ソフトバンク光 名義変更。 【ソフトバンク光の支払方法ガイド】変更・登録・問い合わせ先を全解説!

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えます。その際楽天か...

ソフトバンク光 名義変更

目 次• 1MNP予約番号を取得する前に名義変更する方法 よくあるケースとして、今までは親名義で携帯電話を利用していたけど、自立したので自分名義にしたいというもの。 先程も触れた通り、MNP前後の契約者名義は同一が原則になっているので、名義変更する必要があります。 そこで、MNP予約番号を取得する前に名義変更していれば、何の問題もなくなりますよね。 ドコモの名義変更手続き方法 ドコモでは、来店できるケースによって必要なものが異なりますが、 基本は名義を譲渡する側(親)と譲渡される側(自分)の2人で来店する必要があります。 譲渡される側(自分)の本人確認書類(原本)• 譲渡する側(親)の本人確認書類(原本)• 譲渡する側(親)の本人確認書類(原本)• 譲渡される側(自分)の本人確認書類(原本)• 譲渡される側(自分)からの委任状• 譲渡される側(自分)の本人確認書類(原本)• 譲渡する側(親)の本人確認書類(コピー可)• 譲渡する側(親)からの委任状• 子供の毎月の支払い手続きに必要なもの (クレジットカード、キャッシュカードor預金通帳・お届け印) auの名義変更手続き方法 auでも、 譲渡する側(親)と、譲渡される側(自分)の2名で来店して名義変更手続きをする必要があります。 auショップ、もしくはPiPit(トヨタ自動車販売店の中にあるauショップ)で手続可能。 また、譲渡する側(親)が来店できない場合は、譲渡する側(親)からの委任状と、本人確認書類(コピー可)を譲渡される側(自分)が用意して来店すれば手続きできます。 本人確認書類(原本)• 譲渡される側(自分)の毎月の支払い手続きに必要なもの (クレジットカード、キャッシュカードor預金通帳・お届け印)• 譲渡する側(親)からの委任状(来店できない場合)• 譲渡する側(親)の本人確認書類(来店できない場合、コピー可) ソフトバンク ソフトバンクも同様に、 譲渡する側(親)と譲渡される側(自分)の2人で来店して名義変更手続きをする必要があります。 また、譲渡する側(親)が来店できない場合は、譲渡する側(親)からの委任状と、本人確認書類(コピー可)を譲渡される側(自分)が用意して来店すれば手続きできます。 ソフトバンクでも本人確認書類は必要となり、ここまでの説明のものと一緒です。 印鑑(サインでも可)• 印鑑(サインでも可)• 本人確認書類(原本)• 毎月の支払い手続きに必要なもの (クレジットカード、キャッシュカードor預金通帳・お届け印)• 譲渡する側(親)からの委任状(来店できない場合)• 譲渡する側(親)の本人確認書類(来店できない場合、コピー可) 以上のように、基本は譲渡する側(親)と譲渡される側(自分)が二人で来店する必要はありますが、親が来店できないときは、委任状を用意すれば、自分一人で移転先のキャリアで手続きができます。 その委任状は、各キャリアの公式ホームページからダウンロードできるので、印刷して自筆での記入が必要になります。 2名義変更しながら移転先でMNP契約する方法 今から説明する方法を行う条件として、移転元の契約名義の「ご家族」であること。 移転先キャリアで名義変更しながらMNP契約するには、まず、移転元のキャリアで契約名義はそのままでMNP予約番号を取得します。 MNP予約番号が取得できたら、こちらも移転元の契約名義の方(親)と、移転先の契約者(自分)の方の2人で移転先のショップに来店して手続きを行う必要があります。 ただし、別々の場所に居住していて、移転元の契約名義の方(親)が一緒に来店できないときは、「委任状」があれば自分一人でも手続きはできます。 実際に移転先のキャリアでMNP契約するとき以下のものが必要。 MNP予約番号(有効期限内(15日間)のもの)• 新規契約者(自分)の本人確認書類(原本)• 移転前の契約名義の方(親)の本人確認書類(来店できない場合:コピー可)• 異苗字、異住所の場合は、家族であることが証明できる書類(戸籍謄本などのコピー)• 移転前の契約名義の方(親)の委任状(移転前契約者(親)が来店できない場合)• 以上の流れで手続きを行えば、親名義の携帯電話が移転先キャリアで自分名義のMNP契約ができます。 3まとめ 携帯乗り換え(MNP)では 契約名義は統一が原則なので、現在の契約で自分の名義でない方は、名義変更が必要になります。 MNP予約番号を取得する前に名義変更するか、または移転先のキャリアで名義変更しながらMNPするかの2通りの手続き方法があります。 ご紹介した通り、手続き方法はほとんど同じなのでMNPの前にするか後にするか、どちらかしやすい方で手続きを行いましょう。

次の

ソフトバンク光の2回線目を契約。キャッシュバックや複数回線の割引特典は?

