ハワイ コロナ 状況。 コロナで夏休みの海外旅行(ハワイ)は行ける?飛行機はどう?|そよかぜの今日もワクワク

【6月28日更新】ハワイでの新型コロナウィルスの現状は?現地から最新情報を発信

ハワイ コロナ 状況

Contents• 夏休みに海外旅行は行ける? 楽しみにしていた夏休みの海外旅行をどうするか、迷っている方も多くいらっしゃると思います。 先日、大阪府の吉村知事が、「ゴールデンウイーク中に海外に行くことは絶対に控えてもらいたい」とゴールデンウイーク中の海外旅行の自粛を府民に要請していましたが、夏休みまでには言及されませんでした。 夏休みは旅行たくさんしたいんだな〜(それまでにコロナおさまれ〜!) — s1830h こちらは韓国在住の方でしょうかね。 夏休みには日本に行けたらいいな。 詳細はをどうぞ。 海外旅行に行けるかどうかは、まず、規制の面で、こうした入国制限や入国後の行動制限が夏までに、どのくらい解除されるか、ということになりますね。 日本発着の国際線は 大幅に減便しているものの、まったく飛んでいないわけではありません。 一方、 香港の感染・伝染病センター総監、 スコットランド首相は既に以下のようなコメントを出しています。 — 優 n o D yunod イタリアやフランスの外出禁止期間も延長されたようですし、まだまだ終息の兆しが見えない中、スコットランドの首相の言うように、「いつもの夏休み」に戻れる見込みはないのでしょうか。 ハワイの状況は? 旅先として常に人気上位に入るハワイ! ですが、ハワイもコロナの感染拡大により、3月17日には、 ハワイ州への訪問を 30日間控えること、ハワイ州外から戻った居住者へは14日間の自己隔離を要請しました。 3月22日 日 には、オアフ島を対象に外出禁止令が出され、ハワイ時間の 3月23日 月 午後4時30分より 4月30日 木 午後4時30分までの間、必要な場合を除いて、外出を制限するとしています。 続いて3月26日には、ハワイに到着する住民、 旅行者全員に対し 14日間の自己隔離を実施しました。 これにより、旅行者は滞在期間中、ホテルなどの指定滞在場所に留まり、公共エリアなどへの立ち入りは禁止となりました。 現在でも、 入国制限はかけられていないので、入国することはできます。 しかし、入国後14日間はホテルなど滞在場所から出られない、という状況ですね。 ハワイはついに日本人の入国が0になったみたいですね。 フードコートのテイクアウトは営業しているところもあるようです。 レストランでの店内飲食も禁止で、多くのレストランがテイクアウトのみの営業を継続しているそうです。 ビーチも閉鎖、観光施設も営業停止、では、まったく旅を楽しむどころではないですね。 また、3月17日から始まったハワイへの渡航自粛要請は4月16日に終了する予定ですが、延長する可能性も十分に考えられます。 3月26日から開始されたハワイ到着後14日間の自己隔離については、終了日は決まっていません。 外出禁止令は4月30日までとの事ですが、イタリア、フランスなどのように、感染拡大の状況により延長する可能性もあります。 ハワイ州政府によると、4月14日の1日のハワイの感染者数は13人で、感染者合計517人のうち333人はすでに回復済みとのことです。 日々更新されています。 KHON2 News シェラトン・ワイキキは、新型コロナウイルスのパンデミックの中で、愛とアロハをハワイと世界の人々に広めようと、光のディスプレイを表示。 11フロアの64部屋を使用し、数日をかけて準備。 困難な時期に喜びを広めるマリオット系ホテルの取り組みのひとつ。 — Susie Honolulu, Hawaii suzejp 飛行機はどう? 各航空会社とも大幅に便を減らして運航しています。 中には、まったく飛んでいない路線もあります。 とうとう、関西空港では4月15日には 全ての国際便が欠航となりました。 日本発着便については、両社とも、特別対応対象期間が5月31日までとなっています。 4月15日現在) 搭乗日がこの期間の航空券については、基本、手数料無料で払い出しが可能です。 各航空会社、コロナ対応についての情報はこまめに更新されています。 まとめ 今回は「コロナで夏休みの海外旅行 ハワイ は行ける?飛行機はどう?」と題しまして、夏休みに海外旅行へ行くことはできそうなのか、ハワイは旅行者を受け入れる状況なのか、飛行機は飛んでいるのか、など調べてみました。 4月15日現在、182の国と地域で、日本からの渡航者や日本人に対して入国制限がかけられています。 また、67の国と地域では、入国後に自由に行動することができません。 ハワイについては、入国制限はかけられていませんが、入国後14日間の行動制限がかけられていて自由に出歩くことはできません。 オアフ島では住民に対しても4月30日まで外出禁止令が出されています。 これは禁止令なので違反すると違反切符が切られたり、逮捕されている事例もあるようです(ジョギングなどはOK。 国際線の飛行機は大幅に減便されています。 JALとANAは5月31日までの搭乗日のチケットについて、特別対応として、基本、手数料なしでのキャンセルに応じています。 本当に早くコロナが終息して、楽しく旅行ができる日が戻ってくるのが待ち遠しいです。 今日はここまでとさせていただきます。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【ハワイコロナ情報】観光業の本格的な再開は○月??日本人の受け入れは最適

