あつ森 水槽 重ねられない。 あつ森:レギュラーキャラ続々

あつ森:レギュラーキャラ続々

あつ森 水槽 重ねられない

世界中の人々が現在、ある「金魚」に魅せられている。 これは 美術作家である深堀隆介さんが樹脂を何層にも重ねながら作った芸術作品なのだが、そのリアルさ・美しさに日本だけでなく、世界中の人が衝撃を受けている。 というタイトルの動画には、深堀さんがその巧みな技法で作品の中の金魚に命を吹き込んでいく様子が映し出されているのだが、その金魚がどう見ても本物にしか見えない。 そしてその芸術性に世界中のユーザーが感動を覚えており、次のようなコメントが寄せられている。 「動画を見ている時、口が開きっぱなしだったよ」 「これらの作品のひとつは、手に入れなければ。 どうやったら、彼の作品が手に入るのか教えて下さい」 「なんだよ、これは! 最初見た時、アートのために彼は金魚を殺しているのかと思った。 でもその金魚が、作られたものであったことに気づいたよ。 彼は私にアジア人であることの誇りを与えてくれた」 「この男は魔法使いなのか?」 「おー! 神様はこうやって地球をつくったんだ。 ついに秘密が明かされた」 「オーマイガー! 言葉も出ないよ」 そしてこういった金魚アートを手がけるようになった経緯について、深堀さんは自身のブログの冒頭でこう明かしている。 12年前、夢をあきらめようと一番落ち込んだ日、ふと部屋の一匹の赤い金魚が気になった。 7年もずっと粗末に飼っていた和金。 フンまみれの水槽の蓋を開けたとき、背筋がブルブルっと震えた。 赤く光る和金の背中は怪しくて、とても美しかった。 「なぜ今まで気がつかなかったのか、この子がきっと僕を救ってくれる」そう信じて、金魚を描き始めた。 あれから11年、今なお金魚を描き続ける「金魚救い」された男のブログです。 (以上、深堀隆介ブログ「金色ノ鮒」より引用) まさに命が宿った芸術作品といえる今回の金魚アート。 ぜひ一度でもいいので、深堀さんが生み出したその美しい金魚を、この目で見てみたいものである。