ソフトバンク光 名義変更

ソフトバンク光は名義変更できない まず重要な大前提です。 ソフトバンク光は名義変更ができません。 何で?本人が変えたいって言ってんのに?とは思いますが、システム上無理だと言われます。 ちなみに行く前に「ソフトバンク光 名義変更」で検索したらが出てきたので普通にできるもんだと思って行ったのですが、これはモバイル、つまり携帯電話の契約の話で、ネット回線の場合はどうあがいても無理なんです、とのことでした。 他社のドコモ光やauひかりなんかでは家族間であればできます。 ソフトバンク光では 家族間で同一世帯に住んでてもできません。 なんで?じゃあ不謹慎な話名義人が亡くなったらどうすんるんでしょうね? ちなみに 連絡用の電話番号と支払先は別人でもできます。 義父はガラケーでメールの使い方もわからないため、契約メッセージの受信やサポートとの電話、支払いなんかは僕がやってました。 ここまでできて名義だけ変えられないってなぜ?謎です。 じゃあ名義変更するにはどうすればいいの? しかしそれでも名義変更できないと困る。 そこで唯一の手段として提案された方法が、 今の回線を1度解約して新たに自分名義で契約し直すということ。 うわめんどくさ。 キャッシュバック目当てに回線を乗り継ぎ回るという人は結構いると思いますが、 名義変更のために同じ回線に乗り継ぐという話は聞いた事がありません。 メリットないから当然だね。 問題となる『違約金』と『開通工事費』 というわけでソフトバンク光からソフトバンク光へ乗り換えるという 頭がおかしくなりそうな手続きをするわけですが、そうなると問題になるのが今の回線解約による 『違約金』と新規回線の 『工事費』です。 光回線はどこでも俗に言う『2年縛り』がありますので、通常2年に1度の更新月で無い限りは 10,260円の違約金がかかります。 同じソフトバンク光だと言っても契約が違うのでどうしようもありません。 また、開通工事費については今の回線を再利用(工事無し)できたとしても 2,000円、それに契約事務手数料に 3,240円の 合計15,500円かかります。 さらにこれに加え注意したいのが 開通時に工事費分割にしていた場合それも乗っかってきます。 自分の場合元々フレッツ光からの転用(工事無し)だったのでありませんでしたが、毎月の請求明細に『開通工事費』という項目が残っている場合は要注意です。 名義変更するのに最低15,500円かかるってとんでもねぇ話ですわな。 他社携帯使ってるなら乗り換えた方がいい もし 使ってる携帯電話がドコモやauならセット割りが効く回線に乗り換えた方が良いです。 違約金や工事費を負担してくれますので、実質負担無しに乗り換えることができます。 今のご時勢どこも光回線とのセット割をやっているので 『携帯キャリア=光回線』にするのが鉄板です。 長い目で見ればどんどんお得になっていきます。 ソフトバンク携帯を使っている自分は乗り換えませんでしたが、それ以外なら正直ソフトバンク光に固執するメリットは無いと思います。 乗り換える際はソフトバンク光を解約して新たに他社回線を新規契約すればいいだけです。 後述しますが名義人が違うなら同一住所でも新規契約扱いになるので、下記のような キャッシュバックやってる代理店経由で申し込むことで違約金を払ってもかなりのプラスになります。 負担金無しでソフトバンク光を使い続ける方法 というわけで解約して契約という方法を提案されたわけですが上記のようにお金かけたくないっす。 とゴネていたら、 キャッシュバックキャンペーンを利用すれば負担額と相殺できるという方法を提案されました。 その時ソフトバンクではちょうど『新規契約で20,000円キャッシュバック!』みたいなキャンペーンを実施してたんですよね。 』みたいな怪しい提案です。 ほんとなら何ともお得な話ですね。 良く見てください。 適用条件に下記のような記述があります。 本キャンペーン開始時点でSoftBank 光またはSoftBank Airをご利用中の方が、サービスを解約し再度同一サービスに申し込まれた場合は対象外です。 ほらな。 社長が孫さんだけにそんなこと許されないでしょ。 ところが普通に適用可能だそうです。 その理由は 名義変更するから。 そんな方法があったとは。。 ちなみにキャッシュバック貰えるのは 半年後です。 はよくれよ。 キャッシュバックをやっていなかったら? 前述のキャンペーンが終了すればこの方法は使えないので、あとは 違約金が発生しない月に新規契約キャッシュバックor工事費無料キャンペーンをやっているタイミングを突くしかありません。 時期的にはほっといても新規契約が増える傾向がある 年明け1~3月あたりはロクな新規契約キャンペーンはやってないです(ピカチュウのシールとか学習帳とかふざけすぎでは?) なので、 狙い目としては新規契約が沈静化する夏~秋あたりです。 ちなみに他社回線からの乗り換えキャンペーンならいつでもやってますが混合しないよう注意してください。 しかもあれって実質工事費が無料になるってだけなので。 契約手続きの際の注意点 というわけで、 ソフトバンク光を使用中なのにソフトバンク光にもう一度加入するという変な契約手続きをしました。 大体ショップの人がやってくれますが、下記点はちゃんと確認しておかないととんだトラブルになる可能性があるので注意です。 