確定 申告 生命 保険 料 控除。 控除証明書等の電子的交付について|国税庁

税金が安くなる生命保険料控除とは? [生命保険の税金] All About

確定 申告 生命 保険 料 控除

生命保険の保険料を払っていると節税になる。 とは、支払った保険料の一定額がその年の所得から差し引かれ、所得税と住民税が安くなる税法上の特典のことです。 現在、生命保険料控除は新契約と旧契約の2つの制度が並走しています。 どちらも、支払った年間保険料によって異なる控除が受けられます。 控除額は下表の「新契約」の計算式で計算しますが、最高額はそれぞれ4万円(住民税は2万8000円)で、合計12万円(住民税は8万4000円)です。 控除額は下表の「旧契約」の計算式で計算します。 最高額はそれぞれ5万円(住民税は3万5000円)で、合計10万円(住民税は7万円)です。 新・旧の両方に加入している場合は、それぞれの制度で控除額を計算しますが、合計12万円(住民税は8万4000円)が限度額になります。 生命保険料控除の計算式は、新契約と旧契約とで異なります 生命保険料の控除を受けるには? 生命保険料控除を受けるには、自営・自由業者は毎年、確定申告が必要です。 会社員は会社から年末に渡される「給与所得者の」に記入し、毎年10月ころに保険会社から送られてくる「」と一緒に提出すれば、会社でしてくれ、手続きは完了です。 保険料を給料天引きにしている場合は、「生命保険料控除証明書」の提出は必要ありません。 でも、忙しくて書類の提出をしなかった、うっかり提出し忘れた会社員の人もいるでしょう。 そんな人は翌年、確定申告をすることで、払いすぎている所得税を返してもらえます。 【参考】 生命保険料控除の確定申告に必要な書類は? まず、確定申告に必要なものを準備します。 必要なものと入手経路は下記の通りです。 税務署に取りに行くか、電話して送ってもらいます。 生命保険料控除用の申告書と言えば、間違わずに済みます。 国税庁のホームページからプリントすることも可能です。 年末に会社から手渡されているものを用意します。 10月頃に保険会社から送られています。 失くしたら会社に連絡して再発行してもらいましょう。 印鑑 普段、使っているものでOKです。 マイナンバーの本人確認書類 生命保険料控除の確定申告書の書き方は? 申告書の書き方は、下記を参照してください。 生命保険料控除額の計算方法。 確定申告書Aの第二表、「生命保険料控除」欄には年間で支払った保険料の金額を記入。 第一表の「所得から差し引かれる金額」の「生命保険料控除」には、手順1で計算した控除額を書く 還付申告なら1月1日から提出できる 提出方法は、税務署に直接持って行く、税務署に郵送する、近所に設けられた還付申告センターなどに持って行く、インターネットを使って申告する、の4つから、やりやすい方法で行います。 【参考】 確定申告できる期間は、原則2月16日から3月15日まで。 郵送の場合は3月15日消印有効です。 ただし、(税金を返してもらう申告)は、1月1日から提出できるので、早めに手続きをしましょう。 還付金は申告書類を提出してから1~2カ月後に指定口座に振り込まれます。 なお、所得税で手続きをすれば、住民税を還付してもらうための手続きは不要です。

次の

確定申告の保険料控除は契約者と支払者のどちら?配偶者の契約は?

