アストラル チェイン ネタバレ。 Switch『アストラルチェイン』クリアー後 感想 ※ネタバレあり

スイッチ『アストラルチェイン』レビュー。無限の広がりを見せる“アクション沼”に溺れる快感

アストラル チェイン ネタバレ

前置き・序盤 2時間我慢しろ 最初は残念アクションだった。 しかし、2時間ほどプレイ(じっくり)してストーリー進むと、レギオンとシンクロできるようになる。 そこから神アクション、真のアストラルチェインが始まる。 最初に設定を見直せ! デフォルト設定がよくない。 最初に調整したほうがいい。 マップ・ミニマップ固定にしたほうが方角わかりやすいと思う。 もう一つ、カメラの下3つを好みでONに変えたほうがいい。 どれがどれなのか正直わかってない!「戦闘中の正面追従」かな?これをONにしないとロックオンしてもカメラがほとんど動いてくれない。 「キャラ位置固定」はおそらく自キャラを真ん中固定になるんじゃないかな? 私は全部ONにした。 初期設定よりは全部ONのほうがいいと思う。 難易度「拮抗」にしろ! もう一つ、難易度がデフォルトでは「有利:CASUAL」になっている。 絶対に「拮抗:STANDARD」にするべき。 有利だと評価がなくてつまらない。 コンボ繋げる前に倒せたりで簡単すぎる。 アクション苦手でも「拮抗」に挑戦して欲しい。 このゲームはアイテムガンガン使っていい。 使ってもほとんどスコアに影響しない。 回復・支援アイテムいっぱいあるから惜しみなく使えばゴリ押しでもいける・・・はず。 良い点 戦闘すごくおもしろい! さすが「ベヨネッタ」「ニーア オートマタ」など、神アクションを手がけたプラチナゲームズ。 爽快感はベヨネッタに近い、QTEはほぼ無いから安心していい。 武器は3種類と少ないものの、レギオンやスキルの組み合わせで自在なアクションが可能。 最初はレギオン(自律攻撃)だして、ただ殴るくらいしかできない。 2時間我慢、レギオンとシンクロイベント後ちょーたのしーー!!! 攻撃後のシンクロでレギオンとの連携して派手な技(シンクアタック) 敵の攻撃をパリィ(ジャストレギオン)!判定ゆるゆるで私でもできる。 からの連撃!そして大剣&アクスによるダブル叩きつけ! これを狙って出せるようになると超気持ちいい! 注意点としてシンクアタック中は無敵ではないということ。 回避でほとんどの動作キャンセル、その回避からシンクアタックにつなげるなど、うまくやればずっと俺のターンできる。 ダメージを受けてもフィニッシュ決めるとHP全回復! DMC、ベヨネッタ同等。 いや、それ以上かもしれない。 適当なボタンポチポチでもかっこよく爽快感を味わえます!それっぽく動けばいいんだ! (リザルトには常に「がむしゃら攻撃」「無闇に回避」がある。 ) ボリューム多い! これアクションなのか!?それくらいボリュームがあった。 クリアまでプレイ時間35時間。 目につくサブミッションだいたいやっていると20~30時間かかるという感じ。 そしてクリア後は純粋に戦闘だけのミニステージのようなものが大量。 これはまだ少ししかやっていない。 初級でこれだけあるということは、かなりの数があると思われる。 ちなみにこの下にも「A初級アストラル界」というのが3つあった。 それもクリアするとさらに追加されそうだ・・・。 敵の種類もかなり多い。 150以上!?まぁ、属性の違い、強化個体などがほとんどではあるけど、アクションゲームの中ではすごく多い。 似たような敵でも攻撃が違えば新鮮に思える。 レギオンカラーリング! キャラメイクはオマケ。 名前・髪型・髪色・目の色・肌色が変更できる。 しかし、ほとんどパーツがなくてオマケ程度。 普通にデフォルトでもいいと思う。 名前を含めて後で変更可能。 