ユナイテッドクリニック 怪しい。 ED治療・男性機能障害について

クリニックで処方されるED治療薬にも偽物!?|竹越昭彦院長コラム【浜松町第一クリニック】

ユナイテッドクリニック 怪しい

0 加齢と共に勃起力が弱くなっていたが離婚しSEXをする機会もなかったので放置していた。 2018年12月に東京方面に行く用事があり、ついでにデリヘルを予約したので意を決してクリニックを訪問した。 もっと色々なことを聞かれるかと思っていたが加齢による勃起力不足、近々SEXする機会があるかもしれないので服用したいという話をして処方を受けた。 行く前には下半身をみせたりするのか気になったが、それは無く問診のみでした。 全般的に事務的対応という印象を受けたが、かえってその方が気楽であった。 服用した感想は、良かった、こんなに効果があるんだという満足感。 それ以降SEXをする機会も増え非常に満足できている。 スタッフ・先生はどんな人? 先生:特に深い事情を聞くわけでも無く、形式的な問診という印象を受けた。 こちらとしては逆にそれでほっとした記憶あり。 スタッフ:こちらも事務的対応という印象。 そういう対応の方が気分的に助かる。 処方された薬は? シアリス 効果はあった? 効果があった 来院した時期 2018年 12月 (57歳・男性・兵庫県) 2020年6月3日投稿 ユナイテッドクリニック神戸三宮院の詳細情報 処方薬の種類:バイアグラ、シアリス、レビトラ、バイアグラジェネリック バイアグラの価格:バイアグラ錠25mg 1,040円/バイアグラ錠50mg 1,290円 シアリスの価格:シアリス錠10mg 1,440円/シアリス錠20mg 1,590円 レビトラの価格:レビトラ錠5mg 940円 バイアグラジェネリックの価格:バイアグラ ジェネリック25mg 390円/バイアグラ ジェネリック50mg 780円 初診料:無料 処方料・処方せん料:無料 休診日:なし 住所:兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-3-5 グリーンシャポービル 604号 最寄り駅:神戸三宮駅 徒歩0分 電話番号:078-855-3788 公式サイト: バイアグラ・シアリスをおトクにネット購入「ベストケンコー」 日本でED治療薬をインターネットで購入するのは個人輸入代行サイトで可能ですが、実績がない怪しいサイトが多いのも事実です。 は、10年以上の実績があり、販売している医薬品は全てアメリカ食品医薬品局(FDA)等の各製薬国の審査機関の厳しい承認プロセスをパスし認可を受けた医薬品。 商品は100%正規品で、利用者は薬50万人にのぼるので、安心して利用できます。 ファイザーのバイアグラをはじめ、シアリス、レビトラなど豊富に品揃えがあり、全てジェネリックも揃えています。 バイアグラは100mgを購入して半錠ずつ飲むとコスパが良く、 クリニックの価格の半値以下。 ジェネリックだとさらにお求め安い価格になっていますのでチェックしてみると良いでしょう。 初回は、会計時に以下のクーポンコードを入れると500円引きです。 5錠飲用する場合 シアリスの価格:シアリス錠20mg 1錠 2,120円 レビトラの価格:レビトラ錠20mg 1錠 1,445円 公式サイト:.

次の

ユナイテッドクリニック神戸三宮院の口コミ・評判。ED治療はどう?

