ウイイレ 2020 ポジション 別 ランキング。 【アグレッシブネス最強ランキング(ポジション別)<ウイイレアプリ2020>】誰が一番ボールを奪ってくれるのか!?(使用感最強)

【ウイイレアプリ2020】「OMF」最強当たりランキングTOP20

ウイイレ 2020 ポジション 別 ランキング

プレースタイルについて プレースタイルとは選手が持っているもので プレースタイルによって動きが変わってきます。 プレースタイルは最大一つしか所持していません。 プレースタイルが無しの選手もいます。 ラインブレイカー 対応ポジション:CF,ST 相手のDFラインの裏に抜ける動きをします。 デコイラン 対応ポジション:CF,ST,OMF おとりになる動きを行ってスペースを作ってあげるなど 味方が攻めやすくなる動きをします。 ボックスストライカー 対応ポジション:CF 中央にとどまってボールが供給されるのを待つ。 ポストプレイヤー 対応ポジション:CF 前線でくさびのボール 縦パス を 受けられる位置にポジションを取る。 ポイントになってくれて、攻撃の起点となる。 チャンスメイカー 対応ポジション:ST,LWG,RWG,OMF,RMF,LMF 前線からボールを受けるために下がって受けに来る。 攻撃を組み立てる役割をする。 ウイングストライカー 対応ポジション:LWG,RWG サイドから中のスペース DFラインの裏 に 積極的に飛び出していく。 インサイドレシーバー 対応ポジション:RWG,LWG,RMF,LMF サイドから中へ絞ってパスを受けに来る。 サイドにスペースを作る。 クロサー 対応ポジション:RWG,LWG,RMF,LMF サイドのタッチラインまでしっかり張って、 クロスを狙う。 ナンバー10 対応ポジション:ST,OMF,CMF あまり動き回らずに中央にポジションを取り、 パスで試合を組み立てていく司令塔タイプ。 2列目からの飛び出し 対応ポジション:ST,OMF,CMF,LMF,RMF 攻撃時は常に相手DFラインの裏や ゴール前に行くことを意識している。 ボックストゥボックス 対応ポジション:OMF,CMF,DMF,RMF,LMF ピッチを駆け回って攻守にわたり貢献していく。 アンカー 対応ポジション:DMF 中盤の底にポジションを取って、守備の安定を図る。 ハードプレス 対応ポジション:CMF,DMF,CB 激しいプレスで相手に寄せていき、攻撃の芽を摘む。 プレーメイカー 対応ポジション:CMF,DMF 攻撃時はDFライン近くまで低い位置を取り、 ビルドアップを行い、攻撃の起点となる。 ビルドアップ 対応ポジション:CB 後ろのポジションからパス回しに参加し、 前線へのロングフィードも行う。 オーバーラップ 対応ポジション:CB 積極的に前線への攻撃参加を行う。 攻撃的サイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 高い位置を取ることを意識し、積極的に攻撃に参加していく。 守備的サイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 常に低い位置でポジションを取り、守備に備えている。 インナーラップサイドバック 対応ポジション:RSB,LSB 高い位置を取ることを意識し、相手ゴール近くでは 中のスペースに入っていく。 攻撃的GK 対応ポジション:GK 飛び出しを積極的に行い、DFラインの裏をケアしていく。 守備的GK 対応ポジション:GK ゴールマウス付近にとどまってポジショニングを取る。 ポジション別おすすめプレースタイル CF ラインブレイカー ボックスストライカー ポストプレイヤー このポジションは得点を第一に考えるか、 つなぎやすさで考えるかで変わってくる。 得点優先ならば ラインブレイカー、ボックスストライカー。 つなぎやすさなら ポストプレイヤー。 ST チャンスメイカー チャンスを演出するポジションなので 2列目からの飛び出しよりは チャンスメイカーの方が裏抜けせずに とどまってくれる。 LWG,RWG インサイドレシーバー、ウイングストライカー 得点のことを考えるなら ウイングストライカー サイドバックとの関係性を考えるなら インサイドレシーバー。 インサイドレシーバーの方が サイドバックが上がるスペースがある。 OMF 2列目からの飛び出し ボックストゥボックス チャンスメイカー 抜け出しで攻撃の厚みを一番に考えるなら 2列目からの飛び出し 守備参加を考えるなら、 ボックストゥボックス バイタルでのチャンスメイクに特化させるなら チャンスメイカー CMF ボックストゥボックス プレーメイカー 攻撃参加も求めるなら ボックストゥボックス 低い位置での組み立てをしっかりやりたい場合は プレーメイカー DMF プレーメイカー アンカー 低い位置での組み立てをしっかりやりたい場合は プレーメイカー RMF,LMF インサイドレシーバー 2列目からの飛び出し サイドバックとの関係性を深めるなら インサイドレシーバー とにかく裏抜けさせたい場合は 2列目からの飛び出し RSB,LSB 攻撃的サイドバック インサイドレシーバーと併用して使うなら、 インサイドレシーバーが中に入って空いたスペースに どんどん走りこんでいってくれる。 インナーラップサイドバックは動きが微妙。 守備的サイドバックは選手がそもそも少ない。 CB ハードプレス オーバーラップ ビルドアップは守備時のポジショニングが悪いので おススメはできない。 無駄な動きをせず相手のシュートに反応してくれるので。 攻撃的GKは、相手のパスに対して ポジショニングを大きく変えるので、 たまにシュートに反応しにくくなる時がある。 守備的GKにも、相手の裏パスを自動でケアしてくれない 弱点はある。 そこは自操作の判断でカバー。