次の

片付けられない人向け!楽にできる片付け術 住まいブログ・テーマ

あつ森 水槽 重ねられない

画面を初めて見た時の衝撃は今でも鮮明に覚えている。 薄明かりに浮かぶ正方形の床。 青い木製のクローゼットやベンチ、ログハウス調の丸太テーブル、赤いハートで装飾されたピンク色のファンシーなベッド、観葉植物などが置かれた空間。 画面から選択した葉っぱが一瞬で赤いリンゴ型のテレビに変わり室内に飛び出す。 賑やかな音が流れ出し、番組らしきものが次々と変わる。 穴を掘って果物を埋めれば果物の木が生えてくる。 地面のひび割れを掘れば「化石」が出てくる。 不思議な言葉で話すどうぶつ達との交流。 それが、自分と『どうぶつの森』との出会いだった。 小学校に入学して初めて出来た友だちのアパートへ遊びに行った時、下の階に住む少し年上のお姉さんに誘われて、お姉さんの部屋でゲームを見せてもらったのが、その画面だった。 自分が知る「ゲーム」とは、闘ったり、ストーリーや決められた目標をクリアしていくものだった。 何をするか明確に決められていない、クリア目標もゴールもない。 レベル上げもタイプ相性を考えることもしなくていい。 制約なんかない。 何も決められていない。 何をしてもいい。 もともと競争はあまり好きじゃなかった自分にとって、「何をしてもいい、自分の好きなことを好きなようにしていい」 そんなゲームの内容は余りにも魅力的に映った。 親に頼みこんで、誕生日とお年玉で『ゲームキューブ』と『どうぶつの森+』を買ってもらった時の嬉しさは、その後どのゲームを買った時の記憶よりも強いものだったと思う。 木を揺すれば果物が落ちてくる、運が良ければ家具も。 たまにハチの巣が落ちてきて目が腫れるのはご愛嬌。 魚を釣り、虫を捕る。 海や川で特大の魚影が見えたときの快感、シーラカンスやイトウを釣り上げた時の達成感。 ある程度ベルが貯まっていれば博物館に寄贈した。 徐々に水槽や植物園が、変貌を遂げていくのが楽しかった。 つねきちのテントで絵画も集めた。 博物館の一角が美術館に変わっていくのが面白かった。 今でも美術館巡りが好きで、学生時代の芸術科目で美術を選択したのは、この時の影響が強いかもしれない。 南の島に行ける、ゲームキューブとゲームボーイアドバンスを接続する専用のケーブルがどうしても欲しかった。 「テストで5回100点を取ったら買ってあげる」の条件付き。 最後の1回が取れず、余りにも悔しくて日記に書いたら給食中の校内放送で読み上げられてしまい恥ずかしさに顔が熱くなった、なんてこともあった。 カッペイの独特のゆったりしたメロディは今でも口ずさめるくらい何度も聞いた。 見たことない虫や家具、住民。 何もかもが新鮮だった。 「むらびと」に友だちを登録して、ほぼ毎日、交代しながら遊んだ。 自分よりも家を早く改築していく友だちに嫉妬し喧嘩したこともあった。 とにかく毎日が楽しくて、明日がくるのを待ちわびていた。 ハードが変わっても、どうぶつの森だけはプレイし続けた。 DSでは、リアクションやメッセージを交換したり、全く見知らぬ人の個性的な村めぐりに夢中になった。 Wiiではオブジェ建設に凝ったり街の施設へ通い詰めた。 あの出会いから約四半世紀、毎日が追われるように過ぎていく。 当時遊んでいた、友だちは都会や別の地方に進学や就職で離れてしまった。 あの、ゲームを見せてくれたお姉さんが今どこで何をしているかも知らない。 自分の好きな時に好きなものを買えるようになり、お年玉や誕生日を待たなくても好きな時にゲームも買えるようになった。 switchも買えた。 けれど、何か足りない。 就職してから、リスクばかりを先に考えるようになった。 いくつものできないことを考えてから消去法で、できることを選ぶようになった。 理不尽を飲み込み、失敗を避けて、諦めを覚え、何か制約がある事を厭わなくなった。 そんな折に「『どうぶつの森』新作出るね!もちろん買うよね?」と、あの出会いのきっかけをくれた子が聞いてきた。 納期に追われ過ごす毎日に、新作が出ることなど全く知らなくて、急いでCM動画を見つけて再生した。 何度も聞いたあのゆったりとしたメロディ。 その途端に、当時のゲーム画面やメロディが、記憶と共に蘇ってきた。 『なにもないから、なんでもできる』 CMのフレーズに、なにか熱いものがこみ上げてくる。 きっとこのソフトの中に、あの頃の自分がいる。 数多の村でかつて村長だったみなさんにも、新しい島の長になるみなさんにも、あまた浮かぶ島でお会いできるのが楽しみです。 アマゾンレビューより こんなにも長い文章なのに、きっと最後まで読んでしまったんじゃないかと思う。 わたしなんて30歳になって初めて「どうぶつの森」というゲームをちゃんと知り、始めたにもかかわらずなぜか泣いてしまった。 笑 人それぞれであれども、どこかにかつての自分を重ねて読んでしまったんじゃないかと思う。 わたし自信もゲームといえば、スマブラのように速さやスキル、どちらが強いかを競うものが基本だと思っていた。 でもYouTubeのゲーム実況でどうぶつの森をはじめてちゃんと見たとき、こんなにもまったりしたゲームがあるのかと驚いた。 何を隠そうわたしは決められた基準で戦うより、自由になにかをつくりだせる世界が好きだ。 クリエイト気質なんだと思う。 決められたゴールよりも自分の個性を出すほどに良しとされて、誰もやっていないことをやるほどにおもしろいと思ってもらえる世界。 それがどうぶつの森なんだと2週間やってみて感じた。 まだまだ全然島発展してないけどww 特に心動いたのは4月1日〜10日までの期間だけ、島の桜が満開になっていたこと。 外出することができなくて落ち込んでいた気持ちが、どうぶつの森のおかげでちょっとだけ復活できた。 でも10日でさくらがなくなってしまうというのもまたまたリアルで良かった。 まあ日付を変えて進めることもできるんだけど、あえて現実と同じ日時にすることで外に出れない分、季節の移り変わりを楽しんでいる人も多いはずだ。 どうぶつの森について調べてみると、まだSNSというものの存在していなかった25年ほど前から、【誰かと交流すること】自体を目的としたゲームとして生まれたらしい。 任天堂とはすごい会社だなあ。 先見の明があるなあ。 単なるゲームという商品ではなく体験を売っている会社だ。 先日発売された最新作「あつまれどうぶつの森」はたった3日で188万本売上という記録もつくった。 しかもダウンロード版は含まれていないというし、YouTubeのゲーム実況を見てから買う人もいるので実際の数はこれの何倍もあると思われる。 それにゲーム機本体も在庫切れを起こしているほどの売れ行きだ。 でもそんな出荷本数の記録なんかより、最初の引用したリアルなレビューが届くほどの人の心を動かしたゲームであることの方が、この会社の凄さが伝わってくる気がした。 結局どれだけ世の中の働き方やかたちが変わろうが、人の心に感動を与え続ける立場でありたいと思わせられた。 ということで今日もあつ森がんばります!笑 島クリエイターが開放されたら、どんな可愛いファンタジーな島をつくろうか、クリエイター心が刺激されてワクワクしている。

