韓国 脂肪 吸引。 【韓国整形】 顔の脂肪移植で輪郭手術したような小顔に!脂肪吸入で完璧なボディライン!

韓国での脂肪吸引について質問です下半身(お尻・太もも)の脂肪吸引をした...

韓国 脂肪 吸引

韓国で脂肪吸引をする際にかかる費用 韓国で脂肪吸引をする際にかかる費用は大きく3種類あります。 日本ではなく、韓国でやるからこそかかってしまう費用というのもあります。 それは一体何なのでしょう? 旅費と宿泊費 まずは韓国に向かうまでの旅費と、到着してからの宿泊費ですよね。 日本の航空会社の場合は片道3~4万円程度、大韓航空やアシアナ航空といった韓国の航空会社の場合は28,000~35,000円程度が片道の航空券の相場です。 安い航空券を使いたいとなると、イースターやピーチなどのLCC航空では2~25,000円程度と安く行けることもあります。 宿泊費はホテルの場合1泊7,000~1万円程度と、日本のホテルと大差ありません。 日本でいう民宿のような「ゲストハウス」というものに泊まれば1泊4000円程度で泊まることが出来ます。 脂肪吸引は術後の経過観察や抜糸などがあるため、大体7日間滞在するのが一般的です。 航空券や宿泊費は、滞在時期によって変動します。 通訳を雇う場合 通訳を雇う場合の費用の相場は5,000~20,000円となります。 こんなに大きく金額が開いてしまう理由は、主にどのくらいの時間を拘束するかに関係しています。 例えば2時間制だったら5,000~8000円ですが、5時間コースとなると16,000円~の場合が多いです。 施術費用 施術費用はクリニックによって大きく異なってきます。 例えば日本でも有名なID美容外科などより、脂肪吸引専門クリニックのTOP LINEの方が施術費用は高めの設定になっています。 これは、日本でも同じですよね。 専門性が高いクリニックの方が施術費用が高い場合が多いです。 韓国で脂肪吸引をする際にかかる費用は主にこの3つです。 お金に余裕がある場合 まず、航空券の種類を日本の航空会社に依頼し、宿泊費を1泊7000円のところに1週間泊まり、通訳を5時間ほど雇い、顔の脂肪吸引をするとします。 そうすると、 往復の航空券 60,000円 宿泊費7日分 49,000円 通訳5時間 20,000円 顔の施術費用 140,000円 合計 359,000円 と、なりますね。 なるべく節約したい場合 次に、旅費と宿泊費を安いプランにして、通訳を出来るだけ短い時間だけお願いし、なるべく節約した場合を計算してみると、 往復の航空券 50,000円 宿泊費7日分 21,000円 通訳2時間 5,000円 顔の施術費用 140,000円 合計 216,000円 となります。 もちろん、通訳をつけなかった場合は更に安くなりますし、航空券ももっと安いものもあるでしょう。 エージェントによって違いはありますが、基本的なサービスは以下の通りになります。 病院やクリニックの紹介• 病院やクリニックの予約代行• 航空券の手配• 空港、ホテル、クリニックへの送迎• カウンセリングや手術中の通訳• 宿泊施設の提供、割引 韓国では美容整形が盛んで、手術可能なクリニックの数が圧倒的に多いため、クリニックでの価格競争が起こり、日本で受けるよりも安い金額で脂肪吸引を受けることが出来ます。 しかし、当然ですが、どこも優良なクリニックとは限りません。 中には、金額を加算して請求するような悪質なクリニックもあります。 またクリニックの数が多すぎて、ドクターの技術力が伴なっていない場合もあり、不十分な技術のまま手術を担当しているドクターもいないとは言い切れません。 こういった問題を解決するために、エージェントに依頼して脂肪吸引ツアーに参加することで、安心して手術を受けることができます。 脂肪吸引ツアーの費用 脂肪吸引ツアーの費用は、エージェントによって異なります。 例えば「ナビコリア」の場合、手術合計金額に応じて空港やクリニックまでの送迎や最大20泊までの無料宿泊のサービスがあります。 また、あくまでもエージェントですので、カウンセリングは1箇所につき5,000円の費用がかかる場合もあります。 また、送迎や宿泊のサービスがなくても、一部の提携クリニックによって宿泊施設の割引が適応されることがあります。 脂肪吸引ツアーの費用は、どこのエージェントで頼むのか、またどこのクリニックで施術を受けるのかでサービスと価格が変わってきます。 脂肪吸引ツアーのメリット 脂肪吸引ツアーのメリットは何でしょうか? 確かに仲介業者を間に挟むと、何だか安心な気もしますよね😌 優良なクリニックの紹介が受けられる 多くの有名なエージェントは「外国人患者誘致事業者」としての認可を受けています。 外国人誘致事業者には、韓国政府の機関である保険福祉部が優良であると認めたエージェントのみ登録がされます。 「医療海外進出及び外国人患者誘致支援に関する法律」に基づいた多くの項目をクリアしないと登録されないため、安全性や利便性が高いことの証明になります。 これらのエージェントは、同じく韓国政府から「外国人患者誘致医療機関」として認可を受けている病院やクリニックと提携しています。 自分で多くのクリニックの中から1つのクリニックを選ぶのは大変ですが、エージェントに依頼することによって、提携している優良なクリニックの紹介を受けることができます。 