フレッツ プロバイダ 変更。 フレッツ光のプロバイダ変更時の注意点

プロバイダ乗り換え(変更)キャンペーン

フレッツ プロバイダ 変更

なぜなら、次のプロバイダに申し込むときにどのエリアでどのプランだったのか間違えないためです。 なので契約書で調べるかNTTに電話して確認しましょう。 次に 新たに契約するプロバイダの申込手続きをましょう。 電話や公式サイト等から手続きが可能です。 そして 新しいプロバイダの接続設定をに移ります。 契約書などが送られてきたら確認します。 接続IDやパスワードが記載されているので、それを共に接続設定をします。 設定に関してはをご参照ください。 新しいプロバイダでの接続が完了したら、 旧プロバイダの契約を解除しましょう。 プロバイダの会員ページから手続きをするか、コールセンターに電話連絡をして解除します。 フレッツ光のプロバイダ変更はメリットがない 実は現在、 フレッツ光のプロバイダだけ変更してもメリットはほとんどありません。 というのも今は初期費用をあまり掛けずに更にお得になる光回線に移行(転用と言います)が出来るからです。 フレッツ光のプロバイダを変更する際は、以下の光回線を利用することをおすすめします。 スマホセット割が使える光回線に移行しよう 光回線の中には、 スマホとセット割で料金が安くなるプロバイダがあります。 例えばドコモ光はドコモのスマホを持っていれば「セット割」が利用でき、スマホのプランによって変わりますが1台あたり最大 月1,000円の割引が適用されます。 その他にもスマホセット割が使える光回線はいくつかあります。 ドコモ:• ソフトバンク:• au: 3大キャリアのスマホ(携帯電話)を使っている場合は上記の光コラボを選ぶとお得になるのでオススメです。 転用は初期工事費も掛かりませんし、月額基本料金もフレッツ光と同程度かやや安くなるので、スマホとセットで割引が適用される光コラボへ移行すると大幅に月額料金を安く出来るので非常にお勧めです。 回線名称 月額料金 (マンション) 割引特典 5,200円 (4,000円) ドコモとセットで割引 5,200円 (3,800円) ソフトバンクとセットで割引 3,980円 (2,980円) auとセットで割引 フレッツ光から移行する際のおすすめ光回線 上述した通り現在フレッツ光からプロバイダのみを変更するメリットはほとんどありません。 プロバイダ各社は現在自社回線サービスを提供しているのでプロバイダのみの変更が出来ないケースも多いです。 なのでフレッツ光からプロバイダを変更する際は回線の移行を検討しましょう。 オススメは以下の3社。 今利用しているスマホ(携帯)に合わせて移行することをおすすめします。 いずれも フレッツ光を利用していれば工事不要で移行することが可能です。 例えばauひかりやソフトバンク光などは初期工事費が無料になり、旧回線から発生する違約金などの還元も行っています。 乗り換える際におすすめの光回線、申込み特典は下記ページにまとめています。 プロバイダを変更、転用するときの注意点 プロバイダを変更したり、ドコモ光やソフトバンク光などに移行するときには注意しておかなくてはならないポイントが複数あります。 注意点を知ることで、損をすることなくプロバイダを変更できるのでチェックしておきましょう。 旧プロバイダのサービスが使用できなくなる プロバイダを新しいものに変更すると、 これまで使っていた旧プロバイダのサービスは利用できなくなってしまいます。 プロバイダにはメールサービス、セキュリティソフトが無料で使えるサービスなどがオプションでついていることがあります。 プロバイダが提供してくれていたメールアドレスを使用していた方は、乗り換えをする前にGmailなどの無料のメールサービスでアドレスを取得しておき、サイトに登録しているアドレスを変更するといった手続きを行っておきましょう。 プロバイダの違約金に注意 プロバイダの解約は場合によっては違約金が発生することがあります。

次の

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えるのにデメリットはあるの?