性別も最初のミッションをやり直せば変更できそう。 (試してない) むしろ本番は色カスタム。 プレイヤーの服の色はもちろん、レギオンの色が変えられる。 これでかなり個性がだせる。 レギオンは3部位のカラー。 プリセットから選ぶ。 十分個性的なカラーにできる。 もしかしたらオーダーという条件をクリアすると作った色を使えるようになるかも? フォトモード! 最近のゲームは必須か。 写真が撮れる! こんな感じで黄色で????が出る人、敵、場所を撮ると登録される。 収集要素もある。 自撮りもあるよ! 残念ながらアルバムには36枚しか保存できない。 しかも小さくて粗い・・・。 なので登録目的の写真は保存しない!残したい画像はSwitch本体のスクリーンショット機能を使ったほうがいい。 悪い点 落ちまくり、チェインジャンプ微妙 落ちるギミックが多い。 ひたすらに落ちる。 そこまで落としたいのか!? 中盤くらいまでダメージの8割は落下ダメージというくらいに落ちる。 終盤慣れてくればそうでもないが、もう少し気持ちよく動きたかった。 通常のジャンプは無く、レギオンの元へ飛ぶ「チェインジャンプ」しかない。 これがかなりクセがある。 画像ではわかりにくいが、着地のとき若干レギオンを前に押し出してしまう。 なので、止まりたい場所のちょっと手前で引っ張ってもらう。 奥にやりすぎると落ちる。 これはまだわかる。 問題はこれ。 あっち行きたい。 もうちょっと融通利かせてくれませんかね・・・。 これはわかりやすい形だが、ほんのちょっとでも当たるものがあれば引っかかって落ちる。 その為にものすごーーーーく慎重に位置を調整して引っ張らないといけない。 引っかかると落下中にチェインジャンプは不能。 床がない場合は一定ダメージを受ける。 カメラアングルあまりよくない これはアクションゲームあるあるですかね。 壁沿いなどでは全然見えない。 アローレギオンなど体でかくて自分が見えなくなる、など。 しかし、壁沿いはもうしょうがないでしょう。 場所によっては障害物透明化してくれるんだけどね。 遠距離系の敵とか端に寄っちゃってどうしても壁近くなりやすい。 それも含めてうまく戦うのがテクニックかもしれないが・・・。 あとはアングルというか、画面外の敵も普通に攻撃してくる。 たしかDMC(3から?)では攻撃されなかったはず。 画面外遠距離攻撃はどうしようもないので、もう少し何か配慮が欲しかった。 自キャラ喋らない 攻撃、被弾時などは声上げるもののセリフは一切喋らない。 これ必要なのかな・・・?途中までは無口な主人公ということで納得しようとしたが、さすがに終盤は違和感が半端なかった。 感情移入できるほどキャラメイクの幅ないし、アクションゲームに求めていない要素。 謎解き・ミニゲーム多め めちゃくちゃ多い。 終盤まで戦闘1割、他9割でクソゲー認定にするところだった。 だいたい捜査パート6割後、ダンジョン突入ギミック操作3割、ボス戦1割そんな流れ。 聞き込みをして推理。 なるほどうくんもビックリ。 誰が正直でしょうかクイズ! レギオン倉庫番! うん、違うんだ。 私は戦いたいんだ・・・。 ちなみに正直者は30分かけてなんとか正解。 倉庫番は1時間かけてとりあえずクリア。 あ、レギオン操作しながらバランス取りダンボール運びもあるよ! これで星3評価にするところだった。 でもね、そこまで評価が落なかった理由がある。 2周目は進行に関係ないものはやる必要がない。 進行のものもこれまでに取った高いランクが記録される。 隠しアイテムも同様。 だから1周目はチュートリアル!ミニゲームも含めて警察ロールプレイを楽しめ。 むしろミニゲームがメイン、アクションはオマケだ。 2周目からそのストレスを乗り越えた気持ちいい真のアストラルチェインが待っている!! 