春 待つ 僕ら 最終 巻。 春待つ僕ら13巻の発売日は?最終回ネタバレと最新刊を無料で読む方法

春待つ僕ら

春 待つ 僕ら 最終 巻

もくじ• 漫画『春待つ僕ら』第4巻のあらすじ・ネタバレ・感想 漫画『春待つ僕ら』4巻のあらすじ インターハイ予選が始まり、永久(とわ)たちも気合十分。 「あ…いや…タオル…」 「えっ?」 「もらおうかと」 勘違いを恥ずかしがる美月に永久は、「もう1回」と言って握りしめた。 「頑張ってくる」 「うん…っ」 勝てますように…! 清凌高校の試合が始まった。 レイナと応援する美月の背後に、亜哉がやって来た。 亜哉は清凌高校の試合を的確に分析した。 分析どおり、得点ではリードしているが、主力2人を交代させたため相手に流れが移ってしまっていた。 試合には勝てたが… 亜哉「ベスト8おめでとう」 永久「このまま行くって言ったでしょ」 亜哉「でも危なっかしいチームだからなぁ。 最後まで持つと良いけど」 そんな亜哉の試合を美月は観に行った。 そこには、小学校時代の大事なところはそのままで、大きく成長したあやがいた。 その姿を見る美月を永久は見かけ… そして、リストバンドを握り締めるのでした… 第17話・絶対負けねーから 清凌高校は、この試合に勝てば初のベスト4に進出し、決勝リーグに入れる。 そんな大事な試合で、ハーフタイムを終わって清凌は6点のリード。 試合が再開し、点差は10点に。 いつの間にか美月の隣に座っていた亜哉は、「この試合も厳しいな」と意味深に言い残し、会場を後にした。 これだけの点差があれば、と考えていた美月は必死になって応援します。 点差はアッという間に縮まっていき、ホッとしていましたが… 残り5分というところで竜二が怪我をしてしまいます。 前の試合でも主力が交代してから流れに乗れなくなったように、清凌の試合は終わった。 美月は、永久の事を励ましに来ていたのに… 言葉が見つからないでいました。 「ごめんな…応援しに来てくれてたのに…」 涙が止まらず、泣き続ける美月を永久が抱きしめます… 「絶対強くなるから待ってて」 「…うん」 第18話・ちゃんといたりするよ 男子バスケも惜しい所で負けてしまいましたが、女子バスケも惜しくも負けてしまいました。 仕方ないと思いながらも、内心は悔しい思い出いっぱいのマキ。 結局その時は思い切り泣いてしまったそうです。 そして…試合に負けをなんとなく引きずったまま1週間が経った。 カフェにも来ないことをナナセと心配していたとき、竜二以外の3人が現れ、敗戦の責任を感じた竜二は、もう店には来ないといいます。 3人は個々がもっと強くならなければ、と反省した。 いいな… みんなで思いあって 同じ方向に向かって 私は… ここにいてもいいのかな? やっぱり 邪魔して待つことしかできないや せめて竜二さんが あそこに帰ってくるまでは しんみりとした雰囲気の中、竜二がカフェに入っていくのが見えた。 