フレッツ プロバイダ 変更

月々のネット代を安くするためにプロバイダを変更しようと思っていても、方法や手順がわからなくず、なかなか変更ができないという人は多いのではないでしょうか? 確かに、プロバイダを契約するときは、申し込み手続きから接続設定までが必要になり、想像すると気が遠くなりますよね。 しかし、プロバイダを変更する方法や手順は、• プロバイダの申し込みと解約• インターネットの接続設定の変更 この2つに分けるて覚えてると、意外と簡単に行うことができます。 ここでは、この2つにポイントを分けて、プロバイダを変更するときの方法と手順を解説します。 プロバイダの変更をしようと思っている人は、参考にしてくださいね。 プロバイダの変更・切り替えの手順 プロバイダの変更は、申し込みの手続きをしないことには始まりません。 まず最初に、契約するプロバイダを変更する手続きの流れを知りましょう。 手順その1. 新しいプロバイダを契約する インターネット回線やプロバイダを変更するときは、新しいプロバイダを申し込む前に、今使っているプロバイダを解約しなければいけないと思いがちです。 しかし、 この認識には大きな誤りがあります。 プロバイダを変更するときは、新しいプロバイダの契約が完了してから、今まで使っていたプロバイダを解約するというのが正しい流れです。 新しいプロバイダの契約する前に今使っているプロバイダを解約すると、新しいプロバイダの契約が完了するまでインターネットが使えなくなってしまうからです。 なので プロバイダを変更するときは、最初に新しいプロバイダへ申し込みをするようにしてください。 プロバイダの申し込みは、ホームページか電話の窓口から行うことができます。 プロバイダを何にするか決まっていない方は、「」の記事を参考にして決めるといいですよ。 手順その2. プロバイダから発行されたIDとパスワードを使って接続設定をする 新しいプロバイダの申し込み手続きが完了すると、変更先のプロバイダからインターネットに接続するためのIDとパスワードが発行されます。 IDとパスワードが発行されれば、新しいプロバイダでインターネットを利用するための接続設定を行います。 接続設定を行えば、新しいプロバイダの契約は完了。 IDとパスワードが発行されるパターンは、• オンラインページで申し込みが完了したときに表示される• プロバイダからIDとパスワードを記載した書類が送付される この2つがあります。 (後日、IDとパスワードが記載された書類も送付されます。 手順その3. 今まで使っていたプロバイダを解約する 新しいプロバイダの契約が完了すれば、最後に今まで使っていたプロバイダを解約します。 解約の手続きを行う方法は、• プロバイダの電話窓口に連絡して申請する• プロバイダの会員用ページから申請する この2つがあります。 なので プロバイダの解約は、会員用ページで行うことが基本と思っておきましょう。 プロバイダの会員用ページから解約をする場合は、ログインするためのIDとパスワードが必要です。 ここで入力するIDとパスワードは、契約したときにプロバイダから発行されたものになります。 IDとパスワードがわからないときは、契約したときに送付された書類を見てみるといいでしょう。 プロバイダの変更・切り替えをするときの設定 プロバイダを変更するときは、インターネットに接続している設定も変更しなければいけません。 プロバイダを変更するときの接続設定はパソコンで行うことが基本となっていて、• フレッツ光の設定ツールを利用する• パソコンのコントロールパネルで設定する このどちらかの方法で行います。 それぞれの方法で設定する流れを見てましょう。 まず、パソコンをインターネットに接続した状態にしてください。 手順その1. ブラウザでフレッツ光の設定ツールにアクセスする インターネットに接続して状態で、 ブラウザのURL欄に「192. 168. 1」と入力してください。 この数字を入力すると、フレッツ光のプロバイダ設定が行えるページにアクセスできます。 手順その2. ツールの指示に従ってIDとパスワードを入力する ブラウザで 「192. 168. 1」のページにアクセスすると、下記の画面が表示されて、ユーザー名とパスワードの入力を求められます。 ここで入力するのは、プロバイダから発行されたIDとパスワードではありません。 ユーザー名には「root」と入力し、パスワードの欄は空白のままにすれば、ページにアクセスすることができます。 ただ、 ここにあるパスワードは任意で設定することができ、今まで使っていたプロバイダの接続設定を行っていると空白ではアクセスできなくなります。 もし空白のままでアクセスできない場合は、思い当たるパスワードを入力してみましょう。 もしパスワードがわからないのであれば、NTTの窓口に連絡してください。 設定ツールへのアクセスが完了すると、写真のような「設定ウィザード」の画面が表示されます。 ここで、「接続先ユーザー名」と「接続パスワード」にプロバイダから発行されたIDとパスワードを入力すれば設定は完了です。 なお、「接続先名」は自分の好きな名前で構いません。 手順その3. 登録されている変更前のプロバイダ設定を削除する 新しいプロバイダの接続設定が完了すれば、今まで使っていたプロバイダの設定情報は解約するので必要ありません。 