ハワイ コロナ 状況

もくじ ブルーの文字をクリックすると、その項目にジャンプします。 ハワイにおけるコロナウィルスの現状 2020年6月28日現在、ハワイ州内では899名( 前日比+27 )の新型コロナウィルス感染が確認されています。 感染者の内訳は下記のとおりです。 隔離措置終了日は当初の4月30日(木)から7月31日(金)に変更しています。 3月23日(月)~ 6月30日(火)まで実施される自宅待機令は、 オアフ島内在住者だけでなく、オアフ島に滞在中の訪問者も対象で、島内にいるすべての人に不要不急の外出を控えるよう要請しています。 オアフ島の自宅待機令終了日は当初の4月30日(木)から6月30日(火)に変更しています。 自宅待機令は3月25日(水)0:01から 月6月30日(火)までとなっています。 州全体の自宅待機令終了日は当初の4月30日(木)から6月30日(火)に変更しています。 また、2月29日からは、過去14日以内にイランへの渡航歴がある外国籍の方の米国への入国が拒否されています。 トランプ大統領は現地時間3月11日(木)、13日(金)深夜0:00から30日間にわたって、イギリスをのぞく主要ヨーロッパ26カ国からの米国への入国を制限すると発表しました。 入国制限は、これらの国から渡航してきたり、2週間以内の渡航歴があったりする外国人が対象で、米国市民、グリーンカード保持者、およびその肉親は対象外となっています。 米当局は3月14日(土)、16日(月)深夜0:00より、ヨーロッパのシェンゲン協定が適用される26カ国に対して13日(金)より行っている入国制限を、イギリスとアイルランドにも拡大すると発表しました。 米国務省は現地時間3月19日(木)、全世界への渡航警戒レベルを4段階中、最も厳しい「渡航中止・退避勧告」(レベル4)に引き上げ、米国人に対し、全ての渡航中止を勧告するとともに、国外にいる米国人の帰国検討も要請しています。 米国疾病予防管理センター(CDC)は3月21日(土)、新型コロナウイルスに関する日本の旅行健康情報をレベル3(不要な渡航延期勧告)に引き上げ、 日本から米国への入国者は,入国後14日間、自宅等で待機の上、健康状態を観察し、周囲の者と距離を置くことが求められています。 ハワイ州保健局が推奨する予防と防護策 ハワイ州保健局が推奨する新型コロナウィルスの予防策を以下にまとめました。 自身の手はもちろん、カートやカゴの持ち手を拭いてから使用することをおすすめします。 コロナウィルスに関するQ&A Q. 一部店舗で営業時間を変更したり、一時休業したりしています。 3月20日(金)8:30より、レストランでの店内飲食が禁止となり、テイクアウトかデリバリーのみとなっています。 オアフ島では5月15日(金)よりショッピングモールなどの経済活動が再開予定となっています。 ただし、 モールなどにあるフードコートやレストランでの店内飲食は引き続き制限されており、テイクアウトかデリバリーのみの営業となっています。 オアフ島は6月5日(金)よりレストランでの店内飲食が再開されています。 