白い 巨塔 15。 白い巨塔(2003唐沢ver)全員、神演技だったけど、あえて5人...

白い巨塔

白い 巨塔 15

ドラマ「白い巨塔」2003年の無料動画リンク(全21話) 第一話 再読 白い巨塔 第二話 贈り物 白い巨塔 第三話 土下座 白い巨塔 第四話 落選 白い巨塔 第五話 祝宴 白い巨塔 第六話 父の姿 白い巨塔 第七話 毛嫌い 白い巨塔 第八話 決戦 白い巨塔 第九話 正念場 白い巨塔 第十話 無情 一部最終回 白い巨塔 第十一話 天国と地獄 二部 白い巨塔 第十ニ話 捨て身 白い巨塔 第十三話 カルテ改ざん 白い巨塔 第十四話 母の涙 白い巨塔 第十五話 判決 白い巨塔 第十六話 妻たち 白い巨塔 第十七話 一年後 白い巨塔 第十八話 師動く 白い巨塔 第十九話 嘘だ!真実の叫び 白い巨塔 第二十話 最後の審判 白い巨塔 第二十一話 財す前死 白い巨塔 ドラマ「白い巨塔」2003年の主な出演者 財前五郎 演: 野望に燃える天才外科医。 里見脩二 演: 財前と同期の医師。 東貞蔵 演: 財前の恩師。 財前と仲違いし敵に回る。 鵜飼良一 演: 金と権力欲しさに悪に染まっていく。 財前杏子 演: 財前五郎の妻。 財前又一 演: 財前マタニティクリニック院長。 娘婿の財前五郎を有名大学の教授に据えることで医学界の権力を得ようと画策する。 花森ケイ子 演: クラブ「アラジン」のママで、財前の愛人。 ドラマ「白い巨塔」2019年の無料動画リンク(全5話) 第一話 金か権力か!? 天才外科医の闘い 白い巨塔 第二話 命と権力が乱れる教授戦! 外科医の頂点へ 白い巨塔 第三話 天国から地獄!? 財前疑惑のオペ 母子の涙 白い巨塔 第四話 夫は財前医師に殺された! 遺族VS大学病院!! を専門としている。 天才的なオペの名手であり、ゆえに実力主義で自信家である。 浪速大学医学部第一外科 教授を目指している。 里見脩二 演: 浪速大学医学部第一内科 准教授。 財前の同期。 財前とは対照的に出世欲はなく融通がきかない一方、研究と患者の立場を第一に考えた診察を旨とする。 陰謀の的になり関西がんセンター先端医療研究所に転勤する。 花森ケイ子 演: 財前五郎の愛人。 バー「ラディゲ」ホステス。 財前に正論を助言する。 東貞蔵 演: 浪速大学医学部第一外科 教授。 財前の横暴ぶりに財前の敵となる、教授線を機になにわ大学病院を去り近畿労災病院 院長となる。 鵜飼裕次 演: 部長、第一内科 教授、第一内科 部長。 財前又一 演: 財前五郎の義父。 財前産婦人科 院長、大阪中央医師会副会長。 財前杏子 演: 財前五郎の妻。 財前又一の娘。 黒川キヌ 演: 財前五郎の母。 岡山で農家を営んでいる。

