲への迷惑も考えると適切な音量に控えた方が良いでしょう。 あと、冬場の保管について。 温度の低い場所ではバッテリーの消費が速くなるので、暖かい暖房の効いた場所に保管してあげることをおすすめします。 ちなみに、個人的におすすめなのはモバイルバッテリーを持ち歩くこと。 要は、ブルートゥースイヤホンの電池が切れたらモバイルバッテリーで充電すれば良いから。 非常にシンプルな解決策ですが、これが一番確実に、バッテリー切れ対策になりますよ。 他にも、イヤホンを余分にもう一つカバンにしのばせておくなんて方法も。 お財布に余裕があれば検討してみても良いでしょう。 以上のような工夫によって、より長く駆動させ、充電回数を減らすことが可能になるのです。 ちょっとしたことですが、実行するかしないかで大きくバッテリー持ちが変わってくるので、ぜひ試してみてくださいね。 AppBank Storeは をはじめとしたスマホアクセサリー、周辺機器を独自の視点で厳選し、販売しているショッピングサイトです。 「あなたのスマホライフにHAPPYをプラス!」をコンセプトに、お買い物をしていただくみなさまにハッピーをお届けします。 プライベートブランド商品をはじめ、 iPhone・スマホアクセサリー専門店ならではの ひと味違った商品や など、 私たちがご提案する商品をご購入されたお客様が 「ハッピー(幸せ)」を感じていただける充実した 商品ラインナップと、ご利用しやすいお店作りを行っています。 また、ライターや専門スタッフの を通じて、お客様に商品の特徴をわかりやすくお伝えし、 新しい価値の提供を目指します。 すべてはみなさまの「HAPPY! 」のために。 Be Happy!

次の