どうしん。 同心(どうしん)とは

『津市/プラザ洞津(どうしん) ラ・ルミエール』by もーりん2 : プラザ洞津

どうしん

鎌倉時代には加勢を意味した。 室町時代には与力 よりき とともに諸大名家に付属した武士をいったが、戦国時代になると一般化し、侍大将・足軽大将らの率いる諸隊に付属した軽格の武士をさすようになった。 江戸幕府では、大番頭 おおばんがしら 、書院番頭、百人組頭、先手 さきて 頭、船手頭、京都所司代 しょしだい 、留守居 るすい 、町奉行 まちぶぎょう 、作事 さくじ 奉行、また遠国 おんごく 奉行などをはじめとする番方 ばんがた ・役方の諸職の支配に属し、馬上格の与力の指揮を受けた。 徒歩 かち の格で、30俵二人扶持 ぶち 高を基準とし、抱席 かかえせき あるいは譜代 ふだい 席であった。 なかでも有名なのは、江戸・大坂などの町奉行配下の町同心である。 1745年(延享2)江戸の南北両町奉行所には合計240人がいた。 その分掌は多岐にわたり、与力の指揮下に勤務するものに、年番方 ねんばんがた 、牢屋見廻 ろうやみまわ り、吟味方 ぎんみかた 、町火消人足改 あらため 、町会所掛 がかり 、古銅吹所 こどうふきしょ 見廻り、市中取締諸色調 しょしきしらべ 掛、非常取締掛、人足寄場定 にんそくよせばじょう 掛、当番方、また奉行の直接の指揮下に勤務し、同心独自の役目とするものに、探索を務める隠密 おんみつ 廻り、町々を見廻り異変を取り調べ、法令に違反した者、挙動不審の者を取り押さえる定 じょう 廻り、臨時に各方面に出掛ける臨時廻りがあった。 隠密廻り、定廻り、臨時廻りの三役は、総称して廻り方・三 さん 廻りなどといった。 御目見 おめみえ 以下、羽織袴 はおりはかま 役、30俵二人扶持高の軽輩であったが、100坪余の屋敷地のうち表地面を町人に貸与して収入があり、また諸家に出入りし便宜を図って謝礼を得、ことに年番方、吟味方、廻り方など重要な役目についた者には、大名、旗本、富商からの付け届けが多額に上り、生活はきわめて楽なものであったという。 京橋八丁堀(東京都中央区)の組屋敷に住み、頭髪を俗に八丁堀銀杏 いちょう といわれる形に結い、服装は平素黒紋付の羽織で袴 はかま をつけずに着流しにし、八丁堀の旦那 だんな 衆とよばれた。 身分は一代限りの抱席であったが、現実には父子相継いで採用されたため、譜代席と同様であった。 しかし、他の役職に転出することもなく、与力に昇格する機会もきわめてまれなことであった。 [北原章男] …幕府開設後の1607年 慶長12 大御所家康の膝下駿府にまた3組が編成され,その後32年 寛永9 にさらに3組が取り立てられてつごう12組となり,以後これが定数となった。 各組は大番頭1人 老中支配,菊間詰,諸大夫 ,大番組頭4人 頭支配,躑躅間詰,御目見以上 ,大番士50人 頭支配,御目見以上 ,与力10人 御目見以下,役上下,御抱場 ,同心20人 御目見以下,御抱場 で編成された。 1723年 享保8 の制では,大番頭は役高5000石,大番組頭は600石,大番士は200石,与力は現米80石,同心は30俵二人扶持であり,役料は支給されず,そのかわりに在番中はそれぞれに役高の1倍の合力米が与えられた ただし,1万石以上のものが大番頭になったときには1万石を支給する。 … 【町奉行】より …1795年 寛政7 より1811年 文化8 までの北町奉行所の1ヵ年支出平均は1991両余である。 両町奉行配下の 200石,50騎 , 30俵2人扶持,200人のち280人 はそれぞれ職務を分担し,18世紀以降は仕事が細分化したため,1人でいくつもの役掛を兼任した。 例えば天保改革期のおもな役掛は年番,本所見廻,牢屋見廻,養生所見廻,火事場人足改,高積見廻,風烈廻,昼夜廻,吟味方,赦帳撰要方,例繰方,定橋掛,町会所掛,猿屋町会所見廻,古銅吹所見廻,市中取締掛などのほか,北町奉行所には米蔵酒宿掛,酒造調掛,町入用減少掛,十組跡調掛,南町奉行所には御肴掛,市中沽券同人別掛,諸書物編集掛などがあった。

次の

「どうしん川柳チャレンジ」実施中!

どうしん

昨年の9月に1度行って以来の2回目。 あの時の1000円メニューは、エビフライのタルタルソースしかなかった。 仕方なく1500円のステーキランチを頼んだ。 おいしかったのでまぁ良かったのだが。 今回は1000円の和風ハンバーグランチ。 半年前と違って、1000円ランチが4種類あった。 他にはミックスグリルのデミグラスソース、ピカタ、エビフライの3種類。 相方はエビフライにした。 ハンバーグはまぁまぁイケる。 キノコソースなのでそこは好みが分かれるかも。 サラダにあおさ?のスープ、ライスにホットコーヒーがつく。 全体的な量は多く、少食の人には向かない。 そうでない人はコストパフォーマンスは結構良い。 とはいえ、ランチの1000円は決して安くない。 ちょっとリッチに行きたい人向け。 津新町駅周辺という立地ながら、そこそこ広い駐車場がある。 これは地味に有りがたい。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 プラザ洞津 関連ランキング:旅館 津新町駅.

次の

与力(よりき)/同心(どうしん)

どうしん

徳島市福島にある酒蔵、勢玉酒造。 オーナーは勢さん、地元の名士である。 国の有形登録文化財指定の築120年余りの酒蔵を改装している。 釘を使わない合掌造りで建てられており、酒蔵だけに昔からの趣きがあります。 蕎麦は有名な栃木県足利市の一茶庵本店からの流れを汲み、一茶庵といえば、九段一茶庵や目黒一茶庵など蕎麦では有名店もあります。 また一茶庵の流れを汲む神戸市の堂賀で修行しています。 国産蕎麦の実を石臼で挽かれた蕎麦はわさびを少しつけたら、ダシに半分くらい浸し食べると良いと思う。 地元名士のグルメな勢さんだけに、蕎麦においては徳島県内では蕎麦もダシもきちんとしていて、それなりにいい店ではないかと感じる。 お昼はセットで天丼やじゃこ飯、酒粕汁と珈琲のセットで920円がよくオーダーされている。 ただしセットの蕎麦は単品の蕎麦より量は少ない。 酒粕汁は根菜な鮭が入った酒粕汁のコクと香りを楽しんでいただきたい。 自家製ぬか漬けも宜しいと思う。 昼休みは女性客などが中心にいつも満席である。 このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 堂眞 関連ランキング:そば(蕎麦) 阿波富田駅、徳島駅.

次の