他 ストーリーは普通 王道。 そうだろうねぇという感じ。 ちゃんと盛り上がるところは盛り上がる。 ところどころ「ん・・・?」となるが、まぁアクションだしこんなものだろう。 戦闘Sランクは簡単() アクションゲームで目指すはSランク! このゲーム簡単です。 減点じゃなくて加点方式。 なので色々やったほうがいい。 どうやらダメージもらっても多分影響無し。 そういう項目はなかった。 いろんな攻撃を仕掛ける&クリア時間が大きいようです。 適当に動いてピカッと光るたびにシンク、脳筋ゴリ押しですぐに倒せばだいたいS取れるみたい。 その上の難易度は知らん!地獄を見てこい。 微ハクスラ要素 レギオンに付けるアビリティにランダム要素がある。 序盤にすごいレア引いた。 これでコンボ途切れなくなるからゴリ押しできてかなり便利。 難易度が高いほうがいいアビリティでやすいらしい。 だが、これは「有利」で引いた。 あとはオート回復大、アビリティ効果拡張(レギオンOFFでも効果発動)とか付いてると便利。 ストーリー周回 一度クリアしたストーリーはいつでもやり直せるみたい。 司令部のPC(セーブポイント)のファイルセレクトから。 そこでRを押すとチャプターの詳細が確認できる。 そこで見逃したケースがあるかわかる。 このチャプター選択である程度途中からできる。 目的のミッションだけSクリアして、メニューのリタイアで最終リザルト画面になる。 最後までやる必要はない。 リトライ機能があれば最高だったがこれでも十分。 ちゃんと総合が変わった。 あ、右上の「物資回収度」で1つ取れてないや・・・。 汚染物質除去も微妙。 またハイウェイ行ってきます。 細部確認 紳士諸君、待たせたな!細部の作り込みを確認してみた。 ふむ、そこは闇ということか。 残念なことに短パン娘ばかりで他の闇を知ることはできなかった。 鉄壁のガード。 いくら私でも闇の向こう側を見ることはできなかった。 夢は潰えた・・・。 ミニゲームのクイズをクリアする為に詳細の確認は必須。 特に最後の項目は暗記が必要だ。 制服が水着になるDLCまだなの!?(ありません) あとがき 人気の記事• 予想外にディアブロ3の関心が高いようで作ってみました! なかなか始めたばかりでは戸惑うことも多いかと思い... マップマーカーが付けられること初めて知りました! 拠点の場所、目的地、レア素材の場所など印しておけばかな... PS4スカイリム。 制限はあるとはいえMODが使えるという神ゲーです。 ちょっと敷居が高いMODの使い方を... ARKついにPS4解禁されて、とりあえず7時間程プレイしました! これ最初かなりきついです。 チュートリア... スカイリムのものですが、フォールアウト4もやり方は... ステータスを手っ取り早く上げるのに便利な薬系。 やっと「カナイのキューブ」を手に入れて、なんとなく使い方がわかりました!! ストーリークリア後はコレの入... やっと全兵科でハードクリアしました! そこでハードまでの全兵科考察のようなものと、私的オススメ装備の紹介... 次の大型アップデート20が、前々から噂されていた通り2020年6月30日(北米時間)に配信されるようです!... 前回のいかだ要塞は普通に土台を乗っけただけでした。 今回はいかだの土台部分を、石の土台に置き換える方法を... シーズン12も始まり、今回は初ネクロマンサープレイ! DLCで追加されたクラス!やっぱり新キャラは強い!... 公式「Night City Wire」第1回が配信されました! 日本語字幕版、最新トレーラーも配信!やっ... テイルズオブベルセリア!とりあえずクリアしました!! 今回のテイルズはよかったです。 良作でした。...