一日も経たないうちに心変わりする竜二に呆れるる4人だが、雰囲気は一気に明るくなった。 夏休みは美月が計画を立てて、遊びに行くことになった。 もうすぐ夏休み みんながいる 初めての夏だ 第19話・素直でよろしい 夏休み前のテストが終わり、いよいよ遊びの計画を練り始めた美月。 参加メンバーはバスケ部の4人と、ナナセとレイナと美月の7人になった。 レイナは亜哉のことが気に入っていたらしく、メンバーに加わっていないことを少し残念がります。 気になる行先は、レイナは海かプールを希望するのですが、水着姿が恥ずかしいと、美月は却下します。 更に恭介は永久に美月の水着姿を想像させると、海もプールも却下されてしまいます。 そして、竜二にとってもナナセの水着姿を見るのには刺激が強いらしく… 行き先は色々迷ったが、最後は美月の行きたいところということで、遊園地に決まった。 動機はちょっと後ろめたいけど… 来たからにはみんなで楽しむしかない! 観覧車一緒に乗れたらうれしいな 第20話・ゲン担ぎでもなんでもやっとくんだ 美月も他のメンバーも目いっぱい遊園地を楽しんだ。 みんなで来る遊園地ってこんなに楽しかったんだ…! 全然気負いすることなかったな みんなも楽しそうだし よかった 美月は皆で遊園地に遊びに来た裏の理由があった。 それは、ハートのコーヒカップに乗ったり、ハート型のアイスを食べたりすること。 この遊園地で恋人同士の幸運のジンクスになっているものを体験したかったのだ。 しかし、体験はできたけど、何故か相手は瑠衣や恭介と。 なかなか思うようにならない美月だったが、ついに二人きりになるチャンスが。 今まで言いたいことを言わず、チャンスを逃してきた美月は、勇気を振り絞って言った。 「観覧車に乗りたい!」 …どうしよう 言っても大丈夫かな…? でも あそこでなら私にも… 「うん じゃあ急ご」 永久は美月の手を引っ張り、観覧車へと向かうのでした。 漫画『春待つ僕ら』4巻の感想 2人の距離がどんどん近づいていきますね。 相思相愛… 見ていてキュンとします!! 5巻ではどんなことが起こるのでしょうか。 さらに進展が楽しみですね。 春待つ僕ら4巻を読んだ他の方の口コミ・感想 当サイトで調べた春待つ僕ら第4巻を読んだ、他の方からの口コミ、感想を以下にご紹介します。 永久が美月からタオルを受け取ろうとして差し出した手を美月が勝てますよーにと思いを込めて握り返したシーンが胸キュンで、何度も読み返したくなりました。 美月が応援していた試合に永久が負けてしまい、美月が泣いているところを抱きしめて「絶対強くなるから待ってて」というシーンも青春だなとグッときました。 それと、バスケ部のメンバーで海に行こうと盛り上がっているシーンで、竜二と美月がナナセと永久の水着姿を想像して赤くなっている場面が可愛くて笑えます。 漫画『春待つ僕ら』を1巻から無料で読みたい巻を読む方法 下記のページでは漫画『春待つ僕ら』を1巻から好きな巻、無料で読む方法についてご紹介しています。