次の

【ウイイレアプリ2020】黒玉通常選手一覧【全144選手】

ウイイレ 2020 ポジション 別 ランキング

ウイイレアプリ2020(レベマ総合値順)黒玉最強ランキング ウイイレアプリ2020のアップデートが待ち遠しい今日この頃ですが、今回は黒玉総勢130名をレベマ総合値順にポジションごとに最強ランキングをしていきます。 ウイイレアプリ2020でも、やっぱり重要なのは 最大レベル(レベマ)です。 2019までは若手選手の最大レベルがめちゃくちゃ高く設定されていたのですが、2020からはベテラン(30歳以上も)そこそこ高くなってきたので、 ベテラン勢もかなりがんばっています!! 黒玉選手130名の内訳は、FW43名、MF36名、DF37名、GK14名です。 もともと 2019では114名いたところに、31人が黒昇格してきて、14名が金降格して、悲しみのフンメルスが非搭載になりました。 (内訳は後ほど) それでは、各ポジションごとにレベマ総合値順に最強ランキングをやっていきます。 黒玉FWの最強ランキング(43名) 黒玉FWは総勢43名です。 黒昇格した選手が全部で以下の5人です。 メンフィス・デパイ(CF)• イアゴ・アスパス(CF)• アレハンドロ・ゴメス(ST)• デンベレ(LWG)• ソンフンミン(LWG) 金降格した選手は、 イグアインの1人のみです。 それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングをFWポジション別に見ていきましょう! 黒玉CF最強ランキング:レベマ総合値順(21名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 アグエロ 91 21 97 ムバッペ 90 38 97 スアレス 91 21 96 レヴァンドフスキ 90 22 96 ケイン 90 25 95 ジェズス 85 39 95 グリーズマン 90 22 94 カバーニ 88 23 94 ベンゼマ 88 23 93 オーバメヤング 88 24 93 フィルミノ 87 25 93 ジェコ 86 24 93 イカルディ 86 28 93 ヴェルナー 85 34 93 ラカゼット 87 25 92 ルカク 85 29 92 デパイ 85 32 92 インモービレ 86 25 91 ジエゴ・コスタ 85 26 91 メルテンス 85 25 91 イアゴ・アスパス 85 25 91 CFの最強ランキング1位は、やっぱり アグエロが強かった。 そして、今回黒玉雷に昇格した ムバッペが一気に同率1位です。 最大レベル的にはもっといきそうでしたが今回は同率1位です。 2020の間にさらに上がっていきそうな予感はあります。 (それは絶好調のアグエロも一緒かな) 他には、有名どころの スアレス、レヴァンドフスキ、ケインが続いてますが、 ジェズスが一気に総合値85から上がってて、潜在能力の高さを出してます。 黒玉ST最強ランキング:レベマ総合値順(3名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ディバラ 87 27 94 ミュラー 86 26 91 A・ゴメス 85 26 91 STは、 ディバラの圧勝ですね。 ミュラーがだいぶ能力落とされてるので、メッシがSTに戻ってこないかぎりしばらく安泰かな。 黒玉RWG最強ランキング:レベマ総合値順(8名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 メッシ 94 19 98 サラー 90 24 95 ベルナルドシウバ 88 30 95 ベイル 87 25 93 デイマリア 86 25 92 ウィリアン 85 26 92 ドウグラス・コスタ 85 26 92 マフレズ 85 27 92 RWGは、無敵の メッシが圧勝です。 全ての選手の中でもトップとなる、総合値98はまさに無敵。 サラーもさすがに全然届きません、むしろ、絶好調の ベルナルド・シウバに追いつかれちゃっています。 黒玉LWG最強ランキング:レベマ総合値順(11名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 クリロナ 94 19 97 ネイマール 92 23 97 アザール 91 21 96 マネ 89 25 95 スターリング 89 29 95 コウチーニョ 87 27 94 サネ 86 34 94 デンベレ 86 38 94 インシーニエ 86 26 92 ソンフンミン 86 27 92 サンチェス 85 26 91 LWGは接戦ですね。 