確定 申告 生命 保険 料 控除

生命保険料• 一般の生命保険料• 介護医療保険料• 個人年金保険料 基本的に、この保険は何の保険料だろうと考える必要はありません。 控除証明書に書いてある種類が、その保険の種類になります。 介護医療保険について 介護医療保険の区分は平成24年1月1日以降の保険から新設されました。 介護保険に加入したつもりがなくても、控除証明書には介護医療保険と記載されている場合があります。 これは、介護医療保険料は、入院・通院等にともなう保険料が対象となっているからです。 基本的には、控除証明書に介護医療保険と記載されていれば、その欄を使用することになります。 年金なのに「一般用」と書かれている場合 年金保険に加入しているのに「一般用」と書かれている場合があります。 この場合は「個人年金保険料」として控除の申告はできません。 個人年金として控除したい場合は「税制適格」の特約がついている場合のみ申告可能です。 税制適格特約をつけるには以下の要件があります。 生命保険料控除の対象となる保険契約 生命保険料控除の対象となる保険契約には以下の条件があります。 ・実際に保険料の支払いをしている者 ・その保険の受取人が保険料負担者、配偶者、親族のいずれか 生命保険料控除の対象となるには、その保険料を実際に支払っている必要があります。 ですので、もし妻が契約者である生命保険契約で、夫が保険料を支払っている場合でも、夫が支払った保険料は夫の生命保険料控除の対象となります。 保険金等の受取人の氏名、続柄は控除証明書には記載されていませんが、保険料控除の対象となるのは「保険金等の受取人のすべてをその保険料の払込みをする者、またはその配偶者その他の親族」と定めています。 つまり、保険金の受取人が第三者の場合は、保険料控除の対象とならないのでご注意ください。 控除証明書の記入額• 証明額…ハガキを発行した時点での支払済みの金額。 こちらは基本的には記入しない。 申告額…年末まで支払った場合の金額。 基本的にはこちらを記入する。 だいたい控除証明書のハガキは10月に届くので、月払いの場合は証明額は2ヶ月分少ない金額が記載されています。 ですので、実際に記入する金額は年末まで支払った場合の申告額を記入します。 途中で保険を解約した場合 その年の中途で解約した場合でも、解約までに支払った保険料について控除を受けることができます。 保険を解約した場合でも、1月1日~12月31日に支払った保険料がある場合は、控除証明書が自動で送られてきます。 来ない場合には、問い合わせしましょう。 保険料の「前納」と「一括払」の違い 保険料の前納と一括払は、保険料を前払いするという点では同じですが、保険料の控除の取扱いという点では大きく違います。 前納と一括払の違い• 前納の保険料控除…前納期間は控除証明書が毎年発行されます。 年ごとに充当した保険料が、その年の保険料控除の対象となります。 一時払の保険料控除…一時払をしたその年に限り控除証明書が発行されます。 支払った保険料全額が、その年の保険料控除の対象となります。 これは保険の契約の違いです。 前納は、月払いや年払いの保険契約に対するまとめ払いを意味します。 例えば月払いの36回分や、年払いの3回分などです。 一括払は、保険契約そのものが初めから一括払い契約になっているものです。 一括払にすることによりあらかじめ高い利率の運用益や解約返戻金などを設定しているので、分割扱いにすることはできません。 生命保険料控除の計算方法 生命保険料控除の計算方法は、旧と新で違います。 一般の生命保険、年金保険、介護保険をそれぞれ旧と新に分けて計算します。 1) 一般の生命保険、年金保険を旧と新に分けてそれぞれ合計額を出します。 介護保険は新しかないので、介護保険の合計額を出します。 2)新の一般の生命保険、年金保険、介護保険の合計額について、下記の表に当てはめて計算します。 最高額は40,000円です。 25+20,000円 ・80,001円以上…一律40,000円 3) 旧の一般の生命保険、年金保険の合計額について、下記の表に当てはめて計算します。 最高額は50,000円です。 25+25,000円 ・100,001円以上…一律50,000円 4)上記で計算した一般の生命保険の新・旧、年金の新・旧を足します。 ただし、旧のみ適用をうける場合は、最高5万円までです。 5) 一般、年金、介護の合計をだします。 ただし、生命保険料控除の最高額は120,000円です。 (生命保険料の3つを合計すると、最高額は140,000円になりますが、120,000円が控除の最高額です) 8. 確定申告書の生命保険料控除の記入の仕方 確定申告の生命保険料控除の記入の仕方は以下のとおりです。 第一表と第二表に記入します。 【確定申告書A】 ・第一表…(8)生命保険料控除に、計算した控除金額合計を記入します ・第二表…用紙右の「所得から差し引かれる金額に関する事項」(8)生命保険料控除欄のそれぞれの区分に応じて、新生命保険料の計、旧生命保険料の計、新年金保険料の計、旧年金保険料の計、介護保険料の計を記入します。 【確定申告書B】 ・第一表…(14)生命保険料控除に、計算した控除金額合計を記入します ・第二表…用紙右の「所得から差し引かれる金額に関する事項」(14)生命保険料控除欄のそれぞれの区分に応じて、新生命保険料の計、旧生命保険料の計、新年金保険料の計、旧年金保険料の計、介護保険料の計を記入します。 【参考】確定申告関連リンク 最後に いかがでしたでしょうか。 生命保険料は、控除できる上限がありますので、自分で計算して控除額を出す必要があります。 要点を押さえれば、それほど難しい計算ではありませんので、上記をぜひ参考にしてください。