さらに、エージェントによっては提携しているクリニックの施術費用が割引される場合もあります。 宿泊施設が利用できる 韓国で脂肪吸引をする際に、施術費用は日本より安くなっても、その分旅費や宿泊費がかかってしまいます。 手術内容によっては韓国よりも日本で受けた方が安く済む場合もあります。 その点エージェントに依頼すれば、宿泊施設に関するサービスを受けられるところもあります。 エージェントが所有している宿泊施設だったり、提携の宿泊施設を利用できるなど、サービス内容は様々です。 手術にかかる費用の合計に応じて無料で宿泊できる期間が決まることになります。 エージェントによっては、無料宿泊ではなく、エージェントを介して予約することで割引が適応されて、安く宿泊できるというケースもあります。 送迎サービスがある 韓国で脂肪吸引を受ける際に困ることの1つに「土地勘のなさ」があります。 空港までは無事に辿り着けても、クリニックや宿泊施設まで向かうのはかなり大変です ・・; エージェントに依頼すると、空港から宿泊施設や予約したクリニックまでの送迎サービスが利用できます。 宿泊施設と同様に、施術費用の合計金額に応じて無料で送迎を頼むことが出来て便利です。 言葉の問題がない 海外で美容整形をする際に1番ネックになるのが、言語の違いだと思います。 脂肪吸引は難しい手術なので、施術後の仕上がりを綺麗にするためにも細かい希望をドクターに伝えることが重要です。 また、ドクターとコミュニケーションをきちんと取ることもカウンセリングの時は大切ですよね。 近年では日本語対応のクリニックが増えている為、意思疎通は可能ですが、細かな要望まで伝えるには不十分です。 エージェントに依頼した場合は、美容整形や脂肪吸引といった分野に長けている為、専門的な知識が豊富であり、日本人の求めるスタイルについてもよく理解しています。 そのため、クリニックやドクターと、より細かなコミュニケーションが可能で、希望通りの手術を受けることができます。 脂肪吸引ツアーのデメリット 脂肪吸引ツアーのメリットを4つ紹介しました。 ここでは脂肪吸引ツアーのデメリットを説明していきます。 そのため、エージェントを介して紹介するのは、そのエージェントと提携しているクリニックのみになります。 エージェントは、それぞれの設定に基づいて優良なクリニックと提携しているため、安全面の保証はありますが、その分施術費用が高いクリニックが多い傾向にあります。 韓国には数多くのクリニックがあるため、エージェントから紹介される以外にも費用を抑えて手術が受けられるところも沢山あります。 エージェントに依頼すると、提携しているクリニックしか紹介されないため、選択肢は狭くなります。 宿泊施設や送迎が利用できないことも エージェントが提供している「送迎無料」と「宿泊施設が無料で利用できる」というのは、手術の合計金額によってサービスが受けられるかが決まります。 施術費用が少なくても利用できる場合もありますが、有料の場合もあります。 中には、施術費用が少ないと施設の利用自体もできないこともあるため、あらかじめエージェントに依頼する前に問い合わせておいた方がいいでしょう。 費用が高額になる場合がある エージェントが提供している宿泊施設や送迎サービスは、手術の合計金額で利用できるか決まるため、場合によってはエージェントが紹介する宿泊施設よりも自分で探した方が費用が安く抑えられる場合があります。 手術の大きさによっては、エージェントに依頼すると却って損をしてしまうこともあるのです…。 韓国と日本、どっちで脂肪吸引をした方が安く済む? 韓国は旅費や宿泊費がかかってしまい、場合によっては日本で施術を受ける方が安く済む場合があります。 確かに施術費用だけ見ると、日本よりも比較的安いのは韓国の脂肪吸引ですが、ダウンタイムに表れる症状の度合いも個人差があるため、人によっては長く滞在する必要があることもあるでしょう。 そうなった時に、宿泊費はそれに比例して加算されていきますし、韓国にいる間の飲食代もかさんでいきます。 日本で施術を行えば、韓国で施術を行うよりも旅費や宿泊費を節約できますし、いくら施術費用が安い韓国でも、状況によっては日本で脂肪吸引を受けるよりも費用が多くかかることがあります。 そう考えると、結果的に日本で脂肪吸引を受けた方が、安心で安く済む場合もあります😌 脂肪吸引をするなら日本がオススメ 韓国で脂肪吸引をする際は、費用の面もそうですが、日本と比べてどういった点が自分に合っているかをよく考える必要があります。 例えば、韓国の脂肪吸引は日本の脂肪吸引よりも費用は安いですが、旅費と宿泊費の日数によっては日本の方が安く済むことがあります。 「自分の理想や要望を自分の言葉でしっかりと伝えたい」と思う人は、後悔しないためにも韓国ではなく言葉が通じる日本で施術を受けるべきです。 韓国で脂肪吸引を受けるメリットと日本で脂肪吸引を受けるメリットをよく考えて自分に合っていると心から思ったクリニックやドクターに施術してもらいましょう。 私は仕上がりをより綺麗に、理想に近い形にするためには、自分の理想のボディラインを自分の言葉で細かく伝える必要があると考えています😌.