クリロナの弱体化により ネイマールと アザールが迫ってきました。 結果、なんとか クリロナと ネイマールが同率1位ですが、2021では分かりませんね。 3位は堂々の アザール、そして、4位には成長著しいスピードLWGの マネと スターリングです。 他にもこのポジションには優秀な選手が目白押しです。 黒玉MFの最強ランキング(36名) 黒玉MFは総勢34名です。 黒昇格した選手は、以下の10名です。 ハキム・ジャシュ(OMF)• ブルーノ・フェルナンデス(OMF)• フレンキーデヨング(CMF)• ヴィツェル(CMF)• レオン・ゴレツカ(CMF)• アーロン・ラムジー(CMF)• ギュンドーアン(CMF)• マチュイディ(CMF)• ロドリ (DMF)• ファビーニョ(DMF) 金降格した選手は、以下の6人です。 (結構多くて悲しみ)• ムヒタリアン(RMF)• ハムシク(CMF)• パウリーニョ(CMF)• ナインゴラン(CMF)• ファブレガス(CMF)• マティッチ(DMF) かなり有名どころの有能黒玉MFが降格してて、びっくりですが、金降格しても強いので使いましょう! それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングをMFポジション別に見ていきましょう! 黒玉OMF最強ランキング:レベマ総合値順(10名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 デ・ブライネ 90 22 95 ダビド・シルバ 88 23 94 エリクセン 88 26 94 ロイス 87 25 93 フェキール 86 29 93 ハメス・ロドリゲス 86 26 92 イスコ 86 27 92 Bフェルナンデス 85 32 92 エジル 85 26 91 ジャシュ 85 29 91 OMFは、当然のナンバー1、 デ・ブライネ! そして、2位は、同じくマンチェスターシティの ダビド・シルバとトッテナムの エリクセンです。 OMFも優秀な選手が多く、 ロイス、フェキールはかなり成長しましたね。 逆に イスコと エジルは落ちてきちゃいました。 個人的には ジャシュにがんばってもらいたい! 黒玉RMF最強ランキング:レベマ総合値順(1名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 トーヴァン 85 29 91 RMFは トーヴァンだけなのでしばらく安泰。 ムヒタリアンがんばって戻ってこい! 黒玉LMF最強ランキング:レベマ総合値順(0名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 なし LMFは リシャルリソンが期待されていましたが、ポジションもLWGになっちゃったんで当分なしかな。 黒玉CMF最強ランキング:レベマ総合値順(16名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 モドリッチ 89 21 94 ヴェラッティ 87 27 94 トニ・クロース 88 24 93 チアゴ・アルカンタラ 88 24 93 ポグバ 88 27 93 サウール 87 30 93 ゴレツカ 85 33 93 Fデヨング 85 39 93 カンテ 88 24 92 ラキティッチ 87 24 92 コケ 86 27 92 ミリンコヴィッチ 86 32 92 ギュンドアン 85 27 92 ビダル 86 25 91 ラムジー 85 26 91 マチュイディ 85 25 89 CMFはMFでは最も多いポジションなので接戦です。 なんとかバロンドールの面目で第1位になった モドリッチ。 そして、意外や意外、 ヴェラッティが若さをいかして、一気に同率1位にきました。 たしかにめっちゃ使いやすいので納得です。 あとは、 ゴレツカや Fデヨングなどの昇格組がいきなり同率第3位なのはさすがです。 チアゴ・アルカンタラも意外にも高かったですね。 黒玉DMF最強ランキング:レベマ総合値順(9名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ブスケツ 89 23 94 ピャニッチ 87 24 93 ロドリ 85 34 93 フェルナンジーニョ 86 23 92 カゼミーロ 86 27 92 ファビーニョ 85 29 92 ハビ・マルティネス 85 26 91 ヴィツェル 85 26 91 ジョルジーニョ 85 27 91 DMFは、引き続き最強として ブスケツが君臨です。 