ホノルル市のカーク・コールドウェル市長は4月14日(火)、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、市民に対し、公共の場所でのマスクの着用を義務付けると発表。 オアフ島内では4月20日(月)より、公共でのマスク着用が必要となっています。 ハワイ州のデーヴィット・イゲ知事は4月17日(金)、州民に対し、 食料や医療などを扱う必要不可欠なビジネスでのマスクの着用を義務付けると発表。 スーパーマーケットなどの商店や医療機関などの必要不可欠な業務の従事者はもちろん、サービスを利用者にもマスク着用が義務付けられています。 正確な数字は出せませんが、3月11日~3月24日までの日本からの到着人数を2019年と2020年それぞれグラフにまとめてみました。 月日 2019年 2020年 3月11日 4,142 2,781 3月12日 3,757 2,975 3月13日 4,785 2,978 3月14日 4,958 2,300 3月15日 4,761 2,221 3月16日 4,948 2,272 3月17日 4,490 2,433 3月18日 4,905 2,282 3月19日 5,447 1,373 3月20日 5,301 1,037 3月21日 5,384 632 3月22日 5,585 523 3月23日 5,502 815 3月24日 5,385 340 (参考:) Q. 2020年3月25日(水)時点で、州内に7つのキャンパスを有するUHシステム(ハワイ大学)がオンライン移行しているほか、州内にある公立小中高校では、年度末まで自宅での遠隔授業が継続して行われることが決定。 5月末からは夏休みとなっています。 2020年3月20日(金)、 ハワイ州当局は海や州立・市立公園、ハイキングコースなどでの商業活動の一時禁止を発表しました。 これにより、ツアー会社が催行していたマリンスポーツ関連ツアーやクルーズツアー、ハイキングツアーなど、多くのツアーが一時的に休止となっています。 ワイキキやアラモアナにある複数取り扱い店舗に在庫情報を確認しましたが、ほとんどの店舗で品切れ状態のようです。 (2020年3月30日現在)。 (2020年4月13日現在)。 対象路線と運休期間は下記のとおりです。 対象路線と運休期間は下記のとおりです。 対象路線と運休期間は下記のとおりです。 ( 2020年6月10日現在) 【ホノルル=羽田便】 ・JL72/JL71:~7月31日(金) ・JL73/JL74:~7月31日(金) 【ホノルル=成田便】 ・JL785/JL768:~7月31日(金) ・JL784/JL783:~7月31日(金) 【ホノルル=関空便】 ・JL792/JL791:~7月31日(金) 【ホノルル=中部便】 ・JL794/JL783:~7月31日(金) 【コナ=成田便】 ・JL770/JL779:~7月31日(金) コロナウィルスに関するローカルニュース アロハストリートでは、ハワイ現地の最新ニュースを「」として毎日発信しています。 ハワイにおける新型コロナウィルスに関する情報がアップデートされ次第、そちらでも紹介していく予定です。 ジャンルを指定•

次の

ハワイのコロナウィルス最新情報 (2020年2月26日)