次の

脂肪吸引しても体重が同じ…?

韓国 脂肪 吸引

値段が安いことから、日本でも人気になっている韓国での整形。 美しくなるためなら整形手術は当然という風潮があり、親から子へ整形手術がプレゼントされることもあるという韓国ですが、脂肪吸引の技術はすぐれていると言えるのでしょうか?韓国での脂肪吸引事情と、気をつけるべきポイントについてお伝えします。 韓国の脂肪吸引事情とは 脂肪吸引の方法はいくつかありますが、韓国で人気なのは脂肪分解注射を使った施術です。 脂肪分解注射とは、脂肪細胞を薬剤によって破壊し、静脈とリンパから自然に排出させる方法で、その気軽さが人気の要因と考えられています。 この脂肪分解注射をはじめ、脂肪吸引の施術を韓国で受ける日本人が年々増えています。 その理由は、なんといっても料金の安さでしょう。 なかには、低料金の韓国で美容整形を受けるツアーというのもあるほどです。 たしかに、韓国は日本に比べて美容整形が一般的に行われています。 しかし、技術力は日本とほぼ同じくらいと考えてよいでしょう。 日本と同じくらいであれば大きな心配はなさそうですが、問題は、韓国は海外であるということです。 つまり、海外旅行先で美容整形を受けるリスクを考えなければならないというわけです。 韓国で脂肪吸引を受ける際の注意点 脂肪吸引が気軽に受けられるようになったと言っても、美容整形という医療行為であることを忘れてはなりません。 たとえ体にメスを入れない注射による治療であっても、術後のアフターケアは必要で、とても大切なのです。 施術後に問題が生じた場合でも、日本に帰ってきてしまった後ではどうしようもありません。 これが、違う国で脂肪吸引をする一番のデメリットとリスクです。 また、美容整形を受ける際には、医師の美的センスも重要となります。 日本と韓国では、美しいとされるボディラインなどの感覚の違いがあるでしょう。 特に、韓国では美しさを手に入れられれば美容整形を受けたことが周囲にばれても構わないという考え方があります。 よって、日本の美容外科の施術では基本となっている、周囲にわかりにくい施術を行うという配慮が期待できない可能性もあります。 言葉や文化の違いから、自分の希望するボディラインを医師に明確に伝えるのも難しいでしょう。 それでも韓国で脂肪吸引を行いたいという場合は、正式な資格をもった専門医であることを必ず確認したうえで施術を受けるようにしましょう。 韓国内でも、医師の資格を所有しない人から脂肪吸引手術を受けて、激しい副作用に苦しんだという問題が起きています。 もちろん、韓国で受けた脂肪吸引に満足している方もいらっしゃいますが、逆に満足できず、結局は日本の美容外科に相談し、手術をし直すはめになった方もいるという現実を知っておきましょう。