今回、強化されたので盤石です。 注目は昇格組の ロドリですね、同率2位に食い込みました。 他には、個人的に大好きな ハビ・マルティネスが使いたい、今回はしっかりとDMF登録です。 黒玉DFの最強ランキング(37名) 黒玉DFは総勢37名です。 黒昇格した選手は以下の15名です。 (多すぎ!!)• カイル・ウォーカー(RSB)• ジョアン・カンセロ(RSB)• カルバハル(RSB)• ロバートソン(LSB)• マタイス・デ・リフト(CB)• シュクリニアル(CB)• リュカ・エルナンデス(CB)• クレモン・ラングレ(CB)• ロマニョーリ(CB)• フェルトンゲン(CB)• ダビド・ルイス(CB)• ソクラティス(CB)• ジューレ(CB)• ホセマリア・ヒメネス(CB)• ストーンズ(CB) 金降格した選手は、以下の5名です。 フェイペ・ルイス(LSB)• オタメンディ(CB)• ベナティア(CB)• コンパニ(CB)• ミランダ(CB) ビックリするくらい黒昇格しちゃってますが、これだけ黒玉選手いると、そろそろ黒か金かって関係ない感じになってきましたね。 個々の能力値をちゃんと把握する時代の到来です。 それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングをDFポジション別に見ていきましょう! 黒玉RSB最強ランキング:レベマ総合値順(5名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 キミッヒ 87 32 94 カルバハル 85 28 93 カンセロ 85 32 93 アスピリクエタ 85 26 91 カイル・ウォーカー 85 26 91 RSBは、 キミッヒに軍配が上がりました。 しかし、能力的にはスピードを重視する人などは、 カイル・ウォーカー、カルバハル。 ディフェンス力を重視する人は、 アスピリクエタ。 という感じで、意見は分かれそうですね。 総合力で キミッヒって感じですかね。 個人的には カンセロが楽しみです。 黒玉LSB最強ランキング:レベマ総合値順(5名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ロバートソン 85 32 93 ジョルディ・アルバ 87 25 92 ダヴィド・アラバ 87 27 92 マルセロ 86 25 92 アレックスサンドロ 85 27 92 LSBは、無敵の マルセロが弱体化したので、一気に勢力図が激変で、混戦です。 昇格組のセンタリンガーの ロバートソンが一気に第1位に。 その後ろに、スピードの ジョルディ・アルバと安定感の ダヴィド・アラバが続きます。 マルセロはまさかの4位に。 黒玉CB最強ランキング:レベマ総合値順 (27名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベル レベマ総合値 ファンダイク 91 21 96 デ・リフト 86 47 96 ピケ 90 22 95 セルヒオ・ラモス 90 21 94 シュクリニアル 87 32 94 クリバリ 88 24 93 ゴディン 87 23 93 マルキーニョス 86 31 93 リュカ・エルナンデス 85 34 93 キエッリーニ 87 21 92 ヴァラン 87 27 92 ユムティティ 87 28 92 ラポルト 86 31 92 デフライ 85 28 92 ストーンズ 85 32 92 ジューレ 85 33 92 ヒメネス 85 33 92 ラングレ 85 33 92 ロマニョーリ 85 33 92 チアゴ・シウヴァ 86 21 91 フェルトンゲン 86 25 91 アンデルヴァイレルト 86 26 91 ボヌッチ 85 25 91 ボアテング 85 26 91 ソクラティス 85 26 91 マノラス 85 27 91 ダヴィド・ルイス 85 25 90 CBはとうとう来ましたね。 フィジカルモンスター: ファンダイクがとうとう1位です。 そして、同率1位がもう1人、オランダ代表の相棒 デ・リフトです。 オランダめっちゃDF強い国になっちゃいましたね、2022年が楽しみだ。 そのあとは、 ピケ、セルヒオ・ラモスのスペイン組。 そして、5位にインテルの シュクリニアルが飛び込んでます。 