ハワイ コロナ 状況

当初は6月からは運航再開の予定がここまで延長になってくると、今旅行の予定を立てるには、とても不安定ですね。 すでに 予約している航空券を別の日にずらしたり等も ANAのウェブサイトにて申込みが出来ますので一度チャレンジしてみましょう。 から確認することが出来ます。 クリックしますと下記ページに飛びますので必要な情報を入力するだけです。 既に予約を申し込んでいる方はこちらで一度ご自分の状況を確認してみましょう。 ご自身の予約したフライトに関して、早めにきちんと調べて置くことが大事です。 デルタ航空は通常、 東京・関西は毎日運航、名古屋は週5日で運航しています。 今は週3日の運航に変更になっています。 ご自身の予約している出発日と確かめておきましょう。 でも緊急事態宣言がいつ終わるか分からないし、ハワイに行っても2週間の自己隔離があるし…ということで、旅行の予定の変更を希望する方に対しては、 変更手数料を 免除してくれるそうです。 問題のいつから飛行機は飛ぶのかということについてですが、 7月31日まで運休確定しています。 これはハワイに到着した居住者、旅行者関係なく2週間の自己隔離の義務が 7月31日まで延長されたからでしょう。 こちらからへ行けますので載せておきます。 何箇所か入力するだけなので簡単です。 旅行代理店で申し込んだものは直接キャンセルは出来ないようなのでご注意ください。 ハワイアン航空(HA) ハワイアン航空運航の日本-ハワイ間全便を以下のとおり運休いたします。 上記は今後さらに変更になることがあります。 () 今回の新型コロナウイルスの感染の波が起き始めた時、一番早い対応をしたのがハワイアン航空でしたが、今回は運休期間延期の発表後すぐに、ハワイ州知事は2週間の自己隔離期間を設ける期間を7月31日まで延期することを発表しました。 このへんのタイミングのズレがあるのでおそらく ハワイアン航空も7月31日まで運休すると考えられます。 今後もまた延長になる可能性は十分にあります。 ハワイアン航空で直接予約した方に関しては、 ハワイアン航空から直接連絡があるそうです。 万が一 連絡がなかった場合はご自身で連絡しないといけないそうです。 ハワイアン航空から連絡がなかった方のために連絡先を載せておきます。 これまでは5月31日までの旅行の変更またはキャンセルが対象でしたが、これはその追加措置です。 フライトがスケジュールの大幅な変更の影響を受けた場合、またはフライトがキャンセルされ、別のオプションが提供されなかった場合、オンラインまたはお電話で払い戻しを申請できます。 () ユナイテッド航空に関して調査しましたが、まだいつから飛行機が飛ぶのかハッキリしないような状態です。 他の方面へは7月4日まで減便されていますので、ハワイ行きの飛行機も 運休期間が延期になる可能性は十分にあります。 また詳細が分かり次第追記したいと思います。 (今の所この情報しかありませんでした…。 ) から詳細を確認できます。 キャンセルの受付なども出来ますのでチェックしてください。 こちらに予約番号と、名前を入力するだけです。 またまた簡単ですね。 キャンセルの場合は全額払い戻しとのことなので、上記オンラインか電話で申し込みましょう。 現在のハワイの感染者情報に関してですが、現時点で 814件(カウアイ島:29件、オアフ島:566件、マウイ島:122件、ハワイ島:29件、その他:12件)の新型コロナウイルスの感染者が確認されています。 新規の感染者は11名、回復者は651人となっておりますので一時期よりも格段に感染拡大は落ち着いてきています。 自己隔離処置に関しては、7月31日まで延期になりました。 おそらくその延長になった期間に合わせて航空会社はその間は運休になると思われます。 ハワイの感染拡大が落ち着いてきたので安心しました。 日本は緊急事態宣言は解除になりましたが新規感染者は未だに増えています。 今は日本の方が危ない状況ですね。 しっかり手洗いして感染予防に努めて頑張っていきましょう。 まとめ 今回は「 ハワイへ飛行機いつから飛ぶのか航空会社の運行状況をまとめてみた。 」についてご紹介しました。 日本の緊急事態宣言が解除されましたが、まだまだ油断はできません。 今後は、第二波が置きないように予防の努力を続けていく事が必須です。 ハワイ行きの飛行機の運航状況に関しても、今後も運休期間が変更になる可能性はまだまだ十分にあります。 手洗いうがい、ちゃんとした食事、睡眠に気をつけて免疫を下げずに適度に運動して感染しないように努めましょう。 ではまた次回お会いしましょう!.

次の