次の

白い巨塔 2003, Shiroi Kyoto 2003, The Great White Tower 2003 Ep15 clip2

白い 巨塔 15

まえがき 今回は、医療ドラマの名作「白い巨塔」の主人公である財前五郎の最後のセリフにスポットを当てます。 白い巨塔は、これまでに1966年の映画、1967年の東映テレビ制作、1978年の田宮企画・フジプロダクション制作、1990年のテレビ朝日・大野木オフィス制作、2003年のフジテレビ・共同テレビ制作により5作品が映像化されています。 その中で、よく比較されるのは田宮二郎さんが主演した作品と唐沢寿明さんが主演した作品です。 このページでは、「白い巨塔の主人公である財前五郎の最後のセリフ」を考えながら、2019年にリメイクされる白い巨塔についても触れていきます。 お伝えするのは「昭和版・白い巨塔と平成版・白い巨塔」「白い巨塔!財前五郎の最後のセリフは?」「白い巨塔!2019年はどうなる?」です。 昭和版「白い巨塔」と平成版「白い巨塔」 2019年にもリメイクされる白い巨塔の原作は、昭和世代なら知っている山崎豊子さんの小説です。 山崎豊子さんの作品には、「沈まぬ太陽」「大地の子」「華麗なる一族」「二つの祖国」「不毛地帯」などがあります。 白い巨塔のリメイクでよく比較されるのは昭和版「白い巨塔」と平成版「白い巨塔」ということで、それぞれ、財前五郎役を演じた田宮二郎さん、唐沢寿明さんの作品が代表的になっています。 佐々木庸平(ようへい)の病気の違い 山崎豊子さんが小説にしたころの病気は、現代の医療では治療が可能ということで、平成版「白い巨塔」では設定が変えられたというエピソードがあります。 昭和版「白い巨塔」の病気は、当時の死因のトップであった「胃がん」でした。 平成版「白い巨塔」の病気は、食道がんに変更されています。 その理由としては、食道がんは転移や進行が早いということで、現代の医療技術でも難しいという状況が必要だったためと言われています。 その病気で死亡する人物は、佐々木庸平(ようへい)です。 平成版「白い巨塔」の説明 きっかけは、佐々木庸平の妻・よし江による里見脩二(しゅうじ)への相談です。 「やや進行した食道がん」と診断。 さまざまな背景(詳細はDVDなどをご覧ください)により、財前五郎は、佐々木庸平の症状を単なる肺への負担でできた炎症性変化による陰影に過ぎないと考えます。 それに対して慎重な検査を進言するのが柳原弘と里見脩二です。 しかし・・・・、という展開で裁判に発展していきます。 詳細は、両作品のDVDをご覧ください。 以上のような背景を理解した上で、次の「白い巨塔!財前五郎の最後のセリフは?」をご覧ください。 白い巨塔!財前五郎の最後のセリフは? 里見が手を握ってからの財前五郎のセリフは、次の通りです。 決心してくれたのか。 やっと・・・、がんセンターの内科部長を引き受けてくれるんだな。 これで、僕のがんセンターも磐石だ。 佐々木さん、あなたもがんセンターへ入院されたら、 ベッドは空けますよ。 ええ、僕はセンター長ですからね。 里見、ひと言ぐらい祝いの言葉を・・・ 転移ではない・・・ 僕しかいないんだ・・・ 世界を・・・ 代わりの人間が・・・ ふたりで、ふたりで・・・里見・・・ 白い巨塔!2019年はどうなる? 昭和版「白い巨塔」と平成版「白い巨塔」となると、2019年版の放送は平成が終わってからになるかもしれませんね。 噂になっているキャストには、里見脩二役に松山ケンイチさんの名前が上がっています。 沢尻エリカさんも出演するのではないかという声もあります。 公式サイトでは、財前五郎を演じる岡田准一さんの名前しかないんですけどね。 2019年の財前五郎は、どのようなセリフを残すのでしょうか。 設定や背景の違いにも注目したいです。 まとめ 今回は、医療ドラマの名作「白い巨塔」の主人公である財前五郎の最後のセリフにスポットを当てました。

次の

史上最高の医療ドラマはどれか『白い巨塔』『ドクターX』等TOP20(NEWSポストセブン)

白い 巨塔 15

『白い巨塔』(テレビ朝日系) より V6・岡田准一が主演を務めた『白い巨塔』(テレビ朝日系)が、開局60周年記念作として、5月22~26日に5夜連続で放送された。 最終話では、平均視聴率15. 2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録し、全話通して2ケタをキープ。 しかし、ネット上では「岡田の演技がヘタ」という酷評のほか、「現代版アレンジに無理がある」「もうリメイクしなくていい」といった声も続出している。 同ドラマは、山崎豊子の同名長編小説が原作で、大学病院での権力争いに勝利し、教授になろうと画策する第一外科・財前五郎が主人公。 財前は教授の座を射止めるも、担当患者の死をきっかけに医療訴訟問題を起こしてしまい、最終的には財前自身もガンで命を落とすという話で、これまでに何度もドラマ化されている。 今回は特に、病気に侵されてしまう役だったため、『マッチョだから全然病気に見えない』『医者にもガン患者にも見えない財前って、それはもうミスキャストでしょ……』という声のほか、『岡田はアクション俳優に専念した方がいいんじゃない?』といった厳しい意見まで飛び交うほどです」(同) さらに、主人公の脇を固める重要なキャストについても、「地味すぎる」との声が相次いだ。 「唐沢寿明が主演を務めたフジテレビ版の連続ドラマ『白い巨塔』(03年)は、最終回の平均視聴率が32. 1%と大ヒット。 その時に妻役を務めたのが若村真由美で、財前の愛人役は黒木瞳でした。 今回は、妻役を夏帆、愛人役を沢尻エリカが務めましたが、03年版のドラマを見ていた人からは『女性キャスト2人が地味すぎ……全然華がなかった』『何もかも唐沢版の方がよかったな』『岡田の嫁に夏帆って、それはさすがに若すぎない?』などと指摘されていました」(同) 視聴率だけを見れば、スペシャルドラマとしては及第点といえる結果だが、「これ以上名作を汚さないで」「リメイクはこれで終わりにしたほうがいい」という厳しい意見が絶えない、テレ朝版『白い巨塔』。

次の