アブ 写真。 ハエ図鑑:アブ図鑑・カ(蚊)図鑑

福光村昆虫記(アブ,ハエ)

アブ 写真

19 85年の野辺山45m電波望遠鏡と私。 若いよぉ。 私が、オフロードバイクに興味を持ったのは、多分社会人2年目のこと。 実はその頃、日本にスーパークロスがやって来たのです。 オートバイ屋さんで、そのスーパークロスのビデオを見せてもらいました。 ヤマハワークスライダー、リック・ジョンソンの走りには電気が走ったような衝撃を受けました。 すごすぎる。 その憧れのリック・ジョンソンを真似たウエアを着たアブ衛門です。 おほほ。 私はお父様方の味方。 ) 私は、友人のタチゲに誘われて、1985年に、長野県の野辺山にある「こっつぁんち」という民宿を訪れました。 それ以降、何度も何度も訪れ、所謂、常連客となりました。 そんなある日の話です。 でも同じ性の奴がもう一人いましてねぇ。 それで、呼び方に困った先輩が考えたんですよ。 うーん、こっちはノーマルだなぁ。 でも、こっちは普通ぢゃないぞぉ。 」 と、話していると、「アブノーマルなのは、あんたの方だよ。 」と他の常連客がいっせいに言うわけですよ。 で、それから、私は「アブ兄ちゃん」とか「アブちゃん」と呼ばれるようになったのですよ。 アブは危ないのアブ、アブノーマルのアブです。 やがて、年をとって貧相になったアブちゃんは、自らを「貧相アブ衛門」と名乗るようになったのです。 ああ、何というエピソード。 おしっこちびりそう。 (前述の通り、最近はドア衛門に変身しております。 ) さて、私の自己紹介をば。 私は、小学生の頃より科学に興味を持ち出しました。 初めは微生物に熱を上げておりました。 (主にプランクトン。 )暗いよー。 顕微鏡、猪木、否、命。 でも、チョー文系ジジイぢゃよーん!およよ。 何年か前に、衝動買いした(衝動買いが多すぎる)位相差顕微鏡で味塩の結晶を撮ってみましたけど、何か?(個人で位相差顕微鏡を持っている人なんてどれくらいいるのだろうか?完璧にアホぢゃ。 ) その後、中学に入ると、友人の影響で天文に興味を持ち始めました。 更に暗いよー。 「数式を使わない物理学入門」と言う本がその大きなきっかけとなりました。 中学二年の時に、理科部の中に新たに天文班を結成しました。 (一年生の時は半ば強制的に植物班に入れられていた。 )当然のことながら、金も機材もないまま、天体写真を撮り始めていました。 ちなみに、カメラ何ぞは友人を脅して借りていました。 「おい、カメラ貸さんかい。 貸さんかったら、屁ぇこくぞ。 死んでも知らんどー!」 高校生になると、念願の地学部天文班に入部することになります。 この時に、四中出身の「タチゲ氏」に出会うことになるのです。 この時代は、よく学校の屋上で徹夜で撮影をしておりました。 その後、高校一年の時に、鳥取県にある奥大山(おくだいせん)の鏡ヶ成(かがみがなる)でキャンプしたことで、山の星空にいっぺんで魅了されました。 こいつが、諸悪の根源だったのですかねぇ??? ヤマト天文同好会の旗は、タチゲとアブ衛門の意見が合わずに、なかなか決まりませんでした。 全体的には、タチゲのテントのイメージを採用しました。 大学に入ると、仲間はバラバラになってしまうのですが、すぐにOB会を結成。 それが、すぐにヤマト天文同好会と名前を変えることになりました。 「宇宙戦艦ヤマト」から名前をとったものです。 しかし、山に登る機会も多くなり、ある意味「山と天文」同好会とも言えました。 ちなみに、科学が好きだったのに、数学が出来ないため、その後ずっと文系の道をたどっています。 てなことで、趣味の天体写真と、登山を中心にホームページを作ってみましたが、それが何か?(北アルプス登山は2009年までです。 ジジイぢゃからのぉ。