ユナイテッドクリニック 怪しい

ジェネリックは信用できるか まずは上の写真を見てほしい。 これはED治療薬として購入されたものだ。 一見すると、普通の薬のように見えるだろう。 しかし、普通ではない。 実はこれ、 海外製の悪質な未認可ジェネリック、つまり 偽造品なのだ。 ED治療薬はネット購入の6割が偽造品 ED治療薬を入手方法は2つある。 1つは、クリニックの診察を受け、処方してもらう方法。 もう1つは、個人輸入業者を利用してネットで購入する方法だ。 一般的には、クリニックに処方してもらうケースが多い。 しかし、EDだと申告するのが恥ずかしかったり、少しでも薬代を抑えようと、ネットで購入したりする割合も一定数存在する。 しかし、はっきり言おう。 個人輸入業者を利用してネットで購入するのは危険だ! どんなにEDが恥ずかしかったり、薬代を抑えたかったとしても、絶対にネットでED治療薬を買ってはならない。 なぜなら、ネットで入手したED治療薬の6割が偽造品だからだ。 実際に、国内で治療薬を製造・販売している4社が合同で調査したところ、そのような結果が出ているのだ。 特にインドジェネリックは危険だと覚えておこう ネットで売られている薬が安い理由、それは、多くが海外のジェネリック品だからだ。 海外では、独自の手法で大量の薬を製造し、安価に流通させている。 特に問題となっているのが、インド製のジェネリックで、これがかなりの割合を占めている。 インドでは、もともと特許に関する独自の事情があり、世界ではまだ認められていない薬のジェネリック品を製造することが許されているのだ。 大量に製造し流通するぶん、質の悪いものも多く、インド製の粗悪なジェネリック医薬品が世界でも問題となっている。 一見、本物のような見た目であっても、認可されていなければ、それは偽造品、偽薬だ。 実際に、低血糖による昏睡や痙攣など、重い副作用があると被害が多く報告されている。 とはいえ、専門家でもない限り、ジェネリックの中身を正しく把握することは不可能であろう。 「きっと大丈夫だろう」「ある程度効果があればいい」 利用する人はそんな軽い気持ちかもしれないが、危険性の大きさから考えると、絶対に手を出してはいけない! これがED治療薬の偽造品だ! ED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類がある。 このすべてについて偽造品が流通している。 それぞれの偽造品にどういう特徴があるのか解説しよう。 偽造バイアグラ バイアグラは最初に作られたED治療薬であり、知名度も抜群。 そのため、もっとも多くの偽物が作られ出回ってもいる。 偽造品のレベルも非常に高く、素人では正規品と区別がつかないほどだ。 錠剤の形だけで判断するのは非常に困難で、それだけ精巧に作られている。 上の写真のように、透明の袋に入れ替えられているものは高確率で危険なので、覚えておこう。 偽造レビトラ レビトラも、バイアグラに負けないほど、多くの偽造品が出回っている。 レビオラは10mg・20mgのものしか作られていないにもかかわらず、ひどいものになると、100mgの数字が刻印されているものまで…。 そのような分かりやすいものは別として、より本物そっくりに作られているものは素人が判断するには、不可能に近いといえる。 偽造シアリス 近年、偽造品のシェアを急速に拡大しているシアリス。 本物は、食事の影響も受けにくく、24時間効果が続くことから、人気が出ている。 それに伴って、偽物の量も増えているという背景がある。 シアリスの偽造品の中には、本来シアリスに含まれる成分がまったく入っていない、本当に正体不明の錠剤も発見されている。 そのレベルに至っては、もはや薬とは呼べないだろう。 本来ならば淡いクリーム色をした錠剤のため、色が濃すぎるものやくすんだものは、注意が必要だ。 クリニックならどこでも大丈夫?