次の

韓国トップラインで脂肪吸引したらんらんさんのブログまとめ

韓国 脂肪 吸引

さん laprinclinic がシェアした投稿 — 2017年 6月月30日午後8時56分PDT 脂肪吸引とは、その名の通り 脂肪を吸引して脚を細くする施術。 筋肉遮断とは、 電波を利用して筋肉の神経伝達を遮断し、使わない筋肉を萎縮させていく。 という施術です。 ふくらはぎは2本の大きな筋肉で構成されていて、皮下脂肪の占める割合は他の部位に比べて少ないと言われています。 そのため、 皮下脂肪の割合が筋肉に比べて多い方のみが脂肪吸引に向いていて、逆に 筋肉の割合が多い方に筋肉遮断が向いている、と言えます。 自分がどっちが多いのか分からない。 という場合は、爪先立ちをしてふくらはぎをつまんでみてください。 その為、脂肪吸引がオススメ。 こちらはふくらはぎに脂肪が少ない方なので、筋肉遮断がオススメ。 では、自分がどちらのタイプか分かった上で詳しくみていきましょう。 施術方法は、麻酔後に皮膚を数ミリ切開し、細い専用の管で直接皮下脂肪を吸引し除去。 その後、内出血やむくみ、痛みによるダウンタイムが2週間〜数ヶ月必要となります。 手術費用 韓国:200〜1000万ウォン程 日本:30〜100万円程 手術自体にはそこまで大きな値段の差が感じられませんでしたが、韓国で行う場合は、通訳や旅費、宿泊費等の手術費用以外にも必要になります。 エージェントに依頼することで割引を受けられることもあるようですよ。 口コミや評価 今回ふくらはぎ600cc取ってもらったんだけど 1週間で人から指摘されるレベルで細くなってるし、脚すごい真っ直ぐになってる。 筋肉多いって言われてたから半信半疑だったけど、脂肪吸引だけでも私はだいぶ細くなった。 今のところやって良かった! — とりえる torielun ふくらはぎ脂肪吸引11日目 まだまだアザと腫れがあります。 治るのか、、 今は拘縮が一番酷い期間です。 足首はくるぶしが腫れてまだ見えないです。 少し腫れとアザ長引いてます。 それに腫れが降りてきて足の甲パンパン。 あざは思ったより全然ましです! 軽い筋肉痛みたいな痛みはありますが痛く無さすぎてどんな体制もだいいはとれるし、手術したことをうっかり忘れちゃいます笑 まだ腫れててサイズ変化なし。 太もも 4日休み、5日目から出勤 腹部 翌日から出勤 二の腕 翌日から出勤 ふくらはぎ 当日帰国、翌日から出勤 です。 脂肪吸引検討してる人いたら参考までに🙌 — とりえる torielun 術後1ヶ月までは、腫れやアザがまだ残っていて「痩せた!」と実感する方は少ないようですね。 しかし、ダウンタイム後は周りから言われる程効果を実感できるようです! 術後のケアは大変ですが、この効果が長続きするのはとても魅力的に感じます。 Sponsored Links 筋肉遮断 これまで、ふくらはぎの筋肉に対しては筋肉の働きを弱める【ボトックス注射】が主流でしたが、ボトックスに比べて筋肉遮断は 何度も行う必要がない上に、リバウンドしにくく、切開しない施術としてとても注目されています。 というメカニズムです。 施術方法は、麻酔後ラジオ波で処理。 局部麻酔と睡眠麻酔を併用する為痛みがほとんどなく、施術時間も1時間程で行えます。 術後は少しつっぱり感がありますが、痛みはほぼ無いのが特徴。 ダウンタイムはむくみに対して約2週間程必要となりますが、切開式の神経を遮断する手術に比べると負担はかなり軽減できます。 手術費用 韓国:200〜500万ウォン程 日本:20〜80万円程 こちらは日本の方が少し高いイメージです。 韓国で行う際はこちらも旅費等が必要となりますが、通院する必要が無いのでトータル的にも韓国の方が料金は抑えられそうです。 口コミや評判 ふくらはぎ筋肉遮断の経過です ここでは、ふくらはぎの吸引は適応外との事でした。 今回は効果出るといいなぁ。 部分麻酔でやる場合麻酔代はかかりません。 私は起きてるのが怖かったので睡眠麻酔にしました😪手術前に、この可愛い服に着替えて紙パンツになります。 ボトックスの方がいい。 」という意見に分かれました。 筋肉の量や付き方で効果の出方がまったく違うようなので、どの施術にするべきなのか医師とのカウンセリングがとても大切なようですね。 Sponsored Links まとめ 一度の施術で、長期間効果があってリバウンドしにくいといわれる【脂肪吸引】と【筋肉遮断】。 韓国でとても注目されており、多くの美容整形外科で取り扱っています。 どちらも高度な技術が必要な手術ですので、どれだけ安く受けるか。 ではなく、安全に安心して受けることを重視したいですね。 クリニック選びは慎重に行って、ぜひ夏までにスリムなふくらはぎを手に入れちゃいましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の