次の

【アストラルチェイン】ストーリーの評価は悪いと感じる?主人公が一切喋らないのも違和感

アストラル チェイン ネタバレ

世界観は公式サイトやPVで十分伝わるかと思いますが、サイバーでサイエンスでファンタな感じで、個人的に大変好みです。 バトルも、最初こそ苦戦しますが、慣れれば、楽しく、爽快です。 キー設定も、うまく考えられていて、あちらを立てればこちらが立たず的なこともなく、実質2キャラ操作でこの操作感は、かなりのものだと思います。 バトル以外の要素も、面白く、時間を忘れる程です。 個人的には、このゲームの独自性というか、面白さの肝はこの部分ではないかと思っています。 んで、肝心のストーリーなのですが、メリハリがないというか、メリだけで、結果、平坦というか… よく言えば、長編アニメの総集編を見ているような、悪く言えば、お前らこういうシーン好きだろ?って感じのシーンを延々見せられてるような… シーンありきで、シナリオを作って、無理やりくっつけたようなストーリーで、他の要素がいいだけに、非常に残念に感じました。 ーーーーーーーーーーー以下ネタバレーーーーーーーーーーー ここからはネタバレありきで、改めて感想を書いていきます。 とりあえず、一番気になったのは、ジェナ周りのストーリーです。 まず、File06で、主人公がハルについていく理由がわからない。 これで、主人公が中高生とかならまだしも、社会人でしかも、警察官だっていうのに… File07で、ハルにそそのかされたことにして云々って話も出てきますけど、ほんとにそそのかされただけ… File09での行動を見る限り、第09地区に行ったことは、主人公に何の変化ももたらしてませんし… あと、ジェナさん、テロの前に政治しましょうよ。 特に、相手は、一応、公の人間なんですから。 主張するだけ、主張して殴りにいくって、子供の喧嘩じゃないんだから。 そういった、点も踏まえて、キャラが全体的に幼稚な感じはします。 これが、もっと現実離れした世界観での、10代後半の子達が主人公だっていうなら、まだ納得なんですけど、近未来的な世界の大人が主人公のゲームでこれは…って感じです。 一般的な中高生向けファンタモノのメソッドで、シナリオ書いちゃったのかなって、今改めて、思いました。 あと、みんな、虎の子のレギオニスに雑用振りすぎです。 しかも、業務中に… もちろん、ゲームとしては、レを使って、いろいろ出来て面白いんですが、シナリオとしては、今それどころじゃないだろ的な気持ちになります。 前述の、シナリオすかすか問題とあわせて、日常パートと事件パートを明確に分けて、日常パートでは、おつかいしながら、キャラの掘り下げ、事件パートではシナリオに集中ってしてほしかったところです。 個人的に不満点の大半は、シナリオ面なので、クリア後は心置きなく、楽しんでいます。 猫とトイレ探しながら、写真撮るのめっちゃ楽しいです。 ・トイレが作りこまれている ・ードがある ・ペットがいる(ビーストレもかなりペット的) ちょいちょい言われる、良ゲー要素てんこ盛りです。 猫やトイレの隠し方も絶妙で、普通にしてれば見つからないけど、コツがわかるとちゃんと見つかるバランスで、いい感じにを解消してくれます。 (File06とFile08の仮説トイレは許さない) ミッション評価がかなりシビアな、レッドケースがちょいちょいあるので、実績コンプは難しそうですが、もうしばらくは楽しませてもらえそうです。 気が向いたら、キャラの個別評も書きたいと思います。