いやいや、そんなことはない! ネットを利用した購入が危険なら、クリニックを利用すれば大丈夫だろうと思う人がいるかもしれない。 はたして、本当にそうだろうか。 なんと残念なことに、上記の偽ED治療薬は、とある有名クリニックから処方されたものである。 海外製の悪質なジェネリックを処方しているクリニックがある 本当に稀なケースだが、注意した方がいいクリニックがある。 それは、格安のジェネリック品を処方するクリニックだ。 ジェネリック品で安さをウリにしているクリニックの中には、驚くべきことに、日本では認可されていない、海外製のジェネリックED治療薬、つまり偽薬を処方しているところもある。 本来なら、健全な薬を処方するべきクリニック。 しかし今、怪しい個人輸入だけでなく、正式なクリニックでも、こういう安価な海外ジェネリックを処方していることがある。 そんなクリニックに当たらないために、どういう点に注目したらよいのだろうか。 こんなクリニックには要注意! 1. 薬が入っている袋・ケースが怪しい 通常、錠剤の薬は、銀色のアルミのシートに入っている。 取り出すときに背中部分をプチッと押すタイプだ。 しかし、偽造品の場合、このような透明な袋には入っていない。 正しい製造工程を踏んでいないため、簡易な袋やケースに入っているだけである。 薬の名称が明らかにされていない たとえ、ジェネリック医薬品であったとしても、日本製のジェネリック品であれば名称を公にしている。 しかし、海外製のジェネリック品は、怪しさを隠すために名称を公表していないことが多い。 利用者側でも、何の薬なのかしっかり確認する必要がある。 処方している薬を明記していないクリニックは要注意だ。 薬の名称を聞いても教えてくれない 薬の名称が明らかにされない場合、直接、担当医師に聞くことになると思う。 そのときにはっきり答えない場合や、話をはぐらかす場合は、問答無用でクリニックを変えた方がいい。 やましい薬を使っているからそのような態度になるのだが、薬の名称という大事な情報を患者に伝えないクリニックは言語道断だ。 製薬会社が運営するサイトでチェックしよう シアリス・バイアグラ・レビトラの販売元である各製薬会社は、正しいED治療と治療薬の知識を啓蒙するためのサイトを運営している。 シアリスの発売元である日本新薬が運営している「 EDケアサポート」、バイアグラの製造販売元であるファイザー株式会社が運営している「 ED-info」、レビトラの製造発売元であるバイエル薬品では「 EDネットクリニック. com」がそれにあたる。 さらにこれらのサイトでは、シアリス・バイアグラ・レビトラの正規品を扱っているクリニックが紹介されてており、地域ごとに検索ができる。 この3つのサイトで、自分が利用しているクリニックを一度調べてみるとよいだろう。 日本全国を広く扱っているので、大きな施設はもちろん、小さな施設も詳しく紹介されているぞ。 もし検索してもヒットしない場合、理由は2つ。 そもそもシアリス・バイアグラ・レビトラの正規品の取扱いをしていない。 シアリス・バイアグラ・レビトラの正規品を扱っているが、未認可の海外製ジェネリックも使っているため、審査が通らなかった。 つまり普通に考えれば、ED治療を行っているクリニックが、このHPに掲載されていないはずがないのだ。 万が一、あなたが利用しているクリニックが載っていなかったときは、 どんな薬が処方されているのか、医師へすぐに確認してみよう。 そこではっきりとした答えがなければアウトだ!あなたが知らないうちに、危険な未認可ジェネリック薬を渡されている可能性が高いぞ。 最後に 多くの人にとっては自分には関係のないことだと思うかもしれないが、実際にはそのような危険性のある薬はとても身近にある。 ネットを利用して薬を購入することはもちろん、あまりにも安価なジェネリック品に手を出すことも絶対に辞めた方がいい!.