次の

春待つ僕ら13巻の発売日は?最終回ネタバレと最新刊を無料で読む方法

春 待つ 僕ら 最終 巻

春待つ僕ら6巻ネタバレ period. 「どんな時でも見ててほしい」と永久に言われた美月が学校に行くと、ほかの学校の生徒や、見学の女の子で構内にたくさん人がいました。 そんな中、永久たちを見つけた美月。 永久にリストバンドをアピールされて美月が笑顔になります。 亜哉からの「宣戦布告」というラインを本気にしていた美月は、亜哉が冗談だと話すので、からかうようなことをしないで真面目に・・・・と言います。 悲しそうな顔をする美月に 「そんな顔しないでよ 彼のこと余計ねじ伏せたくなる」と言う亜哉。 そして合同練習が始まります。 永久達と亜哉もバチバチしながら練習が進んでいき、 オールコートでのone on one練習をすることに。 亜哉「浅倉クン やろうか?1対1」 永久「・・・はい」 その頃、美月はナナから電話が来て、ランチタイムだけバイトに出ることに・・・。 電話が終わってコートに戻ると、 永久がコートに倒れこみます。 美月 「どうしたの!?大丈夫!?」 永久「・・・っ」 亜哉 「本気だって言ったでしょ」 永久に手を差し出して起こすときに 「よかったね 見られてなくて」と亜哉が永久に言いました。 period. 26 revenge 他の学校の練習試合が終わって、いよいよ 清凌と鳳城の試合の時間に。 亜哉は、落ち着いてパスを回してアシスト。 さらに、瑠衣からボールを奪ってそのままシュートを決めます。 フリースロー中、亜哉は「思った以上に余裕だな」と永久に言います。 どうせなら 負けた方は美月に近づかない賭けをしておけばよかったと言う亜哉。 永久は「今美月関係ないでしょ」と亜哉に言うと、 「こっちは大ありなんだよ」と亜哉が答えます。 その声を聞いて、ゴールへ向かう永久。 それを亜哉が止めに行きますが、そのまま永久はボールをゴールに入れてダンク。 亜哉が弾き飛ばされますが、永久がファウルを取られてしまいました。 そしてその後は清凌も追い上げますが、 鳳城の勝ちで練習試合が終わります。 合同練習が終わって、亜哉が永久たちのところへ来ました。 亜哉「手大丈夫?」 永久「はい こっちこそ無理に突っ込んですみませんでした」 亜哉は、あれくらい全然と言って、またやろうねと永久に言いました。 美月もそこへきて、亜哉に鳳城の人が探していたと伝えると、亜哉は戻る間際、 「またすぐ会いに来るよ」と言って、 美月のほっぺにキスをしました。 みんなにほっぺにキスを突っ込まれる美月。 恭介に、「大丈夫だよ あれくらい大したことじゃないから」と言われ瑠衣にも「気にすんな」と言われます。 永久 「俺もそう思うよ さっきの」 永久は美月のほっぺにキスをしました。 period. 27 promise 練習の帰り、永久達4人はカフェに寄っていました。 瑠衣は、亜哉の美月に対する言動が気に入らない様子。 瑠衣「 俺 美月が神山のモノになったら嫌だもん」 竜二に 惚れたのかと聞かれると、瑠衣は違うと言って、 美月には幸せになってほしいと話します。 そんな話をしていると、 美月が文化祭のカフェメニューをメモしたノートがないと言って探しにきました。 瑠衣が一緒に探すと言って美月と裏へ。 瑠衣が美月のノートを見つけてノートを渡すと、ノートについていた髪ゴムが取れてしまいます。 その 髪ゴムは亜哉との思い出のモノだと知った瑠衣は、美月に 亜哉ことをどう思っているのかと聞きます。 瑠衣は、 亜哉のことは気に入らないけど、、美月が望むなら応援できるかもと美月に話します。 美月は 「正直言うとよくわからない ・・だから今は約束を守ろうと思う」 ドアの外で美月の話を聞いていた永久は美月に上着を貸します。 そして美月が帰ったあと、瑠衣に 美月の言っていた約束のことを聞かれて、永久は 亜哉との何かだと思っていました。 でも、美月は 「強くなるから待ってて」と言う 永久の言葉を約束だと思っていました。 period. 28 because you 永久のリストバンドの裏にメッセージが書かれていることを知った瑠衣は、永久に 「好きなやついたんだ・・・」と聞きます。 永久「・・・・うん」 瑠衣にいろいろ聞かれた永久は 美月が好きだと答えます。 それを聞いた瑠衣はすっと表情を変えて、「マジか・・・」と呟いた後、その場から去っていってしまいました。 部活が始まって、永久がさっきの話を切り出しますが、 瑠衣はなにかにつけてその話を避けます。 次の日もその次の日も瑠衣は永久を避け続けました。 レイナに、代わりに永久の採寸をしておいてと頼まれた美月。 美月は、採寸をしながら、 文化祭委員を頑張れているのは永久の言葉のおかげだと話します。 永久がまた美月の話をしようとすると、瑠衣が逃げようとするので永久は瑠衣が気にしていると思っていた昔の話をしました。 瑠衣はその頃はいろいろ永久と比べられていて気にしていただけと話します。 そして美月のことも、 永久なら亜哉よりは嫌じゃない・・・と永久に瑠衣が言いました。 一方、文化祭にむけて準備を頑張っていた美月。 レイナと帰っていたとき、 その場に倒れこんでしまいます。 美月 ダメだ 気持ち悪い どうしよう・・・ 亜哉 「美月 もう大丈夫だからね」 亜哉が美月を抱きかかえていました。