工事内容の注意点 まず『今の光回線を再利用する』ということを確認してください。 光回線とは契約上の話ではなく自宅に引っ張ってる 物理的な光ケーブル回線の話です。 ここで特に話を詰めずに契約してしまうと、工事日当日にNTT委託業者が もう一本新たに光回線を引きに来ます。 工事の人は単なる委託業者なので詳細な契約内容なんて知りません。 なので電柱に登ってる最中に話をしてもどうにもなりません。 「話が違うと言われても知らないよ!俺は俺の仕事をやるだけさ!」 新規でもう一本引くとなると屋外工事ありということになり、工事費はガッツリ 24,000円取られます。 結局これだと 合計37,500円かかることになるのでキャッシュバックで相殺しきれず完全に大赤字です。 なのでショップの人と『既に光配線あるんだから工事は無いよね?』ということを念入りに確認しておく必要があります。 なんでこんな変な話になるかというと、工事はそもそもソフトバンクでなくNTTがやるため、ソフトバンクから『新規回線契約されたからNTTさん工事してや~』とだけ依頼されれば、NTTからすれば元々光回線があることなんてわからないので『おっしゃ新規回線やな!ほな光ケーブルを宅内に引き込む工事するわ!』という話になってしまうためです。 っていうかさぁ・・・実際見たらわかるやん。 と思いますが、事情を聞いているのはソフトバンクの担当だけなので、他は書面上書いてあることそのままやるしかないわけです。 なので工事費についてはしつこいくらいに確認しときましょう。 開通工事日と解約手続きについて 前述通り同一回線を利用するのであれば、開通してから現在の契約を解約するようにしないとネットが使えない期間が発生することになります。 解約自体はわりとあっさり受けてもらえるのですが、解約日まで大体1週間近く空くため、大体開通予定日の10日前くらいにサポートに解約予約をしておく必要があります。 この 解約手続きはサポートセンター(電話)でしかできないので注意してください。 他の手続き(例えば引越しとか)はショップの人が代理で電話してくれたりもするのですが、 解約手続きに関してはショップの人は絶対手伝ってくれません。 (まぁ普通に考えて解約の手伝いなんかする会社は無いですよね) ちなみに新規契約の際ついでにおうちのでんわに切り換える方はややこしいので要注意です。 おうちのでんわが開通後でないと解約手続きができません。 実際の解約時の請求内容例 解約月の料金については 基本料金は日割りになりますが、オプション料金については日割りになりません。 画像は僕が解約した時の実際の請求内容です。 月額基本料は日割りになってますがユニットレンタル費用等々のオプション料金は12日間しか使ってないのに ガッツリ1月分取られてます。 新規回線分のオプション料金もこの月に取られると二重に請求されることになりますが、大体初月はオプション料金無料なのでこの分は無かったことになります。 よくできてるね。 解約の際の撤去工事について 解約の際の注意として、 現在の回線の撤去工事は不要と伝えてください。 下手すれば前の契約が解約になることで回線撤去工事手続きをされ、そんな事情は知らない委託業者のおっちゃんが光回線を撤去しにまた来る恐れがあります。 「だから話が違うと言われても知らねっての!俺は俺の仕事をやるだけ!」 ここらの話をちゃんとしておけばソフトバンクからNTTへ撤去は不要であると手続きをしてくれます。 解約電話後にメッセージで機器返却の内容と撤去工事についての案内が来ますので内容を確認しておきましょう。 ちなみに撤去をしないと新規回線扱いにならないのでは?とも思いましたが、今回は名義人違いでの新規契約なので問題ありませんでした。 開通後 光ユニットが開通数日前に届くので、開通工事が終わったら繋ぎ直してちゃんと問題ないことを確認しましょう。 Wi-FiのIDも変わるのでスマホの設定も変えるのを忘れずに。 ちなみにユニットなんかのレンタル機器は契約ごとに紐付いているため、 同じ物が届いて今使ってる同じものを返却するという無駄な儀式が発生します。 ちなみに返却送料はこっち持ち。 なんでやねん! ソフトバンク光での名義変更についてまとめ まぁそういうわけでソフトバンクでの名義変更についてまとめると、• ソフトバンク光では名義変更はできない(2017年11月時点)• 名義変更したいなら現在の契約を解約して再契約し直す(新規契約扱いになる)• 違約金や工事費等々はかかるが、キャッシュバックでプラスになる(かも)• 工事内容等々は重々確認する ということでした。 僕がやった時はキャッシュバックがあったから多少の出費で済みましたが、今後キャンペーンが終われば実質違約金等々を負担する必要が出てきます。 今回の契約し直しの方法はやむを得ずの手順なので、あまり必要に迫られない場合はおすすめしません。 めんどくさいので。 ちなみに最初にちょっと触れましたが、下記は名義人以外にすることができます。 ・料金支払い ・問い合わせ電話番号 また、サポートに解約電話する際も代理であることを伝えれば手続きできます。 なので、親だと話にならない場合変わりに全部自分で手続きすることもできます。 っていうか僕はしてました。 っていうかさっさと名義変更くらいできるようにしろや! 以上です。 あと今回おうちでんわに変えてみたんですが、それについては別記事にしましたのでよろしければこちらもどうぞ。