なので 変更前のプロバイダの設定情報を削除しておきましょう。 プロバイダ設定の削除は、同じ設定ウィザードで簡単に行えます。 Windows10の場合をもとに、基本的な設定の流れを見てみましょう。 手順その1. 設定メニューを開く まず最初に、「Windows」のマークをクリックして、写真にある設定ボタンをクリックしてください。 (キーボードのWinボタンからでも可能です) そうすると「Windowsの設定」のメニュー画面が表示されるので、「ネットワークとインターネット」をクリックしてください。 手順その2. ダイヤルアップメニューから設定を行う 「ネットワークとインターネット」のメニュー画面が表示されれば、左側にある「ダイヤルアップ」をクリックして、「新しい接続を設定する」をクリックしてください。 新しいウィンドウが表示されるので、ここで表示されている「インターネットに接続します」をクリックしましょう。 インターネットに接続している状態だと、「すでにインターネットに接続しています」と表示されますが、「新しい接続をセットアップします」とクリックしてください。 そうすると、「ユーザー名」と「パスワード」、そして「接続名」が入力できるウィンドウが表示されます。 新しいプロバイダから発行されたIDを「ユーザー名」に、パスワードを「パスワード」に入力してください。 「接続先名」は、好きな名前を入力して構いません。 全ての項目を入力して「接続」をクリックすると、新しいプロバイダの設定は完了です。 手順その4. 今まで使っていたプロバイダの設定を削除する 新しいプロバイダの設定が完了すれば、これから解約するプロバイダの設定を削除しましょう。 先ほど設定で利用したダイヤルアップメニューには、登録されているプロバイダの設定が表示されています。 必要のない接続先名をクリックすれば、この写真のようなメニューが表示されます。 ここにある「削除」をクリックすれば、必要のないプロバイダ情報は削除することができます。 プロバイダを変更・切り替えをしたときのWi-Fiルーター設定 もしWi-Fiを利用するためにWi-Fiルーターを使っているのであれば、Wi-Fiルーターの設定ツールで接続設定をすることができます。 Wi-Fiルーターでの設定は機種によって方法が若干異なりますが、基本的な流れは同じなので、BuffaloのWi-Fiルーターを利用している場合をもとに設定の手順を覚えましょう。 手順その1. Wi-Fiルーターの設定ツールを起動する Wi-Fiルーターの設定ツールは• ウェブブラウザで利用するもの• パソコンにインストールするもの• スマホで設定ができるアプリ の3種類がありますが、Wi-Fiルーターの機種やメーカーによって設定ツールを利用する方法はさまざまです。 なので、家にあるWi-Fiルーターで利用できる設定ツールの種類を、メーカーに確認しておく必要があります。 ただ、 設定ツールがどの種類であったとしても、スマホやパソコンなどのデバイスをWi-Fiルーターに接続しなければ設定が行えません。 利用できる設定ツールの種類がわかれば、Wi-Fiルーターに接続しているデバイスで設定ツールを起動させましょう。 手順その2. Wi-Fiルーターの設定ツールに沿って接続設定を行う ここでは、Buffaloの設定ツールを利用した場合をもとに解説します。 Wi-Fiルーターで行うインターネット設定には、• PPPoE認証接続設定• IPアドレス自動取得接続設定• IPアドレス固定接続設定 この3種類があります。 光回線で利用するプロバイダの設定を行う場合は、「PPPoE認証接続設定」を行うので、メニューある「PPPoE」を選んでください。 そうすると、ページの下部に利用している接続先のリストが表示されます。 接続先リストの下にある「接続先の編集」を押してみましょう。 そうすると、「接続先ユーザー名」と「接続先パスワード」、「接続先名称」の3つを入力する画面が表示されます。 プロバイダから発行されたIDを「接続先ユーザー名」に、パスワードを「接続先パスワード」に入力してください。 「接続先名称」は、どのような名前を付けてもOKです。 入力が完了すれば、「新規追加」を押してください。 そうすると、接続先リストに、新しいプロバイダによる接続先が表示されます。 新しいプロバイダによる接続先が表示されれば接続を行い、 今まで使っていたプロバイダによるプロバイダは削除してください。 なお、機種によっては、今まで使っていたプロバイダによる接続先を削除しなければ設定が行えない場合があります。 まとめ プロバイダの申し込みと解約の手続きは、「事務的な申し込み手続き」と「接続設定」に分けると覚えやすくなり、思ったよりも簡単に行うことができます。 ただ、 新しいプロバイダを契約する前に、今まで使っていたプロバイダを解約すると、インターネットが使えない期間ができてしまうので注意してください。 Wi-Fiルーターは、機種やメーカーによって設定ツールの種類が違います。 なのでプロバイダを変更する前にWi-Fiルーターでの接続設定ツールを確認しておきましょう。 他にもプロバイダについては以下の記事がございます。 興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