次の

『春待つ僕ら』完結記念 あなしん先生インタビュー 後編|スピカワークス|note

春 待つ 僕ら 最終 巻

〜春待つ僕らの最終回ネタバレここから〜 53話 ネタバレ 竜二はナナに告白しました。 その報告を翌日の昼休みに仲間に伝えます。 竜二の告白はナナに受け入れられず、失恋となりました。 竜二はその経緯を説明します。 ナナには気になる人がいる、それはカフェに居た奴かもしれない、パティシエの留学を予定していて今後忙しくなるなどの理由で振られたと話します。 そしてそれは建前で、きっと自分の事は恋愛対象として見れなかったのだろうと続けました。 驚きを隠せない美月とショックを受けた仲間達。 しかし竜二はそう語りながらもとても落ち着いています。 永久と美月は2人の会話の中で、竜二とナナの関係は良好な物だと思っていた、振られた事が信じられないと漏らし落胆するのでした。 竜二は振られてもカフェに通う事に変わりはありませんでした。 ナナはまるで告白など無かったかの様に以前と同じ接し方です。 そんな竜二を案じる美月の姿がありました。 ある日美月のもとにナナからマスターが倒れて入院したとの知らせが入りました。 そばにいた竜二は病院へと急ぎます。 病院に到着したものの、なかなかナナの姿を見つけられません。 ようやく会えた2人は静かな場所で話します。 気丈に振る舞うナナですが竜二には本音が分かっています。 竜二はナナに掛けた言葉に、ナナを諭すつもりが困らせてしまったと感じその場を去ろうとします。 するとナナは突然竜二を引き止め、本当は好きだと告白しました。 でも年の差と男性経験を知られて幻滅されるのが怖かったと漏らします。 それを聞いた竜二は全てを受け止めキスを交わすのでした。 54話 ネタバレ 竜二を追って病院に駆けつけていた美月は龍二とナナのキスを目撃していました。 後日幸せ絶頂のはずの竜二が落ち込んでいます。 ナナの言った気になる人がいるは嘘だったのですが、留学は本当で遠距離恋愛頑張ろうねと宣言されたのです。 永久は美月にホワイトデーのお返しとして4人でカフェを手伝うと張り切っています。 美月はナナとの会話の中で、ナナと竜二2人の間に生まれている熱量は、自分と永久の間には到底存在しないものだと落ち込んでしまいました。 美月はその悩みを恭介に相談します。 すると、押し倒せと驚きの提案が出されました。 必ずドキドキするし、喜ぶであろうという。 話は進み、永久の誕生日サプライズパーティーとしてカフェのスタッフルームで開催する事に。 パーティー当日になりカフェの手伝いを頼みたいと誘いパーティーに向かう美月と永久。 事前に恭介から、いつまで苗字で呼ぶつもりか、手を繋いでみれば?などアドバイスを受けていた美月は素直に実践しますが、永久の反応はイマイチです。 美月はついに自分で自分が恥ずかしくなってしまうのでした。 美月が恥ずかしさのクールダウンを兼ねてトイレに行ってる時に、永久は美月が付き合い始めた頃に嫌がらせを受けていた事実を吉沢と岡から聞きます。 永久は気づかなかった自分への怒りと、美月か相談してこなかった事に苛立ち一気に雰囲気が悪くなります。 そして神山サンならきっと気付いたし、美月も相談したのでは?と言ってしまいます。 さすがに美月もどうしてあやちゃんを出すのかと反撃しました。 険悪なムードの中カフェへと到着です。 しかし待っていたのは誕生日パーティーでは無くひと組の布団でした。 そこに2人で楽しんでね、とのメモが… 状況を理解した永久は美月を部屋の中へと誘うのでした。 55話 ネタバレ 2人きりでケーキを食べる事になり美月は緊張しっぱなしです。 永久は美月に帰りが遅くなっても大丈夫なのかと問います。 美月は当初泊まりの予定にしていたのですが、別に泊まらなくてもと戸惑っています。 そんな美月に永久はこんな状況になったのは自分のせいでもあると説明します。 永久は恭介に美月と行きたい場所があるんだが夜どうすれば一緒に居られるかを相談した事がありました。 