次の

ソフトバンク光から楽天ひかりに乗り換えます。その際楽天か...

ソフトバンク光 名義変更

光コラボ間の事業者変更に必要な「事業者変更承諾番号」とは まずは、事業者変更番号の取得方法などをご紹介する前に、簡単に事業者変更という手続きについてご紹介します。 事業者変更についてご存知の方は読み飛ばしてください。 光コラボ間で簡単の乗り換えが可能な「事業者変更」 2019年7月1日から開始された「事業者変更」という手続きは、 光コラボ間でも 開通工事不要で契約の 乗り換え(変更)が可能な手続きの事です。 2019年6月30日までは光コラボ間の乗り換えは 開通工事が必要で大変でした。 2019年6月30日までは光コラボ間の乗り換えは工事必要だった 例えば、「光コラボA」を契約している人が他社の「光コラボB」へ乗り換える場合、「光コラボA」で利用していた「光回線」は再利用できず、改めて「光コラボB」で利用する「光回線」を自宅へ引き込む開通工事が必要でした。 これが2019年6月30日までの状況です。 しかし、 2019年7月1日から開始された「事業者変更」という手続きでは光コラボ間の契約の乗り換えには 開通工事が不要となりました。 「事業者変更」では工事不要で光コラボ間の乗り換え可能に 例えば、「光コラボA」を契約している人が他社の「光コラボB」へ乗り換える場合、 「光コラボA」で利用していた 「光回線」を「光コラボB」でも 「事業者変更」手続きにより再利用できるようになりました。 その為、 「事業者変更」手続きをすれば開通工事不要で「光コラボA」から「光コラボB」へ乗り換えが簡単になりました。 事業者変更には「事業者変更承諾番号」が必要 「事業者変更」という手続きをご理解頂いた所で、今回の本題である「事業者変更承諾番号」についてご紹介したいと思います。 上記でご紹介したように、 光コラボ間の乗り換えが工事不要で簡単になる 「事業者変更」という手続きには 「事業者変更承諾番号」という番号が必ず必要です。 「事業者変更承諾番号」は 契約中の光コラボから発行してもらい取得します。 そして、 取得した「事業者変更承諾番号」を契約乗り換え予定の光コラボへ伝える事で「事業者変更」の手続きが可能となります。 事業者変更承諾番号は契約中の光コラボから取得する 例えば、「光コラボA」を契約している人が他社の「光コラボB」へ乗り換える場合(事業者変更する場合)、契約中の「光コラボA」から「事業者変更承諾番号」を取得します。 そして、その「事業者承諾番号」を契約乗換先である「光コラボB」へ伝える…という流れになります。 光コラボ間の契約を乗り換える手続きが工事不要で簡単になる事業者変更の手続きには、契約中の光コラボから「事業者変更承諾番号」を発行してもらい取得する必要があるんですね。 事業者変更承諾番号の意味と有効期限について 契約中の光コラボから発行してもらって取得した 「事業者変更承諾番号」は、以下のような英数字となっています。 発行される事業者変更承諾番号の例 この「事業者変更承諾番号」を見ただけではよく解りませんが、この英数字には エリアや有効期限などの意味が含まれていますので下記で詳しく解説してみます。 この「F」と「T」は、事業者変更手続きを行う住所が「NTT東日本エリア」か「NTT西日本エリアか」を判別する文字です。 「F」になっている場合は「NTT東日本エリア」、 「T」になっている場合は「NTT西日本エリア」という意味になります。 上記の例の事業者変更承諾番号の場合ですと12月31日までが事業者変更承諾番号の有効期限という意味になっています。 この有効期限内に事業者変更手続きをしないと事業者変更承諾番号が無効になり、再度取得する必要があります。 事業者変更承諾番号は契約中の光コラボへ電話をして取得するんですね。 