次の

ドコモ光のプロバイダ変更を解説【2020年版】タイミングやフレッツ光の場合を紹介

フレッツ プロバイダ 変更

フレッツ光のプロバイダの役割 フレッツ光を契約しているのに、なぜプロバイダにも契約しなければならないのでしょうか?NTT東日本の公式サイトに解りやすい図が掲載されていましたのでそれを元に説明します。 インターネットを利用したい場合はプロバイダまで接続する回線が必要です。 それがNTT東日本とNTT西日本が提供する光ファイバー回線サービス「フレッツ光」なのです。 フレッツ光=プロバイダまで接続する回線• プロバイダ=インターネットに接続する事業者 代表的なプロバイダとは ASAHIネット、 nifty、OCN、ODN、SANNET、とくとくBB、So-net、Toppa! 、DTI、hi-ho、BB. excite、BIGLOBE、ぷらら、Yahoo! BB、楽天ブロードバンド 上記の代表的なプロバイダ以外にも日本にあるプロバイダ事業者は大小合わせると100社を超えます。 現在、どのプロバイダと契約しているのかご存知でしょうか? プロバイダに乗り換える前に契約書や毎月の請求書などから、契約しているプロバイダを把握しておきましょう。 フレッツ光のプロバイダは乗り換えられる フレッツ光を契約した際には、プロバイダにも同時に契約しているはずなのですが、よく解らずに契約した人もいるのではないでしょうか。 家電量販店や代理店のおすすめするプロバイダを言われるがまま契約している人が多いようです。 その為にフレッツ光に契約している認識はあっても プロバイダと契約した認識がない人が大半なのです。 しかし、フレッツ光の光ファイバー回線はそのままに、 あなたが 好きなプロバイダの業者へ乗り換え変更することができます。 例えば現在のプロバイダがOCNだった場合、OCNからYahoo! BBへ変更することだって可能なのです。 なぜプロバイダを乗り換えるのか フレッツ光を利用している人がプロバイダだけを乗り換え変更する人も増えているようです。 なぜ、皆さんがプロバイダを乗り換えているのかの理由を一部ご紹介します。 速度が遅い プロバイダは直接インターネットに接続する業者なので、プロバイダによって速度が遅く感じる場合があります。 速度が不満でプロバイダを乗り換えようと考える人が多いようです。 ただ、ご利用の地域やご利用時間、自宅の無線LAN環境によっても速度が変わりますので、プロバイダだけが原因の理由ではない場合もあります。 月額料金の見直し フレッツ光の回線利用料をNTTに支払っていますが、プロバイダにも接続料を毎月支払っています。 プロバイダ各社によって月額料金が違います。 プロバイダの月額料金の高さに不満を持つ人も多いようです。 高いところでは月額1,200円、安いところでは月額500円と様々です。 対応の悪さ プロバイダの業者によって当然対応が違います。 質問したのに返答が遅い場合や問い合わせ電話番号の記載が見当たらない場合、電話してもオペレーターになかなか繋がらない場合など 対応の不満からプロバイダを乗り換えようという人もいるようです。 今なら高額キャッシュバック中!!! フレッツ光のプロバイダ乗り換えには工事が必要? プロバイダ乗り換えは工事不要 最初にフレッツ光を自宅に引き込む工事を業者の人が自宅へ訪問しませんでしたか?プロバイダを乗り換える際も工事の日時やまた業者の人が訪問するのがイヤで足踏みして乗り換えを断念する人が多いようですが、 プロバイダの乗り換えの際は 工事は必要ありません。 既にフレッツ光の回線はご自宅に来ているので工事は不要で、 簡単な設定だけでプロバイダを変更することができます。 乗り換える際の注意点や確認事項 プロバイダを他社へ乗り換える際に注意したい点としては、契約内容やメールアドレスが変更になる2つです。 当然、現在のプロバイダとは違う事業者と契約するのですから契約内容が異なります。 特にプロバイダの 月額料金は現在の場合と変更した場合をよく比較しておきましょう。 