次の

アストラルチェイン感想

アストラル チェイン ネタバレ

『』が初披露されたときのPVでは、 何より2体を同時に操作するデュアルアクションという発想に驚かされた。 ちょっと難しそう……という心配もあったが、 実際に触れてみると、 これが楽しい! 主人公に追従するレギオンは、基本的にはオートで戦ってくれるが、 ワンボタンで敵にぶつけたり、引き寄せたりできて、最初のうちはこの操作だけでも、 すごいことをやってる感が味わえる。 攻撃をギリギリのところで回避するとスローモーションになる演出も気持ちよく(このあたり、 プラチナゲームズのアクションゲームっぽい!)、そこから強烈な反撃もくり出せることも手伝って、 わざと相手の攻撃を待つこともしばしば。 これができるようになったから、つぎはこれを試しつつ戦ってみよう、 という意欲がどんどん湧いてくる。 トレーニングエリアでは、任意のタイプの敵を相手に、好きなだけ操作練習ができる。 アクションに慣れるほど、いろいろな要素が解放されるほど、試したいことが増えていき、ここに籠もってバトルに明け暮れることが多くなった。 プレイヤーの操作の慣れを計算したように、アクションの幅が広がっていくのも心憎い。 これは、レギオンにセットできるアビリティコードというアイテムの効果の一種で、 敵の攻撃を受ける寸前に相手方向にLスティックを倒すと、攻撃を弾き返せるというもの。 こういった攻略の幅広さも本作の魅力と言えるだろう。 アクションに不慣れなプレイヤーのフォローが目的の機能ではあるが、 たまに「こんな発想なかった!」という動きを見せてくれることもあり、デュアルアクションの教材にもピッタリ。 レギオンにセットできるアビリティコードの性能は、ランダムで決まる。 アビリティコードは敵が落とすこともあるので、ひたすら理想のアビリティコードを追い求めるハック&スラッシュ的な楽しみかたもできる。 本作は、 主人公の性別だけでなく、 名前や容姿まで、 細かく設定可能。 主人公は基本的にしゃべることはなく(バトル中の掛け声は出す)、会話の受け答えを自分で選択できる場面も頻繁に用意されていて、主人公と自分が重なってくることを実感できる。 また、警察署のロッカールームでは、着せ換えやアクセサリー付け換えなどのオシャレができるというのも楽しい。 主人公は、イベントシーンでもカスタマイズしたままの姿で現れ、新鮮な気持ちでプレイできるので、 筆者は章が変わるたびに髪型や服装を変えてプレイしていた。 着替えは、警察署内のロッカーで行う。 ゲームを進めていけば、カスタマイズの機能はどんどん拡張していき、奇抜な格好もできるようになる。 なお、 本作はいつでもクリアー済みのFILE(いわゆる章)をやり直すことができる。 主人公の性別の選択は、FILEをやり直す際に変更することも可能で、男女でのセリフの違いなども気軽に確認できる。 難易度はノーマルにあたる【拮抗】(難易度は低い順に【守護】、【有利】、【拮抗】、【極限】の4種類)以上では、レッドケース(重要なバトルやイベント)ごとに評価が出るので、気軽にくり返しプレイができるというのは、高評価を追求したい筆者のようなプレイヤーにとっても、うれしいポイントだ。 どういった行為によってポイントが得られたかが明快なので、どうすれば高ランクを狙えるかがわかりやすい。 工夫すればするほど、リザルトで褒めてもらえるわけだ。 フィールドの探索要素も豊富で、デュアルアクションと並び、のめり込んで遊べる要素となっている。 各FILEには、 ネウロン内やアークの街を自由に歩き回れるパートが用意されていて、買い物やアイテム探し、トレーニング場での操作練習などが可能。 内緒の会話を聴き取ったり、特殊能力で妨害電波を断ち切ったり、逃げ出した犯罪者をチェインで拘束したりと、トラブル解決にもレギオンは大活躍。 バトルなしでクリアーできるケースも多く、改めて振り返ると、探索パートは緊迫感のあるバトルの息抜きとしても楽しめる内容だ。 しかも、レコードに記載された項目を達成するごとに、報酬も手に入るというオマケ付き。 職業柄、かなりねっとりと隅々まで調べながら進めたけれど、それでも見落としがたくさんあって、やり込み要素もたっぷり。 建物やフィールドの装飾も細部まで凝っており、プレイヤーのあらゆる好奇心を満たす、珠玉のアクションゲームとなっている。

次の