次の

埼玉県で早漏治療の申し込み可能な病院・クリニックまとめ

ユナイテッドクリニック 怪しい

以前書いた記事で、セールス電話撃退法にふれたところ「効果があった」「電話がこなくなった」とメッセージやコメントをいただいたので、役に立ったようで幸いだ。 この記事は元セールス電話の仕事をしてた女性と、消費生活相談員、それに法律の仕事をしている3人から聞いた話をまとめた話なので、お役に立てればと思い、抜粋、加筆して再掲したいと思う。 「めざせ逆ブラックリスト」 業者に嫌われよう! セールス電話でマンションを売る会社に勤めていたことのある人に聞いたことがあるが、商用電話をかけてくるような会社は、どんな人がお客さんかを嗅ぎ分けるマニュアルを持っている。 ひとことでそれを言うと 「きまじめな人」ということになる。 住所・氏名・自宅の電話番号・プロバイダのメアドがキチンと書いてあるような人がカモということである。 逆に、情報にいろんな工夫をしている人は、防御が固いとして望み薄で、始めからかけてこないか、かけてもすぐ引き下がる。 ネット通販のときの名前はカタカナ・電話番号はなるべく書かない・捨てアドのフリーメールを使う この3つを実施するだけで、個人情報が仮に漏出したとしても、被害を最小限にできるだろう。 うまく業者に警戒されたら、業者間で取り引きされるリストから「 逆ブラックリスト(要警戒人物)」として外される。 消費生活相談員がおすすめする「正しい」セールス電話の断り方 さらに、消費生活センターの相談員に聞いた話がある。 英会話でも、マンションでも、セールス電話がかかってきたとき、それを断る文句を多くの人が間違うそうだ。 たとえば 「忙しいので」「勤務中ですから」・・・ お忙しくないときは何時ですか? 「それは要りません」「間に合っています」・・・ 別のおすすめがあります! 意外にこういう答えをして、業者に付け入る隙を与えてしまう人が多いという。 一番よい電話の切り方は 「迷惑だから、二度と電話しないでね」 と、 相手が話し終わらないうちにに、これだけ言ってガチャン!と切ってしまうことだそうである。 1.相手の話を聞かない・・・商談をさせないことが一番のポイント (はじめ要件を切り出さないタイプには、「で、要件は?」と聞いて話し始めた出鼻でガツンと切ると相手のダメージ大) 2.「忙しい」「いらない」など理由は不要。 なにも言わず、はっきり 「迷惑」と切り捨てること 3.二度とかけるなと 明白な意思表示をすること この3つが肝心かつ効果的だという。 そういえば、前出の元・セールス電話の人が言っていたが、掛ける方も 「どんなに罵倒されるかとビクビクしていた」 「プルルルッという電話の音が恐くなった」 「電話に出てくれないでとどこかで祈っていた」 と語っていた。 他人様に迷惑をかけている、という自覚のある常識人なら恐いのだ。 当然だろう。 そういう人をまっとうな仕事に戻らせ、そうでない厚顔無恥な人には痛い思いをしてもらう。 そのためにも 「迷惑!ガチャン!」が一番いいのだと、消費生活相談員は説明してくれた。 逆ギレには迷わず国家権力投入してOK! 「迷惑!ガチャン!」をすると、ごくまれに、話を聞いてもらえなかったことに逆ギレして、再度電話を掛けてくる阿呆としか言いようのないセールスもいる。 その場合、 脅迫罪(もし業務中ならプラス 業務妨害罪)にあたるので警察(110番)に相手の電話番号を通報してよい。 「迷惑です。 脅迫に業務妨害だから、警察にこのナンバーを通報します」 と言ってしまっていい。 警察から相手方に電話し、即逮捕まではしないまでも、二度とかけてこないし、逆ブラック・・・要警戒者としてリストからも外してもらえる。 ごくたまに「迷惑電話ぐらいで・・・」と対応をしぶる怠慢警察官(中高年に多い)もいるかもしれないが、そういうときは所属と名前をキッチリ聞いて、別の担当者に変わってもらおう。 脅迫、業務妨害という立派な刑事事件の容疑がかかっている件を放置したとなれば、必ず問題になるので、まともな警察官なら対応せざるをえない。 (この点、知人弁護士も「逆ギレは立派な脅迫」「刑事事件を放置したら警察の問題」と明言) 余談だが、どこから「脅迫」になるかは、判例によると「自分がそう思った時点」とのこと。 もっとも、ちゃんとした(?)セールス電話のマニュアルには逆ギレで警察沙汰にならないよう、逆ギレ、もめ事を厳しく禁じているそうである。 前出の元セールスの人の会社では「警察出てきたら給料なしでクビ」だったそうである。 ちなみにセールス会社のマニュアルには「迷惑だ!ガチャン!」にも耐えて次の客を探せ、と書いてあるそうだ。 テレセールスに限らず、飛び込みセールスの世界は数打ってなんぼ。 キレてるヒマがあったら一件でも多くダイヤルしろ!ということだろう。 そういうブラック会社的なビジネスは早晩崩壊して、健全な実業をする会社が増えて欲しいものだ。 気の弱い方は電話機機能と電話会社のサービスを 「はっきり言うのが苦手で・・・」 という気の弱い方にも方法はある。 まず、手っ取り早く、電話会社の「」を使ってもいいだろう。 NTT、KDDIほかどこの電話会社でもやっている。 ただし、弱点があって6件までしか登録できず、さらに有料だ。 月額600円で、12ヶ月使ったら7200円。 コストから考えても、電話機を変えてしまうのが一番早い。 最近の電話機は迷惑電話対策機能はもはや必須で、これが無い機種を探す方が難しい。 登録は機種によって幅があるが、30~100件と十分な数の迷惑電話番号をブロックできる。 さらに通話録音機能があるとよい。 ( 実際に通話録音機能がなくても)、セールスに対しては 「この通話は録音しています」も効果絶大だ。

次の