また、現在利用しているプロバイダでは無料で1つメールアドレスが利用できるようになっていると思います。 jpのようにプロバイダによってメールアドレスが違いますが プロバイダを乗り換えると今まで利用してきたメールアドレスが利用できなくなります。 乗り換え手続き方法は簡単 各社ともインターネットから24時間簡単に乗り換え申し込みが可能です。 手続き方法はとても簡単で乗り換えようと思っているプロバイダのホームページへアクセスして申し込むだけです。 乗り換えが完了すると書類などに記載の通りに利用中の パソコンやモデム、ルーターの設定を自分で行うだけです。 不明点あれば各社 プロバイダへ連絡すれば対応してれます。 おすすめのプロバイダ それでは3社程おすすめのプロバイダをご紹介したいと思います。 現在ご利用中のプロバイダ料金よりも安くなるはずです。 楽天ブロードバンド 大手ショッピングサイト楽天市場の子会社である楽天コミュニケーションズが提供しているプロバイダが楽天ブロードバンドです。 月額プロバイダ料金が 500円と格安なほか、 楽天市場で利用できる 100ポイントが毎月貯まる特典があります。 とくとくBB GMOインターネットが運営しているプロバイダ「とくとくBB」です。 月額料金は乗り換え特典として 2年間は 490円とかなり格安で利用できます。 特典としては 毎月100ポイントが貯まり、溜まったポイントは1ポイント=1円でプロバイダの支払いに利用できます。 excite 大手プロバイダで有名なエキサイトが運営するプロバイダです。 月額料金も500円と格安で利用することができます。 キャンペーン期間中などに乗り換えを申し込むと6ヶ月間の月額料金が300円になったりしますので要チェックです。 フレッツ光から光コラボへ乗り換え(転用)が安い場合もあり フレッツ光の回線をそのまま利用してプロバイダを乗り換える方法もありますが、 光コラボレーションの方が 月額料金が安くなる場合があります。 光コラボレーションとは フレッツ光の回線とプロバイダをセットにして契約を1つにまとめることができます。 最近では携帯電話事業者のドコモが「 ドコモ光」、ソフトバンクが「 ソフトバンク光」を提供していますが、それがまさしく光コラボレーションです。 乗り換えるよりもソフトバンク光!? 光コラボレーションに乗り換え(転用)しても光ファイバー回線は フレッツ光を利用するため 工事をする必要はなく、回線とプロバイダをセットにするので 月額料金も割引されていることが多くあります。 また、上記で説明した「ドコモ光」や「ソフトバンク光」などの携帯電話事業者の光コラボレーションなら 毎月のスマホ代も 割引される特典があります。 フレッツ光からドコモ光へ乗り換え フレッツ光の光ファイバー回線をそのまま利用して乗り換え(転用)出来る人気の光コラボレーションの1つが「ドコモ光」です。 ドコモ光はNTT docomoが提供しているインターネット接続サービスです。 スマートフォンや携帯電話がドコモの人は、自宅の固定回線もドコモ光にすると、 毎月のスマホ代や携帯代が割引になるセット割が適用できるのでおすすめです。 ソフトバンクのスマホを利用中なら フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えよう フレッツ光からauひかりへ乗り換え ドコモ光やソフトバンク光のように、携帯電話事業者が提供するインターネット接続サービスにKDDIが提供するauひかりというサービスもあります。 auひかりは光コラボレーションではありませんので、 転用のような簡単な手続きで乗り換えることが出来ません。 しかし、スマートフォンがauを利用しているのであれば、思い切ってフレッツ光を解約してauひかりへ乗り換える方法もおすすめです。 スマートフォンと固定回線のどちらもauにすれば「auスマートバリュー」と呼ばれるセット割引が適用されますので、 毎月のスマホ代が割引になりますよ!.

次の