次の

ハチとアブ

アブ 写真

生態 [ ] は、の4分の1ほどの小ささ(約3~5mm)で透明な羽を持ち、体は黒っぽく丸まったような形をしているものが多い。 天敵はなど。 では約60種ほどが生息しており、主に見られるアシマダラブユは全国各地に、キアシオオブユは、、に分布する。 春に羽化した成虫は交尾後、水中や水際に卵塊を産み付ける。 は約10日で孵化し、はの岩の表面や水草に吸着し、3~4週間で口から糸を吐きそのまま水中で蛹になり、約1週間ほどで羽化する。 成虫になると基本的に積雪時を除き一年中活動するが、特に春から夏(3月~9月)にかけて活発に活動する。 夏場は気温の低い朝夕に発生し、昼間はあまり活動しない。 ただし曇りや雨など湿気が高く日射や気温が低い時は時間に関係なく活動する。 また、黒や紺などの暗い色の衣服や雨合羽には寄ってくるが、黄色やオレンジなどの明るい色の衣服や雨合羽には比較的寄ってこない。 似た昆虫として、顔の周りを飛び回り、目の中に飛び込んでくるハエ目の等が挙げられるが、これらは吸血しない。 上記のようにブユの幼虫は渓流で生活しているため、成虫は渓流の近くや山中、そうした自然環境に近いなどで多く見られる。 また、幼虫は清冽な水質のとなるほどに弱いため、などではほとんど見られない。 ブユの害 [ ] やと同じくメスだけが吸血するが、それらと違い吸血の際はを噛み切り吸血するので、中心に赤い出血点や流血、水ぶくれが現れる。 その際に唾液腺からを注入するため、吸血直後はそれ程かゆみは感じなくても、翌日以降に(アレルギー等、体質に大きく関係するが)患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しいや、の症状が1~2週間程現れる(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。 体質や咬まれた部位により腫れが1ヵ月以上ひかないこともままあり、慢性痒疹の状態になってしまうと完治まで数年に及ぶことすらある。 多く吸血されるなどした場合はやを併発したりなどで重篤状態に陥ることもある。 予防に関しては、一般的なカ用の虫除けスプレー等は効果が薄いので、ブユ専用のものを使うことが有効である(の水溶液でもよい)。 また長袖や長ズボン、手甲や脚絆などを身につけ、素肌を露出させないことも重要である。 吸血された場合は傷口から毒を抜いてステロイド系の薬()を塗る。 また、掻くと腫れが一向に引かなくなり(結節性痒疹)、治ったあともシミとして残るので、決して傷口を触らないことである。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

アメリカミズアブの対策

アブ 写真

生態 [ ] は、の4分の1ほどの小ささ(約3~5mm)で透明な羽を持ち、体は黒っぽく丸まったような形をしているものが多い。 天敵はなど。 では約60種ほどが生息しており、主に見られるアシマダラブユは全国各地に、キアシオオブユは、、に分布する。 春に羽化した成虫は交尾後、水中や水際に卵塊を産み付ける。 は約10日で孵化し、はの岩の表面や水草に吸着し、3~4週間で口から糸を吐きそのまま水中で蛹になり、約1週間ほどで羽化する。 成虫になると基本的に積雪時を除き一年中活動するが、特に春から夏(3月~9月)にかけて活発に活動する。 夏場は気温の低い朝夕に発生し、昼間はあまり活動しない。 ただし曇りや雨など湿気が高く日射や気温が低い時は時間に関係なく活動する。 また、黒や紺などの暗い色の衣服や雨合羽には寄ってくるが、黄色やオレンジなどの明るい色の衣服や雨合羽には比較的寄ってこない。 似た昆虫として、顔の周りを飛び回り、目の中に飛び込んでくるハエ目の等が挙げられるが、これらは吸血しない。 上記のようにブユの幼虫は渓流で生活しているため、成虫は渓流の近くや山中、そうした自然環境に近いなどで多く見られる。 また、幼虫は清冽な水質のとなるほどに弱いため、などではほとんど見られない。 ブユの害 [ ] やと同じくメスだけが吸血するが、それらと違い吸血の際はを噛み切り吸血するので、中心に赤い出血点や流血、水ぶくれが現れる。 その際に唾液腺からを注入するため、吸血直後はそれ程かゆみは感じなくても、翌日以降に(アレルギー等、体質に大きく関係するが)患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しいや、の症状が1~2週間程現れる(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。 体質や咬まれた部位により腫れが1ヵ月以上ひかないこともままあり、慢性痒疹の状態になってしまうと完治まで数年に及ぶことすらある。 多く吸血されるなどした場合はやを併発したりなどで重篤状態に陥ることもある。 予防に関しては、一般的なカ用の虫除けスプレー等は効果が薄いので、ブユ専用のものを使うことが有効である(の水溶液でもよい)。 また長袖や長ズボン、手甲や脚絆などを身につけ、素肌を露出させないことも重要である。 吸血された場合は傷口から毒を抜いてステロイド系の薬()を塗る。 また、掻くと腫れが一向に引かなくなり(結節性痒疹)、治ったあともシミとして残るので、決して傷口を触らないことである。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の