次の

あつまれどうぶつの森、アマゾントップレビューに心動かされ泣いた😭|相羽みう@夫婦で楽しく起業ライフ|note

あつ森 水槽 重ねられない

net 2020年05月24日 12時10分 新型コロナウイルスの影響により、テレビ番組の収録がストップしたため、昨今、過去の映像を編集して流す バラエティ番組が多いが、『クイズプレゼンバラエティー Qさま!! 』 の中で、過去の映像が流れた際、 元グラビアアイドルの根本はるみが映り、ネット上で「懐かしい」「当時好きだったな」などの声が挙がっていた。 根本と言えば、2000年代初頭、巨乳を武器にグラビアアイドルとして活躍し、バラエティ番組やドラマにも出演した。 しかし、少しずつ露出が減り始め、2007年頃からあまり見かけない存在に。 根本は今、何をしているのだろうか。 当時は小池栄子さんやMEGUMIさんも同じ事務所に所属していて、 ともにバラエティ番組に出るなど、当時のグラビア界の顔の一人と言っても過言ではないと思います。 そんな 根本さんですが、現在は芸能界から距離を置き、ハワイで生活しているようです」 芸能記者 根本が芸能界から距離を置いたのは、様々な理由があるという。 「根本さんは2010年に、一般男性との結婚を機にハワイに移住したと言われていますが、当時、根本さんが所属 していた事務所、イエローキャブが経営難のため会社が分裂するというトラブルが起きました。 そんなトラブルに 巻き込まれ、根本さんは芸能界に疲れてしまったようで、それも芸能界を離れてハワイ移住を決めた理由だと 言われていますよ。 とは言え、旦那さんはやり手の実業家という噂。 ハワイで悠々自適な生活をしているよう ですね」 前出・同 そんな根本は、ハワイの生活にも馴染んでいるようだ。 「もともと根本さんは、英語が得意。 高校卒業後に親の反対を押し切ってオーストラリアに3年間留学したことが あり、英語が話せるという点も、海外を拠点に事業をしたい旦那さんと縁が生まれた理由でしょう。 全盛期は 『ダウンタウンのガキの使いあらへんで! net この度は再三にわたり、はるみサイドにご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げます。 つきましては、自分の気持ちを直接お伝えさせて頂きたいと思います。 世間的に根本はるみといえば『胸は100点・顔は30点』のタレントであります。 ここだけの話『はるみはオサセ』というギョーカイ内でのウワサを聞いたこともあり、そのパイオツを見たとき「あら、いいですねぇー。 右も左もいいですねぇー」と 今回の行動に出た次第でございます。 しかし収録中にもかかわらず、いやらしい目でなめまわすかのように僕を見てきたはるみにも責任の一端はあります。 そのメスゴリラ並みの性欲に触発され「あら、乳(首)立ってんじゃないの!乳(首)おっ立てて歩いてんじゃないの!!」との思いがよぎり 最終的にはこの様な謝罪をする側の立場となりました。 今回「はるみレベルの安物のグラビアアイドルでも、おさわりはないんだ」と分かったことは大いに勉強となりました。 まずは取り急ぎ書中をもって謝罪の念を示したいと思います。 net この度はトップグラビアアイドルである根本さんに、多大なるご迷惑をお掛けしたことを深く謝罪したいと思います。 なぜ私こと世界のヘイポーが根元さんに対し、あのような無礼を働いたかというと「ここまでデカパイなら、さぞかし感度も鈍いだろう」という場当たり的な発想からで、僭越ながらパイオツを触ってしまったことは紛れもない事実であります。 しかしながら、考えてみれば『巨乳イコールバカ』というのは周知の事実でありそのイメージから、寄せては返す「あら、いいですねぇー」の波をとめられなかったのも事実であります。 よって、はなはだ遺憾ではありますが、ここが酒の席ということもあり水に流していただければこれまた幸いという、所存であります。 今後は絶対にこのようなことを起こさないことを堅くお約束いたしまする。 net まず謝罪の前に、根本さん及び、関係者の皆様にお知らせしたいことがございます。 この度、根本さんサイドに理解して頂きたいのは『僕がここ1週間仕事が忙しく、風俗に行けていない』という事実であります。 そんな状態で僕がパイオツカイデーのはるみを見れば、完全に汚れアイドルとカン違いしミーモーしたくなることは、不可抗力としか言いようがなく「あらあら、いいですね。 」と、最終的にはおさわり1回ツェーマン(1万円)でなんとかなるかなと腹をくくった所存です。 その旨、何卒ご理解くださいますよう、この場を借りて切にお願い申し上げますと共に今回の一件は温かく見守って頂きますよう、重ねてお願い致します。 net.

次の