それを聞いた恭介はその時点で既に計画を練り始めていたのでした。 それから2人は夜道を歩いてその場所を目指します。 美月は暗い夜道に少し怯えながらも恭介と一緒なので楽しそうです。 目的地は山奥の公園です。 だんだんと道は険しくなり美月は足元かおぼつかなくなってきます。 すると恭介は美月を背負いおんぶで進みます。 歩きながら恭介は、4人でよく公園に来た事、そして美月にも神山との色々な思い出があるんだろうと話します。 付き合い始めてからも神山には勝てないと思ってしまい、羨ましいと感じるんだと心境を伝えるのでした。 到着した場所では一面の星空が広がっています。 美月はそこで永久が居るから成長しようと思えた事、そんな自分を今は好きになれたと言い、お互いの気持ちが通じ合いキスするのでした。 カフェに戻った2人は布団にくるまりながら話し込むうちに眠ってしまうのでした。 56話(最終話) ネタバレ 新学期を迎え美月は2年生になりました。 一年生には廉太朗も入学し、バスケ部に入部。 期待したクラス替えは見事撃沈。 美月は永久レイナとも別れてしまいしょんぼりします。 レイナは永久と同じクラスで落ち込む美月を励まします。 いざとなれば永久を見張っておくと意気込んでいるのでした。 落ち込んではがりいられません。 明日には新歓祭でのスピーチがあります。 準備は抜かりなくしたものの、人前で話す事が苦手な美月はレイナを誘い体育館の裏でスピーチの練習に励みます。 そしてレイナからは絶賛を受けひと安心です。 下校時、美月は永久からスピーチは本当に伝えたいと思う事を言えばいいとアドバイスを貰います。 当日壇上に上がった美月は事前に用意した原稿を読むことはありませんでした。 自身が過ごした一年間の出来事を等身大にあった自分の言葉で話します。 そしてスピーチは大成功で幕を閉じました。 パティシエ留学から帰ったナナも竜二と幸せな日々を過ごしています。 そして夏になりインターハイ予選が始まります。 対戦相手は鳳城でした。 永久は応援に来ていた神山に声をかけられました。 神山はこの試合に負けたら美月にアピールすると宣言します。 しかし永久はもうそんな事では動じません。 美月の声援が飛ぶ中、リベンジ戦へと走り出すのでした。 〜春待つ僕らの最終回ネタバレここまで〜 以上が「春待つ僕ら」の最終回(最終話)ネタバレです。 【漫画】春待つ僕ら最終回13巻を無料で読む方法 「春待つ僕ら」の単行本は全13巻となっています。 先ほどは「春待つ僕ら」の最終回(最終話)のネタバレをご紹介してきました。 とはいえ、最終回(最終話)を読むなら、イラスト付きの漫画の方が何倍も楽しめます。 そこで活用したいサービスが「U-NEXT(ユーネクスト)」です。 U-NEXTは無料会員するだけで600円分のポイントをもらえます。 さらに、31日間の無料お試し期間もあります。 お試し期間中に解約すれば、費用は一切かかりません。 なので、「春待つ僕ら」の最終回13巻を読んでみたいという方は、この機会にU-NEXTを活用してください。 冒頭部分の試し読みが出来たり、電子書籍サービスの特典を使って一部の巻をお得に読むことはできるものの、全13巻を無料で読むことはできません。 ですが、全巻半額で読むことができます。 竜二とナナの波乱の展開から始まり一時はどうなるかとハラハラしましたが、やはりナナは竜二を愛していましたね。 物語の随所にその事を感じさせるエッセンスは沢山ありました。 美月は本当に人として成長しました。 ひたむきに生きる姿に勇気を貰いました。 もちろんそれは永久も同じでクールに見えて人を愛するという大切な心を育んだと思います。 2人きりの夜のエピソードは本当に幸せそうでした。 最後の希望は、どうかあやちゃんがいい人に出会いますように! 【映画】春待つ僕らをフルで視聴する方法 映画「春待つ僕ら」は、Amazonプライムビデオにて配信されています。 無料配信ではなく有料配信となっており、• 漫画だけでなく映画も見てみたいという方はぜひ、プライムビデオをご活用ください。

次の