今後はインターネットからも取得可能になるかもしれませんが、現在のところ光コラボ各社は電話でのみ事業者変更承諾番号を受け付けているようです。 主要光コラボの事業者変更承諾番号の問い合わせ先 上記でご紹介したように、 事業者変更承諾番号は契約中の光コラボへ電話をして発行してもらいます。 主要光コラボの問い合わせ電話番号は以下でご紹介しています。 現在契約中の光コラボへ問い合わせをして事業者変更承諾番号を発行して取得してください。 契約中の 光コラボ 事業者変更承諾番号 問い合わせ先 ドコモ光• ドコモの携帯電話からの場合 151• 一般電話などからの場合 0120-800-000 受付時間9:00~20:00 ソフトバンク光 0800-111-2009 受付時間10:00~19:00 ビッグローブ光 0120-04-0962 受付時間9:00~21:00 (年中無休) nifty光 0570-03-2210 03-6625-3232 受付時間10:00~19:00 (年中無休) ぷらら光• 固定電話からの場合 009192-33• ひかり電話からの場合 0120-971-391• 携帯電話からの場合 050-7560-0033 受付時間10:00~19:00 (年中無休) OCN光 0120-506506 受付時間10:00~19:00 日曜・祝日・年末年始を除く So-net光 0120-45-2522 受付時間9:00~18:00 1月1日、2日及びメンテナンス日を除く DMM光 0120-660-481 受付時間10:00~18:00 (年末年始を除く) DTI光 0570-004-740 受付時間10:00~17:00 エキサイト光 0570-783-812 受付時間10:00~18:00 (年末年始を除く) 楽天ひかり 0800-600-0111 受付時間9:00~21:00 (年中無休) U-NEXT光 0570-060-602 受付時間11:00~19:00 (年中無休) Marubeni光 0120-152-602 受付時間9:15~18:00 (平日のみ) TCOMヒカリ 0120-805633 受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00 AsahiNet光 0120-577-757 受付時間10:00~17:00 (年末年始を除く) hi-hoひかり 0120-212-587 受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く) WAKWAK光コラボ 0120-309092 受付時間10:00~19:00 (年末年始を除く) エディオン光 0120-15-1570 受付時間10:00~20:00 (年末年始を除く) TNC光 0120-805633 受付時間 平日10:00~20:00 土日祝10:00~18:00 IIJmioひかり 03-5205-4400 受付時間9:00~19:00 (年中無休) 現在契約中の光コラボの電話番号へ営業時間内に 電話をしてオペレーターに繋ぎ「事業者変更承諾番号を取得したい」旨を伝えて発行してもらってください。 「事業者変更承諾番号」の 発行手数料は 光コラボによって違いがありますが 約3,000円程度です。 「事業者変更承諾番号」を発行してもらう際に手数料の支払いが必要な光コラボが多いようです。 契約中の光コラボによって違いがありますが 約3,000円程度の発行手数料の支払いが必要です。 また、 「事業者変更承諾番号」を取得して 他社の光コラボへ事業者変更手続きが完了すると契約中の光コラボは解約となります。 事業者変更承諾番号の発行手数料は3,000円程度 例えば、契約中の「光コラボA」から他社「光コラボB」へ事業者変更(契約の乗り換え)をする場合、「光コラボA」へ事業者変更承諾番号を発行してもらいますが、その際の 発行手数料は約3,000円程度です。 