スピードないですが2020はガチスカッド候補ですね。 意外と、 ヴァラン、クリバリ、マノラスが伸びませんでした。 黒玉GK14名の最強ランキング 黒玉GK選手は、総勢14名です。 黒昇格した選手は、 ドンナルンマだけです。 金降格した選手は、以下の2人です。 ブッフォン• ナバス ブッフォンは残念ですが、まあしょうがない。 能力的にはまだまだやれてますけどね。 ナバスも全然がんばってるけど、ウイイレはナバスに厳しい感じがします。 それではレベマ(最大レベル)の総合値順に最強ランキングGKを見ていきましょう! 黒玉GK最強ランキング:レベマ総合値順(14名) 選手名 総合値(LV1) 最大レベマ レベマ総合値 アリソン 90 24 94 オブラク 90 25 94 テアシュテーゲン 89 25 94 エデルソン 89 26 94 デヘア 90 22 93 ノイアー 89 22 93 ドンナルンマ 85 47 93 ハンダノビッチ 87 21 92 クルトワ 87 27 92 シュチェスニー 86 25 91 ケパ 86 31 91 ピックフォード 85 32 91 ロリス 87 23 90 レーノ 86 27 90 GKは超接戦、というか同率で4人も1位がいますし、これは能力をみてみないとガチスカGKは決められなさそうですね。 その4人は、 アリソン、オブラク、テアシュテーゲン、エデルソン。 個人的には テアシュテーゲンか エデルソンです。 そして、ここには届きませんでしたが、同率5位でドンナルンマも伸びてきているので能力値次第では ドンナルンマも全然ありです! レベマ総合値最強ランキング(全ポジション)! ほぼ意味のないことですが、レベマ総合値だけでランキングしてみました! どうどうの第1位はやっぱりメッシ。 とうとう単独1位ですね。 ていうか、レベル高すぎ、95ですでに同率11位ですからね。 ここにFP選手が加わってくるとぶっ壊れそうだなウイイレアプリも。 順位 選手名 ポジション レベマ総合値(LV1) 1 メッシ RWG 98(94) 2 アグエロ CF 97(91) 2 ムバッペ CF 97(90) 2 クリロナ LWG 97(94) 2 ネイマール LWG 97(92) 6 スアレス CF 96(91) 6 アザール LWG 96(91) 6 ファンダイク CB 96(91) 6 レヴァンドフスキ CF 96(91) 6 デ・リフト CB 96(86) 11 ケイン CF 95(90) 11 サラー RWG 95(90) 11 デ・ブライネm OMF 95(90) 11 ピケ CB 95(90) 11 スターリング LWG 95(89) 11 マネ LWG 95(89) 11 ベルナルド・シウバ RWG 95(88) 11 ジェズス CF 95(85) まとめ 最後まで読んでいただきありがとうございます。 いやー、黒玉選手めっちゃ増えましたね。 今後は、ポジションやプレースタイルごとに能力値を比較した最強ランキングをやっていくのでよろしくお願いします。 これだけデータあると間違ってる可能性もあるので間違いがありましたらご連絡ください。

次の

【ウイイレ2020】マスターリーグで獲得をおすすめしたい若手選手まとめ|yasublog

ウイイレ 2020 ポジション 別 ランキング

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 ウイイレアプリ2020で「FP」と「レジェンド」として搭載されている選手をポジション別に、評価点の高い順にランキング化しました。 このページでは FP選手とレジェンド選手の中で「OMF」のポジションに本適性がついている選手のみをピックアップしてランキングしています。 評価点は各選手ごとにTwitterのアンケート機能で「選手評価アンケート」を実施しています。 アンケート結果を10点満点で計算した数値が「選手評価点」です。 選手評価基準 SS 上位3%の誰しもが欲しがる超神引き当たり選手 評価点:9. 99〜9. 50 S 即ガチスカ級の神引き当たり選手 評価点:9. 49〜9. 00 AA 使用感によってはガチスカ候補の良引き選手 評価点:8. 99〜8. 50 A 使用感とライブアプデによってはガチスカ候補に入る選手 評価点:8. 49〜8. 00 B 基本的には使わないがプレースタイルやスキルによっては使える可能性あり 評価点:7. 99〜7. 50 C 基本的には使わない選手 評価点:7. 49以下 【FP】ケヴィン デブライネ.

次の