次の

控除証明書等の電子的交付について|国税庁

確定 申告 生命 保険 料 控除

年末調整で保険料控除を申請し忘れた人は確定申告で還付してもらおう! 生命保険に加入していて保険料を払っている人は、所得税を計算する際に「生命保険料控除」があり、一定額まで所得控除が受けられます。 1-1. 通常は年末調整で申請するが、確定申告でもできる 会社員などの場合には、勤め先の年末調整で控除の申請ができるので、自分で確定申告をしなくても払いすぎた税金を戻してもらうことができます。 年末調整の時に、配偶者控除や扶養控除、2年目以降の住宅ローン控除などとともに生命保険料控除を申告すれば税金を戻してもらえます。 ただし、何らかの事情で年末調整の際に申請しそびれたとしても、あきらめることはありません。 確定申告をすれば同じように税金を戻してもらえるからです。 特に、もともと確定申告の必要のない会社員等は、 確定申告時期だけにかかわらず、翌年以降5年間はいつでも申請(還付申告)できます。 1-2. 生命保険料控除の額は最大12万円 生命保険料控除は、「一般生命保険料控除」、「介護医療保険料控除」、「個人年金保険料控除」の三つに分かれています。 一般生命保険料控除とは、生存と死亡にもとづいて保険や給付金が支払われる保険に関して受けられる控除のこと。 介護医療保険控除は、入院や通院にともなって保険金が支払われる保険に関して受けられる控除。 そして、個人年金保険料控除は、個人年金保険料税制適格特約の付加された個人年金保険に関して受けられる控除です。 それぞれ1年間に支払った保険料のうちそれぞれ最高4万円までが所得控除の対象となります。 すべて合わせて最大で12万円まで所得から控除できます(平成23年までに契約した保険は最高10万円まで)。 注意!生命保険料控除制度は新・旧ある 生命保険料控除については、平成24年に法改正をしているため、 保険をいつ契約したかによって控除できる対象や上限額が変わってきます。 法改正以前に結んだ契約は「旧制度」、法改正以後に結んだ契約は「新制度」の対象となります。 したがって、控除額などを計算する際には、自分がどちらの制度の対象なのかを把握しておく必要があります。 上記制度改正では、一般生命保険料控除と個人年金保険料控除に加えて介護医療保険控除が新設されました。 旧制度の対象となっていた生命保険契約でも、平成24年以降に更新・転換・特約の中途付加などを行った場合は、以後の保険料が新制度の対象となります。 ただし、リビングニーズ特約や指定代理請求特約などの保障のない特約や、災害割増特約や傷害特約など身体の傷害のみに基因して保険金が支払われる特約については、中途付加しても新制度の対象のとはなりません。 確定申告のやり方 確定申告を行うには、税務署で用意している確定申告書の用紙に必要事項を記入して提出する必要があります。 3-1. 基本は源泉徴収票や生命保険料控除証明書からの転記でOK 確定申告書はいろいろな種類がありますが、会社員などが生命保険料の還付申告を行う場合は、確定申告書Aという用紙に記入します。 申告用紙は税務署でもらえるほか、国税庁のHPからダウンロードすることもできます。 申告書を記入するときには、会社からもらった源泉徴収票と生命保険会社から郵送された生命保険料控除証明書を用意します。 それらに記載されている金額を申告書に書き写していきますので、書類を作成するときにそろえておきましょう。 申告書の書き方は、申告書を受け取る時に一緒にもらえる記入方法の用紙を確認しながら記入していきます。 3-2. 国税局のWEBサイトで作成することもできる また、国税局WEBサイトの「確定申告書等作成コーナー」では、必要な数字を入力していくと自動的に計算して申告書類を作成できるようになっています。 自分で計算するのが面倒な人や、生命保険料控除以外にも医療費控除など申告する項目が複数あって計算が複雑になりそうな人は、HPに給与所得者向けの作成コーナーもあるので、こちらを利用するといいでしょう。 ちなみに医療費控除も行う人は、医療機関に支払った領収書や交通費などの領収書などが必要となります。 生命保険会社の医療保険などに加入していて給付を受けた場合は、その額を実際にかかった医療費から差し引いた残りの額が控除対象額となります。 おまけ:会社員でも確定申告が必要なケース 会社からお給料をもらっている人で確定申告が必要なのは、年末調整を忘れた人以外にも以下のような人が対象となります。 会社をやめて年末調整の時期に在籍していない人• 2カ所以上からお給料をもらっている人• 2,000万円以上のお給料をもらっている人 これらの人は年末調整ができないので、確定申告で税金を戻してもらうことになります。 その際に生命保険料控除も忘れずに申告しましょう。 確定申告が必要かどうかについて確認したい人は「」をご覧ください。 まとめ:年末調整を忘れても保険料控除はできる!5年間は可能 ここまで見てきたように、生命保険料控除は、年末調整で申告し忘れたとしても確定申告等であとから申請することができます。 また、過去に年末調整をし忘れたことに気付いた場合、5年前までさかのぼって確定申告で還付申告ができます。 生命保険に入っていたのにこれまで申告していなかったという人は、過去の分も申告するようにしましょう。 アーカイブ• 9 都道府県から探す 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 訪問相談を依頼する• 人気エリアから探す 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 保険ショップから探す• お役立ちコンテンツを見る• 日本生命グループ企業•

次の