ただし、「光コラボB」へ事業者変更が完了すると 「光コラボA」は自動的に解約となり、 契約内容や契約期間によっては 解約金などを「光コラボA」へ支払う必要があります。 契約中の光コラボへ事業者承諾番号を依頼すると、基本的には即日、それも即時発行されるんですね。 事業者変更承諾番号の取得後にお得に申し込む方法 事業者変更承諾番号を取得する、という人は既に契約中の光コラボから他社光コラボへ事業者変更(再転用)を決めている人だと思います。 そんな人にはお得に事業者変更手続きをしてもらいたいです。 そこでここからは、契約中の光コラボから「ソフトバンク光」「ドコモ光」「ビッグローブ光」へ事業者変更予定の人向けに、お得に事業者変更手続きが可能なキャンペーンサイトをご紹介します。 ソフトバンク光をお得に事業者変更手続き ソフトバンク光は SoftBankの携帯電話やスマホを契約中の人に人気がある光コラボです。 SoftBankの携帯・スマホユーザーがソフトバンク光も契約すると「おうち割 光セット」と呼ばれる割引が適用可能となります。 そんなソフトバンク光へ事業者変更(再転用)をお得に可能なキャンペーンサイトをご紹介します。 ソフトバンク光正規代理店キャンペーンサイト 上記の画像はソフトバンク光の正規代理店である株式会社NEXTが自社運営するキャンペーンサイトです。 このキャンペーンサイトで ソフトバンク光へ事業者変更の手続きをするとキャンペーンサイトを運営する代理店NEXT社から 15,000円がキャッシュバックされます。 ソフトバンク光へ事業者変更 お得なキャンペーンサイト ドコモ光への事業者変更手続きはここ NTT docomoの携帯電話やスマホなどを契約している人に人気のある光コラボ「ドコモ光」へ事業者変更(再転用)の手続きはどこがお得なのでしょうか? ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」 ドコモ光は契約時にプロバイダを決めなくてはなりません。 どこのプロバイダが良いのか解らない人におすすめなのが「GMOとくとくBB」というプロバイダです。 このドコモ光に対応したプロバイダ 「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンサイトからでもドコモ光への事業者変更(再転用)の手続きが可能です。 「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンサイトでドコモ光への事業者変更手続きを行うと 「キャッシュバック」や 「Wi-Fiルーターの無料レンタル」、 「訪問サポートが一回無料」などの 限定特典を受ける事が可能です。 ビッグローブ光への事業者変更 10,000円キャッシュバック中 事業者変更承諾番号まとめ この記事では光コラボ間の乗り換えが工事不要で簡単になる事業者変更(再転用)の際に必要な「事業者変更承諾番号」について詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。 契約中の光コラボから他社光コラボへ契約を変更し乗り換える場合、工事不要で光回線を再利用できる事業者変更の手続きに必要な事業者変更承諾番号は、契約中の光コラボへ発行して取得します。 取得した後に乗り換え先となる他社の光コラボへ事業者変更の申し込み手続きを行う流れです。 事業者変更承諾番号には有効期限があり発行から15日間で、事業者変更承諾番号の最初の4桁の数字が有効期限となる日を示しています。 事業者変更承諾番号を発行してもらう際には契約中の光コラボへ発行手数料は3,000円程度で取得可能です。 ただし、解約時